×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2005年12月02日 | メイン | 2005年12月06日 »

2005年12月05日

私にも、無論あなたにも人格改造が。

連中は何かにつけ人格改造を試みる。大抵は一時的作用で済んでしまうが。
つまり自宅という固定位置で洗脳波を当てられるところだけででも、こいつを汚くしてやろうと絶えず躍起なのだ。

公安とか諜報で検索すればわかるが、この分野の人々は常人が考えられないような
ネガティブの塊だ。いったん組織でマークしたら頭を殻にして悪鬼羅刹に徹するのが通例らしい。おそらくそれ以外は首になるのだろう。
それだけ水面下の治安維持は国内外問わずどろどろなのだろう。やくざの相手の丸ぼうがやっさんより怖い人になるように。


数時間洗脳波を受けていると、神経磨耗したり高揚したり、ギスギスがどんどん増幅され疑心暗鬼になってたり、
これらはむしろ外出したときに人と接してわかる。明らかに外部から刷り込まれた性癖が強く頭脳を支配し勝手に出てくるから。
憎まないように腹を立てないように、さるべく必要以上の動作会話を避ける。

誰かを操って悪口ばかり言わせる人形に仕立てる。私を憎しみの虜にして加害行為に及ばせる。
「あの大人しい人が犯罪」国家的謀略の完成である。裏の繋がりでか、裏社会にも伝播している手法のようであるけれど。

意図して特定パターンの犯罪が仕組まれ流行となる。
劇場型社会は今になって始まったことではない。

投稿者 : 22:22 | コメント (0)