×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2005年06月 | メイン | 2005年08月 »

2005年07月28日

宇宙バス(スペース・シャトル)一考

宇宙バス(スペース・シャトル)一考

当初は安い、簡単、経済的、みたいな売り文句で
全部失敗したとか毎日の余禄で書いていたが、もっともな話。

素人目に見ても、メカニカルな面で複雑すぎる。
使いまわさないロケットならともかく、(あれは場面ごとに専用マシン、専用装甲に切替える徹底振り)
毎回燃え盛るタイルを張り替えるのだし。

大気圏突入にしても
ロケットは円錐が突っ込んでいくけれど、
シャトルは板ッ切れがサーフィングするから尚更、高温と摩擦が強いかもしれない。
衝撃があたる面積が大きければ、全体的な構造材にも疲労が出てくるかもしれない。
電気回路なら振動や温度差などで断線や欠損により異常を発し、(これはレースの世界では常識)
フレームはよれて、貼ってあるものは剥離する。
これはタイトーのゲームシュミレータで大まかな体感をつかんでも納得できる。

そもそも、ロケット機関で無理に速度を出して飛んでいって
高速度で大気圏に突っ込み摩擦を受けるというのが無茶な話。
UFOよろしくふわふわいければそれに越したことはなかろう。
ただ、外宇宙に出るとなればどこへ行くにも遠いから相当な速度も必要。

やはりいちど駅を経由し、外宇宙専用の高速船で出航という形になるのか。
惑星離着陸も宇宙航行も一台で、と欲張るには厳しすぎる環境と思う。
負荷が高いところにはコストをかけるしかない。

投稿者 大尉 : 20:25 | コメント (1)

2005年07月27日

介護の残酷さ

介護の残酷さ

昔は自立できない老人を世話する余裕などなく
姥捨て山なんてのが普通だったわけで。

しかし最近は高寿命でいつまでも介護の必要がある、そんなケースも多くて
ヘルパー頼むにも施設を頼むにも金。
金がなければ身内でどうにかするしかない。

で、介護地獄、思い余って殺人、放棄して死亡などと。
赤ん坊の世話が何年も続くのだからこれほど大変なこともない。
赤ん坊は数年で自立するが、老人はどんどん機能低下してくるし。

総じて文明とは時に残酷なものだな、と。

投稿者 大尉 : 20:33 | コメント (0)

2005年07月21日

体罰

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050721k0000m040170000c.html
体罰:教師、剣道の授業中に竹刀で高1殴打

…。
「お前は一体何を言っているんだ?」

竹刀だからどうしたと。
私らの時代、セカンドベビーブーム世代なんて、
校内暴力問題直後のせいで、教師は竹刀とか竹棒もつのが常識でしたぜ。
こつんとかこんこんなんて日常でしたわ。

やりすぎもあったけれど、そうやってみんな度が過ぎずに済んだもんです。
今のガキはみんなアムロレイですわ。


…とはいえ今回は骨折するほどで問題になっているので
力加減を誤った教師、力の行使には器用、適切でありたいもので。

どうだろう、月に一回、「体罰カンファレンス」を開くのは。
教師同士で殴りあう。これくらいなら子供でも大丈夫、という力加減を
全校一致で確認しておく。
身に染みて知っておく以上のベストはありませんからーーーーー。

投稿者 大尉 : 11:10 | コメント (0)

低床バイク市場 マグザム量産の暁には

マグザム、フロントかっこよくない。
クルマっぽさなデザインを履き違えたような今ひとつさ。

あれだと、「なんかヒュージョンのほうがいいや」の方が多そう。
どうせリアがキャデラック風なら、デコチャリみたいに徹底すればよかったのに…
あのまとめ方でもいい線なので、カッコよかったら無理してでも乗ってみたい。

つまり、社外オリジナルカウルでかっこよくなればいいのではないか、とか
マイナーチェンジがかっこよければいいのではないか、とか(そのメーカーがかっこ悪く出したんだけど)

どうせならデコトラとかデコチャリみたいに外観をユーザーが競うような
そんなのが面白いかも。
実際、デコレーションセンスの競争においては暴走族車がいちばん盛んっぽいし。

