×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2006年08月03日 | メイン | 2006年08月07日 »

2006年08月06日

娯楽は現実を茶化すための道具と何年も言ってきた

「銀河漂流バイファム」という作品。異星人同士が植民地を巡って戦争することになる。
混血児のミューラァは、異星混血への差別を乗り越えるためにククト軍のエリートを目指した。

「出撃させてください」「いいだろう」彼は狡猾な司令官(声:ドミニク@AIRWOLF)から最後のチャンスを貰ったはずだった。
「ミューラァ、君は許可も無く勝手に出撃したな。よって君は反乱分子と見た!」
地球軍と共に砲撃を受けるミューラァ「貴様、初めからそのつもりで!」

組織ストーカーは世界国家の裏施政。このようなノウハウも当然のように使う。
正体不明の味方っぽい連中が余計な世話をごり押した挙句、さーっと手を引きいなくなり、
彼は悪党だとんでもない奴だ、と、これも慣れた口調で組織的に罵倒されまくる。
何度か書いたが、警官もごろつきも良く使う手口。「ああ大変だ」「どうすんだ」と囲いながら勢い任せに畳み掛ける。
そこに真実は無く何割かが言いがかり。萎縮が目的であって嘘はノウハウにすぎない。


組織ストーカーは、「我々こそが一番新しいんだ」、と息巻く。
しかし冷静に見ていると、「ガンダムマーク供廚任△襪海箸わかってくる。
マーク兇鮑陵僂掘⇔惑い擦縫好織鵐澄璽匹箸靴匿篆覆靴茲Δ箸靴討い襦

しかしたまに「Zガンダム」が現れ、その矛盾や無茶を次々と突いてしまい始めると(仕様の欠陥の指摘)
政治的にこれを鎮圧する。いいがかりも何でもやる。
古い、絶滅危惧、ということにする。機能が違うから疎通できないのは無理からぬことであるのに。UNIXと量子コンは果たしてNW疎通できるだろうか。
古いならなぜ、誰も出来ないような欠陥指摘が可能なのか。

洗脳波にリモートコントロールされて上位に楯突かない下僕人形ばかりの世にするシステムだからというのもあろう。
操る側がマーク兇任癲
操られる側は元はガンキャノンだったのがジム以下となる。GX9900のサテライトシステムで傍らに一杯いた奴らみたいなもんで。
組織に従うばかりで、一次切り分けすら他人任せの頭空っぽだから。
操られないZガンダムが脅威とならぬはずもない。ティターンズのバスク大佐は黙ってはいまい。

つくづくガンダムは予言的要素の多い作品だ。
世の随所にはびこる根本的停滞は続くだろう。あるべき次世代標準が押さえ込まれたまま、本質がそのままの改良版が統べた所で。

…視点を変えればこっちがマーク胸姐羌,。向こうにもZZ以上が背後には控えているだろうか。
一筋縄ではなく、一例を示した。


頭にロボットになるためのヘッドギア付けろって言うんだ。
でも嫌だな、メイドインうさとか、よその怪しい部品がたくさん…

投稿者 kasumin-1 : 11:02 | コメント (0)

組織ストーカー活動 加害者末端ノウハウの一

組織ストーカー活動 加害者末端ノウハウの一

1 述語のみで罵倒しまくる(大半が無根拠なので: 馬鹿 しね 人殺し 借金 等)
2 正論で反論されたら、逃げ出すか沈黙する。しばらくしたらまた1を繰り返す

付き合っても何もいいことは無い。疲れるだけ。これのみを任務として黙々と仕掛けてくる。
出歩けば毎日違う尾行が来る。よしんば近所の人間だとしても、当人達は何も事情わかってないし。

投稿者 kasumin-1 : 10:52 | コメント (0)

企業の嫌がらせも組織ストーカー(裏の施政)と繋がっている それは国風

偽装請負の内部告発者を隔離 松下子会社
2006年08月06日06時10分
5月26日、大阪労働局に申告書を提出。「松下は職業安定法に違反し、みずからの指揮命令の下に、他社から供給される労働者を働かせている」と内部告発した。
その10日後、松下の人事担当者から「直接雇用したい」と言われた。

 吉岡さんは素直に感心した。「これまでさんざん嫌がらせをしてきたのに、よう素直に要求をのんだな」。しかし、話をじっくり聞くと、裏があった。「1月末まで」と期間を区切られ、仕事の内容もそれまでと異なっていた。

 8月22日、松下に入社した。「期間工」の身分を持つのは社内にただ一人。与えられた仕事は不良パネルの再生。パネルの端子の間にある異物を竹串で取り除く細かな作業だった。同じ作業をしている人はほかにいなかった。「今までこのような不要パネルは廃棄処分していた」と係長に言われた。

 作業場は、黒いシートでテントのように囲われていた。苦情を申し立てると、透明シートに替えられた。が、外の光が入らないように非常口の窓が黒色シートでふさがれた。さらに、青いついたてが置かれ、外部と仕切られた。そこにたった1人。

 請負会社に雇われていた当時の職場では朝会(ちょうかい)が開かれ、正社員も請負社員も一緒になって松下の社訓を唱和した。「産業人たるの本分に徹し、社会生活の改善と向上を図り……」。松下の社員になってからは逆にそれがなくなった。


口うるさいチクリ屋をどっか辺境に隔離したいのはどこも同じだね。

投稿者 kasumin-1 : 10:51 | コメント (0)