×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

3006年08月15日

それは秘密秘密秘密 ヒミツの悪国ちゃん

「秘密」裁判や「秘密」処刑では、何もちゃんと解決することはない。だって秘密だから。
捏造冤罪、胴元のやり放題と歴史が証明してる。ちょっとお隣に行けば今でもやってるさ。
なるべくそうならんことで気さくな国づくりしてきたんじゃなかったのかよ。

大人の頭脳でちょっと考えたらわかるとおり、
わかりづらかろうが立証がどうだろうが、何とかして公の場の開かれた会議に持ってゆくこと、
この努力以外に、何かしらの問題をを解決させるなんて無理。

投稿者 kasumin-1 : 00:00 | コメント (0)

2006年11月22日

カルト側、組織ストーカー側の工作員っぽい

きょうも死ぬかもしれない不安の中で、ここだけは挙げておかねば行けないと思い、投稿。

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/
カルト側、組織ストーカー側の工作員っぽい文章を書く。はてなは匿名性が高くそういう工作員は多い。

基本的に、2chなどの自称ネット世論(実質総会屋集団)がローラー作戦する流れを肯定する。
(そのネット世論とやらに殲滅された
「周囲に溶けこまないのが悪い、潰されても仕方がない。」
それは特に昨今の地均し風潮を見れば正論ではある。だがそれのおかげでどれだけの人間が追い込まれ、死んだだろう。
ウチもみせしめで弟が死んだ。家族は病人だらけになった。郵政造反議員に対する踏み絵と一緒。故・永岡議員の自殺の理由と一緒。

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20061122
なぜなら、記事を書いてトラバする場合、悪あがきを続ければ続けるほど、よりひどい公開処刑が繰り返され、ますます面子を失う、ということが、否応なしに分かるため、それ以上面子を失うのを恐れて、それ以上の追求を止める傾向にあるからだ。
ようするに、荒療治によって治療されるわけだ。
しかし、「見下すようなブクマコメント」の場合、公開処刑が行われないので、面子がつぶれない。また、自覚症状も薄い。
要するに、自分以外は全てバカで、自分だけが賢いということを、周囲に証明しつづることが出来ているかのような、錯覚に陥る。
やがて、その錯覚の累積によって構築されたファンタジーワールドの住人になる。
一方で、相変わらず、多くの人々は、自分の普段書いている記事をブクマしないという現状は変わらず、周囲に認められない怨念は、心の底に凝り固まっている。
すなわち、そのファンタジーワールドは、一見、自分に都合の良いように作られた快適な世界のようでありながら、どこか不気味で底冷えのする、陰鬱な気分になるような、底意地の悪い仮想世界なのだ。
そして、そのファンタジーワールドの中で、「こんなに頭のいい自分を認めない人々」を敵視すると同時に、自分の賢さを認めさせようという、むなしい努力を延々とし続けることになる。
こうして、ファンタジーワールドの中で、終わり無き怪物退治が続く。

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20061112
3段階目の人たちが語る虚無や絶望は、本物の絶望である。彼らが自殺を決意したのなら、少なくとも、2段階目以下の人たちに、それを止める資格はないと思う。

つまり個性を持ったら、賢く悟ったら、死ねということだ。あまりに組織ストーカー側、つまり支配者による目障り者暗殺の発想と合致する。

確かにこいつらは賢いし、風潮に逆らわず利巧なのだ。
だが。
ここまでやらなきゃいけないのか。
そんな人殺しを重ねて粛清をして、ローラー作戦なんてVガンダムのバイク戦艦みたいなことまでして。
ハイルヒトラーまで言わないと生きるのも駄目か。仕事も人生も潰され、家族を自分をも殺されるのか。

もうじき死ぬかも、それだけ内臓機能悪化した。もはや生気がない。
死に際の無念が濃い。それは私事に関してではなく、世の中が魔界のようだからだ。
誰だって、ドラキュラ城の薄暗い中で拷問されながらより、お花畑で平穏に、あるいは実家で見取られて死んだ方がよいだろう。

投稿者 kasumin-1 : 20:07 | コメント (0)

2006年11月13日

だからこれは「戦争」である。

現状、「組織ストーカー」なる個人追い込み活動は、体制を含む絶対的なものに見える。
絶対王政だから
「何逆らってんだ、逆らうと親兄弟死ぬぞ、不幸な目にばかり遭うぞ、脅し続けるぞ」
という”無茶無体”を基本とする。

神(魔)。絶対的な地位と権限、超常的な神業(魔術)、なんでもありだ。

だからこれは「戦争」である。
アンチが同等に顕れれば、虐げられた側の、親兄弟を殺されたり社会的人生を潰された側の、
壮絶な反撃が始まる。その憎悪を管理し宥める事は重要だが(ポスト必須)容易ではないだろう。

おそらくはヘッドハンティングに付随するチーム引き抜きから始まる。コンピュータウイルス対策にはハッカー雇用から。
かつて警察がヤクザと密接し情報交流をしてたが今はそれがないという。これの是正と似ているか。

ご近所さん工作員の、定番文句。
「仕方ないな、あいつがわるいんだから」と言ってから、攻撃する。電磁波、威圧念術…
ここが今回記事の「ルーツ」。正に戦争構図。んじゃこっちも同じように、となる。

良くも悪くも私はある程度取り込まれてしまった。この手の被害者の多くはそうらしい。
カルトが害を為しながらも、相手を取り込んで黙らせるというのはセオリーだ。武力併合、アメとムチ。
多角的に何がどう関与してるかわからぬまま、それをいい事に功罪の罪だけ抜き出してバッシング”ばかり”されても来た。これも脱退阻止の威嚇としてはセオリーだ。
いずれきちんと公開で功罪を整理することは必須。だが現状は待つ時期でありその仕組みは存在しない。言いがかりのみ。

投稿者 kasumin-1 : 11:18 | コメント (0)

2006年11月10日

一方的に撃ち込まれる

一方的に撃ち込まれる砲弾、電磁波、その他。
「お前悪いやつらしいじゃない?」「人殺しめ!」シラネーヨ情報。あっち系統のみの一方的伝達。
仮に知っててもあっちの言葉で言われるとワカンネーヨ!そういうときのための意思疎通だロ!

こんなだから争いは、戦争は、なくならない。真珠湾攻撃は宣戦布告が遅れ攻撃後となってしまったが、日本軍内部で暗号解読に時間がかかりすぎたせいだった。

強ければ一方的でいいのか。犬の頭を踏みつける態度でいいのか。

そういう風にやられると、もしかして真実かもしれないことも
「ハイハイお前らがそううるさいんじゃそういうことにしておいてやるよ」
だよな。例え死に際でもね。

投稿者 kasumin-1 : 18:03 | コメント (0)

2006年11月09日

いよいよ殺されるかもしれない。

http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0611.html#9

投稿者 kasumin-1 : 22:37 | コメント (0)

2006年11月08日

異端尋問のムチ、勧誘というアメ。

アニメ(放送)域における組織ストーカーの根回しは、こんなことをよくやる。

「王の力はお前を孤独にする」なんて一方で気分良くさせ
「俺様は一匹狼だからな」「んじゃヴァルだけ明日から別行動ね」「いやあん、一緒にいかせてー」なんて冷やかす。

同じ揺さぶりはアルバイトの現場などでも密偵により仕掛けられる。仲間はずれや異端尋問のムチ、勧誘というアメ。
イメージも物理も連携する、これが特徴。

コードギアスが制作されてしまった時代だ。青少年も今後誰がこんな目に遭わされるかわからない。
他人事と思わず心の片隅に置いておけよ。


神のような悪魔のような、とりあえずやることは悪魔。
そんな風に進化した化け物みたいなカルト勢力の人々。
彼らのやることはタガがはずれてて、恐ろしくも理解できない。

恐怖の脅し、攻撃、暗殺、社会追放…みな嬉々としてそれに加わる。
操られし者、操りし者…

昔から日本人はそのような操り人形的な支配システムの中にあったのか。
それともカルトがそれをかなり強化してしまったのか。
たぶん団塊世代のキャリアの一部しか知らないだろう。

投稿者 kasumin-1 : 21:27 | コメント (0)

2006年11月05日

暗黒時代は生きる間、50年なら50年間続く

毎日クドクド記録しても、体感にはかなわない。

さっきも台所へ行けば、殺傷電磁波の絨毯爆撃が四六時中続いてる。
目がショポショポ血の気がなくなり、脳の血行も落ちるのか意識が飛ぶ。腹膜の辺りが引きつる。
機械照射だから、楽だから、電気代公費だから、あまりに安直に国家殺人は持続される。
あまりに安直なジャッジ「あの人はダメだから 悪いから」あってないような曖昧さ。謀反の疑いで島流し級だな。

この国はすっかり全体主義的な戸塚ヨット教師になったのだ。風変わりなはみ出し者を見つけると殺す勢いでしごきと称し潰しにかかる。
一生、どこへ引っ越そうが電磁波は浴びせられ、どこへ出かけても尾行が派遣される。暗黒時代は生きる間、50年なら50年間続くのだ。

自分だけが特異な邪教やマッドサイエンティストに付けねらわれてるくらいならいい。
悲しいのはこれが「体制」であることだ。こういう国であり、世界なのだ。誰もがこんな目に遭う可能性がある。

なんだろうなあ、ラティスを死の星にされてしまった亡国の王子、ロードブリティッシュの気分かな。
生きるもこの地獄の中で。死ぬは無に帰すのみ。

投稿者 kasumin-1 : 21:34 | コメント (0)

2006年11月03日

消耗とケア

組織ストーカーの渦中ではストレスが半端ではなく、よって消耗も波があり激しい。
特にビタミンABCには注意。あとは痛んだ臓器と同じ肉を食え。
神経にはBと鶏がらスープ。代謝低下にはCと鉄。

投稿者 kasumin-1 : 21:39 | コメント (0)

2006年11月01日

操ってるからこそ安定している、と自慢したいのだろう。

イギリスから興味深い感じでサイト内各所へアクセスあり。
組織ストーカー即ち国家による管理監視謀略の類への感心は世界中の都市文明国に共通なのが、アクセスからも感じ取れる。
あるいはその監視からのアクセスだったりして。ウルトラMK、エシュロン??