投稿者 大尉 : 10:45 | コメント (0)

アニメ メジャーとマイナー(陰陽)、処方別にみた各々の作用

アニメ メジャーとマイナー(陰陽)、処方別にみた各々の作用

たとえばポケモンやドラゴンボール系統。
多くの大衆に支持されるけれど、これは明るくはきはき、標準的な子供が多かったりする。
病気持ち、その他何らかの陰の要素を持っていると案外、こういうのにのめりこめなかったりする。

そりゃそうだ、問題抱えて心が重いのに、明るく元気いっぱいの人間に支持される作品が
面白いと感じなくても不思議はない。
また余りに知性などが突出していても、元気に、「バカになり切れ」ないかもしれない。

はげますのが逆効果の鬱、ちょっと似ているだろうか。
そうした人間には彼らなりにベターな、プラスとなる処方がある。

ガンダムやミンキーモモに対してのバイファムやマジカルエミ(例えが古い?)
決して後者の需要が一部に対して低くなかったのはそういうことかもしれない。

そういった作品は、売上だけで論じると打ち切りだとか路線変更となってしまう。
しかしそれら対策をしないおかげで最悪、死の淵や地獄を見ながら励まされている人も居るんだと
そんなことも現場の人々は知っておいて損はないと思う。


これは、昨今の暴力や戦争描写のゲームにも言える。
明るくはきはきと標準的に健全に育った人間が戦争ゲームを作るときには
その思考回路のままに(ゲームはゲーム、現実と混同して実行する馬鹿は居ない)
などと楽観してしまうだろう。

しかしこれは、明るい多数派の人間しか世間に存在しない場合の話。
実際は社会の多様化や、買った負けたが著しい情勢において、想像もつかないようなネガティブが
細分化して存在している。
想像力だけでもある程度はわかるはずだが、なぜか世間のクリエイトにおける領域では
単純な楽観が大勢を占めているようだ。これはつまり、ゲートウェイの思考回路が
大人というか賢人の域ではないということ。

もはや脚本家その他クリエイターは世界秩序、国内情勢を形作る、
ある意味影の指導者かその参謀であるということも言える。
そういう「空気を作り出す影響力」を担う存在としては、空気を作り出すツール「ゲーム」を
世に送り出す工程、ファイナルチェックにもっと気遣うのは当然だろう。
いや、企画発案からそうするのがいいんだろうけれど。

これは今までのように、ゲームなど新しいメディアに理解のない老人たちが
公権などの強権を頼りに検閲すれば良いというものではない。
あくまで柔軟な頭脳の元に、同業の内部で利権を絡めずに進めるのがベストだろう。
それが「時代の脚本を若い者たちで、時勢に見合った手法で書き進めていく」ことであろうから。

投稿者 大尉 : 10:43 | コメント (0)

キリvsイスに仲間入り スパロボ参戦ですカァァ

米国と蜜月、自衛隊イラク派遣なんてやり出したら案の定、
日本は目をつけられて物騒になるという段取りになって
テロ対策も国際格式になってきた。
おそらく周辺諸国やアラブ系なども、脅威という目で論じられるようになるだろう。

これはループ、エンドレスである。
気に入らないからドカンとやって、報復よろしくテロだテロだと敵対する。

今まではそんなでもなくて、まあ日本は眼中じゃないよみたいなところがあったわけで。
無理して列強に肩を並べて、二大陣営の片方として狙われるようになって、
本当にどこまで国、民(この場合両者には大きな隔たりがある)にメリットがあるのだろうか。

太平洋戦争では、戦犯がはっきりしていた。(押し付け、罪被りが相次いだけど)
しかしおそらく、今回のは誰も責任を取ろうとしない根性無しばかりだろう。
なにせ顔が見えない、組織も見えない。

モンロー主義じゃないが、案外どこからも適度な距離があってちょうど良かったりして。
文明進歩で世界地図が縮まってしまってから(地球の裏側でも12時間もあれば着く)、
覇権争いだのが物騒で面倒に見えて仕方がないし。

