×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2006年08月31日 | メイン | 2006年09月05日 »

2006年09月02日

人間ラジコン化の悪用パターン

集団催眠的遠隔操作による、人間ラジコン化の悪用パターン。

1 被害者を常時操るオペレーターが、尾行が喜びそうなことを強制的にさせたり考えさせる(卑猥、暴言、乱暴など)
2 尾行は喜んだり息巻いたりして、水を得た魚になる。被害者が悪人だという根拠とする。テレパシー的に被害者の脳内思考も聞き取っているが工作員特権だろうか。卑猥や暴言を考え(させられ)ただけでも狂喜乱舞する。

戦前に非国民だのと熱狂罵倒させた流れは、今回は集団催眠でのロボット化技術まで使っているんだなあ、と生で感じる。
前者は教育中心で正気が残ってた。後者はその正気や自我まで奪い、ラジコン電波の通りにしか考えさせず行動させない。カルト性質。

昨今の関連記事
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/2006/08/post_219.html

投稿者 kasumin-1 : 19:28 | コメント (0)