昨日、これみよがしに匿名掲示板にスレッドが立った。
カリフォルニア州にロッキー山脈をぶち込んでアメリカ人口の半分を押し込めた、
世界の半分の地震を背負っている、半期に一度民族大移動が起きる国が、
今のように長期安定しているのはなぜだろう、誰のおかげだろう、と。

要は、集団催眠や人間ラジコン技術や運命操作術やらで我々が国民全体国土全体を操ってるからこそ安定している、と自慢したいのだろう。
一理はある。みな操られ同じで例外動作が極めて少なければ、そんなロボット社会は他国のような致命的危機は逃れるだろう。
気候が国土に優しければ荒れない。逆に言えば気に喰わない奴に大雨や地震や台風をぶつけたり出来るニューオーリンズ。

国家諜報の息のかかったサクラばかりがスレッドを立て話題を提供するインターネット。
国家諜報網以外の誰が、東大の知識や大企業内部の情報を持ってこれるというのか。
あっちもこっちも管理と監視と根回しだらけで、便利で快適な奴もいれば息苦しくて死んだり逃げ出す奴もいる。
多くの実直な庶民は過酷な負荷の中、笑いながら病気を抱え発症すれば倒れあるいは死んでゆく。

ま、多くの経験や二次情報取得やらに基づいたいち個人の見解とはこういうものだ。

投稿者 kasumin-1 : 21:13 | コメント (0)

2006年10月29日

”気配の武器” ”テレパシー通信”

組織ストーカー活動は特定組織の混合、シンジケート。出自は大体決まっている。

現場部隊がほぼ標準装備しているのが、”気配の武器”。
神悪魔から借り受けたものか、”借り物の気配”で人を脅し参らせ、あるいはその気にさせ洗脳し、操る。

所詮は借り物、不器用な使い方もする。「ほれあいつびびってるぜー」などと息巻いてもガキの煽り、気配に関しても水鉄砲の使い方と何も違わない。
テロリズムの道具だ。言うことを聞かせる道具なのだから。

さっきスーパーへ出向けばブッチャーみたいな男が進路を阻むような付きまとい、通路の隙間からチラチラこっちを伺うこと数回。
上下スウェットのだらしないヤンキーもどきが数名、買うつもりでいた牛乳の前に陣取ってギャーギャー騒いでいる。
こいつらに至っては買い物の用事ではない。突っ立ってるだけ。

”テレパシー通信”。これも組織ストーカーの標準ツール。
これに強制参加させられ広範囲な地域のストーカー要員に思考を読まれるのが被害者の宿命。
これを利用し、来ることがわかってる店に先回りしてくる。一部で「思考盗聴」といわれる所以。

投稿者 kasumin-1 : 22:33 | コメント (0)

2006年10月24日

リストラ工作に特化された謀略なのが明確

きょうの流れを見ても、リストラ工作に特化された謀略なのが明確だ。

・「いらねえんだよ」という罵倒、たとえ話やテレパシーで。
・悪役としての演出に躍起。本人の思考を暴走させて他人にテレパシーで聞かせ迷惑をかけさせるなど。
・「俺たちの迷惑を考えないから威圧して追い出そうとしてるんだ」と堂々のたとえ話を”密偵が”行う。悪が正義に成りすます瞬間。

まず迷惑な存在に演出して悪評を高め、現場の賛同を得ている。巧妙かつ国家諜報レベル。


賛同を呼び仲間を増やせば改善するよ、と甘い蜜まで投げてくる。
監視社会システムの内部に取り込もうと躍起だ。

投稿者 kasumin-1 : 19:38 | コメント (0)

2006年10月23日

水面下の国策、「組織ストーカー活動」による、追込み自滅工作。

http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0610.html#23


おまけ
公安調査庁をガキ扱いしている警備公安警察の卑劣極まりない弾圧によって共産党員が無理矢理公安警察のスパイにさせられ、さらには付き合いたくもないどこの馬の骨かもわからない奴と政略結婚させられる。共産党員というだけで人生が大きく狂わされる。
彼等に先に喧嘩を売ったのは特高であり警備公安警察に外ならない。

話がそれたが、そう、スパイ工作というのは公安警察の専売特許である。
私はそれを偽被害者のサイトの可能性が高いとみるが、逆に私の推測が正しいことを裏付けている。
公安警察による裏金工作は共産党を衰退させた今、今度は一般人にまで手を出し、
さらに昨今、リストラ手法として日常的に用いられることとなった。これはJR革マル派による運転手狩りがそのいい例である。


2 飯は必ず割り勘。無理にでも毎回飯をおごろうとする人間はあまり信用しないこと、
3 急に親密そうに気軽に話しかけられた場合も、十分に考慮のうえ「浅く」表面上だけお付き合いすること。

2、やっさんに多いね。耳に痛い。


(体験記 出張)
連中は私の頭脳を書き換えたがってる。

周囲と同じようにしか動けないように。運用が容易な規格品、指令を忠実に模す「操り人形」となるように。
テレパシー的にハッキングし侵入し、ROMカートリッジに焼き付けるように。
「銃夢」でいえば、成人すると脳がチップに置換されてしまうザレム市民のように。

弟が暗殺されたこと、ゴロツキな連中に散々上がりこまれたこと、一家は散り散りになったこと、
全部忘れて、告発なんてとんでもないと思い、自殺しろといわれればして、いい様に利用されても愚痴ひとつ言わず。

何とでも騙す。私を、周囲を世間を。ガキだとか人殺しとか天才とか英雄とか、胡散臭い言葉ばかり並べ立てる。
胡散臭いのに世間の多くは信じ込み侮蔑する。真相を考えることは操り人形に許されていないからだ。ああいう姿が嫌だから抗っている。


先週のケロロ軍曹、アサシン見習いがケロロたちに襲い掛かって「どうせ勝てるわけない」
これも思考盗聴の成果。いわばアイデア盗用。

・人の妄想や推測を盗む
・人の実体験を盗む

どっちかがあてはまる。

・アニメのネタ不足を、虜囚への人権無視な扱いを利用して補う。
・虜囚に対する侮蔑メッセージ、あるいは騙すための手段。

投稿者 kasumin-1 : 18:54 | コメント (0)

2006年10月10日

要チェック体験記 061010分

http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0610.html#10

※メインコンテンツが上記サイトで、当ブログはそのサブという位置づけ。

投稿者 kasumin-1 : 18:54 | コメント (0)

2006年10月04日

真の悪が察知できない国民は監視社会ファシズムを避け得ない。

ここ数日のテレパス集
やばいことになってるぞ
組長しっかり(煽り気味に)
投資の割りに使えねえ

この数日間のほのめかし会話
「カプコンなんか正にヤクザだろ」って、やたら我が私生活をトレースするアニメ&ゲーム「ロックマンエグゼ」のことを言ってますか。


一般人、会社など、「お前のせいで尾行部隊に押しかけられて迷惑だ」などと間接的に不平を言う者が出てくる。
一理はあっても元来は筋違いだ。
つまらない理由、誰に文句言ったとか周りと違うとか、それで国民がいきなり裏表の国家に追い込まれ命を危うくするようなシステムに問題がある。
個人個人がそうした本質を追わぬ逃げのスタンスでは、いつまでも監視社会もファシズムも無くならず、かえって自分たちや子孫の首を絞めるだけ。

投稿者 kasumin-1 : 20:58 | コメント (0)

2006年10月02日

ちょっと政治的な物騒を引きずり始めてる昨今の社会

むかし離れ小島で毒ガスを大量生産してた日本帝国軍。
全国から新聞奨学生以上の騙し勧誘(無料で勉強や食事)で集めてきた学童学徒が動員された。
小学生に大学レベルの化学式ばかり勉強させ、おくにのためと毎日毎日ガスを作らせ体は蝕まれてゆく。
同僚が目の前で喀血してうめき動かなくなることが日常、ひどい火傷でも致命傷になるまで帰れない。
軍事機密、他言無用で家族にまで密偵が行く。

なんだか他人事とは思えなかったよ。NHKの島特集でやってたんだけど。


あの一流アニメゲームキャラデザイナーが、ブログで遠まわしに自滅しろとかざまあみろと言ってたり。
あの有名女優が影響力の影におびえてやっぱり遠まわしに烏がどうとか書いてたり。
つくづく有名人だろうが生々しい醜さ、弱さ、器の小さい部分はあるのだと、生々しく学習する。

芸能人でも一般人と同じに例え話で牽制や文句をぶつけることに違いが無くなった。
いつから人類はこんな歪んだ自動的進化を遂げたのか。今年くらいからみんな急激に器用になってきているから現在進行形なのだ。
どうにもやりきれない。だが私も役割の違うユーザ権限に過ぎず管理者でも絶対者でもない。王座の脇に鎖でつながれた虜囚道化か。
今の時代にきちんと幅を利かせる人物など組織の中枢以外にありえない。そしてトップさえも傀儡で空気の言いなり。

怖いのは暴力でも脅しでもない。このシステムの本質がファシズム、単一性格の強制にあるという点。神魔や宇宙人のような不可視の黒幕が仕切ってる点。
したいことをすれば潰され、言いたいことを言えば潰される。例外を認める器量がどんどん小さくなっている。

模範者には虐待特権が与えられ、虐待すればするほど「教育したね、報いだよね」と褒められる。これがこのファシズムの巧妙さ。
私はたとえそっち側になっても絶対にやらなくて再度蹴落とされる。だからこそ被虐待側におおされたのだろう。
支配者が嫌うのはその自発意識、指示系統に従わぬ「操り人形不適格者」。

この”ファシズム組織ストーカーシステム”は、いくつかの異なるデマを流してチーム、派閥のようになっている感じがする。
各々、敵意むき出しだったり、憐憫だったり、理解している内容が違う。そして上から言われたら絶対、という縦割りの連中が始末に終えない。

属性で役割が決まっている。都心部など街中で、いきなりギャハハハと大笑いしだして馬鹿にするのは、
茶髪や服がダボダボの連中、肌も服も薄汚れた汚い裏仕事に染まったような連中、ばかり。
勤勉サラリーマン中年とかはその脇で異様な気配に顔をしかめ狼狽しているのだ。だいぶ街中がサイキックな戦場として顕著になってきてる。

投稿者 kasumin-1 : 19:32 | コメント (0)

2006年09月29日

転載 060928

http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0609.html#28

これはこうした結果を狙った「霊的謀略システム」。どっかのカルトとか政府機関とか某国とか、その辺がそのシステムを有してて、
逆らった、気にくわねえ、となれば”悪霊を仕掛けられ”る。上記のような場面ばかり出くわすようになる。社会進出阻害、下手すりゃ自殺。

このシステムは排他的選民、サイレントファシズムをかもしている。
・あれはダメこれもダメ、こうこうこういう人しかダメ。
・ダメなやつは国民皆兵で潰してよい。それが当然。
・神様が悪いといったんだから悪い奴に決まってる

情報遮断、デマ吹聴、憎悪憤怒扇動と選民意識とのコラボ、etc

投稿者 kasumin-1 : 00:38 | コメント (0)

2006年09月27日

スターリンも、率いてた国は「学校」

今や政治行政は過去の負の遺産で山積み、いかに誤魔化し先延べにするか。
こういう状況で組織ストーカーなどに狙われると、諸悪の権化役をおっかぶせられる。
あるべき視点を他へ向ける、霞ヶ関や永田町から埼玉の片田舎へ。
現代のエタヒニンが、組織ストーカー被害者というわけ。人権もへったくれも無いし。