とはいえ一昨年だかに発言したとおり、しばらくは現状維持をベースに進めて行くしかないのも事実。
惰性で続かなければいい。

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/israel.html?d=19mainichiF0719e057&cat=2&typ=t
「できるだけ多くのユダヤ人を殺したかった。子どもが死んでも構わない。パレスチナの子どもだって死んでいる」
このままだとこうなっちゃうよー。
私は数年で死ぬから関係ないけどね。

投稿者 大尉 : 10:42 | コメント (0)

2005年07月19日

取り残されている電話機

固定電話機。
携帯電話ばかりに金がつぎ込まれる昨今、ろくな機種がない。
FAX付でやっとお金が取れるからと豪華っぽいのがあるくらい。
さっぱり進化といえる刷新がない。

子機だけの無線コードレスが出ているが、個人的には無線は嫌いだ。
余計な電磁波が放出されて有害だし、
蔵人の手にかかれば盗聴を容易にしてしまう。(0%は不可能)

 #一説には、LANでも電話でも無線、セキュリティを緩めるようになってきているのは
 #諜報上の盗聴(盗聴法なんてのも採決されちゃったし)をやりやすくする狙いが暗にあるとも言う。
 #実際、ネット上に巣くう組織ストーカー部隊(右翼とか警察とかの混合)はまず、ゲームなどにかこつけて
 #ファイアーウォールを切らせるなどを強引に勧めてくる。
 #そもそも個人生活のデータが詰まった端末をネットに接続させるの自体が、ハッキングして監視するためとも言える。

つまりスパイラルコード式の受話器にボタンがついたような(有線の子機っぽい)のが所望なのだけれど。
こうすれば、停電や電池切れでも電話線の電力で通話は出来るし。

コードが邪魔だとは言うが、ノートパソコンだって移動とかするけれど、
有線のLANケーブルをつけるじゃないか。
なんだったら掃除機みたいに巻取りリールを装備すればすっきりする。

一人暮らしに、またワークスペースの有効利用に、従来のサイズと寸法では(真四角に陣取られては)
なんだか結構邪魔なのだ。
ケータイみたいに机か床で寝ていてくれるか、
スタンドにスタイリッシュに立っててくれればありがたい。

投稿者 大尉 : 03:59 | コメント (0)

東芝リモコンは、OA作業のベテランの発想。

東芝リモコンは、OA作業のベテランの発想。

ボタンぎっしり、確かな満足!
つまり、OSのデスクトップをファイルで埋めてしまうタイプ。
業務内容によってはこうでないと最適でない場合があるが、
他人がいじっても何がどうだかサッパリわからない、専用端末。

これはベテランや専門家がビデオレコーダーなどを作ってきたことを示すものだ。
なんとか彼らの専門的に凝り固まった発想に、一般人が追従してきたわけだ。
東芝はマニュアルも分厚いのがそれを裏付けている。
素人お断りの仕様書というわけ。

デスクトップというやつも、冴えを働かせたり、工夫をしてみると、
つまりショートカットや用途別のフォルダを作るなどすることで、
閑散とさせつつも使いやすくすることは可能だ。

これはリモコンでいえば、
開閉扉や(開くと出てくるボタン)
複数機能ボタンを(携帯電話のような)
効果的に組み合わせるということで
他社ではうまく具現化している製品もある。

ちなみにユニックスOSでは、デスクトップを1ボタンプッシュで4つ使えるものもある。

投稿者 大尉 : 03:55 | コメント (0)

2005年07月15日

死と仏

4さまの次は、
イムさま。

韓流のアイドルには
暗示的に面白い名前が多いね。

投稿者 大尉 : 10:08 | コメント (0)

ヤフーの発表はおかしいぞ?

