×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2005年11月27日 | メイン | 2005年11月29日 »

2005年11月28日

なんでこんな二択を迫ってるのかは知らん

万事高い才能や成果を発揮する集団だが、ノウハウが軍隊で敵対的、相手の殲滅を前提としている選民かぶれやくざかぶれ。キリヤ?
そこまでするこたないと、「人にやさしい」ほどほどを推奨するがキリヤに殲滅され、彼ほどの成果は残せないことが多い。アスム?

どっちがいいのかどっちがいいのかなー

だがなぜか後者を採択する企業団体個人は、ろくな目に会わなくなる。
まるでタイマーで計ったように一斉に。

なぜかファシズムグローバリズムは運命の後押しを受けている。
否、運命は彼らの構成員が手中にしている。

時間も運も人の玩具になった。
しかし「絶対に」、この玩具は人の手に余り高い代償が津波になるだろう。

神にとって人は猿だ。
むろんやさしいおばちゃんの神も、おっかないごろつきの神もいるだろうけど。

投稿者 : 16:10 | コメント (0)