×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2006年01月05日 | メイン | 2006年01月17日 »

2006年01月15日

念術(波動、オーラ等?)による被害症状

深夜を利用してダイアグノシス。敵側の遠隔攻撃(念術、機械とも)の作用はほぼ血行阻害。
普段ストレスを与えられると固まっていく部分が急速に固まる。胸だの腹だの、表面から奥まで。

怖いものの気配には本能的に縮み上がる、これを連中は訓練で常時念を高めていられるようにすることで、被害者への作用を何倍にも増幅する。
印象は化け物、悪魔、としか。念術≒気功だけあり、丹田と正中線の経絡がメタメタになる。
文章では伝わりにくいが、中年と老人の致死病の多くを見ればわかるように、血行だけで大体の病気の原因となる。これは暗殺術と同等。無力化だけではない。
ほぐす。これしかない。方法は色々あるし効率も違う。

投稿者 : 18:28 | コメント (0)