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050715k0000e040003000c.html
ヤフー:8時間不具合

瞬間的な停電で、とあるが、これはありえない。
大手データセンタに預かりになっている可能性が高く、もしくはそれに準じた設備で自社運用。

まず、停電がありえない。
冗長化複数系統電源になっており、電力会社で停電しても数日は自家発電できる。
仮にデータセンタが停電なんて引き起こしたら大変だ。
クレームで済めばいいが、大口の顧客に他へ逃げられてしまう。
損失を賠償請求されるかもしれない。

クラッキングされた内容が余りにお粗末、とか
相手が相手だけに発表できなかったとか。

無論、本当にお粗末な設備だったために停電した可能性もある。
しかしだとすれば、今までにもお粗末なサーバダウンが相次いだはずだが…

投稿者 大尉 : 10:01 | コメント (0)

2005年07月14日

恩とか

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/imprison.html
驚くべきことに、男は犯行に使った車の中でパンツ1丁にし、手錠をして写真を撮影。
それを「青葉」カップめんを発売したサンヨー食品に送りつけていた。

 写真には声明が添えられ、「『青葉の味はオレのもの』といった内容の手紙。男の記名があり、
一連の犯行は逮捕を覚悟したものだった」(捜査関係者)。

ラーメンを作った経験はなかった。口約束で金も貸していた。
最初は少しずつ返してくれたが、売れるにつれて『関係ない』という素振りを見せるようになり、
男は不満を募らせていた」(同)

別の関係者は「今回の件で、そのスジの者に追われ、今は身を隠しているようです」とも。




これ、決して似ては居ないけれど類似の状況にあり、他人事ではない。
運命操作という難事に遭遇して3年、世間の出来事の何割かは私の身辺情報を元に起きている以上
これも類似であるのは因果かもしれない。
http://www.geocities.jp/kasumin777/
http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html#taiken

最近もヤクザの下っ端、気のいいおっさんにたしなめられた。
「いいか、恩だけは着るな。正当な値段で稼いだ金で買えよ。そういう生き方をしろ。」
今更ではあるが、確かにそのとおりとしか言えない、たとえ天皇陛下でも政治家でもこれより重いことは言えない、
それくらいの重みのある助言だった。

数年以内に、人生に見切りをつけて死に向かうことはもはや避けられそうにない。
どんなに、例えブッシュ大統領のバックアップがあってももはや生かせない。
悪霊や生きたチンピラに取り付かれる呪術、絶えず神経磨耗で半死半生、意識すら保てないでは死人と同じ。
死人にはどんなチャンスも不意にするしかありえない。
呪術がもたらす邪気とは、それほどに絶対的にずべてを奪っていく。

今までもずっと、そうやってものすごいチャンスですら棒に振ってきたし、恩人にやきもきさせて反感を買ってきた。
所詮、そういう星の下に生まれる人間というのは居るのだ。
「根岸を幸せにする会」のように、絶えず悪魔に魂を引っ張られていて、決して上向くことの出来ない人間が。
これは前世とか宿命とか、現世では説明がつかないことが多いようだ。
無垢でかわいい子供が難病で幾度も針を刺され切り刻まれながら死んでいく現場にいた身として、それは納得できる。

そして、人がいいから罠を貼られたり利用されてしまう。
10年間も創価学会系や公安から張り込まれて遠隔で攻撃されていたなどと
現象は把握していたが、まさか人為だったとは想像もつかなかった。

つくづく、損をするために生まれてきて、拷問続きで弱りながら死んでいく
我ながら哀れな宿命。

投稿者 大尉 : 21:22 | コメント (1)

じゃじゃ馬なのだから人を選ぶのは当然

http://www.asahi.com/car/news/TKY200506270291.html
原付きバイク「2人乗り特区」認めて 逗子市が申請

これは的外れだなあと思う。
パワー不足、技能不足。

むしろ、小型二輪(125ccまで)特区にしたほうがいい。
教習所での料金を下げ(市が何割か負担)、かつAT限定にするとか。
時間は学科のみ短縮するとか。(技能減らしてはいけない)
一日か二日で取れるように集中教習、というのもいいだろうか。

なにせ、原付は使えない乗り物だ。
車線変更が出来ないし、30kmなんて時代遅れの制限速度。

対して小型二輪は使い勝手がいいが免許制度から乗れない人が多い。
なんちゃって原付、つまり50ccなのに小型二輪登録する人も激増している。

そういう意味では、なんちゃって原付を公式に認めるのもいいかも?
あとは普通免許のおまけに二輪小型AT限定を加えるとか。

ただ、特区でも手軽に取れるようにするだけではダメだ。
未熟な人間を増やして事故が増えては何にもならない。

投稿者 大尉 : 19:29 | コメント (0)

2005年07月13日

拝金がすべてなのかい?

