×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« きょうのブログ | メイン | ドリームデスノート(ジャンプ »

2006年04月25日

名を捨てて実を取る

地位も名誉も財産も所有欲も、空しいことだと痛感している。
どこかに所属することで柔軟な物言いが出来ないのも然り。七人の侍はただ義憤の心のみで戦った浪士たちの物語。

なにかの権限や財産のためにどうとか文句を言う奴が居たら嗚呼いいだろう捨ててやるよ。
実際、何ももってないけどな。何も持ってない捨て身の強みだけで生きてきたんだから。
今だって俺をつぶそうという工作が心臓ほかを押しつぶして病まない。心筋梗塞だーなんて周辺で叫ぶ馬鹿も居る。
だから何だってんだ。だらだら生き長らえるよりもずっと充実してるわ。

やくざなんてしがらみばっかで古いよ、なんてネオギャングが出てきてる昨今。表社会もみんな同じようなものではないのか。
20世紀は封建からの開放と、文明がもたらす規模の拡大のひたすら追及であった。
では21世紀はその様々な綻びが見えてきたところで、どう節度を戻してゆくかの作業ではないか。
それは何も封建への後退でなくて良い。厳格を追求するだけの無思考縦割カルトは本末転倒。
陽が焦がし始めたなら、陰で潤そう。それだけのことだ。


春の台風(強い低気圧)連続、毎日のように起きる地震。
きょうも真昼から雷鳴と夕立、朝に新潟で地震。
臭う。臭う事ばかりで手が離せぬ。身よりも世が心配でならぬ。

なのにこんなセンサーを鋭敏にして警戒すべき時に、少なくない人々が縦割りに埋没し催眠状態無思考奴隷になって、それを阻もうとする。
魔の跋扈。

投稿者 大尉 : 2006年04月25日 13:02

コメント

あなたは、本当の「飢え」や「貧乏」を知らない

実家に援助してもらうなら、早くそうするべきですね

ほんとの「オレは餓死するかも」と言う恐怖は、味わった人にしか分からないです

投稿者 USER001 : 2006年04月25日 20:34

数年前に半月飢えたがそのままいける感じだった。
年間一万円で生活した。

満足かね。

投稿者 大尉 : 2006年04月25日 21:02

>年間一万円で生活

どうやって? 実家にて飯代家賃光熱費只って世界で?

投稿者 USER001 : 2006年04月29日 07:09