×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

3006年08月15日

ひみつのあっこっちゃん

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/3006/08/post_213.html

投稿者 大尉 : 00:00 | コメント (0)

2006年08月28日

国交省にむけて射出した

緊急提言

国道122号線 川口本町ロータリー。
毎日毎日街頭に立つたびに、轢かれそうになって慌てて戻る自転車をたくさん見ております。
特に南側の自転車道。駅側からの車に自転車のニアミス多発です。
何回か夕方のニュースでも問題として特集されましたね。

・自転車専用信号を、ふたつの横断自転車道の両側に設置すること。
・自転車だけの横断時間を、青信号で15秒間は用意すること。駅側から一方通行側に変わる間がいいか?
 それに伴い、北と南でタイミングが違っても良い。北は駅側車線と同時に青、南は一方通行側車線と同時かまたは自転車だけの横断時間に青。

#注:正確には「
・自転車だけの横断時間を、青信号で15秒間は用意すること。青信号が駅側から一方通行側に切り変わる間がいいか?
 それに伴い、北と南で青信号開始タイミングが違っても良い。
 北は駅側車線と同時に青になり自転車だけの横断時間の終了で赤に、
 南は自転車だけの横断時間に青、一方通行側車線と同時に赤になる。

#修整メールを送信。


同じく国道122号線 蓮田の東北道沿道との分岐点。

・国道からバイパスへの進路が本線扱いでなく、青信号のときに沿道へ行く車と混じって詰まって渋滞しやすい。
・手前に歩行者用信号が別にあって、ひとつ統一されてないため、車は進みづらくイライラする。本線直進路に仕様変更工事する際にひとつの交差点にす べきではないか。


(9/1返信あり)
信号機の設置・管理につきましては、公安委員会が行っております.
お手数ですが、警察へご相談をお願いします。
尚、この件につきましては当方より埼玉県警へ情報提供させて頂きます。

…そういえばそうですね。

投稿者 大尉 : 22:22 | コメント (0)

2006年08月18日

生活保護は役所が着服してお小遣い代わりにしてますよ

http://www.asahi.com/national/update/0818/OSK200608170153.html?ref=rss
生活保護費の着服、続発 3年で20人超
受給者と同じ名前の印鑑五つを用意し、引っ越しや通院などで必要になったと偽って臨時の支給金を請求する手口だった。ほかに北海道旭川市のケースなどを含め、この月だけで計4人が懲戒免職になっている。

保護適用を喉から手が出るほど望んでいる、本当にホームレスや餓死になるかもしれない人々がいるが、
彼らは昔の二輪免許限定解除試験並みの無茶な関門で門前払いされる。

金持ちが泳がせてる余剰金ではないのだ。
金にもそれぞれ性質があるってことだ。こんなに切実で救命性の高いお金を使い込むような奴は、
仮に単身の保護支給額1か月分着服したら、その3倍の人生を削られれば良い。

ヤクザや在日や宗教信者などが飼われるため(身を空けとくため)に裏口適用されてる話も後を立たない。
なんでこう適正とはかけ離れてゆくのかね、表も裏も。

投稿者 大尉 : 09:19 | コメント (0)

2006年08月16日

慰霊ならまず霊を見よ

http://www.asahi.com/national/update/0816/TKY200608150568.html?ref=rss
「なぜ首相参拝がいけない?」 靖国に若者たち
>「こっちにはこないの」「えー」。首相の参拝が終わると、そのまま参拝せずにきびすを返す若者も少なくなかった。
> Tシャツ、ジーンズ、キャップ、茶髪。見た目は、渋谷や新宿などにいる若者たちの姿と何も変わらない。

それ上祐だって追っかけちゃうようなミーハーだから。靖国とか意識してないし。

>様々な服装をした若者たちが集まった。初対面らしく、自己紹介をして頭を下げている。
> 「国を思い、先祖を思う。正しい方法で粛々と靖国参拝する」「参加者の史観、思想信条は問いません」。掲示板サイト「2ちゃんねる」で、前日の未明に集合場所や時間が書き込まれていた。ネット上ではなく、現実社会で集まる「オフ会」。

それいわゆるネット右翼とサクラと一部の感化された人だから。一般人と微妙に違うから。

>女子大生(22)は友人と午前5時に家を出て、到着殿前で小泉首相を待った。「連日、これだけマスコミで騒ぎになっているので、歴史的な瞬間に立ち会いたいと思って来ました」。参拝について言った。「終戦記念日に公式に参拝するのは、どうかと思う」
多いから。まだまだ。


御巣鷹山の霊魂は天に召されていた。そういう静けさがあった。

英霊なんてひとつの場所に固まっては居ない。ここに集う対外的危険性や懸念材料を考えれば、先に「配慮性の対策」がもっと進んでもいいのではないか。
霊とは、生きて参る人に懸念があり不安材料があればそれを感じ取るものだ。落ち着いた場所で安らかに慰めて欲しいものだ。
内の人間は目を三角にして参る。外の人間は目を三角にして非難する。たまるまい。
もっとも、先の大戦の霊などほぼ全て昇天してるだろうけどね。もはや生きる側のこだわりだけの問題。

懸念、不安材料、固執、対立などネガティブマインドに近寄ってくるのはむしろ悪霊、怨霊、悪魔。人を狂わせ争わせる原動力。
なまじ参拝者が霊をきちんと感じたことがないために、何かずれた方向性で進んでいる気がする。
いわゆる霊感体質とかそういう話。

うちの家庭内でも同じようなことがあった。
犬猿の父母が弟の墓をめぐって争ったのだ。彫った名前を消そうとしたり、俺が金だしたんだとか威張ったり。
霊は口出しできないしたまらんさ。まだ数年だから意思が残ってるかもしれんし。俺はそこだけは厳重にいさめ調整した。

靖国は一度行ったけど別に二度と行こうとは思わない。霊的に感じ取るものが何も無かった。おっかない黒バスは居るけど。
なんと言うか、あまりに荘厳で、黒バスが居て、あの場所だし、慰霊参拝を強制されてるようなプレッシャーがあった。

強き霊験のおわす赤坂日枝に詣でて霊的に清くあるよう努力した方がずっと良い。
あそこの気配が感じられない人々が靖国参拝がどうとか行っても不毛な論議は終わらないだろう。

昨日の公式参拝のメリットは、国を二分して論議を呼んだことだ。
小泉首相は行動的でそういう契機を良く作ったが、行動自体を褒めるべきでないことが多いのは当たり前。

投稿者 大尉 : 11:33 | コメント (0)

2006年08月14日

どうでもいいじゃんゴミくずみたいな無能庶民なんて、が本音だろ

世の中にはさらに年収100とか、80とか、無収入工夫生活などが存在しますよ。
これも以前ほど恥ずかしいマイノリティでもなくなった。
http://www.kiuchiminoru.com/blog/2006/07/post_77.html

年収150万円時代に突入 (ゲンダイネット)

 厚労省から8日発表された平成18年度版「労働経済白書」は、衝撃だった。ベストセラー「年収300万円時代を生き抜く経済学」から3年、年収150万円未満の労働者が急増しているのだ。20代では21.5%と、5人に1人以上。200万円未満だと全世帯の約1割だ。「年収300万円時代」の著者で経済評論家の森永卓郎氏がこう言う。
「年収300万円なら、工夫すればなんとかおいしいものも食べられる。しかし、150万円となると、命を保てるかどうか瀬戸際の生活です。そうした若者を何人も知っていますが、売れ残りの弁当をもらって食いつないだり、借金を重ねたりと、悲惨そのもの。厚生年金にも保険にも加入できないから『病気になったら一巻の終わり』とおびえて暮らしています」
 年収150万円未満が急増している最大の理由は、マジメに働こうとしている若者にさえ、正社員の口がないこと。小泉改革で正社員減らしが“推奨”されてきたからだ。

「一番の問題は、ひとたび非正社員になると、アリ地獄のように抜け出せないことです。30代や40代だと、より顕著ですが、最近は20代のうちに“一生、負け組”が決まってしまう。同じ学校を出ても、負け組は勝ち組の同級生の使用人になるくらいの社会が目の前なのです。階級の固定化へ向け、格差社会が完成に近づいているのです」(森永卓郎氏=前出)
 白書では、今後も非正社員の割合は増すと予測している。年収150万円時代が30代、40代にも押し寄せるのは時間の問題なのだ。
 安倍官房長官の掲げる再チャレンジ支援は、リストラされたり、会社が倒産したサラリーマンが対象。本当に支援を必要としている若者には、クソの役にも立たない。
 日本は行き着くところまで来てしまった。

あとは無茶苦茶な要求や条件を飲めるか、つまりどん底でネガティブにならずぶち切れずにいられるか、という「ふるい分け」でもある。
潜在能力などどうでも良い、ついてこれる奴の中でも才能は足りている。人は掃いて捨てるほど居る。人減らし間引きをしたい(政府)

と、いうことは。
才能があろうが目障りな奴は片っ端からどん底へ落とし、酷評を重ねさせればよい。と。「無限のリヴァイアス」でも描写の通り。
組織ストーカー活動」が流行する理由

投稿者 大尉 : 09:37 | コメント (0)

2006年08月12日

サクラメント・シンドロームがホットだって??まさか

以下、何年前の話題だと。ある程度わかってる人間にはそう思えるような稚拙な話題。
問題なのはむしろ、仮に全容を掴んでもそれを公表できる立場の企業個人が居ないことだ。(裏利権や国家的情報操作絡みだから)
だからいつまでもネット側に茶化され、マスコミ側には歯噛みする人間がいるという構図が続く。
もっとも、マスコミも以前から恩恵を受けてた背景も伺える。ある種、同じ穴の狢。


http://www.j-cast.com/2006/08/09002459.html
亀田擁護カキコミは 「プロ工作員」の仕業?

「Q.「A社」ってなぁに?
A.企業(ここではTBS)に依頼されて、掲示板を監視し、企業(ここではTBSと亀一家)を擁護するレスをするお仕事をしている方々です」
ちなみにこの発言をした同一人物は、15分後にこんな発言をしている。

「まあ、私もこういう書き込みするのが業務なので。給料は手取りで16万です」
うかつにも、工作員が自分の身元を明かしてしまっているのだ。この発言をきっかけに、工作活動のスキルの低さを揶揄する書き込みが増えた。

こりゃ単にその工作員が嘘八百、手練なのでは。発言をうのみにしない心がけが読み手側の基本。

1 (表向き)TBSに雇われておいて、(真の目的)TBSの配下だとばらすなどして雇い主を困らせる
2 実際には雇われてないが、嘘を言ってる

どちらにせよ、毎日朝日の左寄りを、事あるごとに叩いて評判落とそうと言うのは、ネット掲示板では日常茶飯事。
読売やフジサンケイはこういう目にはあわない。

彼らは一般人かフリーランスか学生か無職か微妙なのが多い、見た限りでは。仕切られた子分だったり。
この辺はポジションやカテゴリーにもよる。業界を跨ぐシンジケート的性格でもある。雇用もなく立場もなく、不透明さが売りなのは間違いない。
カテゴリーによる温度差(有志のボランティア的だったり、泥沼の凌ぎあいだったり)を
内部の人間を言いくるめ誤魔化すのに使ったりもしてるようだ。情報の分断。

少なくとも「組織ストーカー活動」絡みの情報操作や実際のストーキングは、時により状況により部落、在日系、探偵、カルト宗教、右翼暴力団、公安警察などが垣間見られる。
「そりゃ記事にしたくても出来ない、小手先の記事しか出せない」、のがわかるまで調べるのは個人でも難しくはない。

別に良い悪いとは言ってない。一旦マークされれば実態としてこれが日々迫ってくるのだからそう書くしかない。
組織ストーカーも情報操作の一環、潰しだの暗殺といった域にまでなっていると言うこと。それが日本の裏事情。


http://www.j-cast.com/2006/08/10002482.html
こうしたサービスは00年頃から増え始め、ネット上の掲示板に誹謗中傷や事実無根の情報を書き込まれた際に、企業イメージの低下を最小限に抑えるため、サービス会社がカキコミを監視し、問題があるカキコミをクライアント企業に通報する、というのが始まりだった。
それが、通報に加え、問題投稿のブロック、サイト管理者への削除依頼、さらには特殊な技術でカキコミを隠したり、過熱した議論を沈静化させるための「火消し」のカキコミまでするようになった。

2ch発祥の頃から、ね。

マイメロ:『とあるベテラン工作員は言ってたわ。
「自由な”あめぞう”が圧力で潰され、作為の”2ちゃんねる”にスイッチしたのは予定調和だった」って。』

ちなみに、私自身も通報(チクリ)されたことがある。派遣されてる日立関連企業についてカキコんだら
その書き込みについて派遣会社の上司からやんわり圧力じみた諭しを受けた。

投稿者 大尉 : 20:51 | コメント (0)

アニメファンも亀田戦視聴者も、あっちもこっちもネオコン傾向

アニメファンも亀田戦視聴者も、あっちもこっちもネオコン傾向。
私的には、TBSのダイジェスト見る限り亀田は仕上がりはともかくそんなに弱くないのに騒ぎすぎ。
興行じゃなくて武者修行だったらなあ…識者はみんなもったいないって言ってるでしょ。
きっこのグロブが言うとおりホニャララ団絡みなのも話をややこしくしてるっぽい。


http://blog.livedoor.jp/mado2wien/archives/50653406.html
>沸点低いわ、多様性は認めないわ、ネット住民は変わったな。
>そんな中、何故か、上村愛子選手のブログが亀田興毅を応援してBlogが炎上?していたらしいのである。

>ただ、その炎上した記事なるものを見させてもらったのだが、何で炎上したのかさっぱりわからん…、彼女自身は素直に感動できたんだからそれでええやんかと。
>それに対して、読者も過剰反応せんでもええがな。と思うのだ。

つうか2ch黎明期まででしょ、あめぞうの空気引きずって開放的で面白かったのは。
世話焼きで仕切りたがり屋の”真☆本音マン”さえ引っ込んで在日ライダー”atok”だの”焔℃”ばかり目立ってきたときにもう
おかしいな、とは思ったけど。


アニメファンに関する記事はこちら
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/08/post_589.html

別に直感的に適当なこと言うだけなら、いくら私でも記事にはしないよ。
この4年間ネオコンに生活や命を脅かされてきた勘が言うんだ。
http://www.geocities.jp/kasumin777/
http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html#taiken
これらはすべて、統一的な集団洗脳の影響と感じている。


さらに関連記事
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/08/post_594.html
ネットでのまとまりが兵隊利用されてきとるんですな。時として強弱の差はあるけど。
そういうディーラーが居る、相当なブレインを伴って。これは間違いなく。


サブ的参考サイト(中の人)
http://minorhythm.jugem.jp/
こういう人まで亀田見て拍手するとorzOTZ土下座させられる時代ですよ皆さん。
あっちもおかしいが、こっちもおかしい。もどかしい時代だ。


もいっこ関連記事
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/08/blog_060812.html

投稿者 大尉 : 15:59 | コメント (0)

2006年08月10日

老若の自立を妨げる昨今の風潮

高齢者デイケア施設の利用料が、法改悪で5万円から14万円に、というケースの報道。
食費などが自己負担になったため。施設入居者と在宅とで公平じゃないからなんだそうで。
泣く泣く退所を申し出る老夫婦、ニヤニヤ余裕ありげな施設職員は「でもケアしきれないでしょう?」という営業トークのみ。
お金の負担の重圧とか考えてる様子もない、一とき有名になった全身麻痺の福祉会社社長がいう「学歴だけで使い物にならない福祉の人間」

厚労省とデイケア施設などの職員は、国民年金分の生活費だけ貯蓄凍結で2、3年間過ごす特訓を義務化しては?
ご老体が私と同じ100円魚缶詰で食事してるの見てなんかぐっときたぞ。ああいう人にはなけなしでも差し入れをしたくなる。
若いのには若いうちの我慢という概念がある。国を支えてリタイアした老人に、これまでない鞭を当てるのはくずのやることだ。
上から鞭に当たって下をかばう騎士道精神はどうしたんだ。パフォーマンスとしては最高じゃないか。

翌日も同じ特集やってた。
自立支援なのに、費用がかさむから施設を去り、自宅へ引きこもるしかなく、施設側もそう指導する。
本末転倒、どうするの、と。

下も同じような話題。

http://www.tbs.co.jp/news23/onair/taji/s060808.html
>子どもに手本を示すことも大事ですが、若者に希望を与えるということも社会にとっては大きな役割だろうと思いますが、このままでいくと若者が希望を持てないという社会がどんどん進行する恐れがあります。しかも、もちろん本人が自立する意欲を持ったり能力を備えるということも大事でありますが、やはり公正なかたちで、例えば同じ労働をしたら賃金が払われるというような、そういう社会を作らない限りは、ますます社会に対する若者の信頼、あるいは希望というのは失せていくのではないかと思います。

http://www.tbs.co.jp/news23/onair/taji/s060807.html
>やっぱり大人たちがそんな教育論を振り回すよりも、自分たちが子どもたちの良いお手本になってるかどうか、

最近の施策は裏目裏目に出ている。
改正で裏目に出たら絶えず見直し。駐車監視員制度はこれでかなり初期の無理がなくなった。
あらゆる改正においてどう見直すのか。急務だがぬかれない。

一次切り分けで、叩きまくるだけか、開き直るだけか。
二次切り分けに持ち込んで、双方の収集を図るのか。

どっちが老若問わずやる気が出て、自然と貢献しようと言う気持ちが湧くのか。


私はたぶん発言や思想が元でプロ組織に追い込まれて、年俸500万前後に携われる境遇を失っている。
マークされているため社会の隅々に根回しされるからだ。
はじめからフリーターを出られない人間を生むより、よほど無駄な活動ではないか。

一般人にすら、出鼻をくじく、罠ばかり張り巡らす、こんな世の中に誰がなびくのか。
むかしは政治的活動も含めてもっと適材適所というか、すっきりしてたじゃないか。

投稿者 大尉 : 16:43 | コメント (0)

2006年08月03日

御巣鷹山へ

御巣鷹山へ参拝。
厳密には南面の高天原山の尾根の途中。
墜落現場の中腹から、さらに上まで獣道が続いているが、よほど装備していかないと途中で引き返したくなるだろう。
よく整備されてるのは墜落地点まで。

かなりヌルイ位置まで車でいけるし、ベンチも水場も随所にある。
だがここに墓参りに来る遺族もいる。霊園としてはむしろ厳しい。
本当に山登りの場所で、源流の小川の脇を上ってゆく。元は道も無く誰も入らない山だったらしい。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%BE%A1%E5%B7%A3%E9%B7%B9%E5%B1%B1&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

気配的には、犠牲者の霊魂はほぼ既に天に召されたようで、物騒な感触は皆無だった。鎮守された状態、か。

日蓮の坊様数十名が読経していた。なんでまた今日に。せっかくだから数十分の読経に付き合った。あの発声とテンポは言葉に出来ない効果を持つ。
彼らの気配は実に澄んでいる。いつだか日記に書いた、栃木小山の日蓮正宗の住職ほどではなかったけれど。
ただ、今風なのか若い僧侶の話し言葉は「ってか っすよ」な口調だった。なんか漫画みたいだ。

飛行機がなぎ倒したらしい切り株や犠牲者の墓標の中を上ってゆくと途中から尾根の上へ進むルートになっていて、小さい木で道をふさいであった。
上へ上へと進んでみたが、4C、5H(現場で聞いた話では、座席NOなどらしいがネットにも解説無く真偽不明)
などといった表記も無くなり草が阻む獣道に。シカの糞まで見られるようになったので引き返した。

山の名前どおり、周辺地域では鷹が旋回しているのが見られた。


当時の現場。以前見たものだが、かなりショッキングな画像もあるので覚悟して見るべし。ベルセルク読んだ人なら大丈夫かな。
http://zeroplus.sakura.ne.jp/v/magazine/
昨年の今頃にも骨が見つかったと言う。(朝日新聞)確かにあの範囲を完璧に捜索するのは無理だ。

この事故は「たかまがはら ひふみ」など神道系の言葉が多いのがなんとも因縁的。


私見だが、時速700kmとかで飛ぶジェット機は人が各々脱出できる手段を確保すべきだ。
B747など大型ほど、高速で飛ばないと失速する。(シュミレータやるとわかるが、重いので物凄い勢いで堕ちる)だから尚更。

この事故ではシートベルトで真っ二つになった犠牲者が多かったと明記されている。木々に引っかかった宙吊りの遺体も多かった。
後ろ向きのシートで効果あり、などとも書いてあったが、時速150kmで壁に正面衝突の車にしっかり体が固定されていても内臓破裂か焼死だろう。
この事故では機体がバラバラになって飛び散った。どっち向きのシートでも似たような結果ではなかったか。

300km走行時に壊れたバイクから、飛び出して助かることもある。だが状況によってはしがみついた方が良い。
横転して派手に飛び上がり空中でバラバラになったり、あるいは横滑りだけで安全な位置へ飛び込んだり。
ここで重要なのは生存本能も交えての「自己判断」だ。

つまりこの究極の二択を用意しない限り、飛び出せば助かるという可能性を潰すことになる。生存者4名は明らかにその結果だ。
木に接触する前に飛び出せていればあるいは…
パラシュートでも機体分離機構でも何でも、激突するまで心中しなくて良い「何か」を。
本当は戦闘機みたいに射出すれば、とも考えるけどあれは火薬を尻にしくから旅客には無理っぽい…


改めて、合掌。

投稿者 大尉 : 19:52 | コメント (0)

2006年07月24日

堀江メール問題みたいな昭和天皇メモ

また堀江メール問題みたいなことに。昭和天皇メモが。
上のほうに文相発言と書いてあって、報道したマスコミは知らなかった(ことになってる)。
わざと知らないことにして打ったキャンペーンの真意とは。そこまで当然に考える時代になっちゃったね。

小手先だけの情報戦は人間を軽薄、刹那主義にする。そこには大義も大計も無い。


この数年は私的身辺事情柄、皇室周辺の空気に触れる機会が増えた。
最近の天皇家は、感情的に叱咤したりしない。政治絡みは尚更関わらぬようにオブラートに包む。
先だっての外遊の際の声明を見ても明らか。平成昭和と大差ない。憂えるブレーキ役的。

投稿者 大尉 : 11:04 | コメント (0)

2006年07月20日

芸能人逮捕とか

ここ数日で、芸能人の逮捕不祥事が多すぎないか。
歌舞伎は獅童、狂言の元彌、お笑いに極楽とんぼ…


高齢者の住民税が一部で10倍になったそうだ。保護で暮らす障害者もギリギリだったのが赤字が出たりしてる。
今度の好景気も勝ち組側、ちゃんと飯が食えて貯金がある向きご優待。
どんーーーーんなに悪くなっても、わからない人たちにはわからない。そういう仕組みにしてある。

六本木でバイクを路上駐車して数十分沿道のビルに入って出てくると、もうみなし公務員が車両に密着して見張っていた。
だがこれは温情なのだ。ヒルズの方で彼らを蹴っ飛ばして逮捕された人はたかだか10分くらいだったはず。
施行当初のやりすぎ感もあったのだろうけど。

見るからにいい改革に混じり、恐ろしいことが数々導入、拡大されている。
だがどんなにそれが猛威を振るっても、わからない人にはわからないのだ。数は調整され報道の演出劇でうやむやにされる。

私はその流れで近々死ぬかもしれない。あるいは重病か。
すでに組織追尾、尾行は酷く職場も買い物も滅茶苦茶にしてくれる。様々なプレッシャーや有害攻撃が体を蝕む。
そうした組織活動のアイドリングやハンドリングもまた”恐ろしいこと”のひとつ。
何かに楯突いたり周囲から浮いていると、落伍したり病死したり軽犯罪で立件されてしまう人が、恐ろしく急増している。

投稿者 大尉 : 17:26 | コメント (0)

2006年07月18日

ウルトラマンで社会や政治

TBSニュース23で昨晩やってたウルトラマン特集。
今やお父さんおじいちゃんが見る時間に特集しないと売れない時代。

現代はヒーロー不在。

かつて大臣とかお巡りさんとか車作ってるとか言うだけでヒーローだった。
まだ色々なものが未知で未来的で、進歩が約束されてて勢いがあって、みな自然と希望を持って前向きだった。

今は子供も醒めてるし、ずる賢くなった大人たちを早熟に学習し真似るようになってる。
友達を表層であしらい付き合いは広げるが蹴落としたり裏切ったりもする。ミニサラリーマンみたいな器用な子供が普通になった。
大臣ずるい、お巡りさん痴漢と万引きばかり、ITセレブ捕まってる、製造業なんて身分低い…
大人たちはああやってるから僕たちもそうしないとついてけなくなるんだ…自分の主張がなく周囲から聞こえてきた言葉に沿って動く。

魔女狩り、即ち組織ストーカー活動。
学童や幼児まで一緒になってるのを時折見かける。相手が大人だろうが笑顔でけなし罵倒する。
その手のプロに該当する家庭になるほど顕著。我が子というより兵隊と変わらない。
これは悪くなり続ける世の中をゴマかすための活動だ。告発者(楯突いた人間)を潰し、悪人というレッテルを貼り付け民衆に潰させる。

70年代の空気を知っている記憶力のいい身分からすれば、なんと人々の精神が闇に堕ちてきてるのだろうと。
振り返るたびに驚き落胆する。そうしないと普段は慣らされてしまい意識しないのがまた恐ろしい。
かつてはつくる事に躍起だったのに、今や潰すことに躍起だ。

誤魔化すのでなく向き合う。民主平等の大前提、基本中の基本をやり直すしかない。
科学文明づくしが飽和しつつあるが、次の指標は文明生活から適度に距離を置くスローライフスローフードだと感じる。
世間の人々が長期的な目標を見失っているのを見れば明らか。本能とは実に鋭いもので。
本能が喜ぶことをやれば自然と生物的に勢いづくものではないか。


「帰ってきたウルトラマン 怪獣使いと少年」
地球環境を観測しつつ、怪獣を封印すべくひっそり暮らしてた宇宙人と、それを慕う子供。
気持ち悪がられて街ぐるみの差別虐待を受け、ついに宇宙人は民衆暴徒にまじった警官に殺される。
民衆「早く怪獣を倒しててくれ!」
ウルトラマン「勝手なことを言うな…自分達でおびき出したんじゃないか!」
http://home2.highway.ne.jp/hisanaga/Newman/Jstory01.html

異物だ、生意気、汚い…なんて一様に無思考な魔女狩りをやってると、いずれそれを原因としてしっぺ返しを食らう。
その中にこそ根本的な歯止めや、支援があったかもしれないのだから。

指導者の元ひとつになって敵を倒すのだ、って。
ひとつにするもなにも、言ってる内容が懐古的ノスタルジな上にやり方が過激で強引じゃ誰も本心からついてこず本末転倒では。
敵って…わざわざ誘い込んでどうするんだろう。わざわざ積極的に捏造してどうする。 

必要なことなのか。時流に最適なのか。
分析よりも欲望が先んじてはいないか。だとすればそれは浅慮で頭が悪い。


物騒な事件事故天災が続くのが希望通り、の人々っているらしいことがわかってきた。
ちゃんと大人になると、みな色々歪んで、悪の道に染まったり引きずり込まれたりする。
戦争したい、仕切って暴れたい…大戦後の世界は人道とか人権の基調で温和にやってきた中、
そういう属性の人たちは被抑圧意識があったんだろうか。そしてそんな心に悪魔が漬け込んで、魔がさすように仕向け、
今やファッショイベントが世界各地で展開されている。