そういう構図をわざわざネット掲示板でリークしてるのは、加害者側の工作員だ。
断じて私の推論ではない。

やらせなかったくせに「好きなことだけやりやがって」とか
作為的な情報分断、デマ吹聴で成り立っている。これでは意思疎通による融和よりも誤解によるいがみあいばかりになる。
情報戦、諜報謀略戦。

30年も待った挙句がこれだ。
鉄腕アトムや21えもんの輝かしい未来は来ず、騙しと罠と魔女狩りと、大して進化して無くてお先真っ暗の現実的未来だけ。


ある種の神悪魔が関与してまで展開されるファシズム。
「お前さえ消えれば丸く収まるんだ」
などと日本中世界中を天変地異や不吉で満たす脅し。

…などというのがもしあれば、どの道その世界は長続きしない。そのシステムの設計内容は無茶だから。
世界人口60億、日本だけでも1億。反目してそう罵られる人間は絶えず出てくるだろう。
2、3人が堪えて生き延びてたらもう大変でしょうよ。ここが破綻してる。

確信犯的に致命的状況を避けた運用なら、余計に取り合う必要はない。
なんたって世界運用を司る神悪魔、運用で生類が息絶えるのは当然だから。
ギャング神悪魔に逆らえない義務なんて無いんだよ。

あの世の閻魔が呼んでるぞ、バックレだぞ、勝手に言わせときゃいい。世も末だなあと。
従来の袈裟姿のはともかく、最近のはひどいもんだなあと。


邪魔したり嫌がらせたり、ただの人生つぶしのイジメを「お前を試してるんだ 学校だ」などと嘘八百で言い繕う組織謀略。ものは言いようだな。
それを言ったらヒトラーもムッソリーニもスターリンも、率いてた国は「学校」ですよ。拷問処刑は「体験学習」でしょう

投稿者 kasumin-1 : 15:24 | コメント (0)

2006年09月26日

隠蔽工作の手法はワンパターン

リンク

投稿者 kasumin-1 : 20:27 | コメント (0)

2006年09月24日

レクター博士式

かつての秘密警察活動は、正に戦前の特高、かなり公然だった。
現代も存続しているそれは急激にレクター博士式に、言葉や嫌がらせで自虐を狙うようになった。

それは大国などの入れ知恵もあるだろう。精神性が日本らしくない。
そんなものでも何でも支配のために使うようになってしまったよ。裏表の支配層ばかりがカルト脳になってしまった。

投稿者 kasumin-1 : 22:12 | コメント (0)

2006年09月19日

きょうの雑記 060919

防衛庁より「組織ストーカー ネオコン」でアクセスあり。


人が本当に悟りを得れば、
真の悪がわかります。
個人など弱いものは虐めません。
群れません。
自分で生み出す姿勢を好むようになります。

明日の自分が事故るか転ぶかがなんとなくでもわかります。
だがすごく悟って他人を集団いじめしてるはずの人々がそうではなくちゃんと災難に見舞われます。
金持ちにも偉い人にもなっていませんねえ。

世の中にサッパリ増えてませんので、せいぜいインチキ悟りが蔓延しているだけと推察しますが、如何。
一部機能だけ、という事なのかな。どのみち胴元に属して群れて個人虐め部隊に走る、人間にロクなのがいないけど。
面白い高機能に夢中になったり、悪事も神業で追求逮捕されない、それごとき低レベルに酔ってるお子ちゃんたち。
サイキッカーや神悪魔になろうが、人は向上しません。人間性追及とスキル向上はまったくの別で連動しないようで。

個を高めるのが古来よりの聖人神仏の姿なら、それが復活しては潰しにかかる、それは悪魔ということ。
現代は文明に染まるほど悪魔の手先になるらしい。簡単に操られるに任せる民は無尽蔵にいる。
「世にも奇妙な物語」急激に進化してゆく職場に対応できない社員がフロアの社員達に追い詰められビルから突き落とされる。
その描写はもう15年は前のことだ。

投稿者 kasumin-1 : 14:20 | コメント (0)

2006年09月18日

自分じゃないからキニシナイ

街角へ出ると気弱になり視線を避けたり、急に暴力衝動などに襲われたり、
だが全部またはほとんどが、尾行してきた追っ手の仕組んでることだ。
気にしない気にしない。素の自分じゃないんだ。
他人が仕掛けてるとわかると案外どうにかなるもので。

人を操る妖術を身につけた国家的暗殺の加担者即ち工作員という奴は、そこまでやる。
逆にノータッチを貫く。痕跡残さずが徹底してる。

それは憑依、悪霊憑きの伝え聞く症状に近い。違う何かが内側に感じられて、
それを追い出せば軽快する。

投稿者 kasumin-1 : 19:30 | コメント (0)

2006年09月17日

きょうの雑記 060917

人間は、二つのことを同時に出来るようにはなってない。
せいぜい料理で両手を使うくらいで、脳内に絶えず他人の生活が見えていても、構ってる暇などありはしない。
テレビ見ながら生活できるか。頭に固定した液晶テレビの内容を16時間生活しながら全部覚えられるか。

つまり、
「お前の生活は全て見ている知っている、超能力者だから」
みたいなことを言い出す輩はうそつきだ。組織ストーカーの被害者側となり木っ端微塵にされるが良い。
せいぜい、断片的な情報を聞きかじってるだけだろう。
他人の編集したダイジェストごときで「お前のことは知ってる」などとよく言えたものだよ。


福知山線の事故にもいた、怪しげな人物。線路際に悠然と立ってたらしい。
またこれが、匿名掲示板でサクラ部隊が故意に言いふらしてた。自分達が関与しているとでも言いたげに。

そして私は、幸不幸つまり運命を操作する連中を知っている。
そいつらがやってきて悪意を向けてくれば、自分の周囲が不運で満ちる。角材は倒れ頭に直撃し包丁が落ちて指を切る、
周囲に動かす材料がある限り連鎖する。

つまりわざわざ突き落としたりしなくても、つまづいてしまう様にできる可能性がある。非常に厄介な犯罪手法だ。

投稿者 kasumin-1 : 20:29 | コメント (0)

2006年09月15日

これが日本の日常だ つれづれ集

すっかり神悪魔になった組織ストーカー加害者側。

こちらと人格を憑依的一体化して、考えた次の瞬間にはその内容を横で喋る。
あるいはテレパシー的に頭脳に直接メッセージしてくる。口頭は建前騙し。テレパスは本音が多い。
深層心理部分から響いてくるためか、テレパスでの罵倒は感情に対し影響が強く動揺に繋がる。
相手もそれを熟知した上で狙ってくる。

いきなり心臓などが締め付けられ、「あー心臓がきついなあ」などと横で喋る。

こちらの呼吸に合わせて、掛け声などを発する。

ネットワーク系システムと一緒。相手をスニファやトロイなどで把握しつつ攻撃する手法。
彼らの様子を見れば見るほど機械と変わらない。だからたぶん性質としては悪魔といって良い。
現代人は悪とか悪魔とかいわれても嫌がらずにんまりする様なのが多そうだし。


自分と首謀者だけが知る運命改変。ある日いきなり非常識が常識になる。(思いっきり仮説)
人間が加速度的に超能力を身につけ社会にそれが浸透してる。自分だけがその変化を日々把握でき翻弄される。
ジョジョの不思議な冒険は奇妙にとなり、エルグランデはエルグランドになってた。
昔から密かな運命改変はあったのだろうか。不自然に隙のない日本を形作るために。


こういう流れは定番だ。
・ある歩道の通行人にいきなり不快感を感じ、引き寄せられるように意識が離れにくい。
・その通行人はいきなりヒャハハハなどと大声で笑い変貌して、「おまえがわるい! かわいそーー!」などと叫ぶ。
・しばらく狂った後、両者が離れるとその通行人は黙り込んで下を向いてしまう。
・黙り込まない場合は派遣されてきたプロと見てよい。茶髪だったりそういう方面の奴ばかりだ。

私が吹き込まれた気配のせい。憑依させればいいんだから加害者には楽で被害者には不都合この上ない。
組織ストーカーにより、憑依的に悪霊じみた何かを吹き込まれてしまう可能性。多いとか少ないとは同じ被害者に会わないのでわからない。

投稿者 kasumin-1 : 22:21 | コメント (0)

2006年09月12日

邪魔立てがなくなれば誰でもある程度成功できる

備忘録的な焼き直し記事。

私の現状路線の最終目標は簡単だ。
ノーマーク。カルトと化した残虐な国家諜報とその裏社会の手先からの。
普通に働き、稼ぎ、貯め、余暇を過ごし、
何よりサーキットに返り咲きブッチぎり、レースにも出てみる。
ここまでノーマークならば、別に懇意や援助などなくても問題なし。

だが
これが途方もなく可能性が薄く、いつ根負けして潰れるか、やるかやられるかがわからん。
親父すら学園紛争の60年代後半からマークや嫌がらせ工作を受け続けてた。それは日本の暗部。

何で私ごときがここまで大事になるのか。それは米的格差社会化やら全体主義化と無縁ではないのだろう。
20世紀までは諜報なんてそんなそこまで、というのが強かった。しかしブッチで影が見え始め、現政権から豹変、一気にそれが勢いをつけていた。
あれ何だか変だ、で済む一人だった私はいきなり襲撃されて今日に至る。あれ何だか変だ、のままで何年も過ごした大半の庶民。

人に理解してもらえない孤独な被害者は今後増え続けるだろう。
気付く奴はまだいいが、とんでもなく不幸なだけと思ったまま病死や自殺する奴も少なくないだろう。ハシリューの最後のように。
低周波だのでリモートに殺されるほどの世の中とは誰も思ってないもんね。

投稿者 kasumin-1 : 21:17 | コメント (0)

2006年09月08日

きょうの雑記 060908


都心などで強い邪念で攻撃されまくると、尋常でなく猜疑心や弱音とかいったネガティブを溜め込んでしまう。
その晩や翌日のテキストを見れば瞭然。まるで毛色が変わってる。
私に対する包囲網強化なのか、都心の危険度そのものが増してるのか、何とも言えない。

とはいえ、当然の顔して仕掛けられる数々の嫌がらせに、抗う意味を感じなくなってるのも事実。
国内の政府、企業、個人などほぼ国を構成する大多数が「嫌がらせ、虐めのためにいる」かのような、精神性の病んだ変化。
ここ数年で進行したそれは、虐めだけを生きがいに日本は成立してるんじゃないかとすら思えるほど風景を変えた。
ちょっとした諌めは、追い詰めて自殺させる活動に変わった。ネガばかりの増徴傾向。

これが日本。これが地球。ならば確かに不適合な私は排除対象なのだ。不自然もまた自然。
いままで陸で生きた人間にえらが出来て海中で生きるようになった。非適応の人々が陸で死に絶えるようなものではないか。