匿名掲示板の、プロサクラによる業務的なレスばかり見ているとつい、
アニメにしても売上などの大人の事情に傾倒してしまいがち。

しかし、たとえばバイファムやガンダムXなんて商業的には大失敗。
しかし、その一部分にものすごく惹かれている固定ファンがいるのが両者の特徴でもある。
売上に結びつく王道から外れている分、固有の魅力を打ち出せているからか。

売上だけでアニメのみならず娯楽作品が作られるならば、
みんなドラゴンボールやポケモン、ライトエロばかりになってしまうだろう。
5年単位で、世にリリースされる作品の内容の推移を見てきた人なら、
売上傾倒の作品の物足りなさ、貧しさが、言葉にはしづらくともわかっているはず。

売れない作品を作ってくれと。
手抜きや無能な作品というのではなく、レスで賞賛されればOKというのばかりにしないでくれと。


右翼傾倒がガンダムSEEDデスティニーの
カガリ(理想主義、見方によっては左翼傾向)の出番を減らさせた、
なんて事情も見て取れる。
匿名掲示板のサクラは少なからず右翼の息がかかっている。
そういう意味で、時にレスの内容は政治的思惑が絡んで邪悪であるかもしれない。
レスの顔色ばかり伺っては、どうなってしまうかいい大人ならわかるはずだ。

投稿者 大尉 : 21:48 | コメント (0)

2005年07月12日

ヤフーを叩け!

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050712k0000e040083000c.html
【ネット競売詐欺出品の被害女性に誓約書要求】

返金を「特別の措置」とし、他の利用者に「迷惑をかけた」と謝罪したうえで、返金についての秘密保持まで約束させる内容。

あくまでなりすまされたユーザに全部押し付ける態度。
サポートなど逃げの一手、IT業界ではありがちだが
電話やプロ野球など含め国内大手になっている企業がこれでどうするのか。
発想の転換が遅れすぎではないのか。

こんなのにNTTだソニーだトヨタだのと肩を並べて欲しくない。
以前から普通の企業に比べて、責任逃れの客を舐めた対応が多くて
私自身も歯がゆい思いはあったので、いい機会だろう。

背後に北朝鮮系在日の影があるとか不安材料も大きいのだから
なおさらしっかりやってほしい。

投稿者 大尉 : 17:25 | コメント (0)

アメリカも日本も、ネット情勢は変わらないらしい。

http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20050712k0000m070129000c.html
【情報源秘匿 米紙記者の収監を憂慮する】

アメリカも日本も、ネット情勢は変わらないらしい。

CIA情報員の実名を明かした新聞記者数名が
情報源を明かした者は無罪放免
明かさず秘匿した者は刑務所行きになって騒然となった。

新聞やネットコラムなどを巡ってみるに、これは日本も米も同じ状況からこうなったのだと。
実際、週刊新潮が国会議員の献金がらみで同様の判決を受けたばかり。

つまり、右翼(保守政治団体)にネットの情報操作を掌握させる。
大いに国家機関が絡んでつるむ。

で、苦しい立場になるのがマスコミ。
ネットではマスゴミ呼ばわり、ネットは無根拠中傷を交えた街宣活動がまかり通っている。
もとよりマスコミが面白くなくけん制していた政府側、それに従う右翼に都合がよい状況となった。

こうして世論がまんまと保守に傾く中で、米マスコミも苦しい立場、
「政府が情報開示といっているのになぜ開示しない?」という世論に押されてしまうという。

とにかく、政治家汚職などをスクープするにも、情報提供者の素性を明かさねばならぬ時代になった。
つまり、情報提供はぐんと減るのだ。

そこまでして、「偽りの保守」を死守するのか?世界の市民たちよ。
(とか言うとまた右翼かぶれが「国賊の赤め」などとガーガー言いそうだ)
(その極端さがまかり通るほうがよっぽど危ないのに))


