×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2006年11月20日

ブログ炎上はさせる側が黒い。カルトが目を三角にして集団で非難するのと同じ。

ブログ炎上はさせる側が黒い。カルトが目を三角にして集団で一方的非難するのと同じ。

http://www.j-cast.com/2006/11/20003907.html
評論家池内ひろ美ブログ 「職業差別」で炎上
「彼らは、なぜ私たちに声をかけたのか。『お姉さんたちって、なんか儲かってそうじゃないですか。僕たちは今、飲みながら、いったい何をやったら儲かるのかって話してたところだったんで』へえ。そうですか。(中略)でもね、同じ居酒屋で隣り合って飲んでるわけだから、あなたたちが自らを卑下するほどには、私たちも豊かではないと思うよ。(彼らは『トヨタ』を漢字で書くことができるのだろうか、と、ふと思いつつ)」

「トヨタはトヨタかTOYOTAです。漢字はありません」
「職業差別って楽しいですか 人を卑下することって楽しいですか 虐めってなんかこう自尊心が蘇ってくるんですよね」
「日頃から色々な職業の人間を馬鹿にしてそうですね」

こいつらは組織。サクラ。ハゲタカ。ハイエナ。
わらわら寄って来て勢いで蹂躙し、丸裸にする。
正しかろうが間違ってようが、持論には違いない。そういうことを尊重する姿勢はなく、つまり

「バッシングビジネス」

標的にされているのだ。仮面ライダー響鬼の公式ブログを炎上させた連中。バッシングの火消しには必ず金が流れる。

2chはじめネット掲示板の目的は
・監視社会の兵隊。庶民の監視とログ取り
・総会屋事業
そもそもネット自体右に支配されちゃってる

…ということが最近はやっと方々で語られるようになったね。


06年11月19日朝には「池内ひろ美」と名乗る人が
「もう悪質なコメントやめていただけませんか?ブログ閉鎖させる気ですか?」
と書き込んでいる。

大真面目すぎる。ネットについて無知すぎる。これじゃ私でも絡んで馬鹿にする”気持ち”くらいは生まれるよ。

俺も一時はトラック製造ラインのまさに期間工だったが、どっちに嫌な顔するかといえばバッシング側だね。
お姉ちゃんとは現場で言い合えば話通じそうじゃん。バッシングは現場には来ないからね、分かり合うことはまずない。

投稿者 大尉 : 21:57 | コメント (0)

わかってもらえなくても支えなきゃならん事があるだろう。

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/2006/11/post_251.html
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/2006/11/post_250.html

きっこのブログでさえ、数日前に「命が残り少ない人に、何を言っても無駄か」という投稿をしてた。
どこにマフィアの伝言役がいるかわからない。


おれってのはつまりきょうの”お告げ”からすると、
「偉そうなやつめ、膨大な無理を押し付けて音を上げさせ、懲らしめてやろうフラグ」らしいんだ。
だが余りに平均値以上に粘るし及第点なんで仕掛けたほうが困ってしまったんだ。
どっちも引っ込みがつかんのだろうな、きっと。

お告げってのはつまり、「毎日違う人が入る仕事なので、平均以上やらないでね、ノルマ増えちゃうから」ちうやつだ。
日常の出来事や周囲の発言が、異様な頻度でお告げになっちまうのさ。お前ら諭したくてしょうがないんだな、て感じでね。

(関連記事)
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0611.html#20
この動きは間違いなく、愛国心強制とかと同一犯である。トップダウン神様、ひれ伏す兵隊。
どの地域にも必ず、それを声高に叫び賞賛する者が居るはずだ。
トラップ一家物語」の執事と同じようにね。(Yahoo!動画

 ◇

さて本題。
朝のワイドショーで、沖縄知事選の結果を取り上げてた。
またこれが与党翼賛でね。おすぎまでその役を買って出るの。
「民主にも翳りかしら、所属議員が愚痴るなんて」なんてね。
惜敗、僅差、五分五分、にはあまり触れない。明らかに怯えて触れたがらない。

民主陣営は元々が寄り合い所帯、民社系社会系など。思惑がバラバラ、そこへ若手無党派が入り込む。
分解しようと思えばいくらでも出来る。だが昨今の情勢では分解したらもう永続与党は必至。
やりたきゃやるが良い。だが分解なんぞ求めて、安穏の永続野党議員生活なんて求めてる奴を俺はぜってー許さない。
最後の砦に近い今の状況をわざわざ崩したがるなんていう、職業教師と職業議員は追放してよいと思ってる、(気持ちだけなら。)

小沢さんが威圧威圧で心労になるほど追い詰められたってことはだ、
念術呪術を使う連中にとって相当気に入らない、本気で潰したい度合いが高いってことだ。

逆に、何もされなくなったらおしまいなんだよ。
バカでバカで馬鹿にされまくって舐められ切ってる、無所属でノンポリの個人国民たちと同じレベルに見られるってことだ。
カルトで結束してる連中からね。
街中で血色が良くてノリノリなやつに限ってみんなそうだよ。無思慮無害な家畜なんだ。

国民新党といい野党側には、排他追放された”無害とは無縁”の強力なアンチが多数居るじゃないか。
連立野党が順番ででも、意見や追求をしてゆけばいいじゃないか。
個々の野党じゃ存在感薄すぎる。個々の分断散り散りで潰されやすくなる。郵政造反議員が個々になって困惑の極みなのと同じ。


なりふり構わぬ野党連合が逆に突付かれる材料になるというのもわかる。
でもここは使命感に基づき、巧みな戦略とかで乗り切ってはもらえないか。
国民皆にインテリな発想や裏事情熟知を求めるのは無理だ。わかってもらえなくても支えなきゃならん事があるだろう。
与党側はとっくの昔に支えることを捨てたんだ。スーパー現実主義になった。

