×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 直訴旋風はイジメ陣営を凌駕するか!? | メイン | しずくゲームって出てたっけ。 »

2006年11月10日

世間の方々に介入が

コードギアス主題歌、上位ランキング。まずまずかな。
竹PとSEED主題歌売上を共に喜んだ感覚!?が蘇る。


なんか21世紀で2ちゃんねるとかが出てきた頃から、世間の方々に介入があった。実行がカルトなのか暴力なのかよくは知らん。
アニメに関しては

・現場を掌握される、口出しされる、
で悪影響や硬直化を呼んだ様だ。そりゃそうだ。
煙たがられるパターン。カブト系。

・アイデアだけ提供。へたすりゃ外からテレパシー的に飛んできたアイデアだとも気づかず。
こっちのほうが咀嚼されて極上になることが多い。
ノリノリで大歓迎されるパターン。ファイズ系。

素人のアイデアなどは馬鹿になりませんよ、色々やらせてみれば発掘もあるよ、
などというのが伝言ゲームで歪んできて、ただ素人入れようとかそういう歪みに。
これも悪影響の方が多かった。そりゃそうだ。

介入がろくなことないのかというと、断行型の改革でスッキリしたりもする。ケースバイケースか。

そういう流れも数年間で定着しつつあり、いわゆるCtoC双方に同期が取れてきた。
その象徴(の一例)が「涼宮ハルヒ 藤岡ハルヒ コードギアス」辺りになると思う。

「十二国記 マリみて」なんかもそれに該当する模様。
時代が追いついたら、途端に連載が進まなくなった共通点がある。
 (プランナーの人生や身辺がモチーフだと、時代が追いついた時点でDB蓄積量がゼロになるため、原作者に行くアイデアが激減する)
 (原作者とプランナーの時間軸が同時になると、24時間経過しても24時間分しかアイデアを提供できない)
 (プランナーの過去を掘り下げているうちは、膨大なデータを参考に出来る。この説明でわかるかな)
 (つまりアニメと原作の関係に近い。原作にアニメが追いつくと困っちゃうのと同じ)
 (人の心と心とは、どの時間軸で「誰と」繋がっているか、わからない。織田信長と繋がっちゃって郵政解散する人が居るかもしれないね。)

投稿者 大尉 : 2006年11月10日 20:31

コメント

コメントしてください




保存しますか?