神の領域、邪神(悪魔)もふくめて。
そっちでも縄張り争い、シェア争いがある。これは体験則的に理解した。
人は絶えず何かに操られて、色々授受関係を持ってはじめて人間足りえている。
仕切るボスが変われば人間も変わってきてしまうらしい。


TVタックル。ハマコー老いたね。パフォーマーとしてでも「反撃、武装しろ」なんていうようでは。
軍事専門家が横で、いちいち怯えてるから相手を調子付けるんだあんまり騒ぐなと言ってるのに。
カードと戦意の違いを素人でも読める。読めてない発言者が多い日本が実に心配。


権力闘争って言葉、個々最近ですっかり定着しちゃったね。
パロマ報道はトヨタ報道目くらまし、オール電化後押しの自演だとはネット匿名投稿の弁。
運命すら人間がいじれちゃうご時世だもんね。

投稿者 大尉 : 23:24 | コメント (0)

生活保護は徹底的にボイコットされる

蓮田市福祉課も同じかそれ以上に機械的で人間性の薄い対応が目立った。公安諜報による報復要素も目立った。
結城市福祉課の場合、議員や自治会が絡んでいたのもあってか職権行使はあったけれど。
一年経ったから問答無用で切るね。明日から食えなかろうが通院してようが知るかボケ。
多分無理だろうけど一応俺達お役人様に土下座してみろ、もしかするともしかするぞ無理だろうけど。

今後はいっそう増えてゆくのは間違いない。破綻が視野に入った、斜陽の時期に入っているから。


衰弱知りながら給水停止・保護申請却下 障害者が孤独死
2006年07月17日05時55分

 北九州市門司区の市営団地で5月、独り暮らしの身体障害者の男性(当時56)が、ミイラ化した遺体で見つかる事件があった。この事件で、北九州市が、男性が脱水症状で衰弱していたのを昨年9月に把握しながら給水停止を続け、病院に入院させるなどの措置も取っていなかったことが分かった。男性が生活保護を申請しようとしたのに対しても、相談段階で断っていた。

 門司区役所の内部文書や、関係者の証言を総合すると、最初に異変に気づいたのは、団地を管理する市住宅供給公社の職員。家賃滞納が続いたため、昨年9月28日に訪問したところ、男性が床をはって出てきた。水道は9月14日、電気とガスはその前から止められていた。職員は市水道局に「男性が衰弱し、脱水状態にある」と連絡した。

 市水道局は9月30日、男性の状況を区役所に知らせたが、水は止めたままだった。近くの住民は、男性が公園で水をくんでいる姿をたびたび目撃している。

 区役所はその日のうちに、ケースワーカーと保健師を男性宅に派遣。男性は「生活保護を申請したい」と伝えた。だが、区役所は即座に保護を開始できる「職権保護」を適用しなかった。市内に住む次男から食料の差し入れがあるとして、「生死にかかわる状況ではない」と判断したからだ。

 実際には、コンビニエンスストアで働く次男が数日に1回、食パンやおにぎりを持ってくる程度だった。男性は妻と離婚しており、息子たちとの関係は複雑だった。

 男性は12月6日、区役所の保護課を訪問。「次男からの援助も途切れる。体も弱っており、保護をお願いしたい」と話した。しかし保護課は、長男が7月分と8月分の家賃を支払ったことを理由に、長男と話し合うことを求めて帰宅させた。それ以降、男性からの接触は途絶えた。

 男性は5月23日、布団の中でミイラ化している状態で見つかった。司法解剖の結果、1月下旬に死亡したとみられる。

 団地の町内会役員は「男性のやせ衰えた姿を見れば、誰もが生活保護が必要だと思った。しゃくし定規な考えが、男性を死に追いやった」と話している。

投稿者 大尉 : 23:15 | コメント (0)

2006年07月07日

「涼宮ハルヒの憂鬱」の人気に関するちょっとした憂鬱

www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/06/news095.html
>一部の熱狂的なファンがブログなどを通じてネット上の口コミ活動を開始し、同時にYouTube上で違法ながらもコンテンツが流通したことで、従来ならリーチできない範囲にまでファン層を拡大した。
CDのランキングとか、あからさまに2chサクラが大いに関与してたんだけどね。
不思議なガンダムSEEDと同じで。

ユーザ同志のWeb2.0、というよりも
ネットサクラ組織によるユーザ成りすましの巧妙で盛大で緻密な自演劇が原動力、というかね。
ハルヒの場合も2ch系統だから、在日系などの組織力が大いに絡んだことは一目瞭然で。

2ちゃんねるなどが過去数年で証明し公言したように、ただのユーザは怠惰で結束なく場を盛り上げない。
ユーザとしてもサクラとしても曖昧な人材や情報源を個人から各業界人にまで多数確保し
ブレインが運用形態を提案し指揮することで、今のネットは盛り上げられている。
同時にそこに少なからぬ利権や、国家的情報操作の思惑が絡んでくる。

上のような提灯記事を信じる程度の老若男女では、ウェブの裏表の本質は見出せない。乗せられるばかり。
それはいいこともあるが、あこぎだったり、統治レベルで危険だったり中核だったりする。
今のネットは国家を変貌させ恐怖で統治しうる。いやもうしているのだが。し始めているという文言すらもう古い。
組織購買、イベント盛り上げ、監視、ちょっかい、サクラたちは事あるごとに現実に押し寄せて場を仕切っている。
ことに政治絡みの「組織ストーカー」行為はこれまたネット上で情報や告発が増えている。(トップページ上の「関係リンク」参照)

つまりはこれら組織力に先導される民衆というのは、米WW1参戦の引き金となった黎明期のマスコミの性質とも似ている。
当時の民衆は現代のゴシップ並みの怪しい記事を盲信した。
有力な情報ソースがなかったところへ新聞が登場した時代だったから、その”新たな媒体の本質を見出せなかった”のだ。
おかげで世論は熱狂的に盛り上がり、いやいや参戦せざるを得なくなった。
政治のプロがセンセーションの本質を熟知した上で仕掛けている。この本質も同じであろう。
今や経済も戦場なのは、外資の存在を見れば明らか。自国の影響力を増すために、とか。マネーゲームでしゃぶりつくすために、とか。

投稿者 大尉 : 08:13 | コメント (0)

2006年07月06日

ザ・プロフェッショナル 奥山氏

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀
奥山氏。米自動車メーカーのデザイナーを経てフェラーリをデザインした人。
モノ作りを詰めてゆく一線の人は、堂々としかしさりげなく真理を説くから、そのトークは聴いてて爽快だ。

気に入らん駄目だ駄目だといいながらも新鋭のカルロの案を採りたがってるのが伝わってくる。
ひとつ足りない若手にそれを補充すると、一気に伸びることに魅力を感じるのだろうか。

投稿者 大尉 : 22:30 | コメント (0)

2006年07月05日

私の世の中への心配はもう5年途切れてない。

竹中大臣自殺未遂説浮上。改革の旗手が。
皇室典範関係の内閣会議書類、右翼報復を恐れて回収後処分とか。
あまりに急激な悪化で橋本さん亡くなっちゃったし、小渕さんと似てるのがいやに気になる。

何かまた流れが違う方向へ変わってきてるのかな、と。
この数年は裏にでかい絶対勢力があり、主張次第で味方になったり敵になったり絶えず変わってる感じがする。

呪術だの暴力だの、そういう手段を選ばない方面が伸ばすのは嫌だね実際になってみると。
もっと、あるいはもうちょっと、ソフトだったよな確か。少なくとも90年代までの日本は。


bund.jp/modules/wordpress/index.php?p=298
>みんなの視点を広げてくれるような書き込みは歓迎するけど、「誤った考えを広める国賊に天誅!」みたいな自己絶対化な人はお断りだよ。別に自分の考えが間違っているかも、までは思わなくてもいいけど、相手も相手なりの正義感があるんだということを、お互いに認められない人とは対話したって無意味だからね。お互いに時間の無駄だよ。
あははは、少し前まではこんな発言するまでもなく世の中に浸透してたのにね。
高校野球部まで堂々と押しかけてくるとは思わなんだよ。
www.geocities.jp/unwatchedattack/0607.html#4


テポドン落下を好機としてふたばちゃんねるに右翼街宣ラッシュ。てことはネット中がそうだろう。
7/4だし予定調和の発射なんだろうけど。


新庄に中田まで引退している。どこかおかしいというか、全ては繋がっていてなるべくしてなっているというか。
これ以下の世代に強力なキャラが居なくないか、無下に。
全ては繋がっているからテポドンは発射された。今の日本はこれに応戦しかねない要素が強くて怖い。付き合いたくない。
発射した国の勢力や利害一致した類似勢力があまりに国内で幅を利かせている。自業自得へ自ら突き進む。なるべ以下略。
付和雷同型の頭悪い世情にだけはなるなよな。

それにしてもミサイル発射、素人が見ても発射を見せ付けるだけのパフォーマンスなのに
それで政界やテレビが大騒ぎできる日本は良くも悪くも平和だね。中東じゃ着弾爆発が日常だよ。


昔ほど、老害ばかり叩く気がしなくなった。

様々な業界事情を知るにつれ、実際の交代劇などを見るにつれ、
若く新しかろうが過激武闘的だったりへまやるし、老いてれば威張り権勢を振るうことばかり長けていて、
こればっかりはケースバイケースで細やかに判断対応しないと何ともいえなかいようだ。

文豪も内閣メルマガで言ってたけど、二極(項)対立を煽っても無意味。
わかりやすいけどそんだけ。わかりやすいことばかりやると大衆が秀才になめられ操られる政治が際立つ。
大抵は柔軟に箇条書きして理論的につめてゆくSE要素でかたはつくけれど…
社会の上層はそれを邪魔する大掛かりな仕組みをいくらでも用意している。
泥舟は崩れだしたら一蓮托生するしかないようになっている。
政治は強力な悪魔が強力に操っているとしか形容しようがない。

投稿者 大尉 : 17:52 | コメント (0)

2006年06月27日

ゴーンバッシング

目先のことにすぐ目くじらを立てる、外国的な考え方に理解の無い、国民性。
右肩上がり成長が続くという思い込みがまだ抜けないらしい。
いま一番品格のある国産車を出してるのは日産なのに。スカイライン、Z。フーガ、ティアナ…都心で一番多く見る。個人タクシーに好きで導入する人も多い。

ゴーンで駄目なら誰がどうやってもだめだよ。


日産:「私を信じて」と強気のゴーン社長 株主総会
株主総会後の懇談会で、株主と談笑するゴーン・日産社長(左から2人目)=横浜市で27日、小川直樹写す

 「『ゴーン・マジックが通用しなくなった』という否定的な報道がこれからも出るだろうが、どうか私を信じてほしい」。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は27日の株主総会で、国内外で続く深刻な販売不振を問いただす株主に対し強気の弁明を繰り返した。

 日産は昨年10月以降、国内販売が8カ月連続の前年割れで、北米も新車投入がなく苦戦が続いている。同9月までの大規模な販売促進活動の反動で、ゴーン社長は「年度前半の台数減は予想されたこと」と釈明。「08年度の世界販売420万台」という長期目標の達成を約束した。ただ、新車を投入する今秋までは厳しい状況が続くとし、84万6000台と設定した06年度の国内新車販売台数については「80万〜84万6000台になる」と、下ぶれする可能性に言及した。

 05年度の事業報告では取締役11人に支払われた報酬総額が25億2700万円だったことを明らかにした。トヨタ自動車の9億4000万円(対象26人)などと比べ、一部株主からは「ダントツに高い」という声が出たが、ゴーン社長は「これまでの目標達成に見返りがなくてはならない」と話し、妥当な額との考えを強調した。

 一方、2010年までに行うと表明していた東京・銀座から横浜市への本社移転について、ゴーン社長は09年の横浜開港150周年に合わせて実施することを明らかにした。【小川直樹】

毎日新聞 2006年6月27日 20時05分 (最終更新時間 6月27日 20時16分)

投稿者 大尉 : 21:56 | コメント (0)

2006年06月18日

組織的に追い込みをかけられているのは、国が危ないことを言わせないためなんだろうか

すっかり、旧来路線の老世代が差し向けてくる追手によるローラー作戦が盛んになった。
えらそうに、何様、という文言でワーワーはやし立てて自信喪失を狙ってくる。どこにでもやってくる。

ちょっと前までは急進派のケバケバしい追っ手だった。
両者に違いはない。どっちも支配権を握りたい、邪魔者は潰したい、という動機。

どんな国にも組織にも嫌な奴といい奴が居る。
あれに属してるから敵、悪い、などという主張は通らない、通すべきではないのだろう。

老世代は老世代だから数年で国が潰れようがそれで飢え死にしようが大したことはない。だから卑怯なのだ。
高度成長やバブルで恩恵を受けて、その当時から続く残虐な組織的追い込みシステムに加担し自分は睨まれず、
こういう批判をする若い世代を口封じしてゆく。死に行く老人はニヤニヤ、これからの難儀を背負ってゆく若者は組織的工作で痛めつけられるのだから。
このシステムでは今後必須となる頭脳ばかり潰される。数年後、破綻し無法状態となった国でリーダー不在の中、暴動続きになれというのか。

以下、「組織的ストーカー(集団ストーカー 寸止め続きでの追い込み)」の性質の記事も含む。


(1)
いま必要なのはSE要素、プロジェクトであろう。
改革叩きをしているのは主に旧態と繋がった職業叩き屋であって感情任せや理性的なものは多くない。
現政権のようなトライ意欲旺盛な路線が他で出来たのか。もっとうまく出来たのか。おっかないこともやったが、ほほうと思うようなことも少なくはなかった。

たーだ元のままでいい、如何なポストも組織も再編無し、というならこのまま先細りすればよい。
今の日本はソニーの不器用さそのままではないかと思う。老年の最優秀、会長クラスですら、ITも改革もよくわかっておらない。
無論自分の業界に近い情報は確保しておられるだろうけれど。マクロ化細分化高速化、膨大な要素が把握を不可能にしている。

「何が改革だ、俺たちに任せておけばよかったんだ。」これはSE要素ではない。従来の政治屋さんだ。
欠点を報告書にしつつ問題点を挙げたら次の改革の指針を挙げてゆく。あくまで理論的にドライであってよい。

深夜一時にしてお隣が壁をそーっと叩いてきた。この辺にしておこうかな。この辺りは一般人のほうが少ない、そういう地域だから。

翌晩追記。以上の様なシステマティックな改革路線を進行すればまだ軟着陸くらいは可能だろう。
むざむざトップレベルの利権抗争を優先させて大和轟沈一億層玉砕することはない。
ただし反対者封じはドライではない。ここは釘をさしておく。


(2)
どんな説教や自称しごきを加えてきても、所詮はこちらの家族を暗殺した連中だ。手段を選ばない中でしごき名目の虐待暗殺か。

お前が、お前のせいで、と受け売りをそのまま素通りしたような責めを投げてくる人間は頭が弱い。
あちら側の上からの一次情報をうのみにして事実確認をしていない流れ。二次情報を拾いながら精査する、裏を取るということをしない。
それにおいて最も大事なのは本人への確認であるのに。私はそのようなインタビュワーに出合ったことは一度もない。
多くは「風の便りシステム;テレパスによる大本営発表システム」のユーザーだ。なぜだかこのソースを盲信する。

テレパスなぞネットと同じで無法言論だから情報操作もガセ撒きもいくらでも効くではないか。
まだマスコミは専門企業が責任編集してるから、そういうことがない。大本営の指示で巧妙な誘導は出来ても、ガセや扇動は難しいのだ。


(3)
中道両翼とか、皇道大好きな左翼とか、政治的だとそういう話かな。
組織ストーカー(組織的追い込み)でいえば、何でもかんでも「悪い奴」「左翼」などといって始末しようとする流れが「二項対立の扇動」。

傲慢な恐怖支配は歴史的にも、相手を無視し、数と勢い、ディベートで片付けようとする。
なんでもかんでも目障りなら自分達が悪と断定するひとつの用語に認定してしまう。あかとかさよとかさからったとか。
文革など似たような反省材料は一杯あったのに、いつまでも繰り返す。支配側には謙虚で低姿勢な学習時間がないのも歴史の常。

● 脱「二項対立」ということ(作家 村上龍)

 内閣がメールマガジンを発行するというのは前代未聞のことだったと思う。
わたしは創刊号から読者として登録した。

大手既成メディアの中には冷めた目で見る向きも多かったが、内閣が大手
既成メディアを介さずに政策をアナウンスする媒体を持つことは基本的に歓
迎すべきことである。

 基本的な評価を別にして、これからの「内閣メールマガジン」に期待する
のは、二項対立からの政府自らの脱却だ。大手既成メディアをはじめとして
日本社会には単純な二項対立が充ちている。

反対か賛成か、という単純化はわかりやすいが、問題の複雑さと本質を隠
蔽する危険性が高い。現代日本を被う内外の諸問題は複雑な利害が絡み本質
が見えにくくなっている。

財政再建、税制、年金や医療や介護などの社会保障、特殊法人改革、地方
の再生、道路公団・郵政民営化の中身や行程など、内閣が担う課題はどれも
気が遠くなるほど困難なものだ。

だからこそ議論が二項対立に陥らないように、具体的かつポジティブな議
論ができるような論点の整理と啓蒙が必須となるだろう。

 外交においても、たとえば「親米か反米か」というような問いの立て方に
はまったく意味がない。ただし二項対立を煽るのはおもに大手既成メディア
で、その最たるものは「内閣を巡る世論調査項目」だ。「あなたは小泉内閣
を支持しますか」という問いは、「郵政民営化は支持するが対アジア外交は
支持できない」というような人を最初から無視している。

投稿者 大尉 : 20:24 | コメント (0)

2006年06月12日

アニメ、特撮、等のグレーな背景

組織的ストーキング(要は追い込み)を受けると、モデルルームだろうが大手企業の本社だろうが入り込んでくるチンピラまがいが居る。
アニメは現在、政治的な情報操作や個人への脅迫手段として細かく内容を改変されている。硬くてぎこちない作品が増えている理由か。
おそらく制作スタジオに同じような人間が押しかけて介入しているだろうことは想像に難くない。
以前から作品の最新情報はネットにリークされていたし、つまりパイプはすでにある。
具体例としては、マイヒメ絶好調でマイオトメは硬くてぎこちなかったとか、ガンダムSEEDは売れてデスティニーはダメだったとか。


リュウケンドーは視聴率0.3%でも玩具売上絶好調だそうだ。絶好調なのに後続の新キャラの玩具は発売取りやめだそうだ。
なんだか絶好調なのに放映終了したムシキングみたいだ。
ガンダムSEEDみたいな組織的大量購買による加勢が背景にある気配。古くはコムロ人気あゆ人気を支えた、政治的背景が見え隠れする手法。
コメットさん☆もバトン売上が絶好調ですとかうそ臭かったもの。

Zガンダム気鮓に行ったときにサクラが漏らしてくれた。俺は何十回も見に来たと。
ネット掲示板では「Zガンダムで儲けさせたからリーンの翼は余裕だろう」なんて露骨な投稿もあった。

いや、絶対悪だとは一言も。

投稿者 大尉 : 23:12 | コメント (0)

2006年06月09日

転載

これからの日本の教育の在り方についても、関係者が十分に議論を尽くして、日本の人々が自分の国と自分の国の人々を大切にしながら世界の国の人々の幸せについても心を寄せていくように育っていくことを願っています。なお、戦前のような状況になるのではないかということですが、戦前と今日の状況では大きく異なっている面があります。その原因については歴史家に委ねられるべきことで、私が言うことは控えますが、事実としては、昭和5年から11年、1930年から36年の6年間に要人に対する襲撃が相次ぎ、そのために内閣総理大臣、あるいはその経験者4人が亡くなり、さらに内閣総理大臣1人がかろうじて襲撃から助かるという、異常な事態が起こりました。帝国議会はその後も続きましたが、政党内閣はこの時期に終わりを告げました。そのような状況下では議員や国民が自由に発言することは、非常に難しかったと思います。先の大戦に先立ち、このような時代のあったことを多くの日本人が心にとどめ、そのようなことが二度と起こらないよう日本の今後の道を進めていくことを信じています。

投稿者 大尉 : 23:07 | コメント (0)

2006年06月07日

図書館利用者が酷い

NHKによれば図書館利用者が酷いらしい。書き込み、乱暴な扱いでの破損など。
映像を見てるとよくわかるが、自分勝手な変人が増えている。しかも仮面をかぶって一見は普通に暮らしてる連中だ。
本を大事にしない、私物化、自己満足に終始、みな時代なり、社会そのものだ。
国家が、馬鹿でも変人でもいいから税金を払う従順な家畜を奨励している。むしろ知恵の回る告発や提言を警戒し威嚇している。いわば現状が目論見通り。

ぼくらが子供だった70年代から80年代初頭、みんなもっと近代的な物品を珍しがり崇め大事にしていたように思う。
「ドラえもん」での、のび太とスネ夫の描写は生々しかったのだ。
一部のブルジョワの歪み、悪習だったのが、すっかり庶民に浸透してしまった。庶民であるが故により歪みを強めながら。

何でも普及価格にして普及させるというワンウェイな考え方はもう旧世紀的として見直す時期なのだろう。
ものが溢れて、ものを売れや売れ、による歪みが顕在化し定着しているのだから。粉飾決算なんていい例では。ずるしたいというよりやらないと会社の存続が難しい。

ものを大事にせず使い捨てる世の中は、人を同じように扱う。人すら商品価値で測り、残虐に扱う精神構造が広まって久しい。
日本など万事にソフトで有名だ。ということは諸外国はより残虐で信じがたい精神構造が定着しているという仮定になる。
国際社会に準拠するのもほどほどにした方がよさげではないか。

投稿者 大尉 : 14:25 | コメント (1)

2006年06月02日

つれづれ

ワシントンの警備犬に柴犬「ジンジャー」採用だって。しかも優秀だって。
格闘はともかく探知とか器用な小回りが聞くのはさすが日本人ならぬ日本犬。


K内元議員など多くが証言している、代議士内部で常態化したインサイダー株の取引。
だが国外へ出てしまい賄賂の可能性がなくなると捜査のメスが入ってしまう村上ファンド。
この流れは米に移住したコムロのときと似てもいる。


昨日は秋に先送りのはずの凶暴罪が一転、民主党案で採決の模様だって。いよいよ後数年で多数国民が「ええ?どうなってんだ!?」と狼狽するのが確定。
何せ国際的なインフラだから外圧かなあ…ほんと弱くなった。
さあ当の民主党はどう出るか。

投稿者 大尉 : 08:10 | コメント (0)

2006年05月30日

しずかたん、ハァハァ・・・??

亀井先生頭いい。でもテレビだと口下手が裏目に出てしまうのはご本人自覚の通り。

(フライデーの記事らしい)
 そもそも(凶暴罪)法案を強行させようとする小泉政権の体質に問題はないのですか。
「これは書いてもらって構いませんが、全部ではないが国民のほとんどがアホだということです。小泉さんの怖いところは、そのことを政治的な武器に使っていること。面白い味付けをすれば国民が飲んでくれるんですよ。そういう状況を見据えて、昨年の郵政解散のように何でもやってしまう。
国民がしっかりしなくては、民主政治が衆愚政治になってしまいますよ。独裁政治になってしまいます。一部の良識ある人の声や権利が民主主義の名のもとにかき消されてしまう。いま現実にそういう状況でしょう。選挙で自民党が勝ったから好き勝手にやっている。
国民のほとんどがおかしくなっている状況。それは占領政策のために日本人の魂を失っているのが根本原因です。人間とは何かを考える力がなくなってきている。一方ではアメリカの占領政策を請負人のように実行することが保守本流となり、他方ではソ連や中国のイデオロギーを導入して革新と称してきた人たちもいる。
しかも、日本は市民革命を経ていませんから、本当の意味で個人の権利とか自由とは何かを考えた経験が少ないのです。日本人のDNAに基づいた人間の生き方、自由や権利を考える層が非常に脆弱である。それが今の状況です。
たおやかな心を大切にする精神を失ったから、嫌いなやつはどんどん捕まえてしまえ、とばかりに共謀罪のような法案が出てくるわけです」

昨年の郵政民営化を巡っては、権力内部にいる自民党議員でさえ、あれだけの圧力を受けた。そのうえ共謀罪新設となればどうなることか。自民党内部でも反対や疑問の声はあがらないのでしょうか。
「小泉さんのやることに反対して何の得もない。いまの国会議員というのは、ポスト争いや自分の議員バッジを守る観点でしか対応しなくなってしまった。
見てご覧なさい。郵政法案のときに反対した人たちは、選挙後にシュンとしてしまっています。あのとき郵政民営化法案に反対した人たちでさえ、出される法案に全部賛成してしまっている。

#郵政反対して自殺に追い込まれた故・永岡議員、その妻は立候補に際して賛成に転じた経緯もある

まして、あのとき自民党内の議員は、ほとんどが郵政民営化法案に反対だったのです。だけど、保身のために賛成に回ったでしょ。そういう人たちが共謀罪に関して、党議決定に反対することなどありえない。期待できない。腐っている。
強行採決されたなら、国会戦術も含めて野党と世論で盛り上げていくしかないです。国民が、どの程度目覚めるかもカギになります。
歴史を見れば、変革とか改革は常に少数派によるものであって。多数派は現状維持です。だから、いま少数派だからといってがっくりするのは間違い。少数派が未来を変えるのは宿命であり、どんなに苦しい闘いでも自信を持って進むべきです」

少数派というよりも、文字通り命がない、職を追われ生活が成り立たない、事が大きい。
昨今盛んな「集団ストーカー(国家的組織的な尾行や間接暴力活動)」の目的は
・自殺誘導
・犯罪者誘導
・精神病、その他疾病による入院誘導
・家庭崩壊誘導
・失職誘導

昔は簡単に殴りこめたが今はそうは行かず、間接暴力や精神破壊にシフトしているのだ。
暴力も近所から打ち込む電磁波や音波、あるいは殺傷性の強力念術での健康破壊などがメイン。
革新派というか左と決め付けられるような人々に、自殺や心不全が急増している理由。(過去の訃報報道を参照せよ)

投稿者 大尉 : 00:29 | コメント (0)

2006年05月29日

有効利用しようとするのはすばらしいマータイさん精神

農水相が、北海道の余剰牛乳を粉乳にして被災地へ送ろうとして、選挙対策だろうと皮肉られたり問題点を追求されたようだ。
きれいな水がないと利用できないが被災地にはそれがないからという。だったらきれいな水もセットで送ってはダメなのか。都水道とか高度浄水でうまいし。重いしかさばるからな。
浄水事業支援だと自衛隊が行かなくてはいけないし、水そのものがないかもしれない。
チーズやバターにしてもいいけど、加工に手間と職人と設備が必要になりそう。粉乳ほど簡単には製造できないようにも思える。

投稿者 大尉 : 00:29 | コメント (0)

2006年05月15日

自殺は発生から防ぐべき

自殺ストップの動き、法制化の動き。
でも、自殺まで追い込まれた人がストップされても、その苦痛や空しさは消えない。
停止か延期であって、解決ではないのだ。

社会が変化せねばダメだ。いちいち自殺なんか考えなくてもいくばくかの選択肢があるような、
たとえ厳しくても冗長性のある社会にならねば。


むしろ組織的追い込み(集団ストーカー)なんてのが流行し、人の命なんてへとも思ってない動きがある。
思想、目に付いた、そんな理由で、極めて機械的な組織というものが迫ってくる時代が。
人権、フェミニズムなど温和な動きに元気なくてこれだ。拮抗を目指したい。

投稿者 大尉 : 11:58 | コメント (0)

2006年05月08日

監視社会はここまできた

1 ブログやサイトがストーキングする定番手法

きっこのブログのストーキング、つまりこちらの一挙手一投足へのトレースぶりは変らず。
こっちが自宅への遠隔攻撃の激化などで思うように書けない中で、向こうも模倣するように同じ事を言い出している。
まあ、ブログに限らずこうした「トレース屋サクラ」はこの3年間で珍しくはなかった。至って定番手法。
少なくとも素人は絶対やらず、工作員は決まってやる、というものである。


2 みなが兵隊、例外許さず

まあ確かに事態(風潮)はガラリと変わった。
以前は何かを書かせて、それをネタに世間で何らかの成果を出すような演出だったが、
現在は逆に、書こうものなら攻撃、外へ出ることすら攻撃。
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html

何も書けぬ。発想も出来ぬ。動きも取れぬ。流されてればいずれ死ぬ。

つまりこの手の仕組み手が同じであることを示している。
使えるうちは使い、使えないから封じようとしている。明らかに秘密主義だし。
対立抗争でボスがすげかわった感じがしなくもない。そりゃあ世の主導権握る争いくらいはあってもおかしくはないか。

劇場型社会。全体主義の急進。不可解な自然現象や異常犯罪の多発、一時期集中。
いずれも同じ胴元、利権構造に見える。だから胴元のプロデュース以外の形式書式は潰される。
ネット掲示板だって素人匿名を装ったサクラ以外は一切盛り上がらない。例外は彼らと手を結ぶ余地があるかどうか、だけ。
バイクイベントで一緒に走る、とか、ネット掲示板の名称を使う、とかね。自分達だけでオリジナルやろうとすると潰される。掲示板追い出されたり。

何から何まで徹底管理。スーパー管理社会。
管理のためなら管理してるおっかない連中が暴力を振るっても黙認される。
表の支配と裏の支配はそのために手を結んでいる。誰も告発できない。各業界関係者は深く知っているがゆえ余計に。

権限や地位を持ち威張り散らす人々が絶対。権威主義を堅固にし暴走させようという意思が生々しい。
某市議とか、偉い人には考えがあるんだからぺこぺこしろと。そのためにははみだし者の君を監視や追い込みするのは当然だと。お前はナチのSSか。
そんなんでも「市民の皆さんのお役に」なんて名文句は言ってボランティアとかはする。公約守らない二枚舌に似て政治家向きだけどさ。
ああさようなら708090の日本。短い自由民主であった。

投稿者 大尉 : 12:00 | コメント (0)

2006年05月03日

総務省向け?