投稿者 大尉 : 18:45 | コメント (0)

2006年11月18日

輝いてる子供たちは皆、公文式とか寺子屋式、分け隔てないので喜んでる。

ブロードキャスターでやってる、地方のユニーク学校。

自発でやりたいことやってる連中はみんな輝く。大人が自由な発想なので、子供もそれに倣う。
誰も職務的に醒めたり逃げたりしていない。楽しい。笑みが出る。

おちこぼれだった京都の高校が今や日本一の京大進学率だってさ。好きな研究とかできる、公文式みたいな方式。
山間部の廃校寸前の分校。村の伝統芸能や産業を授業に取り入れて村民も教師として参加、入学者激増とか。旅館が寄宿舎買って出たり。

あったかいな。昔の寺子屋、むら社会みたい。みんなで誰それの境なく子供の面倒見てたという。鳥獣戯画?

こんなのに比べたら…今の形だけの教育基本法改正なんて、クソ役に立たないぜ。
いや、立つ場面も絶対あるんだけど。都市部の荒んだガキ共を無理強いでしつけるにはね。
あるいは心が孤独で荒んだガキを愛国心に駆り立てオヤジ狩りならぬ非国民狩りに誘導するにはね。

基本的に、遠方の建物にいる中央上層部からの押し付けが今の均一的学校教育による子供の陰鬱化を招いてるんで。
この特集で輝いてる子供たちは皆、公文式とか寺子屋式、分け隔てないので喜んでる。生物的に無理がない。

何より、「いじめに効果絶大」。

『少数村社会の学校』
人数少ないのでいじめをすぐ見つける>大人が相談に入れる。
確かに、マンモス学級とイジメの激増、悪化、これは前から言われていた。
気が循環してる、意思疎通にボトルネックがない。

『上司を増やす』
公文式の学校生活、つまり上級下級混合。一学級に上司が多い構図となり、イジメを発見して相談に持ち込みやすい。
係長方式?

ニヤニヤしてしまった。やっぱこういう社会が大好きなのだ俺は。
この方式なら、仮に格差社会になっても下流や地方の底上げが容易。むしろ金満や管理管理に疲れた上流や中上流に羨ましがられるかも。
中央とは、派手でエリートだけど窮屈で空しい。そんな場所であった方がよいよ。


疎開だな。都市部の生徒が疎開して上のような学校生活を体験するの。林間学校みたいな?
いじめ、不登校、ひきこもり、こういう子供の逃げ道、シェルターがあんまりないし認知されてないでしょ。
これこそ田舎と都会、従来型学校とユニーク学校で循環すべきじゃないかな。寄宿舎用意して。
相対する側でみるみる改善したり、ましてや頭角を現したりすれば、幸いじゃないか。

偏屈もの、はみ出しもの、そのままにするからズルズル悪化するんだ。彼らに必要なのは今までと違うアプローチなんだよ。
大人社会では面倒だから、大人だから、あまりやらないけど。でも大人は最悪、自分で所属を変えられるからね。

投稿者 大尉 : 22:59 | コメント (0)

2006年11月16日

「自殺させない」というだけでは惰性的で、何も根本的に改善してない

自殺誘発?報道手探り いじめで「過熱」指摘(朝日)

 中学生らの自殺が相次ぎ、文部科学省や各地の教育委員会に自殺予告の手紙が次々と届くなか、「報道と自殺」の関係が議論を呼んでいる。メディアは自殺予防に力を発揮する一方、過剰な報道が「連鎖」を生んでいるのではないか、との指摘も多い。影響力を測りつつ、現場では手探りが続く。
グラフ

未成年の自殺死者数

 自殺対策に取り組むNPO法人「ライフリンク」は先月30日、ホームページに次のような緊急メッセージを載せた。
 「連日の『いじめ自殺』の報道のあり方について改善を求めたいと思います。昨今の報道が、それに続く自殺を誘発している可能性を否定できないと思うからです」
 先月初めに北海道滝川市の女児の自殺が報じられて以来、月末までに数十件の意見が寄せられた。元NHKディレクターの清水康之代表は「善意であっても、子どもの背中を押してしまう可能性があると注意喚起したかった」と話す。
 福岡県筑前町の中2男子生徒の自殺では、各メディアは遺書の内容を詳報。11月に入って文科省に届いた予告手紙も、一部の新聞は実物のコピーを全文掲載した。
 岐阜県瑞浪市の中2女子生徒の自殺以降、ネットの掲示板などでは「連鎖」について意見が交わされている。NHKと民放でつくる第三者機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」にも「過熱気味では」との意見が寄せられているという。
 欧米には、報道の規模と直後の自殺数は関連し、特に思春期の子どもは連鎖自殺を起こす危険が高いという研究がある。日本でも86年、歌手岡田有希子さんが自殺した後の2週間で三十数件の未成年自殺が起きた。

 世界保健機関(WHO)は00年、メディア向けの自殺予防の手引を公表した=表。予告手紙を公表した文科省児童生徒課は「本人にメッセージを伝えることを優先した。WHOの手引も考慮したが、既遂自殺とは別と考えた」と話す。
 どこまで報じるべきか。メディア各社も、過去の報道を振り返りつつ、頭を悩ませた。

