×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 悟朗だった。 | メイン | 「駄目の怒涛」には誰も勝てなかった »

2006年11月24日

リード100 ついに

前期型は2万デッドと噂のこのマシンだが、ついに…
3万を目前にクランクベアリングが笛のようにキュルキュルと。
まだ冷えれば音が消えるけど、いずれ酷くなるだろう。サドンデス状態。職人の勘と運だけが頼り。

ああ俺の人生もこれで幕引きか。お前だけが頼りだったのに。

原因はいくつか。
・スズキ純正オイルを入れた。今まではずっとモービルかカストだったのに。
・11度の気温でセルスタートと同時に全開発進した。
・以前抱きついてる。

おそらくスズキ純正はやや硬い。高回転でも液状化しないけど冷間時に溶けず焼きつく。
カストの安物は柔らかめの気はする。2Tは逆に硬いし溶けないんでNSRには使用厳禁にしてる店(i-factry)もあった。

http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Race/5223/colleda.html
>これに比べると、スズキの少しいいオイルは値段が上なのに回転は重かったのを覚えている。
ほれやっぱり。T−factryはホンダ2stスクーターへのスズキオイル使用を厳禁します。
特に寒い季節は。CCISとかいう特殊な構造に特化したオイルと見るべき。


(追記)
最高速走行すると、減速で戻し焼きつきが出る。ブオンブオンと煽りくれてやり湿らせる。
元々、リード100は排ガス対策で希薄燃焼気味。スロットル半分以下の、スロージェットメインの領域がやばい。

投稿者 大尉 : 2006年11月24日 00:51

コメント

コメントしてください




保存しますか?