×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2006年03月13日 | メイン | 2006年03月22日 »

2006年03月19日

勢いに任せた嘆きその他

奴らの口からでまかせはこの数年間、多彩な嘘を投げてきた。
テスト、訓練や教育、そんなんだったらずっと良かったんだけども、弟の墓や取り壊された実家や体の火傷や傷は幻じゃなさそうだし。
告発体質、フェミニスト体質、圧政や不正にうるさい、邪魔、始末する…ルートかなやっぱ。
まず本人を騙し、組織力で家族知人から職場から世の中全体まで騙す。大したことじゃない、あいつが悪いんだ、本人のためです…

ネット掲示板など情報戦略が得意なもんで、殺すだの自殺だのバラバラ死体だのと、えげつない投稿を組織的にベストタイミングで仕掛けてくるし。
こういうのは役人のおっさん年寄りに話してもわかんないもんね。で、ヤクザとかは「どうせ連中じゃわかんねから」「上のほうで賄賂で繋がってんだよ」などと
ニヤニヤしながら手玉に取ってることを自慢もする。国政が乗っ取られている。公安サイドの一部はおそらくかなり詳しくて熟知してるのに、この風潮をむしろ利用しているようだ。
所轄警察は古臭い今までの犯罪しか対処できないししようともしない。利権体質というか、政治がらみだとヤクザと同等の嫌がらせやプレッシャーも仕掛けてくる。これは公安かもしれないけど。
物事の優先事項が完全に狂ってる。乗っ取られた国政よりも目先の弱いものいじめによる格差社会維持が大事だなんて。
隣国、マフィア、カルト、在日、これらの人やカネで埋め尽くされたらネイティブはどこで何をすればいいのか、そして出来るのか。

投稿者 kasumin-1 : 12:28 | コメント (0)