 TBSは文科省に届いた1通目の手紙が自殺を「予告」した11日、報道を控えた。いじめを「金銭トラブル」と報告していた北九州市の小学校長が自殺した際は、子どもの動揺を考慮し、校長の名前は伏せ、本人の生前の会見映像も使わなかった。
 ほかの各社も「思いとどまってもらうことを訴える記事も掲載する」(読売新聞、毎日新聞)、「事実関係の確認は小中学生の証言のみに依拠しない」(テレビ朝日)という姿勢だ。ある程度の指針を定めつつ、「影響を考慮しながら個々のケースに応じて判断している」(NHK、フジテレビ)のが実情だ。
 朝日新聞は、いじめ問題を、昨年12月から続けている「子どもを守る」キャンペーンでも取り上げている。粕谷卓志・東京本社社会部長は「警察や学校、遺族らへの多角的な取材で事実を把握し、過熱報道にならないよう心がけている。こうした現象を防ぎたいと、自殺防止を呼びかける企画も始めた。報道が連鎖を生むとの指摘は謙虚に受け止め、今後に生かしたい」と話す。

     ◇

■WHOの報道用「自殺予防の手引」から■

【ぜひすべきこと】

・精神保健の専門家と緊密に連絡を取る
・自殺「成功」という言葉を用いない
・自殺以外の解決法に焦点を当てる
・電話相談や支援機関の情報を提供する

【してはならないこと】

・遺体や遺書の写真を掲載する
・自殺方法を詳しく報道する
・単純化した原因を報道する
・美化したりセンセーショナルに報道したりする


報道により自殺が急増する、それだけ潜在的に苦しんでる人が多いということ。
トリガーもなく毎日地味に苦しみを持続しても、地味に毎日バタバタ死ぬだけ。
たまたま報道というトリガーを見ると決意が多くなって集中するだけ。

根本的に社会参加の苦しみを減らし心を豊かにする、そういう風潮作りからだね。
金と仕事を、呪縛じゃなく距離を置いた友人にしてゆく。

子供より大人のほうが沢山自殺してる、引責とかですぐ死ぬでしょ、あれは慣例風潮が悪いんであって本人のせいじゃないよ。
全人口3千万で武士しか腹切らない江戸時代じゃないんだから、どっかは変えないとな。4倍の人口ではおなじ分母でも沢山死ぬよ。
関が原の合戦まで日本人は1千万人しかいなかったんだってよ?石原都知事もビックリだよ。江戸時代効果!

…まあ、未成年は幼稚で我慢ができないし影響受けやすいからなあ。
陰から陽(またその逆)へは一気に転がり落ちやすいのが心理回路。不慣れなものを不器用にもてあます感じで。
グラフを見ても、報道後の差は歴然としている。ただユキコ自殺は80年代、まだ市民はピュアで抵抗力がなかったことを考慮すべきでは。
3万人超、のところは釈然としないけど、つまり大人が自殺しない世になれば子供もしないってことかな。

とにかく「自殺させない」というだけでは惰性的で、何も根本的に改善してない、それだけは忘れるべきではない。

とりあえず、筑紫哲也や夜回り先生、こういう人たちが勢いをなくして疲れた顔をしている。
この社会的風潮は決してよいことではない。

地味に、しかし伝えるべきことは効果的に。
報道もそうした根源的な意味で、器用になれということか。センセーショナルは諸刃の剣、報道側の動揺が見えちゃうとか、視聴率狙いとか。

投稿者 大尉 : 18:45 | コメント (0)

盗撮か護身か

盗撮を万引きみたいに巡回警備員が捕まえる特集やってる。夕方のニュース番組、テレビ朝日の。
大半は悪質なわいせつ目的。プロの警備員もそれをかぎ分けてる。

でも、護身で身辺を撮影したい、ちょっと商品比較とかのためにパチリ、なんていう人も居る。
まあ、なるべく堂々として、機材を表に出し、高い位置で固定するとか工夫が要るな。

取締る側を絶対にはしたくないね。これから線引きされてゆく分野。
えてしてこういう分野はそうなりやすいからね。撮影絶対悪、と。「んじゃ監視カメラで客取ってんじゃネえぞコラプライバシーどーすんだ」な人がきっと出てくるね。

逆風の中でも、身を守る努力を。新たに生み出す工夫を。

いつも個人は弱い。多数決だけでは居場所がなくなる。
対決となったら堂々と渡り合え。でも争いの雰囲気に飲まれて突っかかるな。話せば分かる、警察も大抵はそうだ。

投稿者 大尉 : 18:27 | コメント (0)

2006年11月15日

世の中を変えなくては無理。個々がいくら訴えても後の祭り。

>「自殺の連鎖止めたい」 中1の遺族、実名で訴え 大阪(朝日)
>和夫さんらは、亡くなった次女の理恵さん(12)の実名を公表したうえで、亡くなる直前、理恵さんが毎朝のように「しんどい」と訴えて登校を渋っていたことを明らかにした。和夫さんは「娘のように自殺する子がいなくなってほしい。

>いじめに悩んでいる子は一人で抱え込まず、周りに相談してほしい」と呼びかけた。

一人で抱え込むのは本能でもあり、またそういう社会構造だからでもある。「これしかないんだな」と悟らない限り孤立はしないのが”群れる生存本能”。
親も無能だろう、だが無能なのは家庭で接することだけでなく、”社会構築、委任”への無能さでもある。

世の中を変えなくては無理。個々がいくら訴えても後の祭り。なんも変わらん。予言断言しやすいよこれ。

かつて、イジメ以前に自殺以前に、何らかの地域コミュニティやストッパー役が居たではないか。
一人部屋を与え、TVやゲームで一人過ごさせ、ネットを通じて間接的で不器用に付き合いをさせ、
周囲もそうだから大きく違ったことはやれない。
親子は仕事だの塾だのですれ違う。複雑怪奇な昨今の”常識マンモス”、相手の抱える常識を把握しきれない。

忙しい。頼れる社会へ委任したはずが、死んだ子供が帰ってくる。

ま、TV報道を欠かさないことだな。飽きられるくらいに。
できれば、先週の自殺者とその内訳を、公報から拾ってきて報道するくらいでよいかも。

悲惨さを訴えねば世の人々は気付かない。資本主義広告には矛盾するけど必要なことだ。
だから、臭いものには蓋の政治では益々毒素を増やして自滅するだけだよ、いい大人たち。

