×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 世の中ウォッチ | メイン | 要注意である、お気をつけください、という奴は決まって”追い込み工作員” »

2006年11月23日

fromdusktildawnウォッチ

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20061122/1164154854
なるほど。
交流を前提にしたブロガーのやり取りや心理状態ってのはこうなのか。そういう参考にはなる。
なぜかはてなダイアリーにはこれに言及しようとする筆者が多い、しかも情報工作に関与してる人間に限って。

彼らは個人の不安を煽り、没社会へ誘導する。2chのバッシング機能を肯定する(少なくとも問題視はしない)。
みんな一緒。自発的兵隊か、いつのまにか兵隊か、はともかく。それが時代の流れだと悟りつつ従事してる空気は分かるんだけど。

個人をさらし者にして叩く世の中にとっては便利なインターネット。
ある種、孤立無援とは最良の防衛手段なのかもね。
キリストやブッダが、まして日蓮があのCMみたいに現代へやってきたらどうなるか。
身分に守られるかもしれないが、きっと袋叩きに遭うんじゃないか。発言すればするほど。
みんな死んでから偶像として利用されたんだよね。


>そして、そのファンタジーワールドの中で、「こんなに頭のいい自分を認めない人々」を敵視すると同時に、自分の賢さを認めさせようという、むなしい努力を延々とし続けることになる。
こういう未踏の人たちは、幸せで気楽な身分ではないかなあ。
既に押し付けられた任された、そういうどこそこのお偉いさんの「息子や後継者」みたいな身分が確定していると、努力が先にたつなんてことがないよ。
当然のように結果が求められる。実に単純明快で具体的だよ。求められる努力なんて原則不要なんだ。熱心に求める必要を感じなくなる。

インテリが、総合的にはインテリでない世の中、民衆を憂える。これもこの記事の主旨がだいぶあてはまりそうだ。
ということは、ブロガーも同盟を作って影響力を持つと、政党や団体みたいに…ははは。実際は情報操作のハイエナが群れてるくらいだけど。


http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20061104/1162629795
おもろい

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20060412/1144833374
いじめ抜かれ孤立が当たり前になる(つまり破綻はしない)頃になると、
ここで書かれてるリストは大体掴んでいて、傍観者になれる。

真理よりも、どう幸せに過ごすか。不器用は嫌だから器用になる。
幸せよりも、どう真理を求めてゆくか。器用に魅力がないなから不器用を捨てない。

他人を理解できるはずがない。何が良いかなんてその人次第。

http://d.hatena.ne.jp/essa/20061108/p1
この、標準的大人なんてはるかに飛びぬけた文章まで到達したなら、孤立の維持へも到達できるはずだ。
相手にしなきゃ良い、矛盾なんて。

投稿者 大尉 : 2006年11月23日 00:39

コメント

コメントしてください




保存しますか?