×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 要注意である、お気をつけください、という奴は決まって”追い込み工作員” | メイン | はかない人生だった。何も残らなかったな »

2006年11月23日

こういうときこそ、国民性というかそういうのが分かる

これだけ背負ってきた俺が瀬戸際なんだ。こういうときこそ、国民性というかそういうのが分かるよな。
気に入らない、悪い、嫌い、色々な偏見や誤答正答はあるだろうが、日本を背負ってきた、防衛した、そういう人間を切って捨てる、あざけ笑う、文句や侮蔑しかない、あるいは無視する。
そういう浅慮さ、浅ましさにこそ根深いものが、万事が崩壊へ向かう根源があるのではないか。

国民性がネガティブなイジメ、リンチが基本の国に明るい未来はあるのかと言っている。ビフタネン王国と何が違うのか。

一種の幻覚であって欲しい。こんなに森羅万象から民衆までラジコンみたいに操られ、牙を向いてくるなど。誰かの私物、玩具になっているなどと。
マスコミや政治家が無反応なのも、自分だけが幻覚を見ているからだと。
でも自分が見ている現実と実際が全く異なる、なんて無理だよな。車が激突するタイミングで激突してないと思い込むようなもので、必ず物理矛盾が出てくるもの。
5年間も矛盾なく幻覚と現実が整合するはずがない。こないだの竜巻も新潟震災も郵政解散もなかったというのか。

死ねば(死に際に)分かるだろう。でも死んだら生きてきた意味がない。

(言い方を変えて再度)
とりあえずこの理不尽で無茶なシステムでは日本は救えない。それだけは5年間でハッキリした。
私怨交じりに「ほれやってみろできねえだろ」、という煽り文句交じりに、絶対出来ないように仕組む。
皇族筋かカルトか素性は分からないが頂点の意向には違いあるまい。むしろ実行部隊寄りの気はするけど、「熱心な部下が勝手にやったこと」パターンで。

それを国政から何からあらゆる事へ絡める。天災起きようが大事になろうが、こちらへの無理難題と嫌がらせが最優先。
バーチャルワールドならそれでよいだろう。これは救いがある。
だがリアルでやってるとすれば、この国に世界に救いは残されていない。嫌がらせで我が地元に事故や災害が多発し、犠牲者が多数出るのが「ゲーム、ウサ晴らし、仕返し」の国では…

こんな絶望の時に限って、断崖絶壁の犬の報道が。やっぱり舞浜サーバーじゃないの、ここ。

投稿者 大尉 : 2006年11月23日 00:55

コメント

コメントしてください




保存しますか?