前記事
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/a/archives/2006/11/post_140.html

 ◇

こりゃはやいとこ「自殺連」作って群れるしかねえよ、とか思った。
そういうシンパシーは案外強力だ。数年前にはやった集団自殺に走るとは限らない。
良識ある大人が用意しても駄目。自殺するような奴らが自発的に立ち上げないと。

>自殺予告:新たに2通の手紙届く 計18通に…文科省(毎日)15日
> いじめを苦に自殺を予告する手紙が文部科学省に届いている問題で、文科省は15日、新たに2通の手紙が届いていることを発表した。1通は学校や教員名が記されており、内容は非公表。もう1通は、消印が茨城県の「ひたちなか」で、差出人特定につながる情報はなかった。自殺予告の手紙は計18通になった。

毎日毎日ぼくらは鉄板の 上で焼かれて いやになっちゃうよ〜

>自殺予告:手紙また7通届き、計16通 文科省に(毎日)14日
> 文部科学省は14日、いじめによる自殺を予告する手紙が、新たに7通届いたと発表した。7通のうち消印が「板橋北」の1通は、6日に初めて届いた東京都豊島区で投かんされたとみられる手紙の差出人を名乗り、「教師等は何もしなかった。この手紙が着いているころには死んでいるかもしれない」などとした。
>このほか3通の消印は「熊本中央」「蒲田」「飾西」だった。残りの3通は差出人を特定できる情報が盛り込まれていたため、非公開となった。

投稿者 大尉 : 11:09 | コメント (0)

2006年11月14日

自殺 どうせ相談したって限界はあったりするんだよ

NHKニュースの学校自殺報道で、「一人で悩まないで相談を」
良く聞く言葉で、もっともなんだけどさ。

どうせ相談したって限界はあったりするんだよ場合によっては。
人種の違い、立場の違い、色々とね。気持ちが甘えることでむしろ”甘え自殺”に走ることもある。

孤立する、迫害を受ける、という人種がある。
孤独に耐え生き延びられる、その強さが必須の人がね。
積極迫害の風潮である。家畜国民とみなし、不適なら周囲が勝手に抹殺してくれるラジコン人間社会。
家庭ごと葬られる。追い込むのは密偵になった近所や会社の社員達。

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20061112/1163289097
>精神年齢が3段階目以上の人は、自殺をする資格がある
>1段階目は、まだ「おとぎ話」を信じている状態。「命は大切だ」とか、「いじめはいけない」とか、
>親とか教師とか。

>2段階目は、それが「おとぎ話」であることに気がついた状態。
>「いじられる方も悪い」とか、「いじめは楽しいこともある」とか

>3段階目は、自分自身の価値を打ち立て始めた状態。
>すべてのおとぎ話をはぎ取って、そのまますべて受け入れ、その上で、自分自身の価値世界を創造している人たち。

(随所略)

私には、この記事は諜報プロの入れ知恵ではないかと思える。
この判別に基づいて、追い込む人種を決めているように思えるのだ。

>だから、(略)〜氏が「自殺することにしました」とブログに書いても、私は止めるつもりはない。
>彼らには、それをする資格が、十分にあるのだから。

ここが特に、ホンモノ暗殺者の冷たさに良く似ている。奴らは例え話や冗談に偽装した殺し文句が得意だから。
筆者素性不肖のブログなんて”巣”だよ。


3段階目の人間がどうなるか。

組織ストーカー」という、国家つまり大人社会の異端者追い込み抹殺。
社会から締め出し、自殺や犯罪を強要する。少し調べれば膨大な構成員があることが分かる。
この実行部隊が支配者と結びつき、ナチス日本の誕生だ。

「皆から愛されなさい。」と拷問刑務官は言いました。
君の態度は愛されない、と拷問し、
カルトやギャングの不正悪事を告発すれば、彼らに愛されないよ、とまた拷問し、

要するに、ファシズムの愛の鞭、教育に過ぎないのだ。
「スーパー管理社会のロボット人間として不適であり、例外動作が多いぞ」というご叱責だ。

確かにファシズム国家になればファシズムに愛されないのは罪だ。
鞭の痛みをもって、愛される方法を現実的に学ぶんだね。素晴らしい。

どんなに支配者の首がすげ変わっても、このシステムはなくならず効果も一定だね。ここ5年間は変わってない。
だから信用ならないんだっての、権力の言うことは。

http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0611.html#15 (2 分析)

すげ変わって安心、だろうか。
むしろその自動的な安心感が危ないのではないか。

 ◇

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20061113/1163410826
>新しい時代の道徳はどのようにして生まれるのか

>小さな村の中での、血みどろのパワーゲームに疲弊した大人たちは、休戦協定を結ぶ。道徳の始まりである。
>人の出入りが激しくなり、かつての休戦協定は、しだいに忘れられていった。
>パワーゲームの再開だ。
>しかし、今度は、かつてよりも遙かに大きな規模で。とにかく、勝てばいい。

>勝ち組はおいしい仕事と報酬を牛耳ろうとする。
>金で幸せは買える。
>偉そうな奴らはすべて引きずり下ろせ。

>子供たちは、そういう親たちから学んだ。

こっちはもう少しマトモな理論だ。あくまで理系的な突き詰めだが。
何でも力押し、強制、いやなら死ね、それが公安警察も関与する「組織ストーカー活動」
これも既得権益や上層部批判にはものすごく敏感に攻撃してくるよ。過剰治安維持。