合併ブームの今、旧市町村名を併記する取り組みがもう少しあってもいいのではないか。
茨城県南部など合併が多すぎて新名称ではどこだかサッパリわからないよ。

なんださくらって。筑西って。さいたまじゃねえ大宮だって。そういう気持ちは大事です。

投稿者 大尉 : 20:57 | コメント (0)

2006年05月02日

わらっちまう法案提起

自殺対策基本法(仮)だって。
人権擁護法案と下手すれば似てきそうな怖さがある。

現代人は農村を離れてしまったから人付き合いがへたくそだ。農村コミュニティとは誰もが気さくに全員参加している。
都市部では偏狭に徒党を組んだり宗教団体とかの力にまかせ動く。多くが「参加しない独立個人」である中、そうした徒党が突撃してくる。
だからよかれとやることがみんな怖くなる。そうやってファシズムだのグローバリズムは歯止めの利かない暴走を始める。

極論、都市部に政治を任せちゃいけんのかも。山形在住の農業60年福岡トメさん(73)に雰囲気作り大臣をやらせよう。

必ず出てくるぞこういう主張が。
「自殺する自由まで奪うのか。この過酷な現代社会から逃れる最後の砦まで。」

過酷でいびつな社会をおざなりにして自殺だけ何とかしようという偏向振りに
大きな問題をほとんど解決できないマクロ社会の限界を感じる。
それはアンバランスでありイデアでもない。

体制は(裏社会に通じてて)政治的に気に入らない人物と家系をわざわざ自殺誘導(とかパニックにさせ衝動犯罪に手を染めさせたり)するんだぞ。
自殺者も交通事故死者も、人口間引きの貴重な要素だ。
そっちのほうがでかいんだって。

投稿者 大尉 : 09:14 | コメント (0)

2006年04月28日

政治的な記事 060428

http://critic2.exblog.jp/3291696/
この記事を見て、もしかすると誤誘導(ミスリード)任務の工作員かも、と思った。いや無知の勘繰りかな。

http://espio.air-nifty.com/espio/2006/04/post_83f2.html
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/04/post_fc9d.html
これはみな読んでおきなさい。平和ボケ、呑気、と俺ごときにいわれたくなかったら。


>「利用できるものは何でも利用しろ!」って言うコイズミ内閣の戦術
ネット掲示板の書き込み内容で保守勢力スパイに目をつけられ組織追い込み対象にされた人間を、
脳内まで遠隔監視モニタリングしながらも、その頭脳は政権のプランナーとして利用する、勝手に。
そういう流れが非常に上の引用とマッチングしてる。

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/2006/04/post_119.html


官の聖域をなくす、がコイズムの合言葉だったけど。
耐震偽装の官庁の逃げっぷり、LD事件の政治家の逃げっぷり。完全に聖域はなくせないようで。
もっともあまり例外をなくしてもスキャンダルのたびに政治空白とか別の問題になるんだろうけれど。

あんまりこう、オカミだけは例外、逆らうと怖い、みたいなのはほどほどに願いたいかな。
それに対するちょうちん記事を載せる週刊誌やゴシップなどの大手マスコミもね。底辺マスコミ、個人記者や一部議員などは実にがんばってるよ。

「改革を止めるな」そのネクストはそれに向き合いはじめるようであって欲しい。



http://espio.air-nifty.com/espio/2005/10/post_ab71.html
公安は公安の顔をしている。右翼とも宗教ともやくざとも違う。似た人もいるんだろうけどさ。
蓮田市役所の山崎課長代理はまんまこれ系の顔。

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2006/04/post_3cc2.html
稀有な人だ。そいや私の後方で写真取ってたな。



9条維持、省昇格反対など。
これは戦後昭和時代の反戦思想が尾を引いてる。ちょっと頑なな所が頼りなくもある。

兵力など一気に高めて牽制するか、低いままでいいと突っぱねるか。時に応じてどれがいいとは言いがたい。
ただ過去の歴史はどうしても高めた後で権力が大きくなって歯止めが利かなかったことが多い。
防衛省になると、今までは総理が予算まで仕切ってたのが防衛大臣が色々決められるようになってしまう。
理想論としては、高めた上で牽制力が機能すればいいのだろう。なるべく匿名草の根正体不明で。

戦争容認化の恐れ、これは確かに嫌なことだ。
しかしいずれ向き合う国防という問題。
このままお米の子分でいいのか。いつまで経済的にもべったりするのか。(まだちょっと早い議題だけど)

大計、短観、様々に思い悩む事項だ。軍事は国家の基本だから。
逆に言えば、いま急激に「これが正しいから推進する」というのは危ないのかもしれない。事変となれば国民の誰もが賛成するだろうから。
政治軍事レベルに、これが正しいというのはない。何かを変えれば別の何かが問題となる。

「他国の動きが危ない、やはり防衛しなくては」と騒ぐ。
でもそう誘導するために他国の諜報をわざわざ泳がせたら本末転倒だが、政治は(団体も含め)そういうカードを切るもの。
「アムドライバー」がさりげに警鐘ならしてたのはそういうことだ。仕組まれた脅威と迎え撃つお飾り軍隊。

投稿者 大尉 : 20:59 | コメント (0)

2006年04月26日

世の中を運命的に動かすシステム。

世の中を運命的に動かすシステム。
ITシステムだとすれば、ITに無知で(技術畑でない)、私利私欲で動く(政治的な)連中が指揮権を占拠した感が。
私情や我侭な横槍。どうにも効率的でも合理的でもなく。せっかくベストな仕事になりそうな環境を、それらによってダメにする。
今の所一番多いのが、悪気。意地悪、故意にダメにする事で現チーム失墜を狙う動き、等等。ある種現首相のポリシーとも一致。
伝統礼賛なんだか単なる鍔迫り合いかは知らんが。ある種子供のケンカか男女のもつれか。
システムがいくら進化しても人がダメにし続けるというのが良くわかった。

このシステムにいかな形であれ関わること(空気を読む、とかいうこと含め)、いや存在そのものすら恐ろしい。
関わっている人間は本能を麻痺されておかしくなるし、自然現象も操られておかしくなる。いい影響なんて悪い影響に比べたら微々たる物だ。

「かわらなくちゃ」
こないだの小沢さんといい、3年位前から盛んに言われ始めたこと。
それが集団洗脳、没個性、歯車化だとしたら。抗えば潰されるものだとしたら。
戦術だろう、「もうインフラは終わってるんだから逆らっても無駄だ」という誇張宣伝も良く見る。でもそれに従ってるようなおとなしい人間ばかりだ。

投稿者 大尉 : 07:44 | コメント (0)

2006年04月18日

転載 個人情報保護

社説:個人情報保護法 「官」だけ得した1年だった

 友達に年賀状を出したくてもクラス名簿には住所が伏せられている。病院に運ばれた生徒の容体を教師が尋ねても「本人か保護者の同意がなければ教えられない」と拒否される……。民間の全業種を対象にした個人情報保護法が昨年4月に全面施行されてから1年余りで、こんなおかしな世の中になってしまった。

 法の第1条は「個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護すること」を目的に掲げる。しかし、社会全体が「有用性」には背を向け、「保護」ばかりに目を奪われているようだ。新法施行に伴う混乱という側面もあるだろうが、個人情報は何でも表に出してはいけないという誤解に基づく「過剰反応」が起きている。

 ところが、これ以上に問題なのが、行政機関の間でこの1年に広がった「情報隠し」の動きだ。

 同時に施行された行政機関個人情報保護法は、国が保有する個人情報について、本人の同意などがなければ本来の目的以外に利用したり、第三者に提供したりすることを禁止している。国民の個人情報を官庁が勝手に使わないようにするのが法の趣旨だ。

 しかし、官庁はこの規定を身内の情報にまで当てはめるようになった。内閣府が昨年7月、幹部の人事異動で従来は公表してきた生年月日や最終学歴などを「個人情報に該当する」として外した。国の政策にかかわる幹部官僚の経歴はその人物を国民がチェックするうえで欠かせないが、他の省庁も次々と後を追った。懲戒処分では、免職でさえ名前の公表を控えるケースが増えた。こうした動きは地方の自治体にも波及している。

 役所が個人情報保護重視の流れに便乗し、自分たちに都合の悪い不祥事などを表に出さないようにしているとしか思えない。一方、官庁や自治体を舞台にした個人情報の大量流出は一向になくならない。結局、法律で一番得をしたのは役所と言われても仕方がない。

 非公表は身内の情報にとどまらない。宮内庁は「春の園遊会」招待者のうち、名前を公表しないよう申し出た県議会議長らを公開名簿から削除した。毎年発表されてきた高額納税者や企業の法人所得額の公示制度も税法改正で廃止が決まった。情報公開法では、行政機関の保有文書に個人情報が含まれていても、慣行として公にされていれば公開できると定めているが、その趣旨に逆行する動きだ。

 センシティブなプライバシー情報などはともかく、市民が社会で共生していくためには、必要な情報は共有されなければならない。

 民間の保護法については、成立時に国会が「全面施行後3年をめどに必要な措置を講じる」と付帯決議したのを受けて、国民生活審議会が法の運用状況について企業などからヒアリングを進めている。しかし、行政機関保護法は、総務相が各省庁に施行状況の報告を求め、毎年度その概要を公表すると定めるだけだ。外部の目を通じて法の問題点をチェックし、早急に見直すべきだ。いつまでも役所に都合のいい法律では困る。

毎日新聞 2006年4月18日 0時09分

投稿者 大尉 : 09:24 | コメント (0)

2006年04月17日

ゆりかもめ

ゆりかもめ、センターハブが破断してたらしいけど。
三菱といい、いつもここが壊れるんだよね。

小さい車両で無理させてるからか、強度計算不足か、耐用年数計算が甘いのか。

投稿者 大尉 : 09:41 | コメント (0)

2006年04月14日

蓮田市役所ハ、ロボットダ

http://www.city.hasuda.saitama.jp/sicho/sicho03.htm

レターでも出したけれど(市長への手紙とやらで)

あなた方はあくまで機械的に
・就労までの一時保護は一年で切る
・継続したければ精神疾患扱いになれ、いやだというなら切る
・意見聴取に来なかったから即日廃止。明日からの分は返せと払込票まで送ってよこした

保護だけで暮らしている人間に、
「明日からの食い扶持も返せ」
とは何事か!!
俺だけじゃない、他の人間にもそうやるつもりか!!

血も涙も無い、あなた方は機械と同じだ。
結城市役所だって、裁量権で月額満額は出してくれた。
4月分全額なら別に文句を言うつもりも無かったが、この余りのやり方に俺は切れた。

「蓮田なぞ元荒川の氾濫で沈んでしまえ」
そういう怨念が今後も沸くであろう失政を続けるのか。そんなだから荒天は続き荒廃が進むのだ。

書面

関連記事
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0604.html#13

投稿者 大尉 : 13:58 | コメント (0)

2006年04月13日

汚らしくなった

人のアイデア通りに動いておいて、むしろ追い込んで殺そうとする政府。
つくづく汚らしい風潮になったものだ。
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/03/winny_1.html
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0604.html#13


デル社:防衛庁からPC5万6千台受注 ウィニー事件で(毎日)

 米大手パソコンメーカーのデルは13日、防衛庁から5万6000台のパソコンを一括受注したと発表した。落札額は約40億円。同庁では職員が私物のパソコンを業務に使い、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」経由で機密情報が流出した不祥事を起こしており、再発防止策の一環として大量発注で支給品に切り替えることにした。私物パソコンを業務から締め出す動きは警察など他の官公庁などにも広がっており、パソコン業界は「ウィニー特需」に熱い視線を注いでいる。

投稿者 大尉 : 19:21 | コメント (0)

何が「愛国心」だろう。

今回ばかりは公明の牽制役が功を奏したか。似たり寄ったりとは言え。
(朝日)
自民、公明両党の教育基本法改正に関する与党検討会は12日、最大のハードルとなっていた「愛国心」の表現について「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する」とすることで合意した。


何が「愛国心」だろう。
オリンピックやメジャーリーグのインタビューで「日本人でよかった」「日本が好きです」
これが愛国心だろう。自然に口からこぼれたそれが。

学校で強制して復唱させるのは愛国心でなくて服従である。
半端な服従強制はしらけられるだけ。ならばやめるかもっと過激な軍国教育にすればよい。
本物の愛国心が芽生えて欲しいならば冒頭の通り、心が育つに任せるのみ。
いくらかっぱ寿司を強制しても、スシローのほうが好きだしうまいという人はいるものだ。

公共事業に似てきてるね。
ドーザーで均しローラーで踏み潰して植樹するのが環境配慮という、センターな発想。
なぜ自然に任せて慈しもうとせんのか。「雑草という名の雑草は無い」とは誰の言葉だっただろう。

かつて教育とは何から何まで百姓に教えるようなものだったろう。軍隊式も時代なりだった。
しかし今は賢くて大抵のことは身についてる、醒めた子供の時代。いい加減、率直な気持ちに応える柔軟性を取り入れてもいいのでは。
かつて成長を引き上げていたやり方で、今後は足を引っ張ってしまいかねない。

保守だの愛国などというのは表向きの奉仕ビジネスで、実質はマフィア冥利社会の誕生。
一面的にはそんな感じじゃないの?という風潮や告発が垣間見えるこの頃。


(追記)
http://www.tbs.co.jp/news23/onair/taji/s060413.html

投稿者 大尉 : 02:50 | コメント (0)

2006年04月11日

きっこのブログのエージェント性

まあ、あめぞう潰して2chが急進したのも、1ch.tvにスパイが入り込んでわざと失敗させたのも、
ホリさんが巨人を、福田監督がガンダムを、だめにしたのも、
全部以下に通じるわけで。

運命の主導権争い。国を動かす「潮流の主導権」争い。


akiba55.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/scribble/scribble.cgi

taii:典型的なエージェント口調だった。 04/11 13:42
taii:>だから、どんなにイヤな性格をした人間でも、そいつに目をつけられて買われちゃったら、犬としては、もう諦めるしかないってワケだ 04/11 13:42
taii:>‥‥そんなワケで、飼い主は犬を選ぶことができるけど、犬のほうは飼い主を選ぶことができない。 04/11 13:42
taii:やっぱきたきっこのブログ>この時点で、もう角田信朗のプッチーの優勝は決まってて、あとは2位と3位の争いだったんだから、 04/11 13:40

taii:以上、どうせ一般人にはわけわからん愚痴にしか見えない魔法のレス。 04/10 16:51
taii:まあいいや悪だ滅ぼすって言うならとっととやれよ。聞き飽きたぜその罵倒は。 04/10 16:50
taii:一方に所属する強みだよな。意見を固定できるのってある意味。 04/10 16:49
taii:ボーダーレスに色々発言すると、どうしても時が移れば違うこともいうようになるんだけどね。 04/10 16:49
taii:あっちからすれば小池環境相も私も同じに見えるんだろうか。 04/10 16:48
taii:日記のほうで文句書いたから買い言葉かな。 04/10 16:47
taii:きっこのブログに恵俊彰のたとえでだめだしされちゃったい。 04/10 16:25

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/04/post_c236.html
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/04/post_f74a.html


こっちで内閣との連携性と、きっこのブログへのツッコミを書いたら
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0604.html#8
このような記事が
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/04/post_80e2.html

投稿者 大尉 : 13:47 | コメント (0)

2006年04月10日

政治絡みってやつは…足引張りしか出来んのか

民主党
良ければ躍進、悪けりゃ解党再構築だろう。
先の選挙では48%だかの半数得票率だったことを自覚して欲しい。


うまくいくか微妙な所を、当初から足を引っ張り圧力をかけて、失敗するぞ失敗した嗚呼大変だなどと。
この人たちが望む結果とはなんだろう。

・短観過ぎる
・意思疎通が皆無
・盛り立てよりも絶えずプレッシャーと無力化

うーん。
派閥抗争なんて椅子取りゲームやったって加速度的に崩落していきますよ?
”貧しくても楽しい我が家”へゆっくり軟着陸できるように共闘していくのが筋じゃないかなあ…

結局”彼ら”はさ、「私の(人格思考思想信条など)全てからネタを抜き出す」ルールに則り(なんでそんなルールなのかは不明)
都合よく事を進めただけなんじゃないかと。3年前から薄々感じてたけどやっぱりそうだったという感じ。
蜜を吸えた連中は黙り、ババ引いた連中に騒がせてる感じ。



私がそれまでより執拗に本格的に虐待や尾行で潰され始まった昨年以来、政界的にも良くない傾向が続いている。
イスラエル情勢、フランス、ベラルーシ…。イスラエルなど奇跡的とも言える和平ムードが進行していたのだ。それをむざむざ…
盛り立てるよりも潰すべく攻撃するばかりで、それで成果がどうこう言うのもおかしい話だ。
結局、崩壊への誘導をスローダウンできたのは2、3年程度だったというわけか。そもそもが使い捨ての駒にしつつ、本人がにっちもさっちもいかなくなる罠か。
大体が秘匿したがってることを喋り続けている身だからね。難癖付けられているとしても不思議はない。

結局なんと言うか、折角有効なシステムが出来上がっても、運用してみるとどこかの傲慢ごり押しで有効に使われなくなる王道パターン?

アイデアやポリシーは無数にあっても、間に居る選者が許可したものしか実現されず、歪められたり全く無関係なものが出てきてはこっちに叱責が向いたり。
今はほとんど私の意思は反映されてない感じなので、お手並み拝見様子見のスタンスで居る。新プリキュアなんかいい例だ。

〜良いシステムをダメにする。イッツヒューマンソリューション〜

投稿者 大尉 : 09:36 | コメント (0)

多くの人々が知らなくてはいけない実態なんだけど

私が今まで集積してきた情報(記事にもしたわけだが)の数々と繋がっていく。
全ては輪廻、繋がっていく。これは人間も生物である以上避けることが出来ない。
いくら知略を駆使しようが、ぼろが出るのはそのためであり、だからこそ人は権力で「カラスは白いです」と言わせたがる。


http://blog.goo.ne.jp/riverparade/e/c2c44e98e7bcfd66db1d0113520256a8
逮捕される人は悪い人。

帰国後、さまざまな情報が手に入るようになってても、まだこんな単純な認識でしかこういう類のものを見ていなかった気がします。
国策かぁ・・・うーん・・・

お気に入りの札幌から ニュースの現場で考えることの高田さんのエントリの一部を引用してみます。
http://newsnews.exblog.jp/1431267/
この本を読むと、「愛国主義」とは何か、どういう存在か、をつくづく考えさせられる。おそらく、最近、世の中に広がり始めた空気は、排外的ナショナリズムであって、愛国主義とは違う。。。明示的にこそ表現していないものの、佐藤氏はそう言いたかったはずだ。そして、過去において、悲惨な結末を招くことを繰り返したのは、他者を受け付けず、挑発し、内に向かってばかり高揚する排外主義ではなかったか。

http://www.muneo.gr.jp/html/trap.html
「毒蛇」田中真紀子と「サソリ」鈴木宗男の対決は、両者を駆逐するための官僚たちによる天才的権謀術数(なぜか外交にはまったく生かされていない)の結果なのだが、両者の追放とともに、省内で拮抗していた1対米忠誠派、2アジア重視派、3ロシアその他の地域とのバランス重視派の三潮流の内、2、3が封じられ1一辺倒になっていく。イラクへの自衛隊派兵、最近のロシア、中国、韓国、北朝鮮との関係悪化は、その帰結とも読める。

まあつまり、鈴木先生が日記での発言だとマッキーが悪い印象ばかり目立ってしまうけど、
実際は両者とも追い出されたと。片方は新参者が内部改革しようとして邪険にされ、片方は睨みが怖かったので。
お陰で今のようなお米ワンワン、他はしーらないのムードがまんまと完成したと。首相も根本改革で無駄に時間を浪費することを再確認したと。

日本は、合議制だと目立った改革が出来ず(誰も着手せず)失速し続ける。頭領性だと偏重な改革でいびつとなり禍根を残す。という前例で来たわけだ。
たった4年で改革というからには郵政に絞るのは賢明ともいえるのも事実。それだけで”ああなる”ほど日本人は政策のみならず心まで停滞していたのだとも取れる。

私見では、合議制にただ戻しても失速が目立ってデメリットは大きいと思う。
ただ後継に頭領としてなんとか纏め上げる人材がいるかというと、宮崎駿や富野良幸の弟子達みたいな不安を感じる。
そういう意味で、厳しいなあ、と。裏方、軍師の采配とかがキーになってくるね。
(ちなみに来年のNHKドラマは信玄の軍師が主役だそうで)

独裁ファシズムってほどひどくなければ、お米ワンワンがもっと小さくなれば、
色々明確な問題点は見えているのだから、改善すれば体制はとやかく言われにくいんでは、と思う。
ただ国民が馬鹿だからな。「国民を」「国民が」とチヤホヤし続けた政治家とマスコミの刷り込みのせいで、テレビの音声だけですっかり政情を把握した気になっている茶の間の皆様。
長年そういう風潮を作り上げ利用してきたのは政府だけど、国民が政治を悪化させてるのもまた事実なのだ。



(以下、別記事だけど併載。)
代議士先生。
鈴木宗男議員の日記を見る限り、マッキーを毛嫌いしている。同じ外務畑としては不勉強ということらしいし説得力がある。
確かに大臣が不勉強で采配誤るのはどうかと思うことだ。

でも、
郵政法案を扱う時点で勉強に入った先生方の多さ、
メール問題で小学生並みのIT知識と謀略の拙さ(詐欺に引っかかるタイプ)をさらけ出した民主党勢、
大臣じゃないけど、議員だよね、と。

別に議員だって完璧超人である必要もなく現場で学習に入っていいと思うんだけど、何かこう、マッキーだけに限ったことではない全体的傾向のような。
政治が難しくなったのか、人のレベルが下がったのか。


で、さっきからテレビやビデオがビシビシきしみ、威圧感として体感できる。組織諜報による重力波や音波照射系統のトリック。
(書いてたらやめやがった 苦笑)
一方的な遠隔監視に付随する威嚇機能なのはこの3年間で明らかなんだが、人の発言の自由を奪うようなやり方はどうかと思うね。
まず扱きありき、粛清ありきのこうしたやり方を私は決して許さない。ファシズムや戦時風潮の部品ばかりだからね。



さてこんな事を書いてる午前中ですが、さっそく脳を操る怪電波を照射され胸が締め付けられましたとさ。
人に伝えにくい、知ってる人は黙っちゃう、非常に厄介な遠隔監視&暗殺手法でして。
それでなくても入力妨害、たまにカーソルがあさってへ飛ぶ。これもやはり遠隔操作信号なんだろうけど。

投稿者 大尉 : 09:26 | コメント (0)

ブログ記事に課金???

