×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2006年07月11日 | メイン | 2006年07月16日 »

2006年07月13日

妄想じみた中にこそ真相の断片が眠っている。未知の技術絡みとはそういうものだ

リセットされたように、翌日や数日後になると学習結果を忘れたように同じことを繰り返してくる、組織ストーカー加担者。
まるでデータのように、均一規格の加害機能を実行してくる彼ら。同じく仮想のように操られる天候や運命など森羅万象。

ゼーガペイン」の描写するようなコンピュータ仮想世界の概念。多少なりともこの現実世界に当てはまるらしい。
それを教えたいがための「マトリックス('98米)」だっただろうから。

例外異端者を隔離再構成するための監獄サーバ。そこへ放り込まれたのか。
やたら加害者側が神悪魔のオペレーションを自在に扱えるのが臭い。研究所だので運用してる量子サーバの中なんじゃないかと。

あるいは別に脳に直接見せられているイメージでもよい。個人の見せられてる幻だけならはるかにコストダウン、面倒な手間もかからない。
世間と話が通じない、やたら都合の良い状況が仕組まれる、などといった壮大な仕掛けも幻ならイメージを用意するだけだ。

世界が元々そうだったかはともかく、仮想空間的概念が絡んでいるのは間違いない。
現実が仮想のように動かせるか、元々仮想だったかといった違いでしかない。

投稿者 kasumin-1 : 22:42 | コメント (0)

巨大な騙し連鎖が組織ストーカーを維持している元凶か

こいつは金のなる木です、
こいつに教育してやれば大成します、

といった宣伝文句に乗せられた、偉かったり金持ちだけど頭は詐欺師ほど良くない方々。

こいつは憎い奴だから、悪い奴だから潰してやりましょう、

といった宣伝文句に乗せられた、知人や観客や加害者一味。宗教や無法者が飛びつきそうな。

結構大規模に、混然一体と、それぞれが違う情報を信じ込みながらひとつの体をなしている。
一方が助力と信じ込み、一方が復讐や殺しと信じていても、金や組織力は提供されひとつ(巨大)になるから良いという魂胆か。
結果がどうなるかなんて誰もちゃんと自己分析してない。馬鹿で思考停止した人間こそ、悪事加担者にはふさわしいという王道。

初めから前者が潰れること知りつつも展開すれば、おじゃんになった時にさらに被害者個人の評判は落ちる。
被害者になるとわかる、なぜ表では適当に助力しても裏で徹底して潰れるように仕組むのか、という定型パターンの理由。
仕事やら趣味やらでそこそこ不自然なラッキーがあっても、放射線を自宅へ照射したり、あらゆる現場に尾行を送って脅したり邪魔したり。

大きい実力者や企業がこうした全容を知れば知るほど、こんな詐欺的システムは維持が難しくなり縮小してゆくだろうに。
助力ならそれだけ徹底すればよい。潰しも(無いに越したことはないが)然り。


(他人の言葉で)
http://www.stopstalker.jp/
http://stalker.client.jp/ リンク集が充実。世の中が怖く思えてくる
http://l00yenwriteroil.hp.infoseek.co.jp/GangStalking.htm もはや加害者のトーク
http://antigangstalking.join-us.jp/
http://www.nikkansports.com/ns/general/ns_column/ns_column-18.html

投稿者 kasumin-1 : 16:59 | コメント (0)

事件事故は仕組まれ、加害活動のために被害者にもスパイがうじゃうじゃ

昨日またシンドラーエレベーターがあの竹芝のマンションで閉じ込め事故やったらしい。
普通に考えてもシ社なんてろくな言葉が連想されない。
呪術的な現象が多発傾向にある現在、それがろくでもない事故ばかり起こしているのもまた
人為ではないかと思ってしまう。

せめて日立にしよう。あそこは組織ストーカー関連企業っぽいから大丈夫(ぉぃ
三菱はむしろ呪術的に標的にされてたからなあ一時期(ぉぃぉぃ


カルトは裏切り者を許さない

最近は尾行人員の顔ぶれがカルトっぽいと書いてたらこれだ。
ここは付和雷同的にいつもこういう見出しや記事を持ってくる。
別にこうしたネチネチストーキングはネットでも珍しくはなくなってしまったが。
昨日だってふたばちゃんねる見に行ってちょっとしたらグロ画像スレッドが立って自演あげが続き、絶えず最上段にあり続けた。

つまりかのサイトも工作員であり、被害者とか告発者のふりして釣ったり騙したりというよくある活動をしてるらしい。
被害者から加害者まで社会の隅々が工作員によって網羅されてしまう、末期状態。

投稿者 kasumin-1 : 12:01 | コメント (0)