欺瞞だらけのテレパシーによる宣伝ばかり信じてる阿呆な庶民やそれに潜み扇動する工作員、今のうちだけ私を見てニヤニヤするだろう、虐めや監視は当然と息巻くだろう。
でもさっぱり改善されず事態が進まず悪化したりして、自分達が盲信してきたことの愚かさにずっと後で気付くかもしれない。
だがそれらは私にはどうでも良いことだ。はなから疎通や相互理解を捨て、一方的に石を投げてくるだけの民衆にはノータッチしか取るべき策がない。

敵は阿呆や愚かさを利用する術に長けている。劇場政治化と共通するものだ。
阿呆といってくれる人間の価値を感じ取るのがフェミニズムなら、いまはその真逆というわけだ。支配者への無条件迎合、礼儀、口を慎む…

政治が困窮したとき、二種類の道化を用意する。「英雄 か 悪党」
いずれも修飾が過ぎて胡散臭いことが多い。用意されただけあって都合よく使い倒される。「マ゛!」



司法判断、行政取締、これらが無視されてゆく傾向を危惧する。
影の支配者による事前通達の「噂」で、個人が社会へ出向いても無条件に迫害され追放され餓死する。
裁判がないから抗弁権もない、警察に逮捕されてないからつまり行政は無視されている。
かつてオウムが夢見た体制を他のカルトが実現した。

無法寄りの方が強いに決まってる。現状はそうして法権の政府より影の支配の方が強い。
それを民や法人やまして官が迎合するほど、日本は無法化してゆくことをわきまえよ。それは”根源的には破滅傾向”であることを。



・「忘れてました」
・やる気の無さそうな面接や対応

どこの会社へ行っても同じようにやられて、相手が苦々しそうだったりにやけている。
怪電波の信号が人々を操り、支配している証明。
表の法治体制が無視され、裏の無法支配が当然に迎合されている証明。

ギスギスし病んだ精神性。排他。自警。伝染病のように社会に蔓延してきてる。
かくも許容力、包容力、融通がなくなりつまらなくなった社会には幻滅するばかり。

投稿者 kasumin-1 : 14:28 | コメント (0)

2006年09月05日

あてになるのかオーマイニュース

オーマイニュースが持て囃されてる。
しかし組織ストーカー関連の記事は掲載されないどころか、「ニュースのたね」という一次置き場にさえ置かれてない。

つまり、ブログで言ってる
>現在、市民記者のみなさんからご投稿いただいた記事は、未編集のままいったん「ニュースのたね」に掲載する運営を行っています。
これ嘘。騙し。落としてる記事一杯ある。

うさんくさい。そう言われないよう努めるのか、誤魔化し続けるのか、楽しみだ。(9/8訂正)
とりあえず編集部へURL送信。

(9/6 続き)
オーマイニュースの偏向振り

肝心な記事は採用せず、どっかの思想思惑の提灯持ちや無難なマスコミソースの記事は掲載する。
「2chに自然に集まってきたのは賢い現代っ子でマスコミの欺瞞を暴いた」とか、おだて屋にもほどがある記事を。

毎日繰り返される、カテゴリ違いの街宣投稿に影響される程度の靖国にまで来てしまう単細胞で無思慮なガキのどこが利巧なんだ。
付和雷同で自分のポリシーがなくすぐ集団に入りたがる、「一般的な現代っ子」じゃないか。おだて記事でそいつらをその気にさせるなよ。
オフなどの現場はいつも共通してた。娯楽目当てになんとなく自然集合した烏合の衆だ。徒党性はない。
その中に何だか目がらんらんとして、様子を伺うようなひと癖あるたぶん斥候が混じってる。
素人を突き放したり持ち上げたりするのが異様にうまい。

少なくとも、「ニュースのたね」にはよほどギャグなネタ記事でない限り全部載せるべきだ。
震災のときのNHK総合の災害報道みたいに「太田かたたまさん(芸人 爆笑問題の一人。睾丸摘出歴あり)」を報じてしまう隙があってはいけない。
ちょっと怪しいとかクリティカルとか、そんなんで弾いているならそれは、充分に「検閲」であろう。
文章力とかソースの確実性とか、その障壁を取っ払うのがおたくらの仕事だろうが。
あとはおたくらの胴元の正体だけの問題だ。どこの大きい勢力のイヌなのか、と。誰もがそうであって欲しくないという期待をまだ秘めている。開設当初だから。

(9/8 続き)
…などというアイデアも出すだけ無駄か。
どうやら政治のプロ達にパフォーマンスをやらせてその気にさせる週刊誌的性質を持たせたいのが主な目論みのようだ。
表向きは2chに対する性質ですよ、ということにはなってるが。
本当の素人の本当の記事はまず載らない。せいぜい献立とか暮らしに便利とかいったレベルまで。

投稿者 kasumin-1 : 17:31 | コメント (0)

2006年08月29日

やわらか戦車は泥棒と同一だが…

昨日28日にWBSでも紹介されてた「やわらか戦車」
以前もどっかで記事にしたが、この作者は形にする才能はあってもアイデアを生んではいない。
なぜなら私のサイトの記述や、そこに書かれた私の姿を多分に投影されてるからだ。

本人に自覚があるケースとは限らないが。後ろにいる人に教えてもらってるか、自分で思いついたと信じてるか、ケースバイケース。
きっこなんかは確信犯のエージェント、バックヤード付だねあれは。

ラレコは泥棒であり、私は被害者。
同様に私は何らかの泥棒で、誰かが被害者かもしれない。
タイゾーは盗作を認めたが、東映は認めなかったのはそういうカラクリだ。互いに自分で発想しても、元のデータが一緒だとそっくりになる。

そんなテレパシーな「思考盗聴」「人間セルコンピューティング」「脳内情報のWinny」が、いつのまにか世間に導入され浸透している。
システムであり、水面下集団(組織)が密かに利権としているっぽい。少なくとも善意のボランティアではない。
同様事例はこの4年間の記録に無数にある。あえて個別に紹介しないのは「さすがに」面倒になったので。

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/
http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html

この作品が馬鹿にした内容なのは、”国家謀略とか裏社会の嫌がらせという仲良しさんが「ワンパターン」”だからだ。
標的を精神的に追い詰める、アニメもドラマも書籍も映画も、ゲームもネットも、世間の噂も見知らぬ人間からの中傷や視線も組織影響力により、
すべて、標的を馬鹿にした、あるいは非難の嵐にしてしまう。

なんでそんなことを?レベルの質問しか出来ない人は平和ボケのつやつやした市民だろうか。あるいはそれを煽るサクラだね。
政治利権が絡めば、批判者告発者はそうやって潰され自沈誘導されるのがセオリーだ。
疑問に思うなら戦争反対とか盲目的国粋はおかしいとか2chでしばらく書き続ければよい。家族に犠牲が出て自分の人生が終わっても知らんけどね。

投稿者 kasumin-1 : 11:15 | コメント (0)

2006年08月27日

人間が生物である以上、神に相当する存在もまた生物と同等

人間が生物である以上、神に相当する存在もまた生物と同等である。

断言できるのは年中つき合わされてるからだ。政治がらみにマークされるなどすると、その神業魔術が己が身に頻繁に降りかかるようになる。
カルトのもつ妖術、体制だけが行使できる神業、その素性はわかりようがないが、とにかく毎日、己が身に降りかかる。
呪いだの憑依だの、絵空事でないと知るのは、現実世界においてかなり激務で不幸なことだ。米国に毎週台風が突っ込む原理を知ってしまうから。

「組織ストーカー活動」、政府絡みで社会に根付いた、カルト性の高い組織的、秘密裏追い込み暗殺。これとセットでそれは降りかかるようになる。
そして、神業魔術(神魔併記するのはどっちか不明だから)なのに、やたら加害者側を加勢し、「意地悪、冷酷無比、悪行加担」なのは、加護する対象が悪党だろうが利益供与などのとある理由で援護する、
つまり「神悪魔の一部=人と変わらない欲を持った打算的、動的な生物的存在」、であることを立証している。宗教が描く寛大な完璧超人ではない。

仏は無数にいる(先祖皆仏)ように、神悪魔も無数にいて、下手すれば人間社会と同じかもしれない。「こち亀」「うえきの法則」などが描写していたように。
だから国粋の仏、ファシズムの神、契約次第で何でも援護する悪魔、などがいてもおかしくはない。
実際、魔術が実在すれば相当な高額ビジネスとなろう。世の中をまげて、思い通りにできるならば。そしてホソキカズコなど呪いに関しては裏社会がうるさいらしい。


きょうはなんだか日に二度も、右翼街宣車が目の前を通過した。同じ川口で。時期外れだよなあ街宣には。冬の大田原行きでも白バイと右翼凱旋車がセットで来たなあ。

その川口の市街地だけ、やたらと威圧感が強く近寄りがたかった。政治絡みの念術者が集結か。昼までは肝臓周辺が凝固萎縮して痛いしさっぱり力が入らず意識が遠かった。
このノウハウは間違いなく、ファシズム反対者の一掃、生活を奪う手段として使われているだろう。どこへ行っても威圧念術が襲い恐ろしい工作員が追尾し、常人が耐えるのは難しい。
しかも神業まで、つまり運命まで相手に味方する。さらに政府機関一部の関与までちらつかせる。国だの神が出てきても降伏しない人間はそうは居まい。

バイト仲間は昨日と同じく訳あり顔の、密偵っぽいのが多かった。数珠のリストバンドしてる人とか、ヤマアラシ的な猛々しい男が多いとか。
糸が絡まりまくっている風船の群れをさして「何でこうなるまで放っておいたのかね、もう手遅れ」などと訳あり顔で言うのだ。
この辺(糸が絡まっているというシチュエーションの用意)は運命の加勢。毎度毎度現場には、加害者が例え話する材料が用意されてる。
そして私は私を援護する神の援護であっという間にそれらをほぐしてゆく。他の誰にも出来ない。
瞬時にその多重関数のような絡みの出口が見えることの連続はニュータイプ、神の加護としか言いようがない。

だから、言える。
支配の本質を推進させ援護する神もいれば、純粋で素直な人間を加護する神もいる。牽制争いしてるかも、いやしてるだろうな体感的に。
単独による自作自演かも知れぬ、いばら姫の魔法使い達のような光陰の掛け合いかも、相手は悪魔かも知れぬ、だがそこまで考えたって真実を知りようがなく意味は薄い。

道中では学生が「あの人をみんなが恐れ始めている、近寄りがたい」などと言い捨てて去って言ったりする。ついには化け物扱いですかと。
私の気配を感じると、皆が感化され何割かが自動的に発言する。
・自動的に意気揚々となり中傷
・自動的に意味ありげな例え話
かならずどっちかだ。私に呪術的な憑依のような何らかの要素があるのは間違いない。こんな目にあうまではそんな要素は皆無だったし。

