×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« リード100 ついに | メイン | プラネテスだっけ?みんな深いところで繋がってるんだ、っていう描写 »

2006年11月24日

「駄目の怒涛」には誰も勝てなかった

数年前は、ただただ楽しく妄想気味に組み立てるだけだった。
新製品、政策、哲学、技術、諸々…
ポジ。

いまや何を記述しても文句ばかり。非難ばかり。
んじゃやめるわ。なるべく書かない。アニオタっぽいことだけにしよう。
ネガ。

まるで隣国みたいな精神性が、その影響力が、強まってる醜い日本にしてやれることはなさそう。する気も起きないしなあ。
文句が国中を多い尽くし、才能も良い発想も潰れてゆくシナリオだなこりゃ。バッシングマフィア天下、強権強権。
仕事を奪ってやったぞ!これは俺のものだ!逆らうのか、文句か、戦争だ!反乱分子だ!

…いや、見たまんまの感想なので。


月から強力な霊波が撃ち込まれています。
みんな浅ましい好戦的な人間になります。逆らえません。砂鉄が磁石に逆らえないように。

彼らにはないんです。どうすれば良くなるだろう、というポジトライの発想が。
何で出来ねえんだ、と罵り追い込むしか頭にないのでした。

投稿者 大尉 : 2006年11月24日 12:14

コメント

コメントしてください




保存しますか?