×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2006年01月19日 | メイン | 2006年01月25日 »

2006年01月20日

いろいろ

ライブドアショックに首相の元気なしにこちらの状況悪化。全部間接的に連鎖しているようにも見える。
反撃、とも取れるそれを見ていると、どういう勢力図なのかがわかるようになるのは助かる。
今回はとにかく政、官の対立のような構図が気にかかる、与党衝撃という報道が事実ならば。演劇政治だからなあ…

この3年間、押し付けられたんだか提供されたんだかわかんない「役割、プロジェクトのようなもの」
まるで「風雲!たけし城」のようにキッチリ組まれていた。ヘラクレスの逸話とも同じ。
できるわけねえ、やってみろ、うわ結構うまくいってるまずい邪魔しよう、ほーら所詮1chより2chじゃん(笑)島国根性日本人らしい出来レースのやり口。
味方の善意に敵の悪意を巧妙に混ぜていくスパイ。大義だとそそのかしておいて、結末は大罪や我侭という構図へ持っていこうとする狡猾さ。

あまのじゃく。情勢が反転してもアンチテーゼを投げかけ続ける無所属。双方を時に高め時に翻弄する。立場に囚われにくい。
こういうのがいないと、二大勢力が互いに歪んでも指摘してくれる存在がいなくなる。


天誅、国賊、赤、組織の敵、ならば何食わぬ顔で抹殺してもいい。
家族ぐるみ地域ぐるみ、仲間内で和気藹々にこやかに追い込み追い詰め自殺なり病死なりへ誘導。組織に協力すれば褒めてもらえる評判が上がる。
はみ出し者を追い込んでいなくなれば、街がきれいになるじゃないか治安も良くなるさ。
父母が笑顔で弱者を追い詰めて殺しているのを見ながら育つ子供。子供に相手など把握できない。殺しを悪と思わず怖がらない無差別殺人鬼が育つかもしれない。

未来少年コナンですか漫画版デビルマンですか??
全部実際に体験し見てきたことだ。ここまで強力に、歪みまくって推進する治安維持だの選民主義が、どんな魔界国家の歴史を紡いでいくのか。
まさか神の国だの現人神の国だの仏門の勝利した極楽浄土だの、おきれいに妄想なんてしてないよねできないよね?普通…

大半の人々が怪しげな集団催眠に気付いて覚めてきたとしても、こういう人々は抜けてないし抜けようともしないだろう。
だがしかしこういうカルト組織共同体が国の中枢を動かす(世論や風潮や情報を操れる)位置にいるのだ。いくら影響力の無い庶民が正気でもほとんど意味が無い。

投稿者 : 20:42 | コメント (0)