ブログの告発記事に課金する動きがある。
民主党関連記事で騒がれた二階堂ドットコム(現J-CIA)などがそう。

これって個人情報収集にもってこいだし、加害者側、体制側のスパイですよと宣言しているように見えるんだけど。
あの国民スパイサイト2chも同じ事やってたじゃん。ありゃ金集めの口実だって大いにばれてたぞ。

つくづく平和ボケの庶民と、謀略に染まり長けている組織連中とが乖離していく一方。
気付かぬうちに、弾圧戦争破産。

投稿者 大尉 : 01:26 | コメント (0)

2006年04月09日

政治的経緯で入れ替わる傾向が目立つ昨今

旧来と入れ替わり納まった人々は、あるいはクーデター的なことに利用されただけかもしれない。
別にタイゾーは悪巧みで当選したわけではないように。
あるべき人が追い出される仕組みが盛大に働いて、という構図が各界で目立つということ。

以下は一例。

【政治方面】
城内実(落選)
国民新党の面々
鈴木宗男
(微妙だけど)田中真紀子
(自発だけど)天木直人

【東映】
白倉伸一郎とその系列のスタッフ
入れ替わりにブレイドと響鬼のスタッフ

【サンライズ】
福田みつおに独裁疑惑(スタッフがやんわり暴露したり)
(自主?)谷口吾朗

投稿者 大尉 : 10:29 | コメント (0)

2006年04月05日

都市部に出て地位を得た人間は中央な考えしかしなくなる。

私には目立った故郷は無いが、地方をめぐって何とかしたくなるのは商店街や観光町村、それに農村とかそんなのばっかりだ。
放っといても都市部は元気だし。

(以下転載)


縦並び社会・格差の源流に迫る:消費者優先の果てに
空き店舗が目立ち、昼間でも薄暗いアーケード=和歌山市の「ぶらくり丁」で3月17日午後4時37分、小松雄介写す

 街の名は「ぶらぶら歩く」が由来ともいわれる。しかし、今は歩く人よりも自転車で通りすぎる人の方が多く見える。和歌山市中心部の「ぶらくり丁」には八百屋も酒屋もない。市郊外や大阪府南部の大型店に客を奪われ、5年前に老舗百貨店が倒産したことで衰退が加速した。
 大型店の出店を規制する大規模小売店舗法(大店法)は00年に廃止され、大型店で買い物しやすくなった一方、全国でシャッター商店街が増え続けた。
 市内で薬局を経営する岩本研さん(55)は「彼の進める規制緩和が100パーセント正しいとは思わない」と言う。高校の同級生で選挙の応援もした竹中平蔵総務相のことだ。
 竹中氏は履物商を営む家に生まれ、高校までこの街で暮らした。95年、雑誌への寄稿で大店法を「悪名高い」と批判し、24時間営業も少なくない米国の大型スーパーについてこう触れている。「好きなときに欲しいものが買えるような社会。これこそが自由の国アメリカの真髄である」

   ■   ■

 97年夏。大店法の見直しを検討する国の合同会議の委員3人は欧州各国を視察した。結果を報告する「委員限り」の資料が残っていた。
 パリのフランス建設省。大型店の出店を規制するロワイエ法について委員が「競争の自由を害しないか」と尋ねると担当者は「近隣に小売業がなくなるのは困る」と答えた。「消費者は安い方が良いだろうが価格だけの問題ではない。大型店は都市中心部から離れ、自動車や大型の冷蔵庫を持つ必要があり、街の高齢者には不便だ」
 フランスは規制緩和どころか、96年にはロワイエ法を強化したラファラン法を制定している。
 やはり郊外への大規模店の出店を規制するドイツのベルリン市。「食料品は自動車なしで買い物ができるようにすべきと考えている」
 合同会議は欧州の実情を重く見た。ではなぜ現実は逆に向かったのか。97年12月、合同会議は最後の4回の議事録を非公開にした。毎日新聞が入手した議事録にはこんなやりとりがある。

 「大店法という船から新しい船に乗り換えよう。冷たい海に飛び込むのではなく、新しい船を用意している」(議長の故田島義博・学習院長)
 「なぜ年内の結論にこだわならければいけないのか。生活がかかっている中小商業者に、姿が見えない船へ飛び乗れといっても説得不可能だ」(谷村昭一・日本商工会議所参与)

 大店法は米国が日本に撤廃を求め、96年にWTOに提訴した。政府は97年5月「法的措置を含めた抜本的な検討を行い、12月までに結論を得る」と閣議決定していた。合同会議の複数の委員は「大店法廃止の結論ありきだった」と証言する。
 谷村参与は今、後悔する。「泥舟とまでは言わなくても、不完全な船に乗せられてしまった」

 この10年、海外の流れとは逆に規制を緩和した日本。「消費者のために」と大店法が廃止された後、何が起きたのか。大型店同士の競争が激化し、経済産業省によると、04年6月までの2年間に全国で大型店の1割にあたる1561店が撤退した。

 自分たちの街を守ろうとする動きも出ている。福島県は昨年10月、売場面積6000平方メートル以上の大型店出店を事実上規制する「商業まちづくり推進条例」を全国で初めて制定した。竹中氏と親しい本間正明・大阪大教授ら、経済財政諮問会議の民間4議員はこうした動きをけん制する意見を表明した。
 「民間に対する規制を強化し、構造改革に逆行することになるのではないかと懸念している」

 和歌山市の商店街「ぶらくり丁」。パンを買いにきた阪部登志代さん(84)は「昔はこの辺りを歩けば何でもそろったもんだが。ほんま年寄りには不便な街になってしまった」と嘆いた。
 竹中氏は故郷の現状をどう見ているのか。取材に「ぶらくり丁の人は消費者の嗜好の変化に対応策を取れなかった。創意工夫の問題だ」と答えた。

=つづく
毎日新聞 2006年4月5日 18時11分 (最終更新時間 4月5日 19時35分)


転載の転載

http://www.pointex.biz/~wataru/mt/archives/2006/04/05182303.html


国民が苦しめられるのは大増税だけではない。政治不在の5年間で世間は勝ち組、負け組に二分され、あらゆる分野で格差が拡大した。
「生活保護を受けている世帯数は昨年度、月平均で初めて100万を超えたとみられています。バカ高い商品が売れるのは大都市圏だけ。地方の消費は今もグズグズです。地価公示でも、商業地でプラスに転じたのは東京、大阪、名古屋くらい。全国平均はいまだに前年比マイナスが続いています」(シンクタンク研究員)
 東京の中でも格差は広がっている。ノートや鉛筆代、給食費を払うカネが支給される就学援助を受けている子供の割合が3割を超える区は23区中7区。とりわけ足立区では、半数近くに達しているのだからムチャクチャだ。上場企業の連結経常利益は3期連続で過去最高を更新する。それでも増えたのは非正社員ばかり。派遣社員は200万円、フリーターは160万円程度の年収で暮らすよう強いられている。
<日刊ゲンダイ4月5日号より引用>

有権者の側の責任ということでいえば、いちばん人数の多い団塊世代が戦犯であろう。
彼らに「さんざん暴れたくせに、このザマはなんですか!」と野次ったところで暖簾に腕押し。ハナから勝ち逃げするつもりでいる。
あとは野となれ山となれ。なんのことはない、いちばん嫌っていた父親世代のその無責任さを彼らはしっかりと継承し体現しているのだ。「大人を信じるな」ってほんとうだな。


投稿者 大尉 : 20:46 | コメント (0)

2006年04月04日

小学生に英語必修だって。

小学生に英語必修だって。あほやね。
すでに自己満足で公文式だの進研ゼミで触れてるのは一杯いる。でもそいつらの大半は大人になるまでに忘れる。使うこともない。

そんなに英語を身につけさせたかったら、米国に併合打診しなさい。52番目の州になり筆頭国語を英語にするんだよ。
生活で使わん言語を何年教えたって覚えるわけがない。仕事などで必須になれば数ヶ月で覚えるさ。
どっかの帰国子女元国会議員さんも言ってましたぜ。

昨年末あたりから変な改革が目立って現れてきたね。F1とかPSEとか。2年前以前よりも目だってひどい。
大丈夫か日本、大丈夫か世界。
先週のクルル曹長の台詞が思い起こされた。「いや、これじゃ改悪だなぁ…」
ま、へんなカルト(でも上には公安がいるらしいが)に追い込まれて隠居状態で餓死寸前の人間の愚痴ですがねー

http://www.kiuchiminoru.com/blog/2006/03/post_16.html
人権擁護法案、郵政民営化法案はじめ権力の一番のタブーに触れてしまったため反対勢力に殺されるかもしれない(冗談で言っているのではない)。

投稿者 大尉 : 10:11 | コメント (0)

2006年03月31日

魂が育たない現代っ子は絶えず幼いアドリブ

自宅放火殺人の少年。父親不要、母親は小遣いとメシだから必要。子供の単純ぶりもここまで来たのか。

都心部など、ノリだけで軽薄に話す高校生大学生が当然のようになった。
「大臣やりたい」とか突拍子もないことをいいつつなり方など聞かれてもぽかーんとして「わかんね」と沈黙、沈黙が重いから次の話題へ振る「んでさんでさ」。
何でも突拍子のないその場の考えで生きてる。それだけならまだしも、その判断内容があまりに稚拙なのが増えた。相手にしてると最初戸惑い段々吐き気と疲労感が。

これが、デモや思想運動をなくし買い物と勤労だけに気を向けさせるために、気骨(心)を骨抜きにするべく展開してきた教育と風潮操作の顛末だ。
フランスやベラルーシみたいに雇用だ独裁だと暴動が起きるのも芳しくはないが、その対極としてのやばい状況に感じられる。やばいもやしが地表を覆い尽くす勢い。

今や、マンガみたいな遠隔洗脳の技術が監視や追尾のため組織展開される時代だ。遠くの誰かが電磁波や念術で自分を操り汚染し、犯罪や暴力へと暴走させようとする。
そんな中でも、たとえば私は3年以上こうした心に土足で入り込む執拗な洗脳工作に耐えてきたけれど、それは人格の根っこがある程度しっかりしているからだ。
でも自宅にノリだけで放火したりする人間が例え大人になっても、こうした工作に耐え切れるかどうか。バスジャックしたり池袋通り魔になるのがオチではないか。
それも暗黙の国策か?実に不安なインフラであるのでテーゼが暗に利用するのはそろそろやめにしていただきたいが。

精神侵入というハッカー行為に対抗するにはATフィールド、自己防衛しかない。
気骨ある育て方以外にそれは育たないと思うよ。
でもそれは旧時代の軍隊主義とかでも無理だね。現代のインフラに合わない。

投稿者 大尉 : 11:56 | コメント (0)

2006年03月30日

町田の警察官連れさりって…

町田の警察官連れさりって…あれ交通の警官ってえらい剣幕で突っ込んできたりするので、本当は警官の自業自得も少なからずあるんじゃないの?とか。
あんな大事にするのはある意味いつもの悪い癖。普通の人がこらーって飛びついても「なんだあいつ」呼ばわりで終わるでしょ。
あるいはいつだかのように、相手が公安委員長だったりとか(笑

投稿者 大尉 : 17:49 | コメント (0)

牛乳の斜陽

牛乳の需要が激減して業界が悲鳴を上げているという。毎日捨ててる量が半端ではないとか。
だが、これも多様化の波だ。時代としか言いようがない。一度多様になった好みが戻ることは余り例がない。
それよりも、生産調整のたびに乳牛が処分されたり、農家が潰れていくという物理的現実のほうが痛ましい。


牛乳は体にいいことばかりではない。
牛は体温が高い=人間の体内で牛脂や牛乳脂肪は固まる傾向になる。
元来生暖かく飲むべき乳を冷たく飲むのも不自然。
乳とは赤ん坊がのむもので、大人は飲むような体になっていない。

とはいえ、おいしい。
好きな分には上手に付き合えばよい。加工品や、自家調理で。
要は教育などで無理に飲むようにすること自体が無理といえば無理なのだ。
むしろ豆乳やお茶に流れたのは本能を肯定した自然な流れである。

今までの日本は儲かりすぎて、みなその味が忘れられないのだ。
これからも各業界どんどん厳しくなったり、特需に沸いたりするだろう。本来の浮沈変転や低調堅実に戻るのだ。
酪農もある意味、スーパー相手に低価格でこき使われるよりも他の道も模索できるいい機会ではないか。

投稿者 大尉 : 17:49 | コメント (0)

「ポジティブリスト制」はPSEの二番煎じか

残農薬量に応じて製品販売に規制をかける法律。
何でも検査増やして利権と天下りだらけにすりゃいいってもんでもなくて
文句言われないように正当性を用意しておけばいいってもんでもなくて。

シャトー・ラトゥール、ロマネコンティといったビンテージワインや年代物のウイスキーが飲めなくなる!? 5月末に導入される食品の残留農薬を規制する「ポジティブリスト制度」。残留農薬の基準が厳しくなり、洋酒が「簡単に口に入らなくなるかも」と関係者の間で不安の声が上がっている。日本洋酒輸入協会(東京)は「それほど影響はない」と楽観的だが、検査コストが価格を押し上げる恐れもあり、中小輸入業者は戦々恐々としている。(報知?)

http://blog.applepure.com/?eid=417298
>高齢者がほとんどのわが国の農業従事者に、ちゃんと計算しなさいと言っても果たして何人の人が実行できるのでしょうか???

これはキャベツ収穫とか現場を見ていて実感できた。
色々と新たな問題が出てくる。法を厳しくしても人間が急に変わるものでもないし。
HACCP(ハサップ)と似てる気がする。検査増やそうが駄目なときは駄目。

投稿者 大尉 : 17:45 | コメント (0)

2006年03月29日

やめろよ住基ネットなんて

こりゃもう駄目だな。場が場なら全部インターフェース作り直しだよ。どういうシステム使ってるか漏れた時点で。
ネットを通じてだもの、工作員伝いに全部チクられちゃうぜ某国とかに。
カードが必要たってさ、NTTの元社員が偽造カード作って逮捕されたじゃん。やくざもんが脅してよこせ言われて流出したらもう偽造されるだけの話。

だから5年前にいったんだ。ウィンドウズもLANもやめろって。閉鎖的な専用回線に汎用機なら漏れようがないんだっての。
大体がうまくいったってファシズムの諜報活動に濫用するんだろ?いらねーよそんなもん。
いらねーってたくさんの自治体が迷惑がってんじゃん。
PSE法並みに無力化しれやまったくもう。

住基ネット操作手引が流出、パスワードも 北海道斜里町
2006年03月29日12時30分(朝日)
 北海道斜里町の住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)の端末を操作する手引やパスワードが、町職員の私有パソコンからファイル交換ソフト「ウィニー」を介してネット上に流出したことが29日わかった。町は「住基ネットの個人情報は漏れていない」としている。

投稿者 大尉 : 19:29 | コメント (0)

耐震偽装とライブドアで見えてきた、時代の新たな実態

つまり、案件によっては自殺ということにして消される時代。
だから元社長はとっとと収監され、元建築士は姿を見せない。
シュウキョウマフィヤ、旧来マフィヤ、こうした海も超えてのワールドワイドコネクションは物理暴力に留まらず、
距離を物ともしない妖術(催眠的心理誘導含め)とかいったスキルも配備しており個人の強さが当てにならない。内面に入り込まれちゃうから。

…まあ一般人には(はぁ?)な所もあるだろうからいきなり全部信じなくて良い。
とにかく警察にせよ、何か背後が面倒な事件につけて容疑者をカバーする手段が半端じゃなく必要になった、ということだ。
要点はそこだけであり、実に深刻で息苦しい様相だ。ここまで西洋化、世界標準にならなくても…遅きに失してるけど。


きょうも北島康介の中国合宿で仲間が突然死。心不全というからこれはベタだ。
みんな心不全とか衝動的自殺。隣国や宗教絡みの殺人容疑はみんなこれ。
どこかの誰かが思い当たるようなふし、たったそれだけでも奇怪な儀式的、妖術的殺人(容疑)が連続する時代。
こないだ皇族が相次いでどこを悪くしたか良く思い出して欲しい。皇室典範に世継ぎに…みな政治絡み。

超科学が沈黙を破り科学に食いつく時代。

投稿者 大尉 : 11:40 | コメント (0)

2006年03月28日

割り箸が喉に刺さって死んだ事故

割り箸が喉に刺さって死んだ事故。医師の過失を問う判決は無罪だった。
これは微妙だと感じる。(私は一切、まだ検索などの調査もしてないまっさらな状態)

割り箸が刺さったことまで全て見通せというのもまた、無理難題な話にも聞こえるからだ。
爪楊枝が刺さってるのも見抜けないのかこのやぶ医者訴えるぞというごろつきがでそうなくらい。

このところ多い医療過誤に含めていいものかどうか。運が悪い事故、で済ませても仕様がないんじゃないか、これは私見のひとつだけど。
病院へ連れて行かなかったら両親が有罪だっただろうか。外見じゃわからなかったろうに。診察のときも結構元気だったらしいし。
あえていうならエンジニアとしての医師は、割り箸が刺さったときの症状を学習したのだから今後はもっと適切な対応が出来る可能性は高まったね、と。

子供をなくして取り乱す気持ちもわかる。しかしそれをぶつけるベクトルが違っているよ。
医療体制の改善運動を展開するとか、そっちに向けるべきだ。

診察した翌日に死亡。
私も頭部精密検査の経験があるけど、一週間で終わるかどうかだからなあ…数ヶ月に及ぶかもしれないし。

投稿者 大尉 : 17:41 | コメント (0)

左脳偏重 マニュアル信仰

自分のことを棚に上げるのは私の常。

日本の若者に、左脳偏重いわゆるkatawaな人種が目立ってきている、それもエリートまで。それは医者にも感じられる。

亀有のほうの大学病院でやったこともない手術を手がけて死亡事故になった例、
今(03/28 00:10)TBSニュース23でやってるのが、簡単ですよといわれて受けた肩の手術が大失敗で障害になった例。

後者は渡米しての再手術である程度改善したようだ。ベテランは日本にもいるけど、見分けが難しいし見分ける手間が要るのが怖い。
今は外科治療もたくさんの人が受けてるから、パーセンテージじゃ大したことないようでも被害者数は多いのではないのかなあ、容疑含め。
今までは病院名で選んでた人が多い記憶があるけれど、海外のように医師名で選ばないと危ない時代か。

私もこんな感じで重いばかりの治療で成すすべなく死ぬはずだった。それはもう20年近く前に阪神優勝したときのことだ。
あの時は治療法そのものが頼りないのしかなかったんだけど、上の例は過誤というにふさわしい。
SEとかやったり現場を見たりして感覚と掴むと、医療ミスのレベルも勘でなんとなく理解してしまうものだ。

手先、勘、こういうものに対して不器用になっている。なんでも頭脳で把握、知識として収納している。
だからマニュアル通りにしかやれず失敗、あるいは未経験のオペレーションで失敗しやすい。
マニュアルの図解と手順ではなく、どう切ればいいのかをオペ現場で個体ごとに理解把握していく姿勢が拙い。
そういう部分的退化だというのに、現場は忙しく人手不足で技術は高度を要求される。
医療が扱うのは機械ではない。かけがえのない体だ。

で、こんな風に社会全体が共通要素で退化していくのを見ると、
人命やその人生、生活を軽んじ、無視し、潰してやろう殺してやろうなどという選民的組織的活動とその下請けな末端活動が目立ってきても不思議はないとは思う。
皆なにかどこかが麻痺欠落している。していない老世代が目を白黒させるばかりである。

投稿者 大尉 : 09:20 | コメント (0)

2006年03月27日

あの落選候補は今(転載)

こういうのが全国紙の一面か特集記事に出ない現代はやはりどこかおかしい。
いかに政治に興味がない、もたせないという流れなのかがわかる。

面白さがあるのだが、それは昨今ではなくてこの次以降のフェイズなのだ。
崩すのは悪役でいい。その後は、言わずもがな。
生意気なガキは引っ込んでろ、まあ見てろよ、というのはまだちょっと先らしいよ。

禍福は糾える(あざなえる)縄のごとし
人間万事塞翁が馬
無用の用

9・11衆院選から半年あの落選候補は今 (スポーツ報知)

 昨年の「9・11」の衆院選から半年が過ぎた。郵政民営化法案に反対した自民党議員に「刺客」を送り込むという前代未聞の政治バトル。郵政法案そのものよりも、そのすさまじい対立構図と各候補のキャラクターの方に注目が集まる形となった。激しい選挙戦の結果、杉村太蔵衆院議員ら83人の自民党新人議員が生まれた一方で、落選した有力候補もいる。「サルは木から落ちてもサルだが、政治家は落ちたら“ただの人”」とは永田町の定説。小泉劇場の陰で涙をのんだ彼らは今、何を考え何をしているのか―。その後を追った。

 《城内実氏》「身ぐるみはがされたという感じですね」―。前衆院議員の城内実氏(40)は淡々と語った。家賃2万円の現在の事務所の広さは以前の4分の1。6人いたスタッフにも全員辞めてもらい、妻・陽子さん(35)と2人きりで運営している。「組織は取られお金も入ってこない。兵糧責めにあって、ここまでやるかという感じ。仕方ないですが…」

 政界での兄貴分だった安倍晋三官房長官の説得を振り切ってまで、郵政法案に反対。静岡7区に自民党から送り込まれたのは“最強刺客”の片山さつき氏だった。結果はわずか748票差の惜敗、その後、自民党を離党した。しかし後悔はない。「郵政法案は自分の中で勉強しすぎた。とてもあの内容で賛成することはできなかった。党も組織も大事ですが、一番は国家国民の利益ですから」

 現在は通信制高校の非常勤講師をしながら、ほぼ毎日、街頭に立ち有権者に直接、政策を訴えている。「近いうちにスタッフを1人か2人採用したい」リベンジへの態勢は立て直しつつある。「マスコミ的には一番、注目度の高い選挙区。非常にやりがいがある。次の選挙が楽しみでしょうがないです」
[PR]

 《海江田万里氏》「一日も早く総選挙があってほしいと思うけど、今『解散を』なんて言ってもむなしいよね」―。自民党・与謝野馨氏との“大物対決”で毎回注目される東京1区で惜敗した海江田万里氏(57)は、メール問題に揺れる民主党の現状を、複雑な思いで眺めている。永田議員に対しては「一度は辞意を表明した以上、辞職すべき」と指摘。「たれ込み情報は全部、自分で裏を取る。まず、一次情報に会うのが鉄則。会えないようなものはガセ。そんなことは基本中の基本ですよ」

 12年ぶりに国会議員の肩書を失った海江田氏と入れ替わるようにバッジを付けたのが、杉村太蔵議員ら“小泉チルドレン”。「議員になって『これから勉強します』じゃ、税金の無駄遣い。そんな代議士はいらない」

 すでに、次期総選挙の民主党公認候補として内定している。一方で、来年の東京都知事選への出馬説も一部でささやかれている。当の本人は「まだ、民主党に愛着がありますから…」と微妙な答え。ほどなく、こちらの下世話な好奇心も見破られた。「まあ、これくらいで。聞き方がうまいね、どうも。あと話すると、何が出てくるか分かんないから」

 《小林興起氏》「なぜ簡易保険をやめちゃうのか。信じられないんです」―。郵政法案採決では高々と腕を突き上げ、反対票を投じた前衆院議員の小林興起氏(62)。その姿が自民党の逆鱗に触れたのか、東京10区では小池百合子氏という現役閣僚を送り込まれ惨敗した。「なぜ勉強しない政治家が得をして、勉強する政治家がこうなるのか。バカとしか思えない」

 テレビでも引っ張りだこだった“興起節”は健在だ。自民党への未練はなく「『国家の品格』を読んで勉強するんだね」と逆にアドバイス。話題を振りまいている杉村太蔵議員については「そんなもの、私が評論するにも値しない」とバッサリ。偽メール問題ですっかり存在感のなくなった民主党へは「もうちょっとレベルを上げろちゅうの」と辛口エールを送る。

 現在は新党日本の代表代行として次の区議会議員選挙の候補者を選定中。「若い私の弟子、小林政経塾の塾生を徹底的に当選させていく」と、全国に“興起チルドレン”を誕生させる構えだ。自らは来年の参院選への出馬も噂されている。「そういう話はあるけど、まずは足下を固めないと…。全国を回ってそういう声があればやってもいい」

 《米山隆一氏》「勝ち目がない戦いだとは思わなかった」―。新潟5区から自民党公認で出馬した医師の米山隆一氏(38)。難攻不落と思われた田中真紀子氏の牙城に挑み、最後には「もしや」との声が聞かれるほど善戦した。現在は日米を往復する日々だが、6月で米ハーバード大付属病院を辞める予定で、次の選挙への準備を進めている。

 灘高から東大医学部に現役で合格。「東大の寮にいたとき法学部のやつがすごく威張っていた。『けっ』と思って…」ちょっとむかっ腹が立ったことが動機という司法試験にもあっさり合格してしまった。「率直に言って、昔はあまり人望がなくて…。勉強できると思って鼻にかけてたんでしょうね」。

 尊敬する政治家は宿敵の父親でもあるの田中角栄元首相。「自分でグランドデザインを描いて実現するところはすごいと思う」。“打倒・真紀子”、さらに先の政治家としての展開は、すでにその頭脳に描かれている。「(真紀子氏に勝つという)大金星からスタートできるのは非常にプラス。例えば太蔵くん。いろんなことを言う人がいますが、一度注目を集めてしまえば、その人の発言は重みを持ってきますから」

[ 2006年3月27日10時10分 ]

投稿者 大尉 : 13:23 | コメント (0)

しかしフレンチはかっけーな

日本はやる気ないし、やる気ないで仕事と品物を追うべく洗脳されてるからなあ。
どっちがいいのかは判断つかんけどさ。

仏内閣の総辞職要求へ 60大学の学生代表が一致 (共同通信)
 【パリ27日共同】フランスの若者雇用策「初期雇用契約」(CPE)に反対する同国の約60大学の学生代表約300人が26日、南部エクサンプロバンスで今後の運動方針について協議、CPE撤回に加えてドビルパン内閣に総辞職を要求することで一致した。

 フランスではCPEへの反発から28日に全国でストが予定されている。26日の協議では、30日に全国の幹線道路や鉄道駅で封鎖行動を取ることや、4月4日のゼネスト実施を呼び掛けることでも合意した。

 CPE撤回に応じないドビルパン首相に対して、学生組織は態度を硬化させており、抗議行動は新たに「倒閣運動」の要素が加わることになった。学生らは声明で「政府は状況を泥沼化させる道を選んだ」と非難した。

(追記)
んで、べらるーしもかっけーな。
時代が時代なら、昨年の解散でこれくらい起きても不思議じゃなかった親父達が若いころ。

<ベラルーシ>選挙の不正疑惑 ろうそくで沈黙の抗議 (毎日新聞)

 【ミンスク町田幸彦】大統領選挙の不正疑惑で揺れるベラルーシの首都ミンスクで26日夜、反政府派の若者たち約200人が治安当局の野党関係者逮捕に抗議し、ろうそくをともし、抵抗の意思を示した。ルカシェンコ大統領の独裁下で言論弾圧が強化される中でミンスク市内の若者たちはインターネットで連絡し合い、政府批判の活動を続けるつもりだ。

 午後8時、中心部の地下鉄ネミガ駅前で若者約10人が集まった人々にろうそくを手渡した。多くの若者たちは火をともしたろうそくを駅入り口の階段に置き、何も言わずにともしびを見つめていた。ろうそくを配っていたアンドレイさん(32)は「今日の行動は(24日未明に)逮捕された仲間への連帯を表すものだ。野党のリーダーはもっと具体的活動を考えるべきだ」と語った。

 1時間後、若者たちは百数十本のろうそくの火を無言のまま吹き消し回収。掃除して立ち去った。警察官約20人が来たが、介入しなかった。

 抗議デモに参加して逮捕された野党候補の1人、コズリン氏は26日、拘束されたままで他の逮捕者らとともに27日、裁判の審理を受ける見通しだ。内務省のグリンケビッチ副報道部長は「無許可集会が主な罪状になり、刑法上の責任は問わないだろう」と毎日新聞に述べた。

[毎日新聞3月27日]

んでも、きょうの首相もかっけかったでよ。
事の中身はともかく、まるで小僧みたいに隣国に向かって、
「なんで参拝しちゃいけないの?大戦で散った霊魂に頭下げてるだけよ?」
というのはたんなる内向けパフォーマンスで出来るこっちゃねえ。ボスの風格よ。
繰り返すけど事の中身の是非は無視してますよ?