計算づくで、進化論を信じ、ひたすらコンピュータに計算させるがごとく、
人間社会を改良してゆけばあの記事のようになるだろう。
ついてゆける人間は、結局は減ってゆく。インターネット社会みたいなもんで。
適合者だの、若いのだの、器用だの、そういうのだけ生き残ればいいのかという。

まあ、「道徳は新しく作れ」というのは是。

だがこの人の文章にある用語をそのまま受取った人種が活躍すると、結局は仁義なきパワーゲーム(力押し)のままだろうね。言葉とはそういう固定概念を有する。
あとは、理想家とマネージャがうまく結託することかな。「桜蘭高校ホスト部」みたいに。
本田技研の設立経緯がそんなだった。

 ◇

>いじめ加害者・被害者、容易に変化 京大助教授が調査(朝日)
>しつこくからかったり、無視したりするなどの「精神的いじめ」は加害者、被害者の立場が入れ替わりやすく、テレビやゲーム漬けがいじめを助長する可能性があることが、高校生6406人を対象にした調査でわかった。
>また、1日のテレビ視聴が1時間以内の子に比べ、4時間以上の子がいじめをした経験は、高校男子で1.2倍、同女子で1.4倍多かった。ゲームの時間や携帯電話のメール交換頻度でも同じ傾向が出た。

メール頻度が多いと、イザコザ要因も増えるのではないか。
ネット掲示板の文字だけのやり取りは、深刻なケンカを呼びやすいように。

テレビやゲームばかりだと、他人との意思疎通時間が減るのではないか。視覚や神経が疲れるし。
でもそういう子のテレビやゲームを禁止しても、やることがなくなるだけで疎通相手は出てこないのではないか。
話題についていけなくなって、もっとイジメラレるのではないか。

なんかこう、ハードウェアのせいとか言う「昭和 テレビ悪玉神話」な論調はもうやめよう。
機械じゃなくて人だ。人が何に影響されるか、されないかというだけ。
そういう論調で伸ばせる新手の学者を期待する。京大でこれじゃ先が思いやられる。
>共同で調べた京大大学院の木原雅子助教授
52歳じゃこうした若者のコミュニティ内情はわからんだろさすがに。

投稿者 大尉 : 21:33 | コメント (0)

「サクラ やらせ」が暗黙の慣例である中で、適正運用が計りにくい。

タウンミーティング、開催の半数に「サクラ」(朝日)

 小泉内閣時代に開かれた計174回のタウンミーティング(TM)の半数近くで、質問者を事前に決める「サクラ」が用意されていたことが内閣府の調査でわかった。政府は、質問内容を指定せずに質疑の口火を切ってもらうだけの依頼については「あまり問題ない」(塩崎官房長官)としているが、今後はこうした依頼も「やらせ」の温床になるとみて取りやめる方針だ。
 政府関係者によると、TMの事務局がある内閣府が、関係省庁や開催地の自治体とのやりとりの概要を調べてわかった。質問者を事前に決めることは内閣府で「掘り起こし」と呼ばれ、「議論の活性化」(幹部)を図る狙いがあったという。
 「掘り起こし」には、政府が質問内容を特定せず質問者を決めるよう自治体に要請するだけの事例と、政府方針に沿った質問内容の要請にまで及ぶ青森県八戸市の教育改革TMのような事例もあった。また、質問内容を指定しないパターンの中でも、口火を切る最初の質問者だけを決める場合と、「サクラ」を複数用意する場合に分かれていたという。

慣用的な「用語」掘り起こし
手馴れた「ノウハウ」口火〜以下の文
長らく行われてきた伝統的手法か。

それより最重要なのは、サクラ。
汎用的。どの業界どのイベントや仕事へでも派遣される「人員」が、
不透明な企業やサークルの中に無数に居て、特に表沙汰にせず利権化している事実。現場作業系イベント系派遣会社には多いよ。こっちに書いてるけど
ときに流行やイベント、ときに諜報や謀略。仕切り、現場掌握、攻撃。

身近では、ネット掲示板の流暢な書き込みだ。
数名(チーム)の自演に乗せられて夢中になってしまう。あるいは数名の叩きに乗せられて怒りや絶望が頂点に達する。
「掘り起こし」は2ちゃんねるにおける「盛り上げ」。素人は驚くほどトロくて寡黙でシャイだから火付け役が居る。
だがサクラは陰でコッソリ行うから適正とズルの境に頓着がない。危惧すべきはここだ。

別に悪いことばかりじゃない。だがそれはマフィアだって政府だって同じで、善悪内包している。政府は正負とも読める。
「サクラ やらせ」が暗黙の慣例である中で、適正運用が計りにくい。ここをどう着手するか、ではないだろうか。


褒め殺しの渦で頂点に祭り上げられる、誹謗中傷の渦でどん底へ突き落とされる、
私自身、どちらも味わってきた。えらい人も、とんでもない人も、どうとでも作り出せる現実をね。

前政権は国民のバカさ加減を理論的に洗い出し、裏で徹底して馬鹿にしつつ、表で徹底して持ち上げ盛り上げた。これまでにないくらい。
だが旧来の人道主義?、「我々国民はバカではない、ひとりひとりが立ち上がるのだ、有権者よ」、などというのももはや陳腐。「選挙へいこう」くらいに反応がない。
インテリが、かつて60年前に民をその気にさせる手法として有効利用してきたのだろうけれど。バカ庶民はすぐ現実を見始める。インテリほど前提に酔わない。
前政権がむしろ、表で持ち上げるために利用したり。

だからネクストとは、国民が自分たちがバカで、どうとでも操られ流されてしまう立場であることを理解することから始まる。
でないと彼らは持ち上げられてる優越感と、自分達が偉いくらいだから国は上に任せとけば大丈夫だろうという勘違いを、いつまでも持ち続ける。