私は別に、右翼保守もファシズムも嫌いではない。陰陽的にかならず何らかのメリットがあるからだ。誰の心にもそれは内包されてる。
(ただし暴力的急進的なほど、こうやって肯定してやるとそれを材料に極端な正当化に走るのであまりまめに褒められないけど。)
だがいかなる要素勢力も、何か熱狂的に取り憑かれ、敵を定めて排他するようなのは嫌いだ。それはニ項対立を煽る悪魔的な罠。
小泉内閣はそれはそれは目を見張るトライや改革もあったのだ。わくわくすることは少なからずあったよ。
だが怖いことも一杯やったのは裏表総勢に多数のブレインや実行役が居ることの証明。ボスの名前が冠されているに過ぎない。
大体が公安警察といいおっかないことを仕掛ける組織や人間つまり汚れ役は中々表に出てこず素性が明らかに出来ない。


関連記事
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/2006/08/post_210.html

投稿者 kasumin-1 : 22:35 | コメント (0)

2006年08月26日

本日の雑記 060826b

米空軍三沢基地からアクセス。
2006/08/26(土) 17:14:21 cits-pr.misawa.af.mil 132.20.251.4 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ind http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&action=m&board=1143583&tid=bfh6aa4ja5ka5ea1bca59&sid=1143583&mid=104&thr=1&cur=68&dir=d

これは色々な意味で興味深い。ヤフー掲示板から、この手の話題に興味を持ち我がサイトへ飛んでくるとは。


我が身辺で公然尾行に警察や自衛隊が絡むことは視覚的に激減した。
組織ストーカーの黒幕が公安警察なども絡むとしても、表の警察、警備警察とは別物だ。
裏で暗躍するなどというのは制服の勤勉さも正義感もない。
見るからにムスっとしたゴロツキなのがそのまま職権持ったり役場の職員になったりしながら脅してくるだけだ我が周囲では。

基本的に表舞台の下層制服の身分ほど生真面目で通す。これはどの業界も同じ。裏の警察なんて裏社会を使い倒したりとスパイそのもの。
我々の知る警察官、巡査や刑事は以前と変わらず組織ストーカーなど知らずただ地域の職務に精を出してる人間がほとんど。
それは内部の不正や闇を知ると退職する人間が多いことでもわかる。

敵中の敵。
身分も立場もなく、自分で考え密かに通すこと。これがガン細胞の進行を食い止める。
とかいうとまた各々の都合よい相手をガン細胞として連想されてしまうか。

投稿者 kasumin-1 : 22:52 | コメント (0)

2006年08月18日

マスコミに対する燃料?

所詮はマスコミなんて、支配層や暴力集団の社会追放手段である「組織ストーカー活動」のその字も一切取り上げない程度の連中。
報道がニコニコ読み上げる余裕がある程度の連中。

…という愚痴も4年も無視されてると言いたくなるときもある。
こういう事象を掘り起こしていけば、説得力を持ち報道に耐える程度のネタにはなるだろうに。
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/08/blog_060818.html
要は怖いからってやろうともしない。だから右傾化のおっかない行為をさらに拡大させてしまった経緯もあるんじゃないの?


18時から日本テレビの報道では「集団チカン」なんて当たり障りのない特集リポをやってる。
「集団ストーカー(同じ意味)」はどうしたんだよ。

でかいものの横暴を暴いてくじくには、でかいものが動くしかないじゃないか。

投稿者 kasumin-1 : 16:52 | コメント (0)

2006年08月15日

お前ら無垢の素人大衆が囮をワーワー責めて騙されっぱなしでいられるという偽りの平和を享受できるのは囮が居るうちだけ

最悪のシナリオは、このばかげた冗談の4年間が冗談や訓練でなく本当の現実だと言うオチ。
この4年間の無理押しの告発姿勢は何だったのだということに。

「たったひとりの岩井とか言うさえない青年一人が憎むべき唯一の敵、死んで当然の悪党」などと思い込ませてしまう集団催眠。
普通に考えて大掛かりな組織犯罪の一種であるのに。そうした冷静な分析は集団催眠が誰にもさせない。
妄想しただけで何でもかんでもトップ権限で実現できるならとっくに天才科学者で社長でセレブだわ。実際はあちらさんの都合よい形で利用され振り回されてばかりだわ。
その「魔法スキル」がどっかよそにあって、こっちの頭脳を遠隔監視しつつ実現する内容を決めてるんだろうが。なぜそれしきのカラクリがわからんテレパシーで悟れる新人類が。
組織ストーカー活動の大本営発表を、悟りだかテレパシーでダウンロードした情報が全て、という機能退行型ロボット人種ばかりになるのかこの世の中は。

多分そうすると私が死んだら次はもしや、仮面ライダープロデューサー白倉某氏かもしれない。
「俺はただの真面目なPDだったのに、ある日いきなり悪党め、死ね、などと周囲が言うようになり妻子まで同じ事言ってきて人生台無しになってはや5年。」
「俺は東京タワー倒壊や楽天八百長優勝や富士山噴火の犯人じゃない。もう抗弁も疲れた限界ださようなら…」
いやこれはものの例えだが、誰かが必ずこのように祭り上げられる。真実を誤魔化しはけ口としての囮を用意するために。
それはテロ組織を表で叩きつつ、影でコッソリ武器を売って儲ける構図ともなんだか似ている。囮と真打。

嗚呼、空想すら好きには出来ない。何を吸い出され具現化されまた責められるかわからんから。
赤毛のアンが被害者になったら三日で自殺するかもな。
こんなことをくどくど悩んで気を使う人間が大悪党だって??おまえら人を見る目がなさ過ぎる。

投稿者 kasumin-1 : 22:17 | コメント (0)

2006年08月14日

世の中で一番偉いのは何者か。

世の中で一番偉いのは何者か。
それは、「噂」。とくに公の筋が流したらデマでも何でも関係ない。どんな偉い人物も逆らえないのは進退問題に追い込まれた議員や官僚を見ればわかるとおり。

初めて会う人が「このカラスめ」「甘えたこといってんじゃねえ」などと陰口する。
「過去に〜〜と言ったはずだ。」「心を見透かしたら悪いこと考えてた」
もう超能力者の域。日本人皆イカサマ超能力者。

組織ストーカーにおいては、テレパスネットワークで人を遠隔監視し、遠隔操作する手法がメジャーだ。
ストーカーがネットワーク越しに当人の心の中でぶつぶつ呟いたことが、当人が考えてた、言ってた、なんてことになってるのをよく見かける。
「テレパス監視」とは”土足で心へ上がり込み常駐する行為”。腐れた諜報部員の意識が幾人分も当人の心中に居るのに、絶えず洗脳やら罵倒やら繰り返してるのに、どうして当人の意思だけを抽出できるのか。

所詮そんな「思考内容」を信じて、初めて会う人間を攻撃するような人間は、狐狸に化かされる、騙されやすい人間と言うわけだ。
おかみに騙されるのは正義、という伝統的風潮だろうかねえ。東京大空襲があっても大本営がかったかったといってるから、かってるんだってか。

こうやって組織的に追いまわされれば、毎日がその苦痛で満ちれば、物騒な罵倒を返してやりたくもなる。その罵倒がまた相手のエサになってしまう。
2002年から、相手は「死ね」とか「悪い奴」だとか、「ハァ?」なことばかり延々言って来るばかり。とっかえひっかえ違う人間をよこしては。
その均一な品質は過去ログを読めば一目瞭然だ。目的はいつもひとつ。言いくるめる材料を絶えず探しワーワー集団でわめく。

なんでただの一回もテーブルが用意されないのか。論理的に裁判じみて物事を整理しないのか。
したくないからだ。一方的な物言いで片付けたいのだ。カルトの手法、秘密主義。


組織ストーカーの罵倒要員はこう書くと、「追い込まれたくないからうそを言ってる」などといい始める
で、そんなことはないなどと言おうものなら「じゃあ早く死ね」と来る

こういうトークへ持ち込む連中を信じる国民は、馬鹿でないとはとても言えないわ。


過去ログ集
http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html#taiken
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/
http://aaa56.hp.infoseek.co.jp/bbs.html

投稿者 kasumin-1 : 18:21 | コメント (0)

魔方陣グルグルなんて漫画もあったけど、現実のグルはあっちにもこっちにも

足立区職員、旧友30人以上の住民票を勝手に取得(読売)
この職員は「興味本位でやってしまった。取り寄せた住民票は全員が学生時代などの知人」などと話しているという。

>興味本位? 組織の大義のためだったら平気で法律を破るしウソもつく、そういう連中の一味である可能性がかなり高い。
>こいつの私生活を調べてごらんよ。
>ちなみに、役所に入り込んでるセクトで一番多いのは信濃町と代々木だ。オレが個人的に相手を知っていて名を挙げることができるだけでも某市役所に6人、外務省に1人いる。
>実際の人数はもちろんもっと多い。

某所より。
真偽不明には違いないが、私も蓮田市役所福祉課に3人ほど知ってる。
そういや一緒にSGでルータ設置した日立電子サービスも代々木だったなあ。本部まで歩いていったぞ。
まさかグルだったとは。

投稿者 kasumin-1 : 09:34 | コメント (0)

2006年08月09日

きょうのつれづれ 060809

運命操作など呪術のせいかどうか、あらゆる事態(金銭、健康、組織謀略)が私を終焉に向かわせている。夏を越せるか微妙。
いくら努力しても、最初から潰されている、色眼鏡で悪人視されている、普通に生きられる場所がない。
今年で死ぬか、解放されるか。現状(組織謀略に振り回されること)が半端に続くのは一番嫌だ。


その呪のひとつは、「馬鹿にさせ病」
呪いを受けた人の気配を感じると、人々は彼を監視し侮蔑し批判せずにはおれなくなる。
当人はどこへ行っても、周囲の人々から嫌がらせされるようになる。究極の呪い。


あらゆる外出先に尾行が来る。
勤務先にアルバイトや出入り業者などで入り込んでくる。
お店に客として入り込んでくる。
道端で張り込んでいる。

あらゆる出先で迷惑をかける形となる。気に病み、遠慮がちになる。
彼らの使う威圧念術の苦痛やダメージも警戒しなくてはならない。
よほど理解をもらえるか、太っ腹なところでないと就業は難しくなる。だがそんなところはまず無い。
スーパーも店や時間の選択肢が狭まる。


カルトが、悪魔の圧倒的気配に飲まれた勢力が、いかに社会を汚し支配しているか散々見てきた。
すぐには消えないだろうこの風潮。私の世代の人生の大半はこれに影響され続けるだろう。


組織ストーカー 先進列国、政府絡みの裏社会中心諜報劇

基本は、支配者や大企業などに楯突く告発や非難に対し、積極的に人権や人生を奪おうというもの。
被害者は不眠不休無給であらゆる場所で、「人権無視前提の蔑んだ態度」で尾行や嫌がらせを受ける。膨大な負荷、皆無な見返り。