70の首相だけ元気でどうする日本。
永田氏もばば引いちゃっただけで似てはいたけど、誰もが言うように鵜呑みしすぎな単純さだしレベルが違うや。
若手が二世三世だの無知安直ばかり目立っててこえーよ実際。

投稿者 大尉 : 10:57 | コメント (0)

民主党は幻想だった。

民主党は幻想だった。だから昨年の大敗はむしろ底打ちの価値があるかもしれない、今後の動向次第だが。
実際は与党も幻想的だが、裏に隠し持っているウェポンは半端ではない。むしろ爪を隠しているケモノ。
民主はむしろ、野次というパフォーマンスが示すとおりチャラチャラしていて中身がまとまってなかった。

今は与党になってもどうせ…みたいなネクストフェイズをとやかく言えるレベルでない。
どのみち今の与党を引き摺り下ろすのも、数年与党に居座るのも、容易ではあるまい。

ただ願わくば、与党になっても良い隙というか庶民の意識を忘れず内包する施策を展開して欲しいとは思う。それは現在の与党とは対極的であろうから。
なんでも西洋的であっていいはずはないけども、米の対極的二政党のようであって損ばかりでもないだろう。
切磋琢磨と牽制あらばともかく、封殺弾圧イエスマン社会の流ればかりでは、表面はともかく根源的な部分は閉塞し士気が落ちていくばかりだろう(某地域のマスゲームと田畑)。


(以下ぶつぶつ)
…それにしても代議士はいいよな。終生ではない。自由意志で参加も辞職も出来る。
命が絡むことも少ないし。
要するに、立場と職務内容が明確な人々は恵まれている。それらが法や常識に守られている人というのは。
裏の掟だのに縛られてごらんよ。

  ぶつぶつ。

どうせもうバブルなど幻想なのだ。あの頃や高度成長の景気を取り戻そうなんて甘いのだ。
マスコミはもう10年近く、それを記事にしてきたではないか。最近の格差社会化は金持ちだけのバブルを再燃させているのも実情だと。

旧来の金持ちや偉い人が変わらなくて良い風潮はいつまでも無駄な公共事業や変な法案になったりするだろう。
地域住民が首をかしげるような押し付けも続くだろう。

だがそれらが改善される時はまた、清貧を覚悟すべきときでもあるかもしれない。
予期せぬ新たな問題は必ず出てくる。でも「だからやめましょう」という腰の引け方も大いに違う。

投稿者 大尉 : 10:43 | コメント (0)

2006年03月26日

報道より

自然側も苦戦中。結構な資本金を調達できる魅力があるのにねえ。
いつまで開発上位の風潮は続くんだろう古臭い。

タヌキの森:安住の地追われるピンチに 東京・新宿

 高層ビルが林立する東京都新宿区の緑を残す住宅跡地に暮らし、地域住民の人気者となったタヌキたちが、安住の地を追われる危機に直面している。この土地に低層マンションが建設されることが決まったためで、住民側は緑を残そうと募金などの活動を始めた。だが、住民と開発業者の溝が埋まるめどは立たず、24日には、開発業者による樹木の伐採が始まった。【小川節子】
 この「タヌキの森」は新宿区下落合4の住宅街にある約1870平方メートルの私有地。大正時代に建造された屋敷は既に取り壊されたが、庭には樹齢200年のクスノキやケヤキ、サクラなどの古木があり、野鳥が訪れる。モグラやタヌキも生息し、夕方になると2、3匹のタヌキが出没するのがよく目撃されるという。
 ◇住民の買い取り募金届かず…マンション建設へ伐採始まる
 ところが04年夏、遺産相続のため開発業者に土地が売却され、3階建て30戸の低層マンションが建設されることが決まった。住民は土地を買い戻そうと、昨年2月に「下落合みどりトラスト基金」を設立。買い取りのための募金活動を始め、延べ800人から2億3200万円を集めた。
 これをもとに新宿区に公園用地としての買収を求め、区側も不動産評価額を基に5億4000万円の支出を検討。だが、業者側が提示した土地価格は10億5000万円で、買収することはできなかった。

何ともいまどきな顛末だなあと。最近は少し下火になってきたけど。

民間人校長:大阪府立高校を辞任 教諭らに精神的暴力か

 大阪府立高校で初の民間人校長に登用された府立高津高校(大阪市天王寺区)の木村智彦校長(59)が24日、府教委に辞職願を提出、受理された。同校の教諭10人が「脅しや人事権を背景に精神的暴力を受けた」として大阪弁護士会に人権救済を申し立てていた。木村校長は任期を1年残して今月末付で辞職する。
 申立書によると、木村校長は02年4月の着任後、学校の運営方法に反対意見を述べた教職員を怒鳴ったり、他校への異動を迫るなどし、うつ状態になったり退職に追い込まれたケースもあるという。教諭らは、府教委に解任と再発防止策を講じるよう求めた。
 木村校長は会見で「改革は進んだ」と訴えた。教諭の一人は「改革の目的に反対ではないが、発言を封じる姿勢がおかしい」と話した。【川上克己】

投稿者 大尉 : 18:22 | コメント (0)

2006年03月24日

真実の数々が余りに薄汚れて危なくて触れない時代はさらに進化していく

http://csx.jp/~gabana/
私と同じような立場で生活しながら、はるかに重荷で苦しい思いをしていた人物。
きっこのブログといいこの辺になると本格的でドロドロした部分にはまり込んでいるんだろう。掲示板にも同類と思しき人々が書き込んでいるし。
私に出来るのはせいぜい、本格には到達しない一般人とのコンバーターをやるくらいだ。なるべく簡単な表現で。

こんなぬるい私でも、国会議員のIT関連な疑惑追及の上でははるか格上、およそ雲上にいる。
だから危ない、放ってはおけない。特に野党、だけでもいい。泥沼の厳しさを知った素人以下の追及が国会で行われているのだから。
与党はもはや、はるかに格下の若年でも末席にいるくらいの余裕がある。それにはやはり論理的な理由があるのだ。むしろ理系に徹してるからこその圧倒であろう。
別に与党が悪いのではない。どちらも違う意味で悪いのだ。

(数日後の便乗追記)
ケチったから逮捕 これが日本の政治の実態
警察も検察も政治家とヤクザに骨抜き
http://scrapbook.ameba.jp/koizumi_book/entry-10009960263.html

ついで
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/2006/03/post_100.html
40代、仏教大学へスクーリング、2ch創価公明板を頻繁に閲覧。(本人ブログ談。)

投稿者 大尉 : 21:51 | コメント (0)

2006年03月23日

原さん

原さん拉致容疑で料理店など捜索、経営者が協力と特定(朝日)
大阪市の中華料理店店員だった原敕晁(ただあき)さん(当時43)が80年に北朝鮮に拉致された事件で、警視庁公安部は23日午前、国外移送目的拐取や監禁などの疑いで、原さんが働いていた大阪市内の中華料理店や在日朝鮮人の経営者(74)の自宅、在日本朝鮮大阪府商工会などの家宅捜索を始めた。

これは警察の快挙である。

この事件は私の身辺事情ともどこか似ている。
実家近接地域は小山市、朝銀に民潭もある在日のメッカ。実家近所にはメッコール置いてる中華料理店(クラスメート)があったし、私は遊びに言った時にそこの母ちゃんに些細なことで睨まれた(10年経って久々に店に訪れても睨まれた)。
その近くに引っ越したのはそのすぐ後で、そこは事実上、処刑場に等しい物騒な物件だった。(詳細は体験記を追ってください)
で、すぐ高校卒業して大宮の新聞屋へ奨学生で行ったが、その先にも野田R16の中華料理屋の息子が居たのだ。新聞屋を仕切る「チクリ魔」密告の達者。

原さんは独身で身寄りが無く、勤務してた中華料理店にいいように利用されてしまった。
店主夫婦は北朝鮮拉致の尖兵で、身寄りが無い人間を”献上”するべく探していたのだ。
もう十年以上前か、店主へのテレビインタビューが脳裏に焼きついている。すっとぼけたとしか思えない様子で「私は知らない」と一点張りで。

処刑場で弟は心臓弱らせて死んだ。義母と飼い犬も同じ、生きてるけど。近所も自殺と心不全のメッカだ。ある路地には警察系やら宗教系が固まって住んでいるがそこには自殺も心不全も皆無。
いま私が直面してる組織ストーカーによる尾行と社会的抹殺の謀略、これにはあの国が関与しているといううわさだ。
あの国と暴力団やカルト宗教が密接だから国内への影響が馬鹿にならぬと。

投稿者 大尉 : 18:46 | コメント (0)

耐震偽装とは言いますが

耐震偽装って大変な騒ぎだけど、海外じゃ構造材がブロック塀で、鉄筋に空の石油缶が詰めてあるからなあ。
日本のは計算で出した予測だから、本当に震災で倒れたり壊れるかは未知数の範囲なんだよね。事実上この実情でも世界一ですよ。
これが巨大プロジェクト渦巻く資本主義経済社会(=世界)の現実さ。人のサイズよりはるかにでかいものを手に負いきれるわけがないんだ。

投稿者 大尉 : 09:08 | コメント (0)

電気用品安全法を修正に追い込めてきた

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/03/post_291.html
前の記事の後、かなり市民運動が盛り上がってしまって。
楽器の一部が免除になったり、中古業者は製品検査してマークを貼っても責任所在は無しとするなど、大幅譲歩。
ゴネが法を曲げまくるようじゃこれは困るんだけど、まだ許容範囲内だよなあ。

それにしても、譲歩できるってことは無意味な要素が多かったと認めたようなものですね。
世界一高品質の日本製家電をあんな”車検”に通すようじゃ、世界中どこの製品も信用できなくなるよな。

もうあれよ、18歳以上の日本人は2年ごとに”車検”。落ちた奴は社会に出られず、検査基準はカルト裏社会の邪悪な思惑で決め放題よ。
税金がっぽがっぽ。天下り先うはうは。美男美女通過しまくり。媚びる奴も。


(24日追記)
よしよし。

電気用品安全法の基準適合を示す「PSEマーク」がない中古家電は4月から販売を認めないとしていた経済産業省は24日、事後検査すればマークなしの販売も認めると発表した。検査機器が行き渡るまでの措置で、整備されればマーク付き販売に切り替えるとしている。音楽家らの反発に猶予期間を事実上延長した形で、同省の迷走に批判が強まりそうだ。

 電安法では、レンタルする場合はマーク不要としている。このため経産省は、マークなしの製品を販売した場合も「法解釈上レンタルとみなす」(消費経済政策課)と説明。事後に業者が検査して、マークを付ければ良いとした。(共通)

でもね、あまり官が失態して国民バッシングが強くなりすぎると、これは海外勢力絡みのバッシング裏ビジネスに勢いつけちゃうデメリットが予想されるんだ。
儲かってるうちの日本に唾つけてる国は少なくないようなのよ。ネット掲示板のサクラ投稿じゃソニー散々任天堂万歳でしょ。
あまり強権もどうかとは思う、けど上がしっかり国民納得の隙のない仕事してる分に損はないよやっぱり。

なんだろう、5年前とか言うと勢い任せで妙な法案出まくったからなあ。
強権っぽい風潮に便乗しすぎたのか?

投稿者 大尉 : 09:05 | コメント (0)

2006年03月22日

スーパーIT無知

以下、どう見てもスーパーIT無知。こういう人は公でITな追求をしてはいけない。

私だったら、HDDそのものかそのDVDコピー、もしくはメールソフトとメールデータごっそりじゃないと納得しない。
それくらいの情報量があれば、生々しくて真偽明確になる。偽造は難しい。
人の言葉が間に入ったらもうアウトと心得る。人が口頭説明できる情報量ほど怪しいものはない。

(夕刊フジ 本日)
記者から「最近、ライブドアを退社した社員がハードーディスクのコピーを持ち出した。200通のメールから最も重要なもの自分が選別した」と聞かされたといい、ライブドア前社長の堀江貴文被告(33)絡みの複数の銀行口座を指摘されたうえ、疑惑の「@堀江」という署名にも、「(数人しか知らない)符号のようなもの」と説明を受けたという。
 また、メールを本物と信じた理由について、「仲介者がダマすとは一切考えられなかった。金銭要求もなかった」と被害者としての立場を強調した。

はっきり言ってこの記者は、永田氏を騙す目的以外の何があるんだろうか。誰かに指示されたとかも含め。
おいしいよなあ、ここまで子供の騙しみたいな騙しが通用しちゃったんだから…

メール問題を騒ぎにして米軍再編や4点セットがうやむやになり予算案も通過。ですよ。

結局、実は正しく悪事であっても、追求の仕方を間違えるとうやむやにされむしろ大変な目に遭う、
という悪しき前例が出来てしまいました。

文明が発展しても、複雑化しても、悪事もまた巧妙で突っつきにくくなる。
SFによくある、進化した人類は争いを放棄したとかってのはありえない。

投稿者 大尉 : 20:21 | コメント (0)

守大助を救え!というくらいの思いが強くなってきた

http://www.kahoku.co.jp/
検察側が守被告の証拠隠滅工作とみている筋弛緩剤空アンプル入り針箱持ち出し行為については、「針箱には手術で使用した空アンプルしか入っていなかった」と指摘した。(河北新報 2004/04)

http://iccho.me.uk/hl/damage/sendai01.html
ところが、真相は「人知れず」「いずれか」などというものではない。しかも守さんは、婚約者(看護師)と、彼女の車で『再度クリニックに赴』いたのだ。用件は忘れ物を取りにいくためで、更衣室に捨て忘れていた針箱を守さんが発見し、廃棄物置き場に廃棄しようと外へ出たとき、刑事に呼び止められ、針箱を刑事に渡し、婚約者の車で帰宅したのだった。

 看護師である婚約者は守さんが針箱を持ち出したことにいずれ気づいただろうし、守さんが「犯人」なら彼女を「共犯」に巻き込むことになるが、判決要旨にはそのような検討が一切ない。

以下、記事を見る前から思ってたこと。死刑以外ないだろうというのに、
まるで職権でできる範囲で軽減したようにも見えるし。

http://mytown.asahi.com/miyagi/news.php?k_id=04000179999990406
論告求刑公判(最終日)2003年11月30日
求刑後、弁護側は「死刑を求刑できないのは検察側に自信がないからだ。でっちあげの思いを強くした」と述べた。

なんかこう思うのは、この人は不器用で異色、いわゆる変人なので
捜査機関に宿る悪魔にまんまといいように嵌められた感じが。
普段の様子が裏目に出た典型的タイプ。聞けば聞くほど職務忠実で真面目なのに、誰もやれない夜勤やるくらいに。
そのせいで夜は発作や死人が多いんで疑われる要素が濃くなっちゃってさ。

医療過誤だと思えるんだよ。何か不適切な処置で変な症状を訴える人が出たかもしれない。
でも、殺人ではとてもないね追って行けば行くほど。

…こんな真相追求をしただけで、ファンタシースターのアリサの兄みたいに殺されちゃうなら
いいだろう、持ってけよこんな命。

投稿者 大尉 : 19:25 | コメント (0)

仙台筋弛緩剤殺人事件の冤罪性

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%AE%88%E5%A4%A7%E5%8A%A9%E3%80%80%E5%86%A4%E7%BD%AA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
この件について僕のメタ推理?は、冤罪と位置づける。

自白強要、立件至上にありがちな、ザルな起訴内容。
起訴内容にはザルが目立ち、冤罪としては整合の取れた要素が目立つ。
様々なケースに詳しい医療現場の意見をみれば、専門でない者がそんな簡単に断定は出来ない。

何よりも報道で見た被告の表情。
毒カレー事件の被告といい、どうもおなじパターンで持っていかれている。
宮崎勤は取り憑かれて突っ走ったタガ無しパターンだけど、これらはそういうのじゃない。

http://www.hh.iij4u.or.jp/~iwakami/sendai2.html
しかし、ある元職員は、「守くんが急変にあたることが多かったのは、別に不思議ではない」と振り返る。
 「患者が夜間に急変することが多いのは、医療の世界では常識です。北陵クリニックには既婚者で子持ちの看護婦が多くて、10名あまりいる看護スタッフのうち、夜勤ができない人も数名いました。
 だから、独身男性の彼に夜勤の割りあてが多くなるのは自然なこと。そして夜勤が多くなれば、急変に出くわす確率も高くなる。それだけのことですよ」

仮面ライダーは怪人の犯行現場に居合わせることが多いのでショッカー構成員であり憎むべき犯罪者なのだ。



私は思うのだ。言いがかりや誤審で死んでいった者達の怨念は
どれくらい蓄積すると世の中を潰すくらいになるのかと。

いや、もう片鱗は見えていてだからこそ人々は何か悪魔的熱狂の渦に飲まれてきているのだろうけれど。
テレビゲームで言えば怨念のゲージがたまっていってる状態。増えるほど悪魔は成長し現世への影響力を増す。ジャアクキング様。

正気は熱狂にかき消される。間違ったことも周囲がやるならやらねばならない風潮の完成。
組織悪は後世の事など気にしないから、この悪循環に拍車をかけようが暗躍し続けるだろう。

カネと思惑だけで人類は潰れるだろう。
もしかしたら機械と同じくらいに決め事でしか動けなくなって存続するかもしれないけれど。
パソコンやOSと同じ。無数のきっついプロセスの上にカーネルが胡坐をかいている。
搾取とか人権なんて、機械は気にすることも出来ない。社会という機械の合理性と効率だけが問題。
機械が神。その意味でターミネーターの描写はノンフィクションだ。

・・・かなり横道?

獄中では厳しい取り調べが続いている。守被告がしたためた獄中日誌によれば、連日、取調官から「人殺し」「死刑」などの言葉が投げつけられているという。守被告は、「もう死にたい」「耐えられない」「早くラクになりたい」と、自殺をほのめかす記述を、幾度となく日誌に書き残している。
 3月24日付のユリさん宛の手紙――。

<こんな生活もうイヤです。(中略)「山下ユリのこと思ってるなら別れろ」「山下ユリも2〜3ヶ月でオマエから離れてく」とか、かってなことばかり言ってきます。そのつど「大丈夫です」と言ってる! いいよねユリ。「安らかに死刑受けろ」と何回言われてるか! やってないのにひどい!(中略)
 今後、本当に僕は大丈夫なのかな? 心配です。やってなくても死刑になりそうです。先生、ユリ、助けてね……>

 手紙のコピーを私たちに預ける際、つとめて冷静に振る舞ってきたユリさんが、こらえきれずに涙をこぼし、声を震わせてこう語った。
「彼は連日、刑事さんや検事さんから『死ね!』とか『人殺し!』とか、『必ず死刑にしてやる!』とか、ひどい言葉を浴びせられている。もし、彼が本当に無実だとしたら、こんなことが許されるんでしょうか。こんなひどいことが、この世にあってもいいんでしょうか。
 彼からの手紙や彼の書いた日誌を読むと、かわいそうで、かわいそうで、もう涙が止まらなくなるんです……」

被告ら次々と退廷命じられる 筋弛緩剤事件の控訴審(朝日)2006年03月22日13時24分
裁判長が「これ以上の発言を禁じます」と注意したが、弁護側は抗議を続け、弁護団7人のうち4人までが次々に退廷を命じられた。守被告本人も「なぜ再鑑定をしてくれないのですか」と大声を上げて退廷を命じられ、「おかしいことは言わないとダメだ。この裁判はおかしい」と言って法廷を出た。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%AE%88%E5%A4%A7%E5%8A%A9%E3%80%80%E5%86%A4%E7%BD%AA%E3%80%80%E5%9B%A3%E4%BD%93%E8%81%B7%E5%93%A1%E3%81%AE%E7%94%B7%E6%80%A7&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
http://72.14.203.104/search?q=cache:YKYOUTh9SMkJ:piza.2ch.net/news2/kako/982/982855255.html+%E5%AE%88%E5%A4%A7%E5%8A%A9%E3%80%80%E5%86%A4%E7%BD%AA%E3%80%80%E5%9B%A3%E4%BD%93%E8%81%B7%E5%93%A1%E3%81%AE%E7%94%B7%E6%80%A7&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=5
82 名前: 『現代』p140より 投稿日: 2001/03/13(火) 04:23
>……六人の刑事は、署に戻ってこう報告したという。
>「やつは犯人じゃないので逮捕は反対です」
>すると、県警幹部は別の10人の捜査員を病院に向かわせたのである。

83 名前: 冤罪だよ 投稿日: 2001/03/13(火) 05:04
東北大学医学部助教授や宮城県知事も絡んでるから。
真相が発覚すると、大事件だろう。

投稿者 大尉 : 16:03 | コメント (0)

2006年03月21日

自白大国

この所の裁判系報道は、自白強要の事実が明らかになって無罪放免、というものが目立つ。
で、ライブドア関連も、無理な自白はせず調書にサインしない常識的で賢明な堀江氏だけが保釈請求を退けられた。これは時期とか保護とか仕方ない面もあるけど。
強く押せば白状するけれど、言わない限り出さないぞといわれれば嘘でも言いたくなり、しかも故意にそれを利用し誘導する悪習が日本では続いてきた、
…とマスメディアや弁護士の世界では盛んに言われる。

"I want the truth!"
とは、トムクルーズ主演の裁判映画の見せ場だったか。

投稿者 大尉 : 10:56 | コメント (0)

骨董的公共事業が国土を踏み潰すのか

九州新幹線(地方新幹線計画)のボロ。長崎は開通に反対している。鹿児島も反対したり悪影響を食っている地域がある。
・3800億円出して40分しか縮まらない。
・在来線は例によって地元に経営押付け(第3セクター)。長野信越線は人気路線だったので何とかなったが、他はそうはいかず最悪廃線も在り得る。

地方空港計画のボロと似ている。神戸といい、開通優先でメリットが見えてこない。

要は戦後内政のマイナス面だ。利権、取ったもん勝ちのコンペ。より大きな利権を生んだ奴が偉い。
作れや作れ、生めや生め。あの当時のじい様達の考え方がずっと尾を引いている。これは非常にまずい。

官庁の織り成す規制大国なおかげで外国の影響を受けにくく発展してこれたのも事実。だがマイナス面で潰れたのでは元も子もない。
外国勢力はてぐすね引いて日本を食い物にしようとしてる。外から外圧が、内からは在日外国人や海外送金先の国の影響力が。
マイナスを減らしてネイティブの強みを温存せねば。

じいちゃんばあちゃんが電車がなくなると病院へ通えないのに
上からの見返りに満足しつつ従属的に頭を下げてる役所はどうかしている。
役所が役所のためだけに仕事するな。

まんいち国家衰退窮迫の後に線路も線路用地も残ってなかったらどうするんだ、なんてのは飛躍しすぎかもしれないけれど、
これも大計、あらゆる子孫の可能性を見越す視点と言うものだ。。

投稿者 大尉 : 10:01 | コメント (0)

雇用

(毎日)社説:視点 格差社会考 ライブドアとニートが生んだ錯覚
所得格差の拡大が、小泉政権の市場原理の導入と関連しているかのように議論されている。格差はずっと前から拡大していた。それがなぜ今? 
雇用、債務、設備の過剰が言われ、企業は本格的にリストラに取り組み始める。人件費の非固定費化が言われ、正社員を減らして派遣社員やアルバイトを多用するようになる。銀行は不良債権の増加を恐れて「貸し渋り」「貸しはがし」に走る。
高卒の求人数は94年の80万人から、98年には42万人、00年には17万人に激減する。

高卒求人が半分、いまじゃ1/4だもんねえ・・・

(ものすごく働いてる条件が個々によりピンきりな)フリーターの限定条件的地位向上も必要では?
日和見な企業のスタンスに信用を置けず正社員を嫌がる人もいるのだし。
正社員やいっぱしのクリエイター(職人)じゃないと身を立てられない社会というのも何だか窮屈で柔軟性がない。
昔と違い世襲家業も一般的ではないし。

なんちゅうか抽象的に言えばアンバランスだよね。もったいない状態を変えずに今に至る。
バブル以降の惰性。企業と厚労省がなんとかなってるからいい、みたいな。
下を見てない。下は「うえはしたのことなんて」と愚痴る歴史の常、王道というか。

投稿者 大尉 : 09:54 | コメント (0)

2006年03月19日

辞めても人が居なくなるだけ。

永田議員読んでるか!?って読んでるわけはない。
重要なのは埋もれがちなマイノリティだったりする典型。

あれにしよ、「のび、廊下にたっとれ!」。
バケツ両手ふたつに頭にひとつ、これ外せない。

罰とは元来そういうものではなかったか。


(共同)民主党の野田佳彦前国対委員長は19日、「送金指示」メール問題で国対委員長を辞任後、初めて自らの集会を地元の千葉県船橋市で開き「期待を裏切る結果となり申し訳ない」と支持者に謝罪した。その上で「今は反省し謹慎しないといけないが、自民党とライブドアの闇は存在すると思っている」と述べた。

 その上で「私は今回、うっかり八兵衛みたいなことをしてしまったが、今後は風車の弥七となって、渡部恒三国対委員長を支えたい」と語った。

 永田寿康衆院議員の進退について「いばらの道だが、批判を受け止めて先に進む覚悟を持ってほしい」と議員辞職は必要ないとの考えを示した。



(ぼやき)
うちもすっかりきっこのブログもどきだなあ。あっちが目立っててくれて助かるわ。
…というよりあっちが後になって類似品として登場したんだが。

投稿者 大尉 : 23:06 | コメント (0)

共謀が罪(NHK大河ドラマ)

共謀罪法案。
つまり、誰かが誰かの話し合いや目配せを、(これ悪事の相談じゃない?)ていう勘違い、疑いの目で警察に報告するともう逮捕される罪。「殿に謀反せしめんとする疑いありて然るに」…って時代劇かよ。

これってカルト組織のギスギスした発想そのもの。

信者の目に付いた、インターネットの匿名掲示板とかで目をつけられた、素行調査や尾行などを重ねられ、監視と嫌がらせが続く。(そんなに世の中を牛耳りたいか)
非公開技術で頭脳の中身までテレパシー的に常時監視、意見の強制介入までする。(余計なお世話、押し付け。ついに心まで蹂躙される時代に)

自分達が悪いと思い込んだら、何もしてなくても徹底監視し、悪人扱いする。
ね、似てるでしょ。要するに逮捕権限を欲しがっててついに手に入れかかってる、格好にも見える。

この島を邪教のパラディソにするつもりですか、団塊以降の成人諸君。
私はその監視網にかかって、社会から強制隔離されてしまいましたがね、我々の世代はまだ若く政治的主導権ないもんね。
だから責任はほぼ団塊にある。

別に竹刀が似合うスポ魂派も、ドライでクールでマイペースないまどき派も、
いがみ合ったり押し付けする前に、協調、折衝していいとこ取りすることだって出来るはずなんだけど。
なんでかカルトには蹂躙とかいったローラー作戦の発想が目立つようで。あと利権抗争とか。

私個人の理想的日本って貧乏で縄張り争いとかに見向きもされない状態なんだろうか。
でもそうなると他国干渉で組み敷かれちゃうよね。実に絶妙に独立してきたんだよな今まで。
国家運用に理想の状態なんてないのがよくわかるさ。

投稿者 大尉 : 12:24 | コメント (0)

2006年03月18日

偶然なんてどれほどあるのやら 世の荒廃もまた

以下、故意にこのような心理状態や見識になるように長い年月かけて洗脳誘導してきたのではないか。
日本人はかく在るべきと、支配的役割の思惑で精密に。

いじめで劣勢因子を無理なく抹殺するシステム。
もし、組織暴力で立派な社会人をホームレスに出来たら。
あとはその元総理でも社長でも、襲わせる若者はいくらでもいるではないか。

荒唐無稽などと無視するのもいい。
だが「組織ストーカー 電磁波被害」などでの検索結果にあなた方は何を感じるだろうかなあ。

現状、この手の被害者数は少なくなくても、「ありえない 信じられない」で片付けられるように周到に仕組んであるため
中々認知理解されない。だがそれらが遅れれば遅れるほど、まるでマフィア天下、外国からのリモート征服状態のような陰なる体制は根付いてしまうだろう。
私の体を張った訴えもそう長くは持たない。訴える人が居るうちに気付いて欲しいものだ。