”陶酔の世の中”で、いかに現実に引き戻すか。効果的に民衆が動いてくれなきゃ意味がない。


>内閣支持率下落53%、無党派と若者離反 本社世論調査

つまりこれが小泉マジックなんだ。
バカな民衆特に若い世代のミーハーは、劇場っぽく面白く、誘導してくれるのが楽しくて楽なだけ。
別に不支持じゃない。従来のカタイ政治っぽくなって醒めてるだけ。元に戻ってるだけ。
こういうミーハー多数の状況は、啓発を進めないことには改善しないよ。

>安倍氏が政治的な信念や考えを「あいまいにしている」は55%と、「きちんと説明している」の31%を大きく超えた。

あいまいかあ、と戸惑い、でも何がどうあいまいかなあと考えると、もっと戸惑う。
こんなもんですよ。政治の幅広さ故か。
あんまりひとつふたつ絞って意気揚々と演説する、これもどうかなーとここ数年思ってきたことだよ。
指導者が芸能人化しちゃいけないとは言わないけど。

投稿者 大尉 : 18:17 | コメント (0)

2006年11月13日

イジメは許さないんじゃなくて、前向きにみんなが学ぶ機会へと変えてゆくんだ

「いじめを徹底監視追及し、加害者をつるし上げると地下に潜る」という、たまに見る論調。

その通りだ。組織的追い込みも時代と共に”寸止め”や”匿名、壁向こう”からの嫌がらせに変わった。
「追い込み、潰し」、ではなく「ストーカー」という言葉で濁されるようになったのがいい例だ。
あくまで自殺や病死にみせかけるところまで、日本の暗殺活動は来ている。しかも家族ごと。荒んだ家庭は国家的な「組織ストーカー」の餌食になってるかも。

人間の自然変化を誘発しない限り、つまり朗らかに暮らせる世の中にしない限り、
必要悪だといって陰湿を肯定している限り、

本質的な改善はない。
だから

>群馬県教育長に自殺ほのめかす手紙 全校集会開催を通知(朝日)
>県教委と県は、各校に対し、全校集会で「いじめを許さない」姿勢を見せるよう指示した。

あほかっつの。
ぴりぴりするほど二次自殺が増えるぞ。学校から変えるなんて無理、社会を会社を公務を変えないと。上から手本見せろ。

生物の本能たるイジメは許さないんじゃなくて、前向きにみんなが学ぶ機会へと変えてゆくんだ。但し悪党の口車、利権温存に利用されないようにネ。
社会が教職が生徒がみんなで現場で変えてゆくんだよイジメの運用を。徒弟制度のイジメにはどこか逃げ道があったでしょ。

 ◇

宮内庁は13日、「週刊朝日」11月17日号の「雅子さまと皇太子殿下が考えていた皇籍離脱の『真相』」と題した記事に事実誤認があるとして、同編集部に文書で抗議
週刊朝日編集長は「ご指摘の記事は、オーストラリアで出版され、話題を呼んでいるベン・ヒルズ氏の著書『プリンセス・マサコ』を紹介したものです。

事実なら相当に熟愛なのね、実にお羨ましい。こないだ結婚して庶民となった妹君に触発されてたりして。

それにしても昨今の「自分の意見記者会見」といい、話の筋は通っている。
あまりにも意思表示の制限と仕来たりプレッシャーの雁字搦めで、参ってしまった妃を助けたいという意思は。
案外現代的でフランクなお人柄かも。

 ◇

ふたつのパイプがある。

とんとん拍子にうまく行くパイプ、
まったくかみ合わずうまく行かないパイプ。

政治的陰謀や報復、といった背景事情は置いといて。
後者ばかり目立つようになれば、どんな名プランナーも下がって様子見するしかない。
これはカードであり、躊躇している間にもカードは切られてしまうから。カードを一枚伏せてターンエンド。


B版ブログ出張記事)
おれ毎日、拷問部屋からネット繋いで記事投稿してるんだ。
遠慮せず政治問題とか書くと、電磁波とかで半殺しにされて意識朦朧さ。でも脅されて黙るの大嫌いでやめないけどな。

http://blog.livedoor.jp/akiko_kim/archives/50641797.html
http://www.ccc-c3.jp/catalog/cake/quattorosso.htm
芸能人のさりげない記事さえ、こうやって左とかアカとか匂わせてくる国たとえご当人は無意識でも、そういう風に仕組まれる。
他にもいくつも例はあるけど、その都度いちいち列記してないだけ。当人に迷惑かけたくないしね。
相当ねちっこく執拗に根回しするのはさすが組織謀略。

投稿者 大尉 : 22:27 | コメント (0)

2006年11月10日

直訴旋風はイジメ陣営を凌駕するか!?

>いじめ調査:うちの子大丈夫? 探偵社に依頼増える(毎日)

アホか。「組織ストーカー」に加担している構成員の何割かはその探偵だぞ。
社会人を虐めて追い込んで自殺誘導するイジメの旗手に、イジメラレてる子の調査???