組織監視でプライバシーを収集するまでは誰でも考え付く。
しかしさらに収集した情報をあちこちにばら撒いて金儲けなどに使う。製品や番組のネタ、政策、などなど。
世界国家のプロデューサープランナーにされる割りには、日々の仕打ちで健常性を奪われ出てゆくプライバシーはどんどん濁ってゆく。
馬鹿じゃないかと思う。クリーンでヘルシーが企業姿勢の常識なのに、それより上の国家的プロデュースに不健康を持ってくるなんて。
ここらへんは馬鹿、ザル、としか言いようが無いがなぜか改善されない。
ITにおいて不明なシステムを触るのは良くあることだが、いつまでも検証把握も改善もしないというのはありえないことだ。だが彼らはそれをやる。
まさか個人への嫌がらせだけのために国内外の空気を険悪にしたりするわけもあるまい。

こないだ工作員がほのめかしていた。
「国や企業のためにいくら尽くしたって、彼らも誰も、守ってはくれないぞ」
昔から支配とは悪魔に仕切られた格好のエサ、玩具。注文の多い料理店。
だがこの手のはこうやって肯定ばかりしてはいけない。頂点だけに歯止めがなくどこまでも増長するから。


筑紫大尉也 駄事総論

この所の私のトークは「立場のない若い世代を説教(弾圧)で萎縮させるな」、というテーマが含まれることが多いんですが、

私に関しましては、脳内情報を盗まれた分だけでも、相当な貢献と利益を引き出した自負があります。
しかしどういうわけか、意図して積極的にそして組織的に言われるのは非難ばかりです。涼宮ハルヒがブームになり、魔法ビン浴槽が新築物件で持て囃されるのはそんなに悪いことなんでしょうか。
利益に対する損益の理由付けが今一、というかほぼ掴めない。言いがかり以上になっていない。
利益は形になっているものばかりですから尚更です。誰がいくら出したか不明、ここを詐欺のねたに使われている気がします。罵倒している人たちは本当に出資したんでしょうか。

叩かれてばかりだと萎縮しやる気を失います。それをもって「期待したほど成果がない」というならば、たとえそれが事実だとしても本末転倒です。
そして、ずっと過去に出してみたアイデアが怖い形で具現化されれば、それに反対し離脱し時には叩く側となる、これも人情です。
それをもって裏切りとかチクリなどと言い出すなら大いに結構、それは冥利ということになります。

総じて、何らかの理由で萎縮させたくて躍起になっている印象を持ちます。仕掛けている人たちは認めないでしょうが。
もうしばらく息が続くうちは、こうした歪んだ世の中を観察して行こうと思います。

投稿者 kasumin-1 : 18:43 | コメント (0)

2006年08月07日

硫黄島玉砕と似ている

硫黄島玉砕。飢餓の中で米軍総攻撃に応戦してほぼ全滅した国軍守備隊。
生還者が言う「生きて戦うとはこんなに辛いのかと。早く弾丸に当たって死にたかった。」
今ならその言葉が凄くわかる。60年上の先輩を確かに見た。

だが私の敵は同国人。利権に薄汚れたそれは見るも空しくあまりに悲しい。
敵と言っても、プロの相手が一般人を勝手に敵とみなして仕掛けてくるのだし。

「組織ストーカー。組織謀略による追い込み自滅誘導。」

電磁波や音波を自宅へ打ち込んで臓器不全を狙う手口は、核兵器と変わらない。
劣化ウラン弾は核兵器じゃないし安全だと平気でいうどこかの国と変わらない。

電磁波攻撃は時に肌を焼き、弱らせかぶれさせる。
硫黄島での米軍火炎放射と変わらない。肌を焼かれながら篭城した国軍兵士。

タガは外れ、日本の良き精神が死に始めている。否、死にかけているのか。

投稿者 kasumin-1 : 22:23 | コメント (0)

4年間でほぼ状況を察しての総括

実にシンプル。
蒼穹のファフナー Right of Left よ


関連記事
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2005/12/post_184.html
2006 8/7分


いや本当に、これ以上書く意味が無い。あしたから書かなくていいくらい。

投稿者 kasumin-1 : 03:29 | コメント (0)

2006年08月06日

企業の嫌がらせも組織ストーカー(裏の施政)と繋がっている それは国風

偽装請負の内部告発者を隔離 松下子会社
2006年08月06日06時10分
5月26日、大阪労働局に申告書を提出。「松下は職業安定法に違反し、みずからの指揮命令の下に、他社から供給される労働者を働かせている」と内部告発した。
その10日後、松下の人事担当者から「直接雇用したい」と言われた。

 吉岡さんは素直に感心した。「これまでさんざん嫌がらせをしてきたのに、よう素直に要求をのんだな」。しかし、話をじっくり聞くと、裏があった。「1月末まで」と期間を区切られ、仕事の内容もそれまでと異なっていた。

 8月22日、松下に入社した。「期間工」の身分を持つのは社内にただ一人。与えられた仕事は不良パネルの再生。パネルの端子の間にある異物を竹串で取り除く細かな作業だった。同じ作業をしている人はほかにいなかった。「今までこのような不要パネルは廃棄処分していた」と係長に言われた。

 作業場は、黒いシートでテントのように囲われていた。苦情を申し立てると、透明シートに替えられた。が、外の光が入らないように非常口の窓が黒色シートでふさがれた。さらに、青いついたてが置かれ、外部と仕切られた。そこにたった1人。

 請負会社に雇われていた当時の職場では朝会(ちょうかい)が開かれ、正社員も請負社員も一緒になって松下の社訓を唱和した。「産業人たるの本分に徹し、社会生活の改善と向上を図り……」。松下の社員になってからは逆にそれがなくなった。


口うるさいチクリ屋をどっか辺境に隔離したいのはどこも同じだね。

投稿者 kasumin-1 : 10:51 | コメント (0)

2006年08月03日

きょうの雑記 そんな人間ばかり狙った…

きっちり言うべき事を言う、角が立ちやすい、そんな人間ばかり狙った過酷なファシズム、ホロコーストが進行している。
今や物言わぬ空気人間が大半だから、中々表ざたにならない。これを熟知した上で悪用している。
100万人が普通に暮らし、1人が民間人交じりの殺人工作員に尾行されまくり、自宅に有害電磁波を照射され、身内に多く死人や病人が出る。
100万人の何割かは殺人工作に加担している。恐ろしき「他人の不幸は蜜の味」的スパイ社会。


脳波に近い信号を利用していると思われる、テレパス罵倒。
これに混じりたまに飛んでくる声援。どうせ加害者側の自演だろう、テレパス使えるのは彼らだけだから。
そんなことを考えてると、おなじみネット掲示板「ふたばちゃんねる」では
「先輩の味方だよ(白々しく)」という言葉遊びを流行させるようになった。
この掲示板には過去4年間どれだけネタにされたことか。


運命操作や呪術をも含んだ組織謀略。歴史を劇場のように演出してゆく。

その演出において、陰陽共に擁立される駒ということに違いは無い。
幸運に満ちて賞賛されるか、(そうり
不運に満ちて悪の権化にされるか、(被害者

どっちのやり方も、作られた像も、虚構に満ちて胡散臭い。

投稿者 kasumin-1 : 20:22 | コメント (0)

2006年07月31日

誰もやらないという初歩 スタートラインのまま

所詮私は、国家というOSのデスクトップから、
意地汚いハイエナ管理ユーザの操作でゴミ箱へ入れられた身。

情報リテラシーの無い人ほど、上に飲まれて周囲に倣って同化しようとする。加担している事の善悪など考えようともせず。
今の時代、自分でものを考えても真相を見抜くいい視点を持てる人間は少なく無い。
そういう人間を前者のデマゴーグ集団に襲わせ監視させて潰そうという活動が後ろめたくないはずが無い。
そういう過去の悪習が息づきましてや進化する限り、世の不吉の下げ止まることは無いだろう。
いくら支配的見地で正道だろうが悪魔的には違いない。太古より支配こそが悪魔ともいえる。だから一握りの支配者が憑依されても中々止められない。

知的だと左になりそうでないと群れて右になる。傾向としては今も変わらないらしい。
問題は後者がより巧妙に秘密軍隊化してアグレッシブに敵性を駆逐(一般人でも容赦なく)しているのに、
前者はサッパリ群れず助け合わないことにある。現場にやってくるのは余裕ありきの後者ばかり。

まあ、公安の赤狩りは既に終了し、仕事が無いんで干されちゃ困るからこその一般人も魔女狩りにかける「組織ストーカー活動」での追込み暗殺なんだけど。
(複数のネット工作員の告発文で裏取り)
「組織ストーカー」活動なんてフロントエンドなレベルで騒がれたまんま、一向に話が前進しない元凶はそこにある。

下らないクーデター占拠のまま誰も対処しようとしない。支えあいすらしやしない。
呆れて飽きたよこの国に対して。参加できないし邪魔されるし悪人に仕立て上げられるし潰されるし、世の土台が荒廃してもみんな黙認しちゃうし。
そんなロボットみたいな阿呆だけで勝手にやってろて感じ。

面白い玩具製品は溢れてるけど、それは有意義な労働の対価。労働より先にファシズムばかり流行してしまう状態ではどんな玩具も輝かない。
どんな豪華な生活もファシズムの手先だけのためにある。有能とか関係無しに。


こないだもザBBSの集団ストーカースレッドで勝利宣言みたいなレスがあったさ。
日本じゃ組織ストーカー被害者が大人しいんで、偽被害者サイトもさほど造らないで済んでるってね。
欧米じゃかなり盛んらしい。

組織悪被害も、アニメファンも、みんなプロによりなりすまされ自演されリードされている。
流行するサイトのほとんどはこれ。2ちゃんねるだけじゃない。

投稿者 kasumin-1 : 02:38 | コメント (0)

テレビの汚染度

「プリキュア スプラッシュスター」でゴーちゃん(私)が出たり
「ゼーガペイン」でミーちゃん(妹)が出るのも(その前後の時計シーンは親父の誕生日8:11)
同じ仕掛け人(組織)による故意。嫌な思いをさせるためには子供アニメも汚す。

「ロックマンエグゼ」のアニメは公安臭が強い。なんたって子供が警察活動に協力する話だから。
昨日の放送も、罪人に向かって罪を償うだの、今から仲間になっただの。
03年の「アクセス」の時代からその方面?に大きく振り回されてるアニメ。その傾向はどのテレビ放送作品より強い。
今や多くの作品は事情を知り(こっちから連絡したり)押さえ気味になってるけど、ロックマンにはその抑制が無い。
貶しも持ち上げも容赦が無い。


映画「リベリオン
第三次大戦後の反省から、集団洗脳で全国民の「情緒感情を奪った」新しい国家支配システム。
未知の重火器「カンダタ」を駆使する男によって、その強権は打ち破られる!