ホームレス殺人

 貧しい者、虐げられた者ほど神様に愛され、天国に近いという宗教的ビジョンが人々の心を打つのは、何も弱い立場の人々への同情や慰めのせいだけではあるまい。誰の心にもこの世の富貴や権力では左右できない魂の救いへの渇望とおそれはひそんでいる▲富と力によって支配される俗世から隠遁(いんとん)する人、世間のしがらみを逃れて放浪する人、昔の人々がそのように世間からはみ出した人に聖なるものを感じ取ったのも似たような心の働きだろう。だから貧しい放浪の旅人が神や仏の化身であったという説話が生まれるのは、洋の東西を問わない▲ではそんな目に見えないものへのおそれはどこへいったのだろう。兵庫県で足の不自由な男性が野宿をしているところに火炎瓶を投げつけられて焼死した事件で、高校生ら少年4人が逮捕された。繰り返される少年による路上生活者らへの襲撃だが、胸のふさがるようなむごさである▲4人は以前から路上生活する人々に「お前、臭い」などとののしりの言葉を浴びせたり、花火を発射するなどのいやがらせをしていた。「むかつくので火炎瓶を投げた」というのが少年らの供述という。悲しいが、人の苦しみに思いをめぐらす心の回路はまったく閉ざされていた▲弱い立場の人々にしつようないじめ、いやがらせを加え、あまつさえ生きた人を焼き殺すような残忍さ、悪意は、どうして少年たちの心に巣くったのか。そのいきさつは、この少年たち個別の問題としてきちんと解き明かしていかねばならない▲昔の人々に放浪の旅人を聖者や神の化身と感じさせたのは、人々の内にひそむ聖なるものの力というべきだろう。富や力が左右する世界しか見えない心の貧血は、少年たちだけの問題ではなさそうである。

毎日新聞 2006年3月18日 0時11分

投稿者 大尉 : 17:01 | コメント (0)

2006年03月17日

ウイルス検知ソフトでは不足してるので

自分のパソコンが山田オルタナティブなどのトロイウイルス(要するに穴が開いて見放題遠隔操作し放題にされてしまう)
に感染している可能性を探るひとつの方法。

それはモニタリングソフト(IDS、パーソナルファイアウォール)を導入すること。
自分のPCにアクセスしてくる内容が全部ログで警告されると、覗きに来た連中が急増したときにはログが膨大に増える。
これは実験環境で検証したから断言して良い。特定のアクセス内容でocnだのbiglobeだの生ホストがうじゃうじゃアクセスしてきてた。

ウイルス検知は、ウイルス発見しかしない。
しかもウイルスが最新だと検知できない。
軍事的な非公開ウイルスなんて、もしあれば全く効果がないのだ。
だがモニタリングは、ハッカーやハッカー未満のユーザアクセスそのものを警告する。
アクセス無しにはウイルス活動は成立しない。

REALSECURE、ZONEALAERM、ウイルスバスターのファイアウォール機能など、お試しあれ。。
というかそろそろこれら(ウイルス検知とIDS)はセットで売り込むようにして欲しい。




あ、それ以前の基本として、ルーターは導入しましょうね。
ハードウェアルーターとソフトウェアルーターでは雲泥の差があるので。

投稿者 大尉 : 22:04 | コメント (0)

2006年03月16日

世の中をコンピュータのように動かす陰謀か稼業か

私が直面している現実(少なくとも目に見えていて知覚している。個人専用の高度幻覚かも)。

インターネットの、2ちゃんねるやWinnyすら判ってない警察やら軍隊やらのお偉いさんや下っ端たち。
しかし現実ははるかに進んでいて、潜在的集団が先進技術で運命や人心を思うがままに操りながら、
”現実を2ちゃんねるやWinnyに”してしまった。

「小麦ちゃんマジカルて」の一話はその犯行声明だったように思える。(見れば判る)


現実の人々が、世界中垂れ流しの催眠電波の影響で、特定人物(潜在的集団にとって邪魔な人物とか?)を目撃知覚すると「叩き」「煽り」始める。
催眠を仕掛ける側の僕、自動的衝動で動くロボット兵。

頭脳、胸のうちにある個人情報や重大機密さえ、テレパシーな無線通信を通じてハッキングされ、盗まれてしまう。
全生涯の記憶そっくり吸い出したかのような「プライバシー暴露」を受ける被害者の体験談は少なからずある。(集団ストーカー 思考盗聴:検索)
誰かの才能を憑依的に継承できてしまう。これもWinnyで音楽や映画ダウンロード、と似ている。

アルカポネがこれらオーバーテクを秘密裏に社会に広めつつも他言無用としている。器用に人の心を操る老若を実際に見てきた。
喋った、逆らった、などと言うことに異様に敏感だ。裏切りだのと盛んにプレッシャーしてくる。
だがアンタッチャブルほど頼れるアンチは居るのかどうか怪しい。
否、官や議員にも染まってるのが大勢居るような感じ。いや知ってるつもりで実態は違ってたという感じか。誰がどう騙されてるのか判らない。

私ひとりが見せられている仮想現実なら良い。そうじゃなく本当の現実だったらどうにも大変だ。
「ノエイン」が描く、人類ごときに制御できず暴走して大変なことになるフローが現実味を帯びている。
マンションひとつ満足に立てられず、100年後に新幹線や高速道の橋げたをリプレイスできるかも怪しい人類なのに。



その陰なる影響力の成果と思しきも色々見てきた。プロジェクト?
大半が粗暴強制的、相互連絡意思疎通不十分、よってドキュメント上でうまくいきそうにない所なのに妙な具現化をして、さらに責任擦り付け合い、長続きしなそうなものだった。
IT系で学んだので理詰めを周知していたが故に余計そう感じた。

それでも性質なりのでかい成果を生み出したらしい痕跡も見てきた。
だがかれらはそれらを一切評価しようとはせず、ただ責めるばかり。
ライバルがただ潰そうとしてるのか、最初から奴隷扱いで潰れるまで働かせるつもりなのか。

なんて書いてるとおそらく遠隔監視してる連中だろう、こんなスレッドを立ててきた。
例によって色々一方的でむかつくことも書いている。

この辺の当たり前の論理は一通り網羅している。その上で自分が下でも上でもこりゃだめだのパターン。
>高い期待を設定して、部下にそれを告げるだけで仕事をしたと思っているマネジャー、つまり期待設定のプロセスに部下を参加させないマネジャーは、あまり期待しないマネジャーと同じく、貧弱な成果しか得られない。
自分が下でも上でも、3年前から私が日夜拷問続きで常に参っている。メンバーが潰れかかってるプロジェクトがうまくいくものかよ。


テレパシーな遠隔通信に依存するせいか、成りすましに弱い。(インターネットよりもさらに見分けが難しいのか)
身に覚えのないことまで色々責められるのはそういうことだろう。催眠的に操られ思い込みを強くした人々が悪影響に拍車をかける。

何年も抗ったり耐えたりそれでも声を張り上げ告発したりして、いつまで体がもつか、精神神経が壊されずに済むのかあやしくなってきた。
自宅は有害力線での拷問が日夜途絶えない。裏社会だけでなく市役所などへも浸透した公安勢力の潰し工作に見える。
救いようのない実態を訴えている人間に刃を向けるのだ。救いようのない世の中ではないか。

たった今もそれを書くなとばかりに繰り返し、強い刺激をひざに当てられけいれんした。
どうせ北隣か南隣で常駐してる監視工作員だろう。地域に溶け込みながらそういうことに携わってきたタヌキ。
日夜半殺しにして人生潰しておいて、今更従うとでも思ってるのだろうか。日の半分は休むか寝るかを余儀なくされているのに。
詐欺で一文無しにする、追回し続けて勤労不可にする、遠隔技術で家族殺して事実上脅す、一家離散、
潰しもやられすぎるとこっちは遠慮する理由が無くなる。ベトコン。

この国、世界にはとうに愛想が尽きている。人が良いからそれでもなんとか改善を目指して訴えてしまう。
ときに政府をも動かす提案もする。そういう辺鄙な才能を潰すのがこの仕様も無い国だ。


・・・ちなみに、テレパシー通信には電気通信ほどのレイテンシーはなさそうだ。
思考回路共有、頭脳セルコンピューティングなどが見られるがこれはディレイがあったら無理っぽいし。

投稿者 大尉 : 08:15 | コメント (0)

2006年03月15日

代用監獄 自白強要

www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20060315k0000m070158000c.html

社説:代用監獄 それでも、廃止を目指そう

自白強要や人権侵害の訴えは後を絶っていない。
国連などから「Daiyo Kangoku」のローマ字表記で国際人権法に反する、と批判されてきた。日本弁護士連合会なども「冤罪(えんざい)の温床」と廃止を求めてきた。
たとえば拘置期間が一般に諸外国よりも短いこと、裁判でも自白が偏重される傾向が根強いことなども考慮されねばならない。

国民の加罰や自白などに対する意識改革が不可欠であり、司法取引の導入の可否なども検討されねばならない。司法改革が進む今こそ好機として、論議を深めるべきだ。それなのに、法案の基礎となった有識者会議の提言がわずか2カ月足らずでまとめられたというのは、あまりに拙速と映る。

投稿者 大尉 : 09:08 | コメント (0)

メール問題 関連

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%A5%BF%E6%BE%A4%E5%AD%9D&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
http://critic2.exblog.jp/2878950
>前原誠司と永田寿康とフリー記者の三人で共謀して作ったのでは
>民主党の若い議員たちが、いかに真面目に情報を精査していないかの証左
http://oiradesu.blog7.fc2.com/blog-entry-1096.html
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2006/02/post_2b25.html
>実は特捜部も、それを裏づける資料を押収している。だが、メールの件は知らないので“承知していない”というコメントを出した。検察にしてみれば、自分たちが真剣に捜査しているのに、真相を本当に追及しようという姿勢が感じられず、選挙宣伝に利用しようという底が透けて見え、とんでもないというのが本音でしょう



http://critic2.exblog.jp/2887060/
>執行部は永田寿康を捨て石にして火事場を潜り抜けようと謀ったのだ。

以下の推測の裏づけ。掘り進むほど民主の清廉イメージは揺らいでいくなあ。
http://akiba55.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/scribble/scribble.cgi
>taii:民主一丸で攻めたんだろうに、なんでか永田問題に摩り替わってる。

ウラ情報の流通事情(東京)

 「堀江メール」問題では、追及に立った民主党の永田寿康衆院議員が雲隠れし、同党の責任先送りの姿勢に批判が集中している。発端は一通のメールだが、さまざまな疑惑に関するこうした玉石混交の「情報」は、永田町やメディア周辺などに飛び交う。時に“巨悪”を暴く端緒にもなりうるが、今回のケースのように、もろ刃の剣にもなる。「情報」流通の事情とは−。
 「あれっ、これおれが作ったヤツじゃあ…」
 十年前、当時警視庁クラブ詰めだったある記者は、知人の通信社記者から「これ知ってますか」とあるチャートを見せられた。作ったのは数日前。ゼネコンをめぐる経済事件で、捜査当局や関係者への取材を通して分かった資金の流れや人的関係を書き込んだものだった。
 「ある調査会社の知人に一枚だけ渡したものが、なぜ」と思っていると、今度は同僚記者が「兜町を回っていたら、こんなチャートが手に入ったんだが」とまったく同じものを持ってきた。さらに後日、経済誌が「捜査当局が作ったチャート」として掲載した。
 「さすがに笑うしかなかった」と振り返る。

 事件や疑惑を追う取材者なら、チャートや内部告発文のたぐいが関係者の間を飛び回っていることは、日々、実感している。
 有力週刊誌の記者は「霞が関や官邸筋の役人の間で出回っている文書というのもよく手に入るが、逆に言えばそれは出回っていて特ダネ性がない。ある意味ではそういう怪文書のたぐいが入手できることは前提として、その上でどれが信頼でき、面白い情報なのかを選ぶことになる」という。
 民主党国会議員の元政策秘書によれば、野党には政府や自民党の不正や疑惑に関する情報が多数寄せられる。封書やファクス、メールなど方法は多様だが、筋のいい情報はなかなかない。
 「信頼できるのは実名で情報を送ってきて、会って話せる人の情報だ。それでも数年間秘書をやって、議員の国会質問に生かせたものは一、二本。ただ、匿名の出所不明の情報にもすごい内容のものもある」

■実動部隊の秘書 問われる判断力

 むしろ問題は、調査の実動部隊となる秘書に取材能力や真贋(しんがん)を判定する能力がないことだという。
 「永田氏は裏取りの手足がないのに『すごい情報だ』って喜んじゃって、質問したんじゃないか」
 先の週刊誌記者も「巷間(こうかん)言われている元フリー記者がネタもとだとすれば、はっきり言って業界でいい評判はない。この情報に乗っていいのかどうか、そんな相談ができる記者が永田氏の周囲にいなかったのだろうか」と首をかしげた。
 一方で、「怪文書なんていくらでも作れる。選挙でどんなビラが飛び交うか見てみなよ」とうそぶくのは、九州選出の自民党国会議員の地元秘書だ。
 「あのメールは要するに武部勤幹事長に対する警告なんだろう。それらしい事実はつかんだが、肝心のブツ(物証)がない。じゃあメールを作るかって作られたんだろう。本来、委員会質問で振りかざすたぐいのものじゃなく、内々で攻撃材料にするような話」とうがった見方を披露した。
 「メール」をめぐる情報提供が国会質問に結びついた例は、最近もあった。
 今月一日、参院予算委員会で井上哲士議員(共産)が取り上げた米軍再編問題の質疑が、それだ。
 井上氏は「昨年十二月に防衛施設庁の地元調整本部事務局総括班長という方が関係者に出したメールのコピーがある」とした上で、こう追及した。
 「『米軍再編に関し地元議会が反対意見書を議決しそうな動きがあるか否か常にウオッチし、速やかに本庁担当窓口にお知らせ願いたい』『地元の小さな動きに対しても敏感に対応してほしいとの御指導もございます』と書いてある。御指導というのは防衛庁長官じゃないのか」
 質問の端緒について、井上氏は自らのメールマガジンで、「昨年十二月、“本庁地元調整本部総括班長”とされる人物O氏から肩書抜きの十五人あてメールのコピーが、手紙を添えて党に郵送されてきた」と説明。「関係者しか書けない文面だが、謀略の場合もある。偽物を使って質問したら、ひんしゅくを買い、攻撃の口実を与えることになる」と心境をつづった上で、「調査の結果、O氏は現職の本庁の課長で、十五人のうち十二人が現役の防衛庁幹部であることが確認できた」と書いている。
 さらに、その後も調査を続け、ようやく質問に立ったことを明かしている。
 長年、政官界の疑惑調査に携わっている政党職員の一人も、提供される情報は神経質に精査しないと国会質問できないと話す。

■知名度上がると頼まずとも届く

 こうした情報から質問実現にたどりつく“打率”は「せいぜい二、三割」という。「問題化させ、役所や企業の内部抗争に利用する情報提供者もいる。石橋をたたいてたたいて、壊す寸前まで調査しないと怖い」
 今回のメールをプロはどうみたのか。
 自民党の故中島洋次郎衆院議員=受託収賄・政党助成法違反の罪などに問われ一、二審で有罪、上告中に自殺=摘発の発端となる報道を手がけたフリーライター・田口芳孝氏はこう話す。「記者の場合、たとえ情報提供を受けても、疑惑の大本となる資料を入手するか、当事者や当事者に限りなく近い人物の証言を得なければ報道しない。今回の質疑には、そういう“におい”がしなかった」
 一方で、元公安調査庁職員でフリージャーナリストの野田敬生氏は「自分の体験では、知名度がある一定の臨界点を超えると、頼まなくてもさまざまな情報が入ってくる」と、情報集積の実態について説明する。
 「私もいわゆるブラックジャーナリストとか暴力団に近い人から話を聞くこともある。巻き添えが怖いから極めて慎重にならざるを得ないが、それでも非常に内容の濃い情報を含む場合があるから無視できない。持ってきた人間が怪しいから、とネタを捨てていたら本当に重要な情報を見落とすことだってある」
 インターネットの発達で「ウラ情報」のたぐいに一般市民が触れることも多くなった。耐震強度偽装問題やライブドア事件の裏情報を次々に掲載し、関係者さえ驚く内容として評価された「きっこのブログ」は代表例だ。ただし、野田氏はネット上の情報を過信することには警鐘を鳴らす。

■正体不明なのにネットは信用?

 「『きっこ』の正体とは何かと思い取材を始めたら、なぜか批判が多くなった。情報は正しいのだから、正体探しはおかしいというものだ。情報を出す側がどんな人物か調べるのは当然なのに、なぜ正体不明の人物の話を一般市民が真実と信じるのか不思議だ」
 今回の問題では、耐震強度偽装、米国産牛肉、ライブドアなど「四点セット」の追及が、トーンダウンすることも懸念される。
 前出の政党職員は「誤報を連発してしまうと議員や政党の品位にかかわる。そこは非常に怖いところだ。でも、及び腰になりすぎると、逆に国民から信頼されなくなる」と打ち明ける。
 メール問題については「武部さんの事案であるようで、武部さんの息子の事案でもあり、息子は一般市民だ。そこは悩ましい部分」とした上で、「だからといって、立証責任を追及する側に求める風潮を招いてはいけない。民主党にはこれで腰砕けになってもらいたくない」と話した。

投稿者 大尉 : 08:38 | コメント (0)

2006年03月14日

ロボット人間の時代

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/03/post_299.html
の続き。

日々が組織的マークによる尾行と拷問続きの私。
(その”組織的拷問”、頭脳潰しが目的な(平常生活を奪い万全にさせない)のが瞭然)

彼ら諜報部隊は例え話による意思伝達を常套手段としている。
sugimurataizo.net/2006/03/post_178.html
で、上の記事はどことなく”普段らしくない”内容でかつ、例え話としてはタイムリーで完成している。
つまりゴーストライターも交えて作成した気配。

没個性の末端要員。話すだけ無駄だった。
彼は痛みを感じなくなっているか、感じても発言することを”ママに”禁じられている。


言われてひとり、沈む夕日を眺めながら、「あ〜、俺の人生、もう終わったな」、思ったわけです。
当時、小学校4年生でしたけど。

日本全国の明後日のホワイトデーでお悩みの皆さん、手作りのクレープだけはおやめになったほがよろしいかと思います。

意訳(個性的な考えは持つな、抹殺されるぞ)

そういや自宅の拷問が酷くなったり、
組織尾行がまた盛大になって、中身が柄の悪いのばかりに戻ったのって
この一連のやり取りの直後からだったような。
www.geocities.jp/unwatchedattack/0603.html#5
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/03/my.html



(追記)
裏づけ?

katoler.cocolog-nifty.com/marketing/2005/11/__89fb.html
杉村太蔵のブログが炎上している?

余談となるが、私は「究極の棚ぼた」で衆議院議員となった杉村太蔵に対して何の思いも持っていないが、自民党が杉村を「広告塔」として利用するやり口というのは、目に余るものがある。たぶん、裏で広報のプロが付いて色々仕掛けているのだろうが、ニートを集めたミーティングなどを開催して、杉村を「広告塔」にしてこうした無党派層の取り込みをはかるなどというような姑息なことを考えているのだろう。
杉村太蔵のブログというのがある。ニートを対象としたミーティングの告知以降、更新されていないが、見かけ上、トラックバックも受け付けているように見えるが、実際は、何度かトラックバックをかけてみればわかることだが、その機能はシャットダウンされていて記事をトラックバックすることができない。このことからわかるのは、2つの可能性である。

.法璽箸鮟犬瓩織漾璽謄ングのことがマスコミで流れた時点で、他のニートの怒りを買いネガティブな内容のトラックバックが殺到して、実質的に炎上した
⊃村を広告塔として使っている指南役が、トラックバックの内容を検閲している

ブログ検索などをしてみると、杉村太蔵に対してネガティブトーンが特に目立っているということもないので、実際は△硫椎柔が強いかと思うが、ブログをやる以上、最低限トラックバック機能をオープンにしておくのは当然のことだ。広報対策と称してコソコソ姑息なことをやっていると本当に炎上してしまいますよとだけ指南役に忠告しておこう。



http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/03/post_300.html
渋江譲二(あえて氏名)のパターンとも共通する。
もはやトレンドなのだろう。芸能人や政治家が背後のゴーストの指令どおりに書き、
テレビ番組やCM、映画にマンガも例外ではない。何もかも政治臭のする自演と裏工作にまみれている。




(以下、無用の捨て扱いになったテキストを放置)
まあ、結婚するとかいう話だから今更危ない橋を渡りたくないんだろうけど。それはとても大事なことだ。

明らかに政治的に家族と家庭を潰されて死ぬ思いの人間に向かって「気楽に明るく行きましょう。暗い奴とか見てて悲しくなる」
というように言いはなった男を忘れない。
そうした人間に「人生終わりだ」などと返答したゴーストライターの存在も。
本気本質の政治談議からは逃げ、パフォーマンスのニート会議のみに興じた男を忘れない。
こんなこと書いただけで翌日の尾行や遠隔暴力まがいが急増するようになってしまった島の事も。

「おまえニート問題どうとかで打って出たいんだろ。だったら厚労相になる布石は?、手始めに省への具体的打診の方策とか戦略の提案や詰めとかはどうした?どこにも書いてねえ」

ムネオに見習えと。いやまだ国議なんてもったいねえ。市議にでも見習えと。
むねおさんのあれだけの噛み付きは一流の経験と蓄積あればこそだ。でもあんな一流をいきなり参考にして真似できるわけがない。

いきなり衆院なんて頂点に入ったのがそもそも逆効果なんだ。続けるなら下を見習うしかねえよ。

永田さんを見ろ。まじめで一流学歴でも、切り口間違えただけで追い込まれてさ。おかしいだろ、おかしいって言えよ。
ただでさえ血気盛んで攻めるの好きな若手が今後も減るんだよ。だったらアナタ貴重な人になれよ。



(以下転載)
plaza.rakuten.co.jp/kazenotabibito/diary/200510060002/
 タイゾー君がヒラリーマンのままだったら恋人の妊娠・中絶の話題や筑波大学に6年間も在籍しながら単位はゼロ、前期も後期も無試験なんて誰も気にしないよ。学業成績がレベルマイナスでもな。

 けど、不幸なことに国会議員志願者だったやん。政治家の志もメザシもないのに「国会議員になりてぇ」と応募したタイゾー君がパッシングされるのは「全然気の毒ではありません」よ。

 タイゾー君が「ニートやフリーターの気持ちがだれよりもわかる」と若者の年金や就労問題に取り組む決意表明、立派だと世間は共感したかもね。

 けど、これも教育係りのおっさんのアイデアだったね。会見前日、教育係りのおっさんとスパゲティを食べに行ったでしょう。雑誌記者がタイゾー君を尾行。店内のふたりの会話が集音マイクを通じて録音され「君はいわば400万人のフリータと70万人のニートの代表なんだ」「君以上にフリーターやニートの気持がわかっている議員がいるか?」と教育係りのお説は、翌日のタイゾー君の言葉に化けていたから「全然立派ではありません!」

 そんなタイゾー君も否応ナシに憲法改正法案の賛否に関わるわけだ、何だか不安なのよ、おばはんの胸のうち。

投稿者 大尉 : 01:03 | コメント (1)

2006年03月13日

どっちもお粗末だが片方はうまい

CIAもお粗末に機密情報がネット上に漏れていた。つまり日本の警察や防衛庁と同等。
だがさすがは世界を牛耳るスパイ大国。決してベラベラ内情を漏らそうとはしない。
繰り返すが不祥事内容は同じ。事後対処に雲泥の差がある。

 【毎日 ワシントン和田浩明】米シカゴ・トリビューン紙は12日、同紙がインターネット経由で商用データベースなどを検索した結果、秘密工作員を含む米中央情報局(CIA)の職員2635人の氏名や自宅などの個人情報や、同局の秘密施設の場所が判明したと報じた。同紙はCIAの要請で公表は自粛しているが、
CIAも機密扱いの秘密工作員が含まれていることを認めている。ただ、CIAは機密扱いの人数を明らかにしていない。
CIAは事実関係を認めたうえで公表しないよう要請し「対策をとりつつある」と述べたが、「悪者を利することになる」と具体的には説明しなかったという。
CIA幹部は機密扱いの情報がネットで入手可能となっている理由について「うまい説明はできない」と話しているという。

つまりCIAなら「ウィニーが原因で」「私物PCが」なんて公表しないのだ。何のソフトに脆弱なのか、セキュリティポリシーがどう甘いのか、全部世界中にばれちゃうから。
ただし公開しないからには内々でバッチリ一流に対処できる必要はあるけれど。

海の孤島なのは現実だけである。インターネットでは世界中が陸続き、国境皆無なのだということを理解して欲しい。
二千年続いた島国根性の呑気さは通用しない。神風で情報流出は止められない。

投稿者 大尉 : 23:12 | コメント (0)

警察がWinnyによる一連の情報流出不祥事に関して…

警察がWinnyによる一連の情報流出不祥事に関して、私物パソコンを徹底槍玉に挙げている模様。

職員の家族までWinny使用を禁止するという。普通ならやりすぎとか本末転倒というのだろうけど、そこまでやる理由は確かに考えられる。
つまりお粗末な警察(官庁)のネットワークシステムや運用ポリシーに対し、早急な根本解決策をこうじられないことを示している。
何せこないだ流出させた岡山の巡査長は「ITセキュリティ管理者」だった…

やりすぎは初期だけにして、結局はネットワークシステムや運用ポリシー全体、つまり大本を見直すか一新するしかないのだけど。
末端をいくら縛り付けても抜本対策とはいえない。
大手企業なら私物PCなんてそもそも持ち込めない仕事にも使えない使わない、LANケーブルをつなぐこもと出来ない。そういうシステムやポリシーはそこらに普通にある。

警察署や本庁にまで家族のへたすれば小学生の子供が入り込んで業務のお手伝いする悪習があったとして。
お手伝いを禁止するんじゃなく、結局は施設内に入れないようにするのが常識的対策というものだろう。
(ちょっと苦しい例えか?)

警察官や自衛官だって不倫も強盗も出来る万能マシンだ。
でもやらないだろう。制服着たままパチンコやゲーム、まして万引きやらないだろう。
パソコンも同じ。公用PCは制服を着ているのだ。決められた必須作業だけをやる。
余計なソフト入れない、余計なことはさせない。決められた用途だけに使う。
私物が家族だとして、家に帰りだらだら電話やネットもする家族にぺろっと喋られちゃってもそりゃ道理というものだ。(ちっとはマシな例え?)

投稿者 大尉 : 19:06 | コメント (0)

2006年03月12日

つくる会にみる世情

つくる会(新しい歴史教科書をつくる会)をグーグル検索するとわかるように、最近流行の組織自演型、政治的他国思惑絡みなのが明白。
何の魅力もない見返りに参加している会員は多くが宗教がらみ。そうした会員達が家族ぐるみで教科書などを買いあさり実績をつくる。
実会員数は減っているという。

イデア(本質)を見ろと口をすっぱく言うのはそのためだ。私のブログのタイトルの下を良く見てほしい。
愛国とか改革とかいった”表題”ではなく、中身や”実態”をまず把握しないとね。

not only but also
中学生で学ぶことではないか。

投稿者 大尉 : 11:10 | コメント (0)

活動家

以下の意味では私の身辺、こういう工作の渦中であり、でもそれに収まってもいない感じ??
誰かが異常気象やらなにやらの張本人に仕立て上げられて、アニメオタクっぽい演出が欠かされない理由だったりして。
「多大な面倒が個人に集中するときは、必ず背後に黒幕の大きな組織が暗躍している」の法則。

別にオタクっぽくてもいいと思うし、活動家って外見気にしないの多そうじゃない?
中身だよな実績というか志というか。ネット弁慶とかどうでも良くない?よほど上に立てば事情は違ってくるだろうけど。
それにまともな外見の社会人は仕事に出てて中々でてこれないのもあるだろう。

(転載)
まさかとは思うけど、壷(2ch)で政治活動してる人って
キモい外見の人しかいないの?

