×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

« 2006年10月22日 | メイン | 2006年10月24日 »

2006年10月23日

耐震偽装 イーホームズ絡みでも暗殺の痕跡

http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/4381858.html
弱気になり自殺、心不全。
いずれも電磁波攻撃や威圧念術で遠隔的に仕掛けることが可能。「組織ストーカー活動」工作員にはあまたいるよ。

だってうちの弟はそれで死んだもの。私自身も毎日やられて各内臓がひーひー言ってるよ。
台所の辺は照射が強く意識が途切れるし、いまここ書いてたら膝下がビビビビビって急に微振動してるし。絶えず見張ってて撃ち込んで来るのよ。
今の自宅に人が泊まったら、体感した日には半日といられず顔色悪くなって退散するだろうね。不慣れだと本当きついから。

http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/4392217.html
http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/4396651.html

こういう映像見るとつい、制服や職員のほうがえらくて社長は滑稽に見えてしまう癖が出たりして。
刷り込みとは怖い。偉いんだからきちんとしてるに決まっていると。本能的な上位崇拝とかね。

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/10/post_ac9a.html

数日前に藤田社長の姿勢を買ってしまった。からにはこういうのは読者にお伝えせねばなるまい。

投稿者 kasumin-1 : 21:21 | コメント (0)

水面下の国策、「組織ストーカー活動」による、追込み自滅工作。

http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0610.html#23


おまけ
公安調査庁をガキ扱いしている警備公安警察の卑劣極まりない弾圧によって共産党員が無理矢理公安警察のスパイにさせられ、さらには付き合いたくもないどこの馬の骨かもわからない奴と政略結婚させられる。共産党員というだけで人生が大きく狂わされる。
彼等に先に喧嘩を売ったのは特高であり警備公安警察に外ならない。

話がそれたが、そう、スパイ工作というのは公安警察の専売特許である。
私はそれを偽被害者のサイトの可能性が高いとみるが、逆に私の推測が正しいことを裏付けている。
公安警察による裏金工作は共産党を衰退させた今、今度は一般人にまで手を出し、
さらに昨今、リストラ手法として日常的に用いられることとなった。これはJR革マル派による運転手狩りがそのいい例である。


2 飯は必ず割り勘。無理にでも毎回飯をおごろうとする人間はあまり信用しないこと、
3 急に親密そうに気軽に話しかけられた場合も、十分に考慮のうえ「浅く」表面上だけお付き合いすること。

2、やっさんに多いね。耳に痛い。


(体験記 出張)
連中は私の頭脳を書き換えたがってる。

周囲と同じようにしか動けないように。運用が容易な規格品、指令を忠実に模す「操り人形」となるように。
テレパシー的にハッキングし侵入し、ROMカートリッジに焼き付けるように。
「銃夢」でいえば、成人すると脳がチップに置換されてしまうザレム市民のように。

弟が暗殺されたこと、ゴロツキな連中に散々上がりこまれたこと、一家は散り散りになったこと、
全部忘れて、告発なんてとんでもないと思い、自殺しろといわれればして、いい様に利用されても愚痴ひとつ言わず。

何とでも騙す。私を、周囲を世間を。ガキだとか人殺しとか天才とか英雄とか、胡散臭い言葉ばかり並べ立てる。
胡散臭いのに世間の多くは信じ込み侮蔑する。真相を考えることは操り人形に許されていないからだ。ああいう姿が嫌だから抗っている。


先週のケロロ軍曹、アサシン見習いがケロロたちに襲い掛かって「どうせ勝てるわけない」
これも思考盗聴の成果。いわばアイデア盗用。

・人の妄想や推測を盗む
・人の実体験を盗む

どっちかがあてはまる。

・アニメのネタ不足を、虜囚への人権無視な扱いを利用して補う。
・虜囚に対する侮蔑メッセージ、あるいは騙すための手段。

投稿者 kasumin-1 : 18:54 | コメント (0)