自分自身、市民を集団催眠や思考透視で脳内をがんじがらめにして監視したり思考を操作して
保守的、大人しいこと以外はさせまいとする工作に気づき、付き合わされている毎日。

なんでこうも物騒なことばかりが表面化するのか。
21世紀は全体主義と恐怖政治とマフィア社会の再来でしかないのか。

投稿者 大尉 : 17:15 | コメント (1)

2005年07月11日

ガチガチ

小泉総理がやっと優勢民営化にこぎつけたのに、
自民党内部まで郵政族にガチガチに固められて反発が相次いだ。

表向きは地方の過疎地域の〒確保、とかであっても
実際は郵政の強固な利権を維持したいじい様たちの思惑だろう。

先日、映画界も同じようなことを嘆いている記事を見かけた。
じい様たちに組み敷かれる、若手は発言すら不自由で作品作れず、
じい様が適当にまとめた映画作って、そこそこ評価される、と。

別に徒弟制度とか古いものを否定する気はないし、
これを強引にリストラ、とかいう安直さはむしろ問題なのだけども、
これこそ日本の旧来体質の弊害、とまで言われるこれを、何とかしたいと思うのが
国が傾いてきてやばいと気づいている若い世代としては思うのが当然。

じいちゃんばあちゃんをおんぶ抱っこで、余りの重さに卒倒するのが目に見えている。


ポスト小泉、なんて言っているけれど
またガチガチの保守に回ったんじゃ意味が希薄になるし、
いやはや、続投がいいのかそうでもないのか。

現首相がやつれるほどがんばって郵政民営化した程度でもこの有様の日本、
不安にはなるが、本気でかかれば何とかなる気もする。

気になるのは、あえて改革や刷新のようなことをやらせた上で、
失敗に持ち込もうと内部をかき回す、遠まわしな妨害工作が見え隠れする点。
変化は必須だ。変化を「国賊」などと弾圧する社会が最も恐ろしい。

投稿者 大尉 : 19:29 | コメント (0)

豆乳

最近はすっかりやつれたせいか、動かないせいか、
動物性のものが欲しくなくなった。

おかずは和風の精進料理みたいなのになり
牛乳は豆乳になった。

豆乳も調整豆乳はあれは豆乳ドリンクというべき混ぜものの多さ。(油、乳化剤など)
もう少し自然なのがいいと、無調整豆乳ベースでレシピしてみた。

無調整豆乳は濃いので、半分まで割れる。
ボトル水で半々〜7:水3に割って、気持ち砂糖か蜂蜜などを加えて混ぜる。
好みは分かれるだろうけれど、まんざらでもない。

投稿者 大尉 : 19:03 | コメント (0)

ご託宣?? つれづれなるまま

保守であること。

保守、温故知新を是認することと、
過激派保守に暴力統治を邁進させることを混同してはいけない。
いいことばかり表看板に記入するのは官民共に国際共通。

日本がどこか固くて融通が利かなかったのも、ひとつにはそうした
暗なる暴力統治の上でふんぞり返っていた事情があるからではなかったか。
下が勝手に、いや存じません、というのは国際用語。

暴力、恐怖で組み伏せるような国は長くは続かない。
仮に神のような至高の叡智がそれを開発しても、限界は早いだろう。
赤、共産、などとカビの生えた用語を多用する連中が、なぜ敵の姿や歴史から何も学んでいないのか。


90年代は安直リストラが流行した。
辞めさせればいい、椅子に座らせておけばいずれ出て行く、そんな風にひたすらと。
しかし人心は荒み諦観が強くなり、天国と地獄の二極化が進んだのを勝ち組み負け組みなどとぼやかした。

しかも人が育たず、残らなくなった。
育たないのに人材派遣などの外注にはスペシャリスト、マルチな人間を要求するから
いつまでも人が見つからない。

市場経済オンリーというのも、冗長性を持たない社会システムをもたらした。
貯水池、水道だけの水源。干上がってもサラリーマンや主婦には井戸が掘れないし
汲み上げたとしても飲むのをためらい、あるいは浄化の仕方がわからない。
専門家の支えあい、というシステムの弊害だ。