…実際は民衆ではなく支配者を逆洗脳しないと、戦争も常軌を逸したホロコーストもなくなりませんがね。
特権意識、職業意識、これが大いに人を人でない別のものに変える。そうした職業の公務員や政治家の姿を垣間見てきたからわかる。
支配者と支配システムに操られる性格が強い現代社会。支配者すらシステムに操られる役者であり、台本を覆せば引き摺り下ろされる。

投稿者 kasumin-1 : 02:33 | コメント (0)

2006年07月29日

関連記事、ネット掲示板考察

http://asyura2.com/0601/dispute23/msg/126.html
>しかし、このことは、私が訪れたサイト自体とは直接関係のないことです。一つ言えることは、このサイトの管理人は病的であったり妄想癖があるようには見えず、電力や宇宙開発という分野でニュース記事を掲載したために、中央官庁などに煙たがられて嫌がらせをされ始めた(注2)のではないか、少なくとも私にはそう感じられたということです。

環境問題には容赦ない圧力がかかる。
地球少女アルジュナ」がNHKから冷遇され事実上潰されたのもそうした経緯だった。
当時、2ちゃんねる該当スレッドでもサクラ部隊による叩きが非常に目立った。


http://asyura2.com/0601/dispute23/msg/449.html
1 :1/6 元探偵 :2005/11/22(火) 21:15:55
私と同じ若者へ言っておきたいことがあります。
それは探偵にはならない方が良いということです。
〜ちなみに経営者がヤクザだと言うことは探偵業界ではよくある話です。
最初に携わった仕事に愕然としてしまいました。
その仕事とは私がイメージしていた「良い」仕事ではなかったのです。
それは初老の企業役員Xさんを精神的に追いつめる仕事でした。〜結局、Xさんは自ら命を絶ちました。
通常この仕事は10〜20人位のグループで行われます。〜相手に得体の知れない団体に狙われている事を仄めかすのに都合が良いからです。さらに
〜自分が人を殺したという罪の意識を分散するためでもある様な気がします。
そのせいか、信じられないかもしれませんが、私のように人を殺したと罪の意識に
さいなまれる人は工作員の中でも少数でした。


スレッドが
数時間後消去のふたばちゃんねる。
資産として保存の2ちゃんねる。

前者はすっかり893右絡みの犯罪予告や組織的脅迫横行の場になった。管理人も正体不明で実権を持たない。
後者のほうが場所によりずっとまともにはなった。酷い所は酷いけれど。
とりあえず2chとニュース速報板でURL晒されると一時的にひやかしユーザーの訪問が急増し、治まる。一過性で洪水と一緒。

投稿者 kasumin-1 : 12:03 | コメント (0)

2006年07月28日

テレパスも今や無線LANみたいな運用なので

”テレパス的頭脳ネットワーク”にも、堅牢なセグメント分けを。

どこにでも無制限に侵入し放題では、これはコンピュータネットワーク以下のセキュリティレベルだ。
才能は盗まれ、思考には干渉され、絶えず頭脳を監視される。思考盗聴。

どっかの馬鹿が(絶えず死ね)だの(今やってることをやめろ)だの無断侵入してガーガー言ってこれなくなれば、これは新たな秩序の到来といえる。
開発急務は優秀なゲートウェイ。ファイヤーウォール。ルーティング。これも”人がやる”のかなあ…


「あちこちで才能が枯れ、政治経済や娯楽が駄目になる。そして人間の頭も変になっている。わかるか?」
「まごころを大切にしない奴なんてだいっ嫌いだ」

どう考えてもあらゆる陰陽がアンバランス、陰傾倒だ。

投稿者 kasumin-1 : 16:51 | コメント (0)

まとまらないことをつらつら 060728


>(朝日)韓国カルト、日本で2千人 若者勧誘、教祖が性的暴行 2006年07月28日08時29分
>信者の親らの脱会相談にのっている日本基督教団は「組織的手口で思想を変え、人格を破壊するカルトの典型」と指摘する。

つまり「組織ストーカー活動」はカルトの典型。大いに便乗してる政府の一部つまり公安(秘密警察)機構もまたカルトの典型。
日本総カルト。政治的に利用したはずが逆に食われている間抜けさ。みな集団洗脳で悪魔みたいになりつつある。


色々書こうとすると、キーンと言う耳鳴りが変調する。深夜なのに出力調整ですか。
よくやられるけど、操り方を変更して妨害を効率的にしたいらしい。うまく聞き入ってしまうとおおいにトリップしてしまうことが。


日本にいる気がしない。誰かの夢の中みたいな仮想世界のよう。
安っぽく何でも実現されてしまう。相手の思い通りに仕組まれた運命による嫌がらせの連続。組織的人的嫌がらせとセット。
運命を、生物を、精密に操作する機器か何か。こうなると人間はロボットと変わらないし、世界はドラクエ世界と変わらない。
つまらん。世界の全てが安っぽく、我侭な誰かの私物。


組織ストーカーに狙われると徹底して妨害される、意思疎通、会話。簡単な相互理解をも奪った上で、加害者末端向けにシナリオを用意し盲信させる。
上が言ったシナリオが絶対、あいつが憎い、悪だから追い詰めるといったら追い詰めるのだ。
命令に従わなければそいつも仲間はずれ。追われる側になる。

一方的でなくてはならない。「自分達のトーク、やり方」、これを「偉そうな先生、逆らったら大変」
こういうスタンスで押し付け強制せねばならない。

何かあっちで集団でワーワー言ってる。ニヤニヤと色々強制してくる。
一方的に送りつけられる手紙であって、電話や世間話ではない。一方通行。
決して互いを受け入れず理解されることが無い、無意味な活動。


連中は、日によってランダムにやってくる人員、という匿名性を活かしながら個人標的を看板にして、仮想的な大事、悪事を展開する。
こいつがやったんですよ、悪党ですよ、という宣伝罵倒材料の作成は欠かさない。いざというときには一斉にこれらのカードを切る。
散々持ち上げ加勢していた匿名集団は蜘蛛の子を散らすようにいなくなり、最初から看板で目立った個人だけが吊るされる仕組み。
自宅周辺で散々工作に加担していたあの爺さんも婆さん影でもニヤついてる。そういう世界だ。


これが狂信的組織活動の横行を生み(やたら通行人を疑う夕方の防犯見回りもその一部)、
その偏狭な”エセ底辺権威”が世の中を食いつぶす。底辺で粗野だから食いつぶす数と勢いに酔ってしまい歯止めがうまく働くまい。
無法に虐めたいという本能的ネガティブを増大させる流れ。国民全体の心に荒みを生む。
自分の子供にまで、中傷など虐待暗殺の手伝いをさせるのが工作員一家である。非国民めと石を投げる「はだしのゲン」そのままの退行ムード。

投稿者 kasumin-1 : 09:39 | コメント (0)

2006年07月26日

保守に含まれていれば

なるほどそういうカラクリか、と改めて実態把握。
”あっち方面”を褒め持ち上げる、ほど緩くなり一方的でちっぽけな見返りがある。
組織ストーカーの顔色がこれでもかと変わる。

昔からいい事をして見せるのが大嫌いだった。してみせろと言われると余計に嫌だった。
肩書きに増やすため、印象を良くする為、嫌だった。
現代は肩書きにそれを増やし印象を良くする為に尽力する歪んだ人が上に上がる。
裏で「国民(社員)などこうやっておけば手を振ってくれるのだ」なんて呟くのをたまに見る。二面性助長システム。

本能の育った生物ほどイデアに沿う。
たまたま良い正しいと感じ取り上げたものでけなされたり褒められたりする。
だがそれは相手の都合でしかない。裏切りとかよくやったとか勝手に言ってるのだ。

投稿者 kasumin-1 : 18:46 | コメント (0)

2006年07月24日

真相追求には真顔恫喝

現実的な真相(黒幕公安説など)に近づくほど、大規模で真顔になる組織工作。実にテレホンパンチ。
彼らが用意し推奨する妄想(ファンタジー娯楽など)に浸るうちは緩い。相手の顔はにやけている。
最初から庶民個人と馬鹿にしている舐めている。本気で応戦すると向こうも血相変える。

それにしてもきょうはパトカーが多かった。あっちこっちから出てきて。
警備警察と公安警察(表で知られてる省庁はともかく、動いてる実質は民間人取込み草の根浸透の実態不透明な秘密組織)は繋がっててもまったくの別物らしいけど。
数年間見てきた感触では、所轄警察も自衛隊も海上保安庁も要請を受け使われてる側のようだ。
その意味で、やはり”使われてる”組織ストーカー部隊も立場は酷似。こちらは民間企業や団体構成員が多いけれど。

投稿者 kasumin-1 : 23:04 | コメント (0)

組織ストーカーも 架空請求詐欺も 類似品。

組織ストーカーも架空請求詐欺も類似品。

規模や構成や目的を誇張し捏造する、
相手が慌てるほど、返答するほど強圧的に畳み掛ける、
周囲まで巻き込み、周囲も一緒に騙しその気にさせる、
しかし信用できる内容にしては、秘密裏に始末をつけようとする、

国家諜報とオレオレ詐欺やるような裏社会チームが知恵を出し合ってるようなイメージ。混成チーム。

キャッシング&ローン駆け込み寺(毎日MSN)

お金の「困った」を克服するキャッシング&ローン術を、家利久理(やりくり)和尚が指南します。

 今月のお題 「“架空請求”には慌てずに対処すべし!」
 2006年7月19日

「先日、信用情報機関らしいところからハガキが来ました。シールをはがして中を見ると『ローンの返済漏れがあるので、至急手数料を入金しないとブラックリストに載る』という通知でした。確かにローンを利用中ですが、返済しているはずなのに、なんだかとても不安です。手数料を早く支払ったほうがよいでしょうか?」 (28歳 岡 椎蔵)

喝!喝!かぁぁ〜つっ!
慌てるのがイチバンいかんっ!まずは落ちついて真贋を見極めるべし!