… 06/03/11(土)16:59:32 No.37700805

ふたばのイベントもこんな連中ばっかりだったよ

… 06/03/11(土)17:05:20 No.37701020

あぁこれシナチョンの陰謀。
愛国を唱える輩はオタ臭くて胡散臭い連中という
刷り込み工作の一環だから。

投稿者 大尉 : 11:09 | コメント (0)

2006年03月11日

俳優もネットを通じて

俳優もネットを通じて組織暴力に取り込まれている(様に推測される)例。
ログを追っていけば判るけど、同じ例を何度か紹介してる。

http://akiba55.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/scribble/scribble.cgi
>taii:ネットは”仕切られ”ているから、取り込まれた人でないと持て囃されるなどありえないのよね。 03/11 18:00
>taii:ほぼ同時にいきなりふたばちゃんねるでスレッドたって盛大に同じ文体の自演レス付いたし。 03/11 17:48
http://www.2chan.net/

>taii:渋め、ちゃんと6行下への返答になってる記事を5分後にアップする辺りがとてもスパイチック 03/11 17:35
http://yaplog.jp/shibue-jouji/archive/277
>taii:下の歌舞伎、八百屋お七ね。 03/11 17:30
>taii:ああ渋がおひけえなすってどちらさんもどちらさんも、をやりやがった! 03/11 17:28
>taii:幻覚か事実かどっちが事実かなんて当人にはどうでも良い。というか下のは嘘記事らしいし。 03/11 16:34
>taii:コストで論じた場合、世界をシナリオで引っ掻き回すよりも個人に違う現実を見せたほうが安上がりだからね。 03/11 16:33
>taii:ここまで世界が自演的運命で満ちているのを見るとさすがに、無線で幻覚見せるのいい加減やめてくれといいたくもなる。 03/11 16:33
>taii:きょうのきっこのブログでの紹介だったんだけど、まんまガラスの仮面だね。男に会いたくて大江戸を放火で大火にしちゃう女の歌舞伎演目。 03/11 16:32
>taii:きょうは釘宮容疑者が高速道逆送容疑で逮捕されたらしい。シャナつながりかな 03/11 16:23

投稿者 大尉 : 23:49 | コメント (0)

Winny開発者の答弁

Winny開発者の答弁見てると、うまく逃げつつ正論も混ぜてるね。(「自作ポエム以外に使われるとは・・・」調の常套句。)
つまり開発側全体の立場を守りたかったり迷惑を最小限にしたかったり色々在るんだろう。
すでに多くの支持者に支えられてるわけだし。
軍需産業の庇護の中で開発できない日本独特の辛さとかもあるのかな。

投稿者 大尉 : 23:47 | コメント (0)

まだ最初の段階だからあれだけれども…

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/03/my.html
の続き。


以下の流れの中で、

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/03/my.html
http://sugimurataizo.net/2006/03/post_174.html

http://akiba55.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/scribble/scribble.cgi
>taii:所属する組織がリストラ推進派だもの。草の根に蹴落とされるような奴らも使うほうが万能に近くなるっちゅうことが言いたい。目安箱よ。 03/10 20:33
>taii:タイザーも繰り返し言ってる、若手をもっと使え育てろ、あれタイザーの姿勢じゃ中々実現にこぎつけないんじゃないかと。 03/10 20:31
>taii:でも良く考えろ、そればっか重宝されて右ならえだと、真ん中と左でぐちぐち言ってるキモいのがいた場合のメリットは皆無になるんだわ。 03/10 20:30
>taii:監視ルームとかヘルプの現場にああいうのよくいるけど、何も考えずハキハキシテる奴は容易に上がるんだよ。典型的な好青年タイプやな。 03/10 20:29
>taii:・・・マットゥーイと同じ49ersの愚痴なの。ホリエモンは47ersなの。 03/10 20:27
>taii:県庁の星も見れって感じだ。 03/10 20:26
>taii:タイザーも言われた通りの発言とは裏腹に、深い本音を腹に育てる器量が欲しいね。フォトショップ50レイヤーくらいの。 03/10 20:26
>taii:あかんべぇ一休、石の花。手塚治虫の弟子が書いた漫画だけどね。前者はまさにプリキュアだ。 03/10 20:23
>taii:ある意味私とタイザーがコンビ組むとプリキュアかも。それぞれ正反対のことがやれる。同じことはやれない。 03/10 20:20
>taii:結局は周りに合わせといたほうが得なんてのはガキの頃から皆わかってることだって。 03/10 20:17
>taii:ホントつまんねー人間になったな。議員になるまでとなってすぐがせいぜいだった。先生としてはどうか知らないけど。 03/10 20:17
>taii:謝れとか折れろとか言う言い方からしてね。 03/10 20:16
>taii:タイザー、ブログへのTBを記事で返してきやがった。さすがは永田町の一員だけはある。戦略が個人じゃないもんな。 03/10 20:16

http://sugimurataizo.net/2006/03/post_176.html
>いずれにしてもですね、口を開けばネガティブな言葉しか出てこない方々というのは、見ていて、聞いていて、実に悲しくなる。
こんな返答じみた記事を見て

ちょっと書きたくなったTB。

>一部の平和ボケのような方々には、日本だって他国と同じ陰謀めいた犠牲者だって少なからずいるということくらいは
>把握して欲しいものですがね。ダイアナさんの黒い悲劇じみたケースは海の向こうでもないと。

http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0603.html
http://www.geocities.jp/kasumin777/todoke.html

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/c/

>弟は実質殺され家族は重病だらけになった、家の周囲は暗殺と監視の工作員だらけだった、家庭は離散に追い込まれた、
>でも国がやったとか言うと大変だよ、用意された飴に黙って従えよ。
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/050305chizu.jpg
>なんて空気を知りもしないのは嫌だな。誰とは言いませんよ。
>えらい先生ほど、見ない振りしろとか言われるんでしょうけどね。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%9B%86%E5%9B%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
http://crime.bbs.thebbs.jp/1136511836/e100
http://crime.bbs.thebbs.jp/1139611000/

>杉村先生の元ご同僚の故・永岡先生は逆らったからああいう風になるよう誘導されたんじゃないですかね。(おそらくとしかいえませんが)
>なんで奥様がおっかなびっくり、主張を翻してまで立候補なさったのかを察していただきたい。
>しかも古河市は私の地元隣接地域だ。

>俺もわかり易すぎて色々困るタイプだが、先生はもっとかもしれません。いえ悪いとは言ってませんよ。



ぶしつけな言い方に率直で明るい方はびっくりしてしまっただけかもしれない。
でも相手はドロドロ国政の議員様だ。だからこっちはこっちでびっくりしてしまったのだ。

かように住み分け差別化は進められている。自衛隊員やトラック運転手や中古家電業者が苦労している理由の一端もここにある。
お菓子を食べればいいのだ我々は。

ちなみにウェブログ発祥の国ではお国柄もあり、TBもこういう使い方が一般的のようだ。
2chみたいな所がないので、個人個人が開設してはぶつかり合うのだろう。

単に日記の発展形になっているのは日本らしい傾向なのだろうか。
(巨大掲示板どっぷり議論好きの人種はそうでもないみたいだけど



(3/12追記)
以下の記事は肯定的。無論納得で済ませることもできるが、問題なのは彼は自民党所属の国会議員(しかも小泉寄り)ということだ。
自民は彼を生かしきれる懐を持っているのか、彼はフリーター担当のみで済むのかどうか。
同じ役割は目安箱に投書する一般市民でも出来ることだ。どうもレイヤーが低い。
人生相談がウケるのは当然だし、口当たりのいい事を語るのは政治家のセオリーでもある。

私はともすれば彼の同僚だったからこそ、幾人かの議員さんの姿を見てきたからこそ、辛口に行きたい。
それに政治に家庭や命を翻弄されてきたからね。
彼がパフォーマンス政治の駒だけで終わるのがいやなのだ。どうせなら今後、実力で首相になって欲しいではないか。
あのホリエモンだって盛んにビジネス相談に応じてたけど、いまどうなってる?



太蔵節相変わらず 「僕は三位一体の改革もわかりません」 (スポーツ報知)


 自民党の杉村太蔵衆院議員(26)が11日、奈良市の就職支援施設「ならジョブカフェ」を訪れ、就職活動や自分の仕事に悩みを抱える18〜36歳までの26人とのトークイベントに参加した。

 「僕は三位一体の改革もわかりません」と“タイゾー節”で登場し、参加者の緊張をほぐした太蔵議員。1時間半にわたって白熱したやりとりを展開した。就職活動中の男性(21)は「自分の経験もふまえて、一人ずつ親身になって答えてくれた」と感激。公務員の女性(25)も「私たちの仕事のことも、国会でちゃんと考えてくれているのがわかった」と大好評だった。

 懇談後「フリーターの気持ちを分かってあげられるのは480人いる衆議院議員のうち僕だけ。大きな使命を感じる」と、フリーター・ニート問題に取り組む姿勢を改めて示した。

投稿者 大尉 : 23:41 | コメント (0)

2006年03月10日

WINNYの問題性認識はどこかずれている

あれは匿名性の充実というのがどう見ても、盗品交換の眼くらましにいいという暗黙のふれこみだったわけで、
事実そういう認識で使っているユーザがほとんどだろう。ここは老人達の違法性認識がそんなに外れてもないし、
みせしめ逮捕といっても抑止に役立ってもいるのだろう。実にライブドアと似ている。

ただ、エクセルワードもウィニーも基本は同じ、「ウイルスに感染しなければ、ハッキングされなければ、問題ない」
自己防御だけが問われるべきだが、ここを老人達は認識できない。不慣れだから。
この論理でウィニーを情報流出の根源とするならば、マイクロソフトも訴える道理となろう。

警察や住生からウィニーで漏れたとしても、漏れない環境の現場はいくらでもある。
EXEがダウンロードできない、インストール出来ない。フロッピーもCDDも使えない。
実行してもポートがふさがれている。ウィニーを実行すると警告ウインドウが出て、サーバー管理者へ通知される。
自宅でも参考資料があれば作れる環境だ。公的機関で出来てないでは済まされない。

どっかサーバクライアントに各種ソフトウェアまで内包した統合環境売り込もうよ。ネットカフェや結城市の図書館でも導入してる程度の。
全国拠点支部まで行き渡ったら暴利だぜよ。
さらに監視システムや運用業務、内部IT人材の育成カリキュラムや内部人材のみでの保守体制の提案までおまけでつけたらそりゃもうすごいことに。
中枢で一元管理ならそれほど維持コストはかからない。自動監視で人的コストは減らせる。さほど業務は多くはないだろうし。
・・・稚拙な机上の空論ですがね。

でも実際、どこかでドカンと予算つぎ込んで中枢から末端まで統合的に環境構築しないとやばい。
あの現場の稚拙さはマジやばい。業務の部分の高度さとITの部分の素人さが実にこの上なくやばいハーモニー。
高度な政府機関ならば、高度なIT環境を当然のように使い倒すようであって欲しいわけです。


県警本部IT管理室にて
すずめ1@監視オペ「ふふ、あけぼの署のスズキ巡査がウィニーをダウンロードしようとしているよ」
すずめ2@監視オペ「ふふ、どうせインストールできないしポートはふさがれているのにね。上に報告書が行ったら上司はたまったものじゃないね」
すずめ1@監視オペ「ふふ、上司はその上の上司に怒られるね。たまったものじゃないね」
すずめ2@監視オペ「ふふ、その上の上司はその上の上の上司に怒られるね。怒られスパイラルだね」
すずめ1@監視オペ「まあどうせ僕らは職務遂行してお金もらえれば何でもいいけどね、どうせ派遣だし」
すずめ2@監視オペ「だね」

投稿者 大尉 : 10:25 | コメント (0)

おだゆうじの名台詞が思い出される

イラク派遣自衛隊員の自殺が相次いでいるという。
当然だ。というのも最前線たる米兵の場合はその殺伐とした地獄の効果を認識し、徹底したガス抜きを用意しているからだ。

彼らはクェートに社会復帰のためのケア施設を作っている。
マクドナルドやピザハット、テレビゲームやビリヤードやCDやショッピング。
母国へ帰還する前に一定期間、隔離された環境で母国の平和な暮らしの感覚を取り戻させ慣れさせる。休暇。
でないと衝動的殺人や自殺が絶えないと言う。やるかやられるかの環境で手負いの獣そのものの凶暴性が染み付いてしまうと。
傍らに死闘がある環境では溜まるストレスも尋常ではない。これは私の体験則でもあるが。

治安維持名目で組織尾行され社会隔離に追い込まれたニートもどきでさえニュースを見て知っている。
サムタイム、ニートイズアドバンスザンガバメント。

たぶん政府首脳は、サマワが安全だとか最後部とかいった文言だけを鵜呑みにしてろくなケアを思いつきもしてないのではないか。
こういう意味では、百戦錬磨のホワイトハウスではなく御めでたい先生方の集団が上にいる軍隊は可哀想だ。
だからこそ近年まで、常に非戦、対外不干渉を貫いてきて調度が良かった。今は過渡期の不幸といえる。


日本はどこへ向かうのか。
規制とかで外圧を跳ね返してきた弊害は内部の硬直や腐敗など大きかったが
開かれたら積極戦争オペレーション参加、テロと徹底抗戦(参戦表明)でも、極端すぎるというか。
元のまんまでいいところはいいはずだけど、万事にひとつの流れ、極端に進むのもこの日本の特性でもあった。

なーんていうと深刻だけど、自衛隊なのに戦場の空気を知らぬというのも本末転倒、
しかも後方支援、インフラ整備だけのお子様お手伝い状態だったのだし。(どっかの国の軍がブーイングしてたような)
経験として決して無駄ではない。ただ開始当初の不慣れにバタバタしてるのだ。

かつて高度な楽園を作ろうとした。
でもその発想に見合う経済成長は帰ってこない、人口も減っていく斜陽のフェーズである。
おざなりでよかった数々の矛盾も対処すべきときがきている。

お年寄りやマジョリティの意見だけでは立ち行かぬ。だが若いのやマイノリティは暴走しがち。
これも極端は御免。柔軟に話し合えばちょうど良い線引きが見えるはずだよ。
5時過ぎの国民会議というか。

投稿者 大尉 : 09:30 | コメント (0)

2006年03月05日

MYサイトのどこかから転載


たいい:今は明るくやんわり言わないと叩かれて潰されるじゃない。そうやって政治的に家族ごと潰されかかって火の車な今だからこそ、あえて根暗に人とは違う切り口で言いたい。 03/05 09:22
たいい:間違ってたり穿っててもあえて書くよ。 03/05 09:20
たいい:テレビを見たって映ってる彼ら(俳優、局アナなど)は成功者ばかりだから空気は伝わってこないけどね。 03/05 09:20
たいい:虚飾が高度になった現代の弊害やね。やることだけやる。 03/05 09:19
たいい:ちょっとバイトとか派遣とかいった「お前でなくても代わりはいる」に参加してもさ、こいつらについていこう、一緒に戦おう、とは微塵も気持ちがわかないのね。 03/05 09:18
たいい:そんなことを考えなくても大抵のところに落ち着けた初代団塊。今はその高い城壁ばかりが残る。崩そうとすれば潰される。 03/05 09:16
たいい:俺らの世代には少なかったが最新の世代になるほど強くなってるであろう密かな想い「先代はこんな世の中にしやがって」 03/05 09:15
たいい:誰でも自発的に食い扶持を確保できる世の中なら、いくら受身の若者といえどあぶれなどしませんよ。 03/05 09:13
たいい:結局、安定感ある職、もしくはパトロンシステムの充実による職以外の何かの積極的開発。その辺でしかケアできないんじゃ。 03/05 09:13
たいい:そこに彼が政治家になりきれてない、政治的影響力を持ちえてないもどかしさを感じるのであります。 03/05 09:11
たいい:できることがないのに、なんかやれよってそりゃ違うべ。出来ること増やしてから言えと。それが政治だろ。 03/05 09:11
たいい:極論で革命としましょうよ、今の若いのは革命が起こせない封殺感に無気力でいるしかないわけですよ。あまりに統治が完成されすぎて冗長性のある何かが出来にくいのね。 03/05 09:10
たいい:そういう視点から訴えないと、ただ周囲と同じく「ひきこもってるだけじゃ解決しない」では耳に届いても動く人は少ないんじゃ。 03/05 09:09
たいい:派遣社員だったというから、下手すりゃ自分も期間切れで暇になってヒッキーだったかもしれんわけだよね。 03/05 09:08
たいい:どこかホリエモンに似てるのね。あれを持ち上げた自民らしいというか。 03/05 09:02
たいい:なくてもどうにかなるのはよほどの大物だから誰でもわかる。でもタイゾーにはそれが欲しいと感じる。自動的に下に付く者は余計にそう感じはしまいか。 03/05 09:01
たいい:議員ってのは騙す腹黒いぐらいの器と、おきれいなスローガンの列挙というのがまずないと。 03/05 09:00
たいい:よく言えば素人が議員体験談を書いてるので親近感。悪く言えば仕事の話がほとんど書いてなくて、緊張したとかナントカばっかり。 03/05 08:59
たいい:しかしタイゾーのブログは酷いね。大半が惰性記事。これならまだ立川ひろとしのほうが良いよ。 03/05 08:57
たいい:これが民主だったらまた大いに中傷されてるだろうね。国会もすっかり2ch的下賎応酬に感染してしまったな。 03/05 08:45
たいい:特定のポーズのまま長時間滑走する技、編み出したドイツ人の名が冠されている。 03/05 08:44
たいい:しかし自民も結構隙が無い様で間が抜けている。イナ バウアーは背をそらす技ではないというよ。  03/05 08:43

sugimurataizo.net ni TB

タイザーは臆病者か傀儡だ。
誰のTBもちっとも掲載してない。
無論私のも。

だったら最初からブログの環境設定でTB無しにすればいいのに。

投稿者 大尉 : 09:03 | コメント (0) | トラックバック

電気用品安全法を廃止、せめて修正に追い込もう

いま膨大な家電ごみが発生している。
電気器具の車検、「電気用品安全法」によって。
2000年製品から貼られているPSEマークがないだけで、中古品は販売出来なくなる。

だから中古販売業界は廃棄処分に追われている。それはごみで街ができるような規模であることは想像に難くない。

PSEはメーカーに検査を丸投げしている。
しかも検査内容は、外観異常、漏電、通電、だけ。そんなもんラインで普通にやられてきたことだ。
しかもPSEが貼られてからも製品事故は減ってないという。

NHKで経済産業省のインタビューが出てた。いかにも広報担当という口は達者なロボットな人がでてた。
「メーカー丸投げですが…」
「じゃあ国がやれば確実なのか」(逆切れ)
…最近の国会みたいなディベート逃げ戦術である。

要は利権に過ぎない。マークに料金、違反に罰金。
中古業界がいまいましいメーカーのおだてもあったのだろう。

マータイさんにうえきの法則にムシキングの時代である。駄目なものは駄目出しし続けよう。

でなけりゃ、PSEマークを貼ってない霞ヶ関の官庁の建物や使用してる電気器具は古くて危険だから、
即刻取り壊して高層ビルにして耐震偽装や器具発火で大変なことになろうよ。
「業者に検査丸投げですが…」
「じゃあ国がやれば確実なのか」
そりゃそうだろ、お前らが使うんだから。命かかれば必死で検査するだろ。

…せめて車検並みの寛容さがないものか。旧来製品を車検と同じに検査してPSEマークを貼ればよい。
業者丸投げでいいらしいから、中古業者にやらせればいい。

…と思ったら基本はそうらしい。
ただ、経済産業省の宣伝報知が皆無に近く、業者は今まで知りもせず途方にくれている。
それと検査に必要な機材の導入コストがかかるし、不慣れでちゃんと検査できるかどぎまぎしてるという。
何より検査したらもう全責任を背負わなくてはいけない。何かあったときにメーカーに投げるわけには行かない。
それに大量納入の業者はとても全部分解検査する暇などないだろう。意外と現場に人は少ないのだから。

グーグル

(嘘ニュース)
電気用品安全法により大量に発生した電化ごみの再利用について、「公務員住宅建材再利用法」が今国会でスピード採決された。
これは特に経済産業省の職員の自宅や社宅の新築や改築の際、その建材に廃棄される電化製品を原形のまま使用することを義務付けるもの。
「構造材として強度に欠ける」「現実的ではない」などの反発も根強く、「これでは耐震偽装ではないか」との声も。
しかし首相答弁は「PSEで多大な廃棄物を出した以上、監督官庁が身をもって有効活用しなくてはならない」とのコメント。
まさに砂上の、いや電化上の楼閣か。(勇敢フジ)

トラック運輸業界(儲からない中で仕事も減り無理して忙しくなり)
諫早湾問題(メリットがよくわからない中で閉鎖したまま)
圏央道あきる野問題(必要性の微妙さと地元住民無視と)
九州新幹線の在来線経営を地元に押し付け(長野ほど儲かる余地がありませんが…)

この辺の庶民よりの改善くらい出来なくてどうするのか。
本当にロボコップみたいな国にするつもりなのか。

このままでは電気だけに雷が落ちまっせ?

あとはもう個人のボランティアみたいな形態がサポートするしかないよな。
営利性を書面上徹底排除してブツだけ流してヤフオクとかでさばく。
法の隙間というか。




(3/14追記)
PSEマークについて中古楽器などは簡素化されることになった。
中古業者への積極サポートも決まった。
個人業者集まっての民間草の根運動による真摯な訴えが功を奏した。

堰は切られた。あとはドバドバと。




根本はまだ駄目じゃん。

14日に示した緊急対策は、(1)漏電検査の無料代行または機器貸し出し(2)PSEマーク届け出書類の簡素化(3)ビンテージ楽器などを販売禁止対象外にすること、の3点。電安法では、リサイクル業者が漏電などの自主検査をして、経産省に届け出れば製品にPSEマークを付けて売ることができる。(1)と(2)は、中小零細業者が、新たな負担なしに中古品を販売できるようにする救済措置だ。

 だが、この措置には大きな問題が潜む。漏電以外の欠陥があってもマーク付きで売られてしまう懸念があるためで、経産省自ら「『マークが付いているから安全』とは言えない」と認める。

 規制対象外とするビンテージ楽器の条件も「希少価値があること」「現行製品で代替できないこと」などとあいまいだ。楽器販売大手の石橋楽器(東京)は「どこまでが認められるのか線引きが不明確で、基準がはっきりするまでは冒険できない」と話し、引き続きマークのない中古楽器は買い取らない方針だ。

投稿者 大尉 : 00:16 | コメント (0)

2006年03月03日

進めるべきでない争い

ほらな、一旦やりだしたら止まらなくなるんだって。応酬は際限なくなる。
集愚ならぬ選愚になっていくぞ。議場の質が落ちていく。議員も民衆もそれに慣れたら終わりだ。

内容は痴話喧嘩、子供の喧嘩。だから余計に。
中曽根政権あたりだったらこんなの意にも介さなかったんでは??


>(夕刊フジ)鳩山幹事長も同日昼の両院議員総会で、「(仲介者に)何らかの法的措置を考えなければいけない」と述べたうえで、連日、テレビ番組に出演して一連の問題について解説している自民党の平沢勝栄衆院議員に対して、「平沢氏が『永田氏から(仲介者側に)カネが渡っていた』と誹謗(ひぼう)中傷している」と指摘、法的措置を検討する考えを示した。
>(共同)衆院本会議場では昨日、武部勤幹事長の周りが逆イナバウアー状態だった」 自民党の中川秀直政調会長は3日夜、福島市での会合で、民主党の前原誠司代表や永田寿康衆院議員らが2日に「送金指示」メール問題をめぐり、武部氏の議席に歩み寄り相次ぎ謝罪したことを皮肉った。

「TVタックル質疑」という時間を設けたらどうだろう。できればアフター5に。
本題の質疑や議事と違う突き合いはこちらで。ネット掲示板の隔離板と一緒ね。
痴話喧嘩質疑なら何も辞職させなくても、となる。貴重な代議士を失わなくて済む。

投稿者 大尉 : 22:06 | コメント (0)

2006年03月01日

イルカ座礁

またイルカが集団で打ち上げられたけれど。
人間や動植物や運命までもが、悪魔じみた存在にまるで玩具のように、異常になるように操られてしまっている現状では、
イルカやクジラも例外ではないんだろうか。


http://irukakujira.com/theDolphin_01.htm
普段傷を負ったり、体力の低下したイルカたちは、波が穏やかで呼吸がしやすく、外敵のくる心配の少ない浅瀬などで傷を癒す行動が見掛けられるようです。
実際にマダライルカの救助時に、私も体験しましたが、彼らは自殺しようとすることがあります。
私には、彼らの集団でのストランディングが「イルカ、クジラたちが私たち人間に何かを伝えるための手段(自殺)」に思えてなりません。

NHKは水族館職員の意見として「リーダーが進路を間違えたか、浅瀬でソナーがうまく使えなくなった」
などというが意見は結構ばらばららしい。

座礁の理由として、小松氏は、(1)クジラは不連続の音波を発信し、障害物がなく
音波が跳ね返ってこない場合、まだ海洋だと勘違いして座礁する(2)音波を感知する
耳に寄生虫が付くと方向感覚が狂う(3)増え過ぎた鯨種は自然の摂理で間引こうと
する(4)海洋汚染の影響−の4点を挙げる。

 しかし、沼津の場合、汚染度の低い日本近海のうえ、座礁が生後間もない
体長3メートルほどの子クジラ1頭だったため、「基本的にはクジラの増え過ぎが
背景にある」と断言。

http://www.gem.hi-ho.ne.jp/aquaheart/abouts10.shtml
ストランディング
 生きている状態での座礁をストランデングと呼びます。ヒゲクジラに関しては99%死んでからの漂着となり、デッドストランディングと呼んでいます。また、沿岸に住むイルカやシャチなどは「浅瀬」に対して慣れているせいも有り座礁例は殆ど無いと言って良いでしょう。座礁するのは遠洋に住む歯クジラが殆どですが、原因の幾つかに「地磁気の誤認」「嵐や台風」「その他外的要因によるパニック」「脳に住む寄生虫」などがあげられます。一部の研究で歯クジラの脳から「磁性体」が検出され、「地磁気」と「海岸線」との関係が座礁を起こさせるというのが有力説。恐らくストランディングはこの地磁気説と他の要因が絡んで起きているのではないかと推測します。この場合リーダー格の個体がストランディングすると連られて仲間が次々と座礁、又は仲間を慕う為側を離れずにやはりこれらも次々と座礁してしまう様です。もう一つの特殊な理由の一つに「波打ち際ではエコロケーション(音響測位)が撹乱してしまう」事が考えられます。これは波打ち際の泡が歯クジラの音波を撹乱/相殺してしまい、陸地を識別出来なくなるのではないかと考えています。
 ※一部の学者さんは「自殺」という説を発表しています。これはウイルスなどの感染症の拡大を防ぐ等、外的もしくは内的な絶望感からくる集団自殺ということです。確かに高等な生物かも知れませんが、個人的には納得していません。何故なら彼らは自分以外の命をも守ろうとさえします。それに自然の生き物が途中で諦めるとは到底思えないからです。

