×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2006年10月02日 | メイン | 2006年10月10日 »

2006年10月04日

真の悪が察知できない国民は監視社会ファシズムを避け得ない。

ここ数日のテレパス集
やばいことになってるぞ
組長しっかり(煽り気味に)
投資の割りに使えねえ

この数日間のほのめかし会話
「カプコンなんか正にヤクザだろ」って、やたら我が私生活をトレースするアニメ&ゲーム「ロックマンエグゼ」のことを言ってますか。


一般人、会社など、「お前のせいで尾行部隊に押しかけられて迷惑だ」などと間接的に不平を言う者が出てくる。
一理はあっても元来は筋違いだ。
つまらない理由、誰に文句言ったとか周りと違うとか、それで国民がいきなり裏表の国家に追い込まれ命を危うくするようなシステムに問題がある。
個人個人がそうした本質を追わぬ逃げのスタンスでは、いつまでも監視社会もファシズムも無くならず、かえって自分たちや子孫の首を絞めるだけ。

投稿者 kasumin-1 : 20:58 | コメント (0)

被害者(風)サイトのひとつ

内容は濃い。つまり加害者内部情報。
http://www.cleptocrat.com/cgi-bin/blosxom/blosxom.cgi
プロが相手になったら(勝手に宣言されたり)素人のままでいるのは無理が大きい。
読める理解できる行動できる、何らかの変化は必要だ。


ところで非公開つまり誰も所有してないはずのグローバルIPを勝手に使ってる(違反行為)のか、そういうアクセスがたまにある。
諜報目的ならそういうことはやりそうではある。

投稿者 kasumin-1 : 09:55 | コメント (0)