×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2006年03月03日 | メイン | 2006年03月13日 »

2006年03月10日

事情

私は組織暴力の被害者側でしかも個人だから、どうしたって憶測でものをいい展開することになる。
時には誤解したり、相手側の仕掛けたフェイクに踊らされるだろう、永田議員みたいに。
でも私は個人だ。公人とは違う立場、メリットとデメリットを持つ。

最初から相手の身内、下手すりゃ上層部しか知らないようなことを知れるわけがない。
あるがままにやられたことを書き、憶測するしかない。
永田議員にメールを渡した記者とも違う。あれはどこかの組織の思惑で故意で渡した根っからの詐欺師で、数々の裁判沙汰などを見ても一貫している。
私は良くも悪くもプロではないし誰ともつるまない。

投稿者 kasumin-1 : 16:39 | コメント (0)

ネットストーカー部隊はどのようなことをするか

(転載)
大尉:空気が変わって一気に自演臭くなるのは、ネット右翼の街宣投稿と同じ。 03/10 11:05
大尉:このへんは公安主導というよりは893系だろうな。テレクラ利権(しのぎ)の進化系がインターネット利権だろうから。 03/10 10:56
大尉:結城奈緒がレイプされてる画像とか、人生潰しというゲームが流行しているなんてテキスト投稿が連続投稿されていた。 03/10 10:55
大尉:やれやれ、ちょっとふたばちゃんねるを覗けばもうネットの尾行部隊が先回りしてきている。 03/10 10:54


補足:結城は地元。こうした暗喩的脅迫の際に地名などは代用多用される。
   皇室ゴシップ画像がくっついている時点でもどのような手合いかは明白。
   素人が興味半分にやればただでは済むまいから。

投稿者 kasumin-1 : 11:07 | コメント (0)

最重要な告発(当ブログ内で) 心は密室だが侵入される時代

現状、そしてこの数年。
絶えず遠まわしな間接暴力と脅迫の日々。理由は無視される。
相手を観察すると、主語を意図して省きつつ、暴力の勢いでそれを押し通す暴力団のようなプロの手口。
「(主語省略)わりいんだからしねよ」
「(主語省略)やったんだからしねよ」

何を??
ってかアンタ誰??
生死まで処刑でなく自殺に持ってこうとする無責任さは何??


ここで唯一大事なことは、立証である。特に言いがかりをつけている方の立証責任。
姿が見えない陰湿さ、これを超えた時(法廷とか公開された公の場 尋問とか密室では意味無し変わりなし)
の彼らの対応が見ものなのだ。多分彼らの諸事情により超えられないけど。
超えたとしても彼らの権力や圧力による一方的欺瞞な内容に終始するだろう。


ほとんど相手の用意した脚本どおり、演出どおり。
そういう手法に完熟しているのが伝わってくる。逆に相手がそれにはまらないと苦労するらしいのが間抜けとも。
これはどう見ても統治システムである。決して怪しげなカルト教団の陰謀(だけ)ではない。(コッケンとカルトがケッコン??)
陰陽融合するのはいいが、お巡りさんもやくざも幸せそうな宗教信者も同じように飛んでくるのはどうかと思うよなあ。


さてここで重要なのは、闇金融やオレオレ詐欺と似ていることだ。
どちらも通信を通じての間接的脅迫や騙し。組織的。無責任。末端は善悪や感情ではなく、機械的任務遂行のみ。
これは決して偶然ではない。むしろ民生用に降りてきたノウハウの結果なのではないかと。

(参考)
(以下体験に基づくまとめ 当然ながら真偽不明)
(備忘録的 私のサイトの各所の過去記事大いに被る)

心はパソコンのように侵入ハッキングされます。
ウイルスも仕掛けられて心や衝動などを操られます。自動的洗脳に近い。
侵入者に考えを検閲され制限されたり、お仕置きで電撃などの苦痛がやってきます。

通信インフラは無線テレパシー(精神感応の 音波か電波?)
田舎も都会も、衛星?から照準が合わせられたら同じ。逃げ場はないので手加減と援護が頼み。

戦前の特高と右翼の連携ファシズムは生きているかのようです。
心のハッキングはもっと集団催眠レベルとなり国民全体、世界全体を高度に操るに至っています。


率直に言って、心を監視され一部制限されたり
政治的に捻じ曲がった報復をされるのは御免だ。
はやくその意味での完全自由を取り戻したい。

投稿者 kasumin-1 : 09:05 | コメント (0)