佐藤というサラ金の受付嬢が、都合悪くなると化粧しなおして鈴木さんとして再登場するアレか。バッジまで変えてさ。
食い物にされてるよな無垢な国民は、つくづく…

>ランドセルに小型のICレコーダーを仕掛けて会話を録音する調査まで行われている。
こち亀が現実に…
きっと代議士の息子のランドセルに無断で仕掛けて盗聴するんだぜ。ハイエナのすることなんてそんなもんだ。


>文科相あてに「自殺予告」、さらに4通(朝日)
>「尼崎北」「町田」「成城」の消印がある。残り1通は個人情報が含まれているとして、詳細を公表していない。

よくやった。もうこの勢いで慣習にしちゃえ。
県庁や新聞社にもCCだ。こうなるともう犯行予告状と変わらんけど。
騒がせや騒がせ。若者が突き動かしてこその時代なり。

愉快犯だけは勘弁な。真剣なやつだけのために空けておこうぜ。

投稿者 大尉 : 20:13 | コメント (0)

2006年11月08日

中間選挙

民主党おめでとう。JFKしてやったね!ブリンギトン!
せっかくだから、日本の民主連立政権も実現よろしく。

投稿者 大尉 : 21:24 | コメント (0)

要は「ボトルネック」

うげ。
昨日、夕方と宵に外出たときはあったかかったのに、夜中でたら冬の寒さだった。どうやら寒気が入り込んだらしい。


竜巻:一瞬にして廃虚に変わった 北海道佐呂間町(毎日)

私を嵌めた国家組織諜報。
いいように使い捨てや囮にした国家組織諜報。

誇大妄想イメージ的な部分の派手さはともかく、ふりかかる現実は毎日休まず有害電磁波を自宅に撃ち込まれる日々、心身相当な慢性的打撃が残った。
出かければ追尾され脅される、働きに出れば現場に介入され潰される。

そんな国では、ある意味あるべき結果かなあ、などと欠片も思わないのは無理、誰だってこんな境遇を強いられれば。
無茶な粛清とか、怨念とか、そういうものと無縁ではないと思う。人為が自然現象を動かせるならば尚更。
世界政治になんの影響もない国なら、巻き込まれこそすれ、狙われはしないだろう。
いつも中枢には届かず辺境がとばっちり食うのは、今の政策と同じ弱者しわ寄せ。魔術で東京に来ないように祈念してたりして。

こんなだから…
参加するとか、守るとか、そういう意義を見出せないのだ。気持ちが沸かない。
毎日剣を突きつけ剣先を刺して脅迫して来る、目先の利益ばかり考えている、そんなコミュニティに対しては。

ただ一度の暖かい差し入れ、それでその一家は守ろうかと自然に動く。それが人間。
童話の神様だってそうやって試すじゃない。オラ神様働け願いかなえろと蹴飛ばす脅す、その後の展開どうなるの?

…誰しもこんな欝な心理になることはあるよな。


右よりな組織のサクラが支配するネット掲示板界隈、要はネット言論。
いじめ自殺予告の手紙、連中のマッチョ理論だと「こんな気弱なの送りつけるようじゃそりゃ虐められるだろ、俺も虐めたい」

やっぱこいつらはコメンテータでこそあれ表立って主導権持たせるべきじゃないよな、とは思った。無論これも一理でしかないが。
こういう論理に基づく組織力がリストラ自殺だのを促進させるために利用され勢いづいてきた。だから今の国情があるのだよ。

別に、じゃあこいつらの主張を封じろというのじゃない。それは甚だ勘違いだ。
誰にだって一理はあり、弁舌させるとまともっぽい。
だがひとつを立てて伸ばせば弊害は出てきて、収束するには一度後退させるしかないよね。

そこで、がめつい国取り合戦みたいな精神だと、前任者やその功績を全否定して悪者にしたり、人を使い捨てたりと、凄惨、えげつなくなる。
いつまでも二項対立。交わることでの相乗効果は得られない。
「そうじゃなきゃ勝てない 儲からない」、色々あるけれどさ。荒みを加速させてまで合戦したいのか、それじゃ戦争屋だな。

うまい交代劇というか支えあいというかね。やーい理想主義者、てか。


で、自殺願望にせよ、要は「ボトルネック」
社会人の思考アルゴリズムが硬いというか応用力がなくて、どこかでボトルネックが出来るようになっている。
「我慢しろ お前が悪い」投げっぱなし。なんの解決策にもならない。
ITシステムでは比較的容易に特定し解消できるボトルネックも、人間沙汰となると簡単には行かない。
改善は進まず慣例迎合にあぐらをかいて、次々過負荷の人間が死んでゆく。生徒、校長、親…

日本だけかは知らんけど、「うちではこうしてボトルネック解消しました」という事例が非常に少ないね。
製品開発は速いけど、社会的人間的になるとね。風習や慣例が絡むと特にね。

次々投入される新製品による社会変化に、人間社会のアルゴリズムが対応しきれず変化できないでいる。
一昔前は上からの指示で賄えてたけど、さすがに今は過負荷になり問題が表面化して…か。

投稿者 大尉 : 13:48 | コメント (0)

2006年11月07日

ネコ型人間

ヨットスクール訓練生水死で戸塚校長逆ギレ (スポーツ報知)

 愛知県美浜町の戸塚ヨットスクール(戸塚宏校長、66)の男性訓練生(25)=新潟市=の遺体が10月、スクール近くの海上で見つかっていたことが6日、わかった。衣浦海上保安署と県警半田署の調べによると、死因は水死。外傷もなく、同保安署は自殺か事故と見ている。この日、都内で行われたトークイベントに出席した戸塚校長は、今回の件について「マスコミはオレに謝らせたいだけ」「実績は全然、発表せず、悪いところばかりあげつらって、成果を隠す」と逆ギレ気味に訴えた。

 死亡した訓練生については「あの子も精神科に行ってさえなければ、助かることができたのに…。精神病院に行くと、ものすごく薬を飲ませ、症状がどんどん悪くなる」と、独自の理論を披露した。

いやこれは正しいよ。ホメオスタシーを奪い薬で強引にある作用へ持って行き、
当人の本能がわけわからずストレスを抱え気弱になる。”封じ込める療法”にポジティブ要素はない。

