×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« きょうはゼーガペイン 060824 | メイン | 先日の合同テストにて800ccが »

2006年08月24日

ああやっぱり、のジブリ事情

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_interview_20051226.htm
だけど、宮さんは作る方は天才でも、教えるのは決してうまくない。彼を助手席に乗せて運転すればすぐに分かります。横からいちいち口を出すから、大抵の人はノイローゼになってしまう。「魔女の宅急便」(89年)も「ハウル」も、最初は別の人が監督をやる予定だったのが、結局宮さんになってしまったように、映画作りでもそういう光景を何度か見てきた。もちろん宮さんに悪気はないんですよ。でも、実際に十二指腸潰瘍になって来なくなってしまう人もいる(笑)。そこで思いついたのが、吾朗君の存在。彼を間に挟めばうまくいくんじゃないかと。

良くも悪くも宮さんに従属しないとやってけない。
だから細田は弟子達に食って掛かられ取っ組み合いになって追い出された。

投稿者 大尉 : 2006年08月24日 18:49

コメント