×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2006年06月12日 | メイン | 2006年06月14日 »

2006年06月13日

マイメロも組織諜報の出先機関?

マイメロ」の柊恵一は、昨年から散々個人情報を投影されまくったマイアバターみたいなキャラだ。
(組織的ストーキングによる情報収集の一環、クロミノートとかも該当。恵一の弟の名前は私の弟と一緒。)

一昨日の放送で、左利きまで同じであることを知った。徹底している。

現在放送されている、過去約5年間に放送された、アニメやドラマの
およそ半数近くは同様の影響を受けている。チャンネル変え際にチラッと見ればもうそれとわかることもある。

投稿者 kasumin-1 : 12:29 | コメント (0)

民間にできることは民間に

http://www.pointex.biz/~wataru/mt/archives/2006/06/
色々濃い情報が。
07日
過日、政府の肝いりで、プロバイダ報国会につづき、ブロク統制会が発足した、というのは果たして事実であろうか?
忠君愛国の心を注入する教育統制の観点から、危険思想を流布するサイトやブログの密告を奨励しているとか。
にわかには信じがたいが、民間にできることは民間にということで、摘発は相互監視で効率化して人件費を浮かし、省への昇格に伴い急増するであろう防衛予算の、その一助にでもしようということなのかもしれぬ。


こんな事書くとまたしばらく組織尾行が厳しくなったりするけれど、どうせ無害におとなしくなってもネチネチは続く。
一端些細にでもマークされたら、監視ビジネスの標的として執拗に狙われ続ける。
かつてネット上で加害者側の堂々の宣言があった。組織規模維持のためには相手を一定数絶えず確保せねばならぬ、だそうだ。
自演劇場型。シナリオを作ったら後はどうにでもする。誰でもよく、内容もどうとでも変える。

「XのためのX」は大抵ろくな事がない。本末転倒で。
戦争のための戦争、監視のための監視、という具合に。

投稿者 kasumin-1 : 09:06 | コメント (0)