絢爛舞踏祭のイルカにでも聞いてみるしかないなあ。

投稿者 大尉 : 15:05 | コメント (0)

2006年02月24日

日々戦い 人は癌か

機嫌直せよ、と誰かが囁いた。
冗談じゃねえ、と返した。国策で精神病捏造され封殺されようというこのタイミングに。
複数勢力とか内紛とかは可能性でしかなく実感が無い。

たぶん同じ奴が聞いてきた。
今見えている風景のどの辺が今の日本だ、と。
元荒川、土手。しばし考え、すべてが日本だと答えた。
淀んだ水。なんだかくたびれた土手の草木に土石。
誰が感性を傾けても上流の自然の活気とは違うとわかる。だが誰も気付くことも出来なくなってしまった。
皆考えているのは働くことと家計のことだけ。

人類がガン化しているとは古い例えだが確かにずんずんそうなるべく突き進んでいるようだ。
悲鳴を上げる母体を無視して滅亡まで至る病。正しい制御を失った細胞の終わりなき暴走。
だががん細胞に出来ないことが人には出来る。それは徐々にガンであることをやめる努力。

まあでもどうかな。人類はラジコン電波で操られ運命の流れに抗えず現状に至っている、と種明かしされてしまったから。
誰かがやめようと声を上げると、操られしラジコン大衆や作為的運命がよってたかって潰しにくる。こりゃ駄目だろうと結論したくもなる。

ちなみに、昔は重労働が多かった中で死因にガンは多くなかったらしい。血行関連、内臓疲弊によるもの等。
食料と医療の充実で長時間酷使が容易になると、今度は免疫力不足で毎日生まれるがん細胞をやっつけきれなくなり、ということらしい。
人類ががん細胞化しているのは人がガンにかかりやすいからなのだ、ナンチテ。人がガンで逝って泣いたのは逸見さんが最後だった気がする。

投稿者 大尉 : 21:38 | コメント (0)

2006年02月22日

仮面ライダーPD白倉氏のブログ分析、続き。

仮面ライダーPD白倉氏のブログ分析、続き。

こちらが外へ追い出され寒い思いをしていると、冬場のロケでスタッフが寒い思いを、などと。
メールを出すようになり会って話せませんかと出すと、その返答みたいな記事、一期一会。
で、いきなり政治的匂わせになり普及しているブラウザの話になる。
マイノリティだけに通じても仕方がないとか、古くて通じなかったとか。
ヒビキバッシングと一般的には思われているが。

次はマックの話になって、マックの独創的な社長が吸収合併で生き残るには、なんて風に。
最悪のシナリオだの、生き残るには現体制に不平を言ってはならん、だの。
最新は右の話。画像表示に関しながらもそういう話にもつれ込んでいる。

以前から回りくどい例え話が巧みだと巷の評判だ。喧嘩上等、などと現場を追われたり復帰したことについても感情をあらわにしている。私はなんとなくその辺の事情を間接的ではあるがリアルタイムに感じとっていた。そういう意味で敵視されているか、されてなくても政治的介入で個人を逸脱した記事を書かざるをえなくなっているか。

この意味では仮面ライダーイブキ役の渋江譲二ブログも似たようなものだ。プロの文章サクラが考え付くような、見慣れた中傷ネタが多い。キリンが気に入らないとか、ねずみ男に目玉の親父もいるよとか、ドラクエのボスの死に際の話とか、「秘話」とか、思考を盗聴してないとわからないネタとか。

番組内容、そして製作者や役者などの公人。公である時点で個人のみの物書きは難しくなっているのかもしれない。カブトも設定からして変だ。もっと無難にいいものが用意できたはずなのに、強引にああなったという痕跡。幸いグッズ売れ行きは悪くないみたいだけど。

アニメ「ソルティレイ」は突拍子無く不可解な死人が出たり、ラジオのほうは銃声だの解剖だの一気に雰囲気が悪くなったり。「アクエリオン」の時と同じだ。
政治臭は時により光陰の違いがくっきり出る。時には徹底して爽快な介入がある。どのみち最近になって一気にこういうケースが急増したのは事実。

(2/24追記)
渋江ブログ(に指示を出す人?)のスタンスは変わらない。
消防車が家の前の消火栓を点検に来た2時間後にはブログに消火栓の記事。
位置が高いとくどいのは、あちらのトラックバックしたからだろう。目立ってるとかうざったいとか言いたいわけだ。
帽子コレクションで嘘というのはこちらを虚勢と責めたいわけで、これも組織ストーカー活動の加害集団の定番文句。

このやり口は中世や近世ファシズムの尋問である。発端では”全くそうでない”ことを集団でネチネチ浴びせ続けることで”そうである”ことにしてしまう。
白いカラスを生む暴力的錬金術。裸の王様崇拝体制。

社会全体が変な熱病的洗脳に侵されている。放送業界も公的機関でさえも、なぜかみなこれに現場を押さえられ従っている。
無理強いというよりは肯定的に従う催眠状態の人が多い。渋江自身が政治団体とか公的機関の家系でない限り、これも操られた駒だろう。
狙われた学園、漫画版デビルマンの景色がそこにある。
この記事に危機を覚える人は狙われる可能性を有する。覚めた目で流せる人はもう催眠状態の駒なのだろう。


02年ごろの熱病の内容は「とにかく変わらなきゃ、選民して選外は追放しなきゃ」というものだった。
いかにもかかり始め、極端で非人間的な、浮かれ方が半端じゃなかった。
その後浮沈変転を繰り返し(無線による洗脳電波が何かの事情で絶えず変わっているのか)

最近は落ち着いてきたものがまた極端に戻り始めている感じ。
日によっても洗脳が強化され人々の行動が極端になる日というのがある。そういう強化だろう。
魔法使いじみた連中の天下。大衆は魔女狩りに嬉々と黙々と加担している。


熱病に積極加担する人は自分をネオコンだといったりもする。
証拠第一主義である。自分達のやってる無線的な悪事(偽善的世直し)は立証しにくいからだ。
英知も資金力組織力も持ち合わせている。いちいち理屈で攻めていたら何も出来なくなる。

投稿者 大尉 : 00:13 | コメント (0)

2006年02月17日

私はこういうことを言う為に無理して生き抜いている

きょうの、母親による幼児殺害事件の報道で思った。やはりここまできては隠し通してばかりではいけないと。
政府レベルは知らぬはずが無い。私がこの数年間、酷い追い込まれ方をしてから悟り告発してきたことを。
池袋通り魔事件と同じ、ある種の人為で仕組まれた必然の結果。

空気のようにどこにでも蔓延している、人に憑依する邪念。人を操る存在。
聖書の悪魔のように、絶えず人の内面を汚し、憎しみや猜疑心の虜にしようとする、精神生命体な存在。

自然発生もあれば、謀略のために魔術的に人為で使われていることもあるだろう。
私の被害は後者っぽい。一方的に異端審問をしては社会的抹殺、物理的抹殺へ持っていくためにこのような罠に嵌めるのだろう。

多少のパニックも仕方ない。伝達の手順はプロが考えれば良い。
なんとか具体的に国民にその存在を知らせるべきではないか。対処法も具体的に。
互いを信用し、互いに心安らかにしているしかないのだ。

警戒したり怪訝にしていれば、悪魔の思う壺。彼らは些細な争いを仕組んでは大事へもっていくプロセスを好む。
昔のほうがよかった、というのはそういう点だ。

繰り返す。人を信用せず警戒するばかりの社会作りはするだけ無駄、肌で感じる安全の維持が難しくなるばかりだ。

投稿者 大尉 : 16:24 | コメント (0)

2006年02月16日

転載 私の言いたい事が詰まっている

この国の今が凝縮されたこの一件。
天下取りにがんばるのもいいが、むしろ双方が知恵を出し合って切り抜ける大事が他にあるのではないか。
坂本竜馬は今こそ必要なのかも。ミンミン連立の意味はそこにある。


日航の内紛、社内に波紋 乗客は「安全に集中を」 (共同通信)

 日航グループの役員4人が50人分の署名を携え新町敏行社長ら経営トップ3人の退陣を迫った内紛劇は16日までに、社内に大きな波紋を広げた。利用者や専門家からは「安全に集中を」との声も上がっている。

 日航社内では、これまで一人も社長を出していない運航部門トップの岸田清・日航インターナショナル常務(パイロット出身)が4人のうちの1人だったことが反響を呼んだ。「ついに運航からトップを出すチャンス」と同調の声も多いという。

 しかし同部門のベテラン社員は「あれだけトラブルが続き社員が一枚岩にならなければいけない時に、社を二分するようなことを運航の人間がするのはいかがなものか」と苦言も。

投稿者 大尉 : 21:55 | コメント (0)

2006年02月13日

自分のことばかり考えるな、と言われると・・・

自分のことばかり考えるな、と言われるとそうだな、と思う。

だが同じ人物が、じゃあお前は自分勝手なことをしたんだから死ねよ、とか
日本のために死んでくれ、とか言い出すと
ああなんだこいつらも自分勝手じゃないか、と理解する。むしろこちらよりも他人を無力化する積極性、もっと悪質じゃないかと。

本当の善人とは、とかいちいち考えないといけない時代。


私を虚実ない交ぜに誹謗中傷、悪人として触れ回る連中は特定の集団だけだ。少なくとも一般個人には見られない。
実にきな臭い。

投稿者 大尉 : 16:39 | コメント (0)

2006年02月11日

例え話でしか意思伝達できない完璧社会人たちへ

私は例え巨大な組織力や、神の荒業を持ち出されたところで嘘の自白はしないだろう。
北風は吹かすだけ無駄である。あのうすいませんがと切り出しもせず心臓を弱らすような威圧が先に来るのは本末転倒、逆効果。
知らぬことが多すぎるから数年の体験記で同じ問いを発し続けた。

なぜ本当に何か聞きたかったら、対面で心を通じ合わせようとしなかったのだろう。
そうされて困る悪魔の心を持つ自作自演集団に踊らされすぎなのではないのか、私も大衆も。
頭領でないものに頭領の知識を要求する無駄。それは仕組まれた虚構。

個人情報などを除いたほぼ全ては体験記他にすべて書いた。だって危機感の元に報道性を重視したのだから。
それ以上何もない。なのに誰もそれに目を通さない理解しない。初歩で躓いている。
今や毎日の拷問で体は衰弱し生ける屍だ。社会にでられないように国家的監視と邪魔立てが完備されている。いつ本当に死んでも大差はない。

聞きたければ頭を下げに来い。公安やその手下が世の中甘くないだの死ぬのを待ってるなどと脅してるうちは何の進展もない。
まあ丁寧といっても上述の通りで、あとはわかりやすく理解するための手順を手取り足取り教えてあげるとかそんな程度か。

お前は日本に不要、日本人じゃないとまで匂わされた。もはやこの国がどうなろうが知ったこっちゃない。

03年に襲撃されたアパートの隣人は英語教師の外人だったしたまに狂気じみた大騒ぎをした。話に聞けばこの手の講師にCIAが多いという。
反米なネット投稿程度でもCIA絡みになるのかもしれないし、公安などぺこぺこでないとは限らない。
事実この3年間、白人の尾行も少なからずあったりもした。

矛盾の男は誰のマリオネッテだろう。

(備考)
僕の頭脳(五感)をたえず覗き見できるじょーじじょーじが
さっき七味せんべい食っただろうと脅迫しているかどうかを妄想するための
テスト的TB発信も兼ねた記事。
レシートなくしたけど記録は711蓮田江ヶ崎店に残っているはず。16時台の買い物。

俺の頭脳はハッキング天国。誰の考えやデータが飛び交っているかわからない。
どうもそういう本人すら聞こえず自覚していない「囮情報」を
本人の意思だと理解して食って掛かってくる人々が多いように思う。
(ちなみにそういう技術は公安やその系統の政治団体や探偵とかが諜報用途に使いまわしてるみたい)

毎日が死人みたいで明日死んでも一緒。保身する意味もなく。
立場も家族も何もない。守るために嘘を言う必要もない。
おまえらみたいに嘘つかなきゃいけんような人じゃないのよ。

それでも何の理由をこじつけて俺が積極的に嘘を言ってることにしたいのかな、と。
いや本当に知りたいよじゃないと死に際まで悔いになるから。

俺には他人頭脳盗聴ソフトは入ってない。そういうGUIのもたらすものは知りようがない。
でも、嘘を教え込まれた奴の挙動はたくさん見たから知ってる。こっちがちんぷんかんぷんなことをまくし立てたり睨んでくるさ。
・・・対話に持ち込めばいいのにな。

(以上、偶然の一致の連続に疑心暗鬼になっただけかもしれない人のたわ言)
(もっともその”偶然”も、運命操作という技術で多彩に盛んに操られてますが)


つまり以下の文章を書いた後に
じょーじがそれじゃあこれでどうだと反撃してきたように見えたという試験。
じょーじは鬼だ。いや鬼だけどさ。
http://akiba55.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/scribble/scribble.cgi
taii:世の多数がそれに該当するか、そいつらに操られちゃってる。もう怒る気力もない。間違いが標準に伸し上った。 02/11 20:21
taii:そうやってたくさん殺すがいい。俺の弟を心不全にしたように。俺を心不全や自殺に追い込むように。さぞやキレイな国ができるだろう。ホワイトサンダーさんたちよ。 02/11 20:20
taii:彼らには規格外を抹殺する確固たる自信がある。人を人とも思ってなくても、拷問の鋸に自ら手をかけても、絶対自分達新人類は正しいのです。 02/11 20:18
taii:まあいいんだ。そういうすばらしいホワイト教団たちがすばらしい日本を作ってくれます。 02/11 20:18
taii:きょう何を作って食べたかわかるんかい。なんと言う名前のスーパーで何を買った。そいつらは答えられまい。 02/11 20:17
taii:だがそういう人々に限って、あれこれスパイみたいに口で聞きだそうとする。インチキじゃん。 02/11 20:16
taii:世の中には先進人類、テレパシーを通じて貴方のことは何でもわかっているという態度をとる人々が居ります。 02/11 20:16

投稿者 大尉 : 21:44 | コメント (0)

辛気臭いったら

http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/yoroku/news/20060211ddm001070017000c.html
http://amaki.cc/bn/Fx.exe?Parm=ns0040!NSColumnT&Init=CALL&SYSKEY=0190

双方は全くの偶然だろうか。微妙な気がする。

投稿者 大尉 : 20:36 | コメント (0)

2006年02月07日

ここの所の事件や不祥事

東横インに思うこと。
西武グループ、そしてこれ。
独裁は絶対悪、というみせしめとして長年かけて誘導されたように見える。
地球上に独裁は存在し得ないのだ、みたいな西欧的発想による回りくどい潰し方と言うか。

真実は独裁は潰れるように仕組まれ(時に組織工作が入り)、どうがんばってもまずうまくいかない、だろう。共産体制がそうされたように。
どこかに絶対作用を有する世界シナリオが存在している。有史以来、というくらいに古来からおそらくそれはある。

隣接地、久喜白岡で2chに犯行予告した大学生が逮捕された。小学校襲撃とかいったトレンドな。

私も見る人から見れば単純で子供っぽいかもしれない。でも最近の大学生高校生あたりのこうした犯行は余りに単純過ぎる。
四角か六角の分布図表における「子供っぽい」の分布位置がまるで違う。
思考回路が介在してないんじゃないかとさえ思える。短絡性が過ぎる。得てして熟慮が過ぎる私のようなタイプとは対照的。
…どうせなら素性明かしたマイブログでやればいいのに。そうした大胆な度胸は持ってないんだよな世間に溶け込んだ若いのは。
数年前の神奈川で送電線の鉄塔登って占拠して垂れ幕下げた学生が居たけど、ああいうのはほぼ壊滅的か。

でもそういう罠の張り方をするネット掲示板は嫌いだ。結構まじめな奴でも引き込まれていく様はむしろ、犯罪助長でもある。
犯罪集約の意味もあるとはいえ、功罪のバランスが微妙。
むしろユーザを無理なく健全化して犯罪の自然減少を狙うのが筋だと思うのは古さではあるまい。

陰の掲示板は旺盛にある。
陽の掲示板とかそういうのがないんだよね。心洗われたり癒されるような。陰のおまけみたいになってる。

仮面ライダーファイズだったら、顔に水かけるのは単に喧嘩吹っかけるだけのネガなトレンディドラマだったろう。
仮面ライダーカブトの場合はどこかサラリーマン金太郎、道義優先のスカッとした部分がある。
…みたいな?

そんなだからオヤジガリみたいのはあっても、義士っぽい人助けチームは自発的には出てこないでガーディアンエンジェルになる。

投稿者 大尉 : 19:19 | コメント (0)

2004年03月30日

絶対冤罪だろうこれは

仙台・筋弛緩剤混入事件。

検察や警察が結託し、なんでも都合よく解釈して、
捏造すれすれの証拠固めをするのはもはや、常套手段といっていい。
これは、検挙ビジネスが成立しているからだ。

件数を挙げろという命令。
このために、
「どうせ多くの国民がいるんだから、少々不審な奴は冤罪すれすれで成績のために罪にしてもかまわん。」
という風潮が出来上がっている。

ただでさえ、別件逮捕など、角が立つ人間には冤罪や
しつこいマークを欠かさない組織のやることだ。

私とて、現在見えない攻撃の件で工作員に張り付かれているが
その中には公安警察や自衛隊も大きくかかわっている。

我々国民は、言いがかりをつけられて罪人にされるために存在しているとも言える。
交通反則切符から大掛かりな冤罪、ストーキングによる不可視の波動攻撃にいたるまで。

ここの所の政局的な流れは、警察や自衛隊の権力拡大、
ともすれば暴走へと繋がる危険性をはらんでいる。

因果律を操作して、自分たちの都合のいいように運命を組む連中と
結託している気配もあるから、さらに厄介といえる。

まずは警察機関を疑え、次に防衛機関、といったところか。
たった今も攻撃で苦しんでいる被害者の、シックスセンスがそう警告している。

また、今回の裁判の流れは、身内をかばう悪い風潮も絡んでいる。
裁判所が、検察が捏造した内容を決定付けてしまうためのスピード進行に
協力しているということだ。

こと、最近の警察や検察、司法関係というのは
実態を知れば知るほど空しく、物悲しくなってくる。

中国のように路上で公然と賄賂を要求されるよりはまし、ととれなくもないが
比較論ではなく、こういう機関こそが極めて健康的に正常機能していてほしいものだと
誰もが思っているだろうに。

投稿者 大尉 : 12:04 | コメント (0)

2004年03月28日

お金の価値

月収30万以内の給料取りの、普通の暮らしだからこそ、
受け取ってしまう。

無一文で先行きを絶たれたからこそ、
受け取る気にならない。

今日はお金というものについて、そういう再確認というか、勉強をした。

歩道から車道から、契約書まみれだった。
先へ進むほど紙だらけで、最後にはビジネスバッグが落ちていた。

金もいっぱい入っていた。保険屋さんらしい。
あせった。
銀行券は紙にしか見えなかったが、これを手付かずとわかる状態で引き渡さなくては。
警察か、持ち主に。
110番か。でも携帯電話ないし、公衆電話もない。

あれこれ考えながら、連絡先が書いてあるものが無いか中身をあさっていると、
白いセダンがやってきて、パンチ男さんが。
落とし主らしい。

何よりまずバッグを渡し、紙切れを拾ってやる。
あとは、逃げるように立ち去った。
諭吉一枚握らせようとしたけど、挨拶だけして逃げおおせた。

私の日ごろの加害者は、因果を自由に組める、神業の持ち主だ。

この男が、バッグを落とすように仕向けたのかも知れない。
だとすればむしろ、彼は被害者ではないか。

私の身の回りに厄災を起こされる。犠牲者の数も馬鹿にはならない。
(件数は増加せず、一般の事故としてしか見えないのだけども)
そういう意味で、あらゆる人に対して引け目も持って無くはない。

否、彼も公安とかそのへんの要員で、単に生活資金の補充を
させたかっただけかも知れない。

こんなことが発想できてしまう私には、余計にこの一件を金絡みにすることはできなかった。

都内で普通に暮らしていたら、小遣いの足しにもらっていただろう。
バイクのオイル代か、電化製品の資金か。

しかし今は、先がない。
あきらめて死ぬか、
生き続けるしろ、収入を持てずに衣食住を他者に頼り、
見えない攻撃や付きまといを受け続けるか。

要は普通の暮らしや将来がありえないのに、はした金なぞもらっても意味は薄い。

ただでさえ、
私だけ助かったとて(被害がぴたっと収まったとて)、意味などないのだ。
私のシックスセンスが、この世界の空気が平穏になったと
私に安堵感をもたらしてくれない限りは。
被害をもたらす存在が皆無になるか、極めて弱体化しない限りは。

とにもかくにも、
紙を拾い集めることで運動になり、
偽善を通したことで精神衛生にも改善が見られた。
それだけでも、全然よかった。

まあ、ネガティブを見れば、
それだけ今の私にとって、死など
死に方の面倒や苦痛程度を考慮する程度の価値でしかない
ということなのだけど。

苦痛に満ちた死に方をするほどの事をした覚えが無いし、
説得力のある通告を正式にされたことも無い。
だから、楽な死に方で、身体を損壊させないですむ方法がいい。
ただそれだけのこと。

生と死が等価値。
だから、多少生き長らえる金など、何の意味があるだろうか、
いやない。(反語)

そういや、古文漢文だけなら東大ももしやだったなあ、と思い出した。
この辺の進路面とかも、すでに周囲の人間を操られて
進学不可能なように誘導されていった可能性が
このところ思い起こしながら客観分析するにつれ、高いことがわかる。

私が私という人間である限り、こうした見えない不幸誘導は続く。
(現に30年間続いた)
魂が基準ならば、次の人生(転生後)も同じような仕打ちを受けるかもしれない。
だから正直、もう二度とこの世に生を受けたくない。

【まとめ】

結局、大変なのはこれからを普通の社会人や学生として
生きていかなくてはいけない人たちなのだ。
(私など、渦中に巻き込まれたとはいえ、すでに人生を投げた人間だ。)

洗脳され、時に体を操られて工作活動を強要されるか無自覚に行わされ
要は、見えない力をもって世界支配をもくろむ連中に、時に利用され、
時に苦しめられなくてはいけない。

地位財産、家族親戚、知人友人。
何より、命。
そして、幸福や不幸。

すべてを気ままに操れる、子供のような悪の支配者。
マンガのようでも実在するこやつに振り回されるのが、
これからのこの世界であり、そこに住む生物たちなのだ。

どうしたほうがいいとか、とても一概には言えない。
ただ、二つの生き方があるだろう。

無茶を飲んで、悪に従って生きるか。(西部劇のように)
どこまでも孤立孤独、周囲に不幸や災難が満ちようとも抗って見せるか。(ちょっとターミネーター2)

投稿者 大尉 : 12:06 | コメント (0)

2004年03月27日

アケボノ

2003年大晦日に秒殺された、元横綱・曙。
K1グランプリで、武蔵と2度目のK1に望んだ。

見ていて思うのは、K1スタイルの格闘、もっと言えばリングファイトに慣れていないこと。
せっかくの、小柄の武蔵の打撃が全く効かないほどの分厚い脂肪の鎧が、
生かされていない。じっとしていることが多い。

そして、同様の理由から、決め手を持っていない。
どんな技で攻め込むか悩んで、攻めていけないように見えた。

たまにヒットする打撃は、ものすごい。
100キロの武蔵が吹っ飛んでいる。
ウェイトだけで見れば、この二人が戦うこと自体がアンフェアだ。

相撲は殴れず蹴れず、ひざをつかせるか土俵の外へ押し出すか。
この特殊な競技の出身である以上、
ボクシングやプロレスなどのリング系格闘技の場数を踏んで、
ルールやフローを学ぶしかないような気もする。

とは言ったものの、今回は前回のボブサップ戦と違って見ごたえがあった。
次は厳しいかもしれないが、それ以降は勝てる選手になるんじゃないだろうか。

投稿者 大尉 : 12:13 | コメント (0)

出版業界への弾圧

不況と活字の電子化で、出版が伸び悩み、これに乗じて
出版系報道誌に圧力がかかっている傾向。
こう、マスコミ自身が分析している。

文芸春秋、そして噂の真相。
こうした雑誌は芸能人などの過剰スクープ傾向もあったが、
政界の暗部に突っ込んだ功績もあるという。
なるほどな、と思った。

私が、政治の世界も絡んで
嫌がらせや不可視的攻撃、苦痛の大きい洗脳を受け続けている中で
しかもこうした流れがメジャー化している中で、
さらに出版系がこのようなありさま。

まったくこのままで、世界はどうなってしまうんだと。

間違いなく言える事は、一見高みから加害者として笑ったり
見ない振りしていても、利用される側である可能性が否定できないこと。
洗脳され、本来悪魔の所業とされることを、正当化するように仕向けられていること。

とりあえず、私のような者でも納得できる平穏な世界になってくれよと。
左脳的明晰さはそれほどでもないが、
直感的、霊感的な世界の雰囲気の感じ取り方なら、多少は当てになるから。

投稿者 大尉 : 12:12 | コメント (0)

2004年03月22日

国民年金

CMの江角マキコが、年金保険料未払い者だったという話。
これ、実にいいことだ。
それだけこの制度が、払って当然というほどには頼られていない証なのだから。

昨日もNHKスペシャルがこの特集だったけど、
日本の場合はもはや、高度成長期からバブルまでなんとか続いてきたシステムでは
国家経営が立ち行かないのだろう。
年金に限らず、もっと行政システム全体的にリストラクチャ(減らすという意味ではありませんよ念のため)していかないといずれは無意味に等しいということだ。

仮に、年金保険料が半額になり、受給資格は今までどおりなら状況は良くなるか。
きっと、それほど効果はあがらないだろう。
魅力と合理性と透明性。たったみっつでも評判は上がりはしまいか。

【私にとっての年金】

私は不器用でひ弱で無愛想だから、世に出てずっとフリーターじみた身分で完全自活し、
ついには正体不明の組織的集団に半殺しにされて実家に追いやられた。
それまで全く親族と連絡すらとらず生活したが、年金なんて念頭になかった。
一時はちゃんと、「払えません届」を出していたけど。

まったく一人で生計を立ててみるとよくわかる。
若者の余裕のなさ、夢のなさが。

実家とか、親にたよれる者勝ち。保証人制度が、それに追い討ちをかける。
おかげで一人暮らししてしばらくは、寮伝いしか考えられないほどだった。

これは前述のとおり、個人の特質も多分に影響している。
しかし、諸外国で伝え聞くような一人身での社会へのチャレンジは、日本においては成立しないんじゃないかと思えるくらいだ。
特別な才能や魅力やバックがあれば別だけど、一般人にとっては。

はたして、当たり前に月25万総額で支給されるとして
賞与が年額50万だとして、
若者一人が完全に一人暮らし出来るものだろうか。
この答えが、親元に頼る悪癖がついた日本の若者を生み出している。

もっと、個人が完全に経済的自立できる社会構造にしなくては、たくましい国民(国)はなかなか育たない。
多くが誘導のまま逃げの姿勢に入り、フリーターになってしまう。

フリーターなどの待機的社会人が減れば、人材も育ち、健全な生産社会になる。
だが工業生産は悉く海外へ。けっこう人手が要る農業はまだ効率的経営改善や商品開発が目立たない。

まだやってないこと、やれば劇的に良くなること、たくさんありまっせ。

投稿者 大尉 : 13:04 | コメント (0)