×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2005年04月 | メイン | 2005年06月 »

2005年05月04日

福知山線事故 同乗運転士について 

事故の福知山線に客として乗車していた運転士が救助活動せずに出勤、という報道。
それはある意味当然なのではないか。

公共性の高い(別の電車の運転がある)、職業。
事故現場は警察やレスキュー隊が作業しているし、(運転士が長けているとは限らない)
明らかになった無茶な成績主義を考慮しても、彼らとしてはまず出勤し、指示を仰ぐのではないか。
(電車を運行しなきゃ、という使命感と、しないと査定下がって日勤教育行き、という畏れ)
上司が指示したのが通常勤務なら、むしろ上司や規則に問題ありと思える。

マスコミは「運転士が献身的救助作業、電車数本が人員不足で運休」
という記事になったら賞賛したのだろうか。
これもなんか、違う気がする。
確かにJR西日本は素人目にも硬くて古いけど、こういう場合に叩かれやすい体質だけど。

あと個人的印象としては、鉄道の運転士クラスって
事故現場で的確な指示や行動を起こせるような応用力のある人材は
ほとんどいない気がする。


あえてちょっと弁護に偏向してみた。

投稿者 大尉 : 08:02 | コメント (1)