×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 先日の合同テストにて800ccが | メイン | 無糖カルピス »

2006年08月25日

きょうのblog 060825

内臓が集中している一番深い部分が絶えずやばい痛覚。養分吸収が鈍り新陳代謝が酷く落ちた。体が老人以下。
国家による暗殺活動の賜物。電磁波照射だのせこい手段ばっか使いやがって。
あと数ヶ月とかで人生終わるかもしれない。とすれば残る時間を自分にとって有意義に過ごした方が良い。

自分を、家族を、組織暴力で潰しにかかってくれたこの日本に復讐してやろうとか、そういうのも安っぽいし悲しい。
自分が悪魔だといわれるとニヤニヤして誇るような人間性と同じになりたくはない。
ただ働きさせてくれた。悪だの犯人だの詐欺師だの色々演出してくれた。チンケな島国根性の犬風情が。
いい始めるときりがない。悪魔の誘いは引き込まれたら底なしだ。

たかだか三十路入り口でろくな一生も送れないまま終わる。親父がマークされてると息子は生まれながらに潰されるのだ。
さて残りをどう有意義に過ごそうか。さて。
生き続けても政府筋に監視尾行され、嫌がらせされ悪事加担を強要され、職に就こうとすれば邪魔されるか潰されて。
八方塞だ。

せめて、歪みきった支配者一味の中でもこの組織悪に染まりきってる悪魔全員だけでも道連れに呪ってやれればなあとは思う。
どうせ死ぬなら社会のゴミ掃除くらい貢献できたほうが気分が良い。偉いからどうした、霊になれば関係ないから道連れだ。できればいいなあ。

どうせ今まで死ななかったのは加害者側の利用価値でしかなく、みっともない生き方で潰れてゆくプロセスを重視してるからだ。
この辺は中世の国家から変わってない。優秀になる機会を奪いダメ人間として社会に認知させておきたいのだ。
日本には横暴な君主の言いがかりだの私刑だのないと思ってる大衆はラッキーなのか馬鹿なのか。

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/
http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html#taiken

投稿者 大尉 : 2006年08月25日 22:34

コメント