×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2004年03月21日 | メイン | 2004年03月28日 »

2004年03月24日

国内でも常態化している、被害者活動への潜入

オウム真理教も構成員の多くがそれであったという疑惑は、ネットでは有名だ。
そして、潜入先を暴走させてでも(サリンを散布させてでも)目的達成を優先する発想があることも。

彼らは、けっこうそれとわかるように隙がある人も多い。
これは服装風体や車などにも言えることだ。

また極めて一般人であり、学識や企業内地位など見返り目当てに動く人も少なくないようだ。
あるいは、その剥奪という脅しも併用される場合もあるようだが。
(態度が険しい場合があるから。)

偽装被害者(潜入工作員)の行動をまとめてみた。

 1
 極めて専門的で高度な知識を披露する。
 それは時に被害者に有用であり、時に絶望感を助長するようなものである。

 2
 被害者の被害と全く同時に、同じ被害を訴えてみせる。
 これは事実上、形を変えた「ひけらかし工作員」である。
 (「お前はこういうことをした」などという、通常知りえない個人情報をひけらかす要員)
 実際は被害にあっておらず、被害者が被害にあった事実を知りながら取る行動なのだから
 残虐非道な振る舞いと言うしかあるまい。

 3
 情報収集。
 本当の被害者に接触して近辺情報を収集。(加害活動に役立てている?)

 4
 情報誘導。
 被害者に近づき、強い調子で誤った情報を信じ込ませる誘導手段。
 古くは、東西陣営の逆スパイ誘致にも使われていた手法。

無論、善意や救済目的の工作員の存在する可能性も皆無ではないだろう。
しかしこの要素をそれと断定するのは、極めて難しい。

投稿者 : 09:15 | コメント (0)