 イベント後、戸塚校長は「(訓練生の死は)精神的なものからくる異常行動だと思っている」との見方を示し、「(訓練生は)薬は減らして、成果が上がっとったんだけども…。こういうことは、突然、起こりうるから」と続けた。
 スクールや半田署によると、訓練生は10月6日午後1時ごろ、ほかの訓練生やコーチ、父親と同県美浜町の図書館に学習に行った。だが、午後4時の集合時間に現れず、行方が分からなくなった。1人で抜け出したと見られる。
 父親が同7日、半田署に捜索願を出し、探していたが、同9日午後1時ごろ、地元の漁師がスクールから約3キロ離れた三河湾に、うつぶせ状態で浮いているのを発見した。衣浦海上保安署では「着衣などに乱れはなく、目立った外傷もなかった。自殺もしくは事故死の可能性が高い」と話している。
 スクールによると、訓練生は8月25日に入校。すでに、うつ病と診断されており、合宿所では父親とともに生活していた。

こういう人間は、社会適応が苦手ではなく「嫌い」なネコ型人間の場合が考えられる。先天機能や、生い立ち、いろいろなスパイス要素が絡む。
社会や医療は結託して、そりが合わない人間はみんな病名を付けたがる特性がある。ナントカ障害、あるいは英字2つ3つABCとかで。
これがまた、毛嫌い、嫌悪感を生む。誰だって嫌だろう病人扱いは。

一つの手としては、実家も含めて放っておく事。集団生活に無理に引きずり込まない。今回のようなパニック、ショック症状が出るから。
マイペース一番、アレルゲンは最悪、これは身体症状でも同じ。アトピーもそうだが、嫌がる気持ちで悪化、発作、ショックと続く。

無理を続けて衰弱した結果がアレルギーなんだよ。無理=我慢だ。
しかもアレルギー症状は強いほど物凄く生命力を奪う。すごく疲れる、弱る。
軍隊教育で強くなる奴はともかく弱ってしまう奴は無理に続けさせるべきではない。

まあ、マイペースでも不器用で苦労しちゃう、これも道理。理想の治療なんてありえない。個々のベストエフォートだね。
生命力が上がるような、気分高揚するような、ツーリングとかで野山をだらしなく訪れ歩く、というのがひとつの手法かな。
だらしなく、人から怪訝に見られる、でも部屋に篭らない、体を動かすのを楽しむ、
山野の生気を受取り元気になる、そんな感じ。
自転車もいいけど現地で寝たり食事するのが大変。バイクかクルマで。

 スクールのヘッドコーチは「現在は体罰などはしていない。訓練生がスクールを出たがっていたのかは父親もスクールも聞いておらず、なぜ、抜け出したのかは分からない」としている。

相手の心理回路をわかってないんだから指導するな。放っておけよ。

投稿者 大尉 : 10:48 | コメント (0)

2006年10月26日

新庄ヒルマン日本ハム。ついに優勝。

新庄ヒルマン日本ハム。ついに優勝。
チャンネル変えたらちょうどラストイニングだった。

別に監督でもコーチでもキャプテンでもない。
でもムードメーカーにしてパフォーマー新庄なくしてあの士気はなかっただろう。

最近は世界中で、示し合わせたように活躍が順番こになってる。
日産は一息でトヨタホンダ、プロ野球は巨人、ダイエー(阪神)、西武、ロッテ(阪神)、日本ハムと。
MOTOGPもヤマハ優勢が沸き起こり最近はホンダが持ち直し。

まさかイラクもいずれ…

・マッツーイー ため。
・シンジョー 2こ上。
・イッチロー 1こ上。
・中田ヒデ  3こ下。
このくらいの年代が一番活躍できるのかな。

・清原 7こ上。
この人は別格。

・谷口吾朗 たしか5こ上くらい。
この人がなぜ自作品に声優で出ないのか不思議。はずかしがりやさん?
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-White/6871/manga/2002wc/wc22_23.html

投稿者 大尉 : 21:49 | コメント (0)

2006年10月14日

時に古くなり時に新しくなり、両方を味わって

>
じゃなくてblockquoteしろよ、てゆうブログ記事を見かけて、うわあおじちゃんだ、とかおもったの。
きっとICQ全盛期からパソツーしてたのよね。

つくづく、ある趣味とかいったカテゴリの、黎明期の世代から見た先の世代っていい加減に見えるんだろうな、実際いい加減だけど。
血は薄まってゆく…日本語なんてもはやケータイの絵文字ですよ絵文字。楽だとか適材適所とかで。
W3C信者と呼ばれるぼっちゃま学生たちとどれだけ戦ったことか。…はよくて・・・はダメだとか表現の自由をなんと心得るんだ!?みたいな。

時に古くなり時に新しくなり、両方を味わって微妙な気分。

投稿者 大尉 : 21:45 | コメント (0)

2006年10月03日

いくさ回避

21時過ぎにニュース速報が入り、北が核実験を正式表明と。
いままでの6カ国協議とか全部無駄じゃん。
首相交代直後だし、面倒な時期にまた…

さて、いくさ回避プランを練らねばならぬ。主に外向けの出番か。
自発も巻き込まれも御免。涼しい顔でやり過ごそう。
朝鮮戦争みたいな儲け方ではまたアジア中心に反感喰らう。国際世論の評価も下がるし、露骨な西陣営と思われれば何をされるか。

日本や日本人が世界で驚嘆賞賛されるのは主に、欧州王族貴族もうならせる深く高品位なメンタリティと思う。
デンマークの王室シェフは日本人。宮崎駿もアカデミー賞やカンヌに通用した。フェラーリのデザイナーも日本人。
モータースポーツ好きなスペイン国王と謁見したのも日本人レーサー。
平和的なものづくりばかり。兵器とか軍用(転用じゃなく)電子回路は全然売り出してないでしょ。
狩猟民族に混じってヤンヤヤンヤやり始めたら賞賛してくれた人々に呆れられるよ。

投稿者 大尉 : 23:11 | コメント (0)