×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 061120 | メイン | いじめは国民の義務、しなくちゃいけないの。 »

2006年11月21日

あなたとわたしのシンクロニシティ

こっちが狼狽すると、TVの生放送ニュースのキャスターにも伝染って言葉が詰まる。何度でも同じように繰り返す。

キャスターの声が聞こえると、
興味ある話題に注意して聞いてしまうと、
次の瞬間に怖くなる、また詰まらせてしまわないかと。その狼狽がさらに次の狼狽を生む。
この5年間で何度、他事総論やWBSを詰まらせただろうか。

「狼狽スパイラル。」

いかん、いつのまにか勝手に世界のサーバーにされとる。神崎悟はどこだ!


目の前を通過する子供や会社員とかが、私の気配や心情に影響されると凶暴に罵ったり、残酷なことを言い出したりする。夢遊病みたいに我を忘れ気味に。
どっかの組織に、なんらかの呪術、憑依術を仕掛けられたのは間違いない。
いろはにほへと」で言えば、”覇者の首”が体内に埋め込まれたようなもの。先週の放送では、勝新太郎と西郷どんが邪気で狂って大喧嘩する構えだったね。

この現象に見舞われて以来、普通に仲良く意思疎通することが不可能になった。
目の前の人が豹変したり、(私が悪意を向けていると)勘違いしちゃうから。

総じて、個人つぶし、社会不適合化の、罠のための道具ではないかなあ。
”拙い善意の部分”以前に、”悪意殺意ばかり致命的”だよ。

投稿者 大尉 : 2006年11月21日 00:01

コメント

コメントしてください




保存しますか?