この時点で、3本柱が浮かび上がる。

・才能を育てる
・才能の無い人も活用する(同時に第一次産業などの再開発)
・国民にマルチタスクのセンスを復活させる(ちょっと国民皆兵、屯田兵ぽい)
 縦割偏重の見直しも効果的

ぱーーっと華々しく繁栄すると、いずれガターンと落ちて滅びというほど落ち込むかもしれない。
ほどほどに、そして「いざという時」を常に心にとめておくこと、
という流れで是非これからは一つ。

投稿者 大尉 : 18:53 | コメント (1)

2005年07月10日

自然VS機械

思うのですよ。

やめましょう。見直しましょう。
・憎しみの連鎖を故意に利用した政治や営業活動
・拝金主義、金が全ての風潮

一部のTVドラマが言うように、
人類の歴史が進んでいって自動的に賢くなり、争いを止め、平穏で豊かになるのか、と。
まずありえない。
どこかで改善努力するしかないし、善悪問わず欺瞞は欺瞞と再認識するしかない。

官民問わず強権が人を悪魔や鬼に変えるのは、社会の一線に出た誰もが知っていること。
割り切るのは誰もがやっていること。しかしやはりその先に踏み込まねば。
いまや企業のみならず宗教も政治も利益と組織力ばかりに執心しまみれていて
本来の機能や姿をとどめていない。
あまつさえ、それを追求する者の口封じ手法の確立に熱心になる始末。


人はどれだけ進化してもせいぜい2メートルの、お肉で出来た生物です。
それなりの維持しやすい、ちまちまとした、異種同士適度に線引きされた暮らしをしてはいかがなものか。
マクロ化しすぎて維持できない部分が、次々に明るみになっているではないですか。
人口も都市建造物も社会システムも。

自然を全身に感じて生きてみると、葉っぱ一枚でもつい思い入れて大事にしてしまうものです。
しかし都市に染まっていると、コストで考えてせいぜい数円だとか軽んじたり
むしろごみだ、不潔だと言いながら忌み嫌うようになる。
自然を根源的に忌み嫌うようで、なにがエコロジーとなりましょうか。


社会というのは、理想的になるほど機械的で、コンピュータそのものになると
この時代になって確信しましたよ。
機械vs自然、お互い妥協は出来ても混ざり合うことはありえない。

投稿者 大尉 : 18:40 | コメント (0)

何かが宿るということ

つくづく、間接的にしか人と接することが出来ない身となってしまった。
これはここ3年で気づいたものの、もっと以前からずっとそうだったのだけれど。

帯びている気により相手に不快感、不幸をもたらすことがある。
あるいは幸運だったりもするが。
ロシアンルーレットのように、無作為に。

目に見えない気、私に憑依して邪魔立てする悪魔じみた存在が
積極的に接してきた他人に作用する。
あるいはその場での私の気を汚して、態度や健康に悪影響させる。

言葉では説明が辛い。
体感した人なら必ずわかる感じ。

つまり至近距離で対面してしまうと霊的なアプローチが発生するので、
文章による遠隔疎通のほうが安全性が高い、という感じ。
相手の幸運率も上がるし。

数々の声優などが、心の中でひそかにお気に入りというだけで(公開せずとも)
その後に別の作品(私が見ようとする作品)に登場したりしている。
(TとかCとかYとか…Aとか。過去ログにいくらか書いている)
この程度なら問題は発生しないが、会ってしまうと何が起きるかと私自身、怖い。

わかるだろうか?

お相撲さんにペタペタ触るあれも、案外眉唾でもないのかも。

投稿者 大尉 : 18:39 | コメント (0)

2005年07月06日

山の湧き水、車道沿いでパイプが出ていて汲めるようになっていたりする。
これがまた、「生きている」
これを飲むのと、スーパーのボトル水を飲むのとでは、体の欲しがり方が違う。
やはり市販品は、やや生気を失っているのかもしれない。

投稿者 大尉 : 01:14 | コメント (0)