貴殿はいくつかローンを抱えておるかの?とりわけ複数のローンを返済中だと、思い当たるフシがあるので、うっかり払い忘れたかと思い、つい引っかかってしまうのだ。この手の通知はたいがいは「架空請求詐欺」だ。あわてて反応すると、まんまと手口に乗せられてしまう。よぉ〜く文面を見て、怪しいと思ったらむやみに電話などせんほうがよい。正真正銘の金融会社ならば、督促状は送っても脅し文句を書いたりはせん。引っかからないようにするために、いくつか「架空請求詐欺」の手口を見ておこう。

信用情報機関をかたる架空請求詐欺
いかにも本物であるように思わせるために、最近ではわざわざ圧着ハガキや封書を使い、「信用情報機関」を名乗って送ってくるのだが、内容は『未払いにより信用情報登録の申請がなされた』というものだ。

それに続いて、「救済措置」として『未払い金と代行手数料を期日までに現金書留で送るように』と書いてある。さらに、脅し文句として『一度信用情報に登録されるとブラックリストに載り、公的手当・公的融資の受給資格が剥奪される』などと、恐ろしいぺナルティを予告して不安感を煽る。

連絡すると“手口にはまる”
記載されている電話番号に連絡すると、いかにも法を順守しているかのように匂わせ『電話では個人情報保護法に抵触してしまうので、本人確認のため免許証か保険証などの身分証のコピーを送るように』と言ってくる。しかし、それは貴殿の個人情報を詐取するためである。なにしろ貴殿が電話したのは詐欺の相手方そのものなのだ。

もし個人情報を送ってしまうと、現住所・電話番号などが詐欺犯に渡ってしまい、今度はしつこい脅迫電話などへとエスカレート。手を変え品を変え、あらゆる手口で金を巻き上げようとするはずだ。

対処法
この手のハガキは無視してまったく構わない。しかし気になるなら、全国各地にある消費生活センターに問い合わせてみるのも手だ。同様の被害が報告されているなど、最新情報と対処法を教えてくれるはずだ。

しかし気を付けなくてはならん危険な手口が次の例だの。

本物の裁判所からの通知
これがイチバンやっかいな手口と言っていい。それは“本物の裁判所”から「特別送達」という郵便で届く訴訟通知だ。ハガキや普通郵便で届くことはないが、この訴訟通知が届いたら、無視・放置は厳禁だ。

どういうことか?というと、「架空請求詐欺」という手間のかかる手段ではなく、「お金を払ってもらえない」という民事訴訟を、勝手に貴殿相手に起こしてしまうものなのだ。すると裁判所は「民事提訴されましたよ」と連絡を送ってくる。これが訴訟通知で、無視してしまうと「欠席裁判」になり、たとえ嘘の提訴でも詐欺師の訴えが認められてしまうのだ。

これは、法的に支払義務があるコトになってしまうため、家屋・財産の差し押さえ手続きなど“法的に認められた”財産保全・回収が強制執行されてしまうことになるのだ。そうなると逆に提訴しなければならず、相手の詐欺を立証しなければならない。時間も裁判費用もかかることになる。

もし「訴訟通知」が特別送達されたら、これは裁判所に確認の連絡を入れた方がよい。そして消費生活センターや弁護士に相談し、第一回口頭弁論に出席する(これを無視すると欠席裁判となる)ことだ。まったくもって卑劣な手口である。

まず、あわてるのがイチバンいかん。
詐欺師に電話してしまったらどんどんはめられていくものだ。
偽物か本物かを見極め、偽物だったら無視、本物だったら相談、この原則をよ〜く覚えておくことだの。
身に覚えのない架空請求は二段三段の構えで、貴殿をワナにはめるように仕組まれておる。どうしても不安なら、消費生活センターや国民生活センターなどに相談して、決して一人で対処しないことだの!

今回の教訓
(1)ローン返済をルーズにするなかれ!
(2)返済記録を自分できちんと記録・確認せよ!
(3)不安になったら消費生活センターなどに相談する!
(4)金融会社によってはインターネットで返済状況を確認できる。落ちついて対処せよ!
(5)個人情報を悪用されぬよう、怪しいウェブサイトにむやみに情報を書き込まない!

投稿者 kasumin-1 : 09:21 | コメント (0)

2006年07月23日

きっこのブログも電磁波殺傷攻撃を

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/07/post_f5e1.html
「次世代の新兵器」が、すでにイラクで極秘裏に使用されたことが最近公開されたビデオニュースの中で触れられていて、
1つめの誘電エネルギー兵器は、「活動拒絶システム(Active Denial System)」を利用したもので、その特徴から、「激痛光線(pain ray)」と名づけられた。この「活動拒絶システム」は、ミリメートルの「波」(電子レンジの中で使われるマイクロウェーブの親戚のようなもの)を95ギガヘルツの範囲で発射する。この目に見えない光線が人間に当たると、肌の1インチ(=2.54cm)の1/64下に直接作用して、神経組織を破壊する。2秒後には、肌の温度を130度にまで上昇させることができる。

2つめの誘電エネルギー兵器は、電子レンジで使われているマイクロウェーブを応用させた兵器である。私は、この兵器を「殺人光線」と名づけた。これは、哺乳類を電子レンジに入れると爆発することに由来している。問題のビデオニュースは、2006年5月16日にイタリアの通信社がウェブ上で公開したもので、2003年のバグダッド空港でのアメリカ軍の「誘電エネルギー兵器」の使用を調査するものであった。「誘電エネルギー兵器」の効果を伝える報告から判断してみると、それは「レーザー」以外の「光速」の技術が使用されており、一般的な「レーザー」という用語は使われていなかった。そして、これは、私の意見だが、「爆発した」という表現から察するに、2つめの誘電エネルギー兵器であるマイクロウェーブが使用されていた可能性が高いのではないかと考える。

問題のビデオを見ると、ハッキリと「頭が爆発した」って証言してるし、海外のサイトなどでイラクでの悲惨な写真の数々を見ると、頭だけが爆発したように吹き飛んでる死体がヤタラと多かったけど、これでツジツマが合った。


きっこのブログにもついに遠隔攻撃(電磁波、音波などの有害力線を照射する殺傷兵器による)の記事。
非公開技術で暗躍してた加害者側も段々隠せなくなってきた。
まあいたちごっこなんだろうけど。国家機関絡みの謀略なんてそんなもんだ。


コッカコッカと公言すると翌日からでもすぐに「歯向かった 敵め」などと
追手が増えたり普段よりギスギスしてたりする。
でも、あったことを書いてるだけなんだよね。感情論でなく、単なる報道と転載。

ほらまた嫌がらせみたいに
いまやってるNHKスペシャルでホームレスになった岩井さん(同姓の人)を紹介してる。
彼らは運命を操作できる。もしくは運命で加勢する専門の神様ぽいのが居る。
運命操作も電磁波殺傷も非公開だがいくらでも体験できる。マークされれば。



ネット掲示板での投稿などから公安(秘密警察、ごろつき集団)にマークされ毎日追尾と虐待を受けて、もう4年間。

自宅付近に加害工作員が取り囲むように住んでる場所にしか住めず、(親父の代から家庭潰しの工作は受けてた)
毎日毎日、神経が参り、内臓が弱ってゆく電磁波攻撃を浴びても、
職場へチンピラや陰湿なおかっ引工作員が来てしまうので働くことも出来ず、
金がないから移動も移転も出来ず(しても移転先に同じ工作が待ってる)、

要するに社会からほぼ完全隔離されて、資本である体も頭も壊されつつ、
絶望して自殺か、病気になるまで我慢してるかというくらいしか選択肢がない、
実は日本ではよくある処刑にかけられていると。

以下愚痴
だが一般人はおろかマスコミも政治家もダンマリ。何を訴えても公安側のテンプレを返してくるのがせいぜい。
勤勉さが足りない、自分勝手だから、ボランティアやって印象を上げよう・・・・強権に睨まれることに怯える前提の返答しかない。

そうじゃないだろ、いかな理由があれ自殺誘導だの、家族を心不全にして実質殺すだの、やりすぎだろ、
これが通じない、話題にさせまいとする、その時点まで話すと相手は思考停止し沈黙、数十秒後に上からダウンロードしてきたごまかしの台詞を喋る。
飯食おうか、さあて片付けものがあるから、などなど。「メール読みマウス(音声ロボット)」と何が違うんだ。

こうやって脳髄まであやつられたラリパッパロボットだからこそ、ダレがひっそり殺されても話題にもならず、
むしろ周辺の人間が加害行為に加わるようなおかしな社会になっちゃったんだろう。

ここ数年異常気象やらおかしなことが多い。政治経済もぱっとしない。
人殺し治安維持が正しければ、上がやってることが全部正しければ、こんな末期状態にはならないはずだ。若さや活気に溢れているはずだ。
所詮は魔王の絶対悪を維持するためのホロコーストでしかない。これは公安工作員は皆自分から自慢する。
現実に活気があるのは組織ストーカー活動の兵隊ばかり。

秘密警察はアニメの、魔王の臣下そのものだ。まるで転写したように。同じく正義の味方は大抵庶民の弱き個人がなるのだ。
絶対にかなわず病院送り、自殺などに追い込まれる。ほれみろとニヤニヤする魔王臣下。一番強い奴が勝つんだよ馬鹿、と。
そりゃ一番強い庶民階級がみな臆して黙っちゃうんじゃ強いわな。何の苦もなくお山の大将を続けられるもの。


・嗚呼いつ死のうか体が動くうちに。毎日それしかない。
・じゃなきゃ一日だけアルバイトに出向き、送り込まれてきた右翼っぽい兄ちゃん数名に仕事邪魔されながら過ごす一日。

出来る仕事は無数にあり、係長以上の報酬や役割も現実的。
サーキットを走ればそこそこ行ける。山も海も海外も語学も通信教育も。
様々なことに「参加できれば」中々の活躍が出来る。しかし…
4年前にそれらは全て奪われたまま、上のシンプルな選択肢だけの毎日だった。
そんな偏狭に病まされた人間から強制的に吸い出した発想が使えないだの暗いだの、あんたら馬鹿か。
アイデアマンやらせたけりゃ心身健康になるようにチヤホヤしやがれ。

この地球は1年後くらいに全て終わる、俺にとっては。
すでに地球上は全て廃墟同然。参加できないのは無いのと一緒だから。
終わっている廃墟に意見したりすることの空しさ。参加できず、人も街も無いんだから。
つまんねえ愛想尽きた、鞭打たれながら見てるだけしかできない国、世界なんてさ。
そう、ゼーガペイン作中の現実世界と少しも変わらない。

投稿者 kasumin-1 : 22:02 | コメント (0)

国家諜報はアイデア泥棒。 企業やクリエイターは盗品バイヤー

一度国家的謀略たる組織ストーカーで人権無視扱い抹殺対象になった人間が
スパイ行為を受ける中で積極的にそのアイデアを吸い出されて製品開発や国家運営に盗用されてゆくのも、
一見華やかにアイデア豊富な国ですら実際は枯渇して危機的であることを示す。先進的でずるいスパイ行為で成り立ってるに過ぎない。
古泉政権も新庄もひとりか複数の「捕虜」の思考を吸い出して成立していたとかね。

最近ではデスノートや涼宮ハルヒなど、無数のTV番組や製品がどう生み出されていったか、
私のコンテンツには多くの事例が記録されている。


以下は掲示板常駐型サクラ(もう二年常駐)つまりセミプロの言葉。

http://crime.bbs.thebbs.jp/1142181347/
[980]おひっぽーFile 06/07/23 14:48 CE6SlTfPMI
あれだ。
アイディアと才能は全然違うから。
今の日本芸能界なんて、ヨイのはオダギリ・ジョーくんだけみたいな世界だから、才能どころかアイディアにも窮している最新流行送り手サイドは、創作意欲の発露になるべく、本来は受け手であるはずのお客様の人生をヒントにしたり、時にはそのままパクって、飯の種にしているワケだ。

投稿者 kasumin-1 : 21:59 | コメント (0)

国家維持とは嫌な民を消してゆく作業であり、それが組織ストーカー活動 という仮説

ザBBSより。
「名無し」の投稿が光る。
どう見ても公安。蓮田市役所福祉課へ課長代理としてへ潜入してる「山崎」、その部下の「清野せいの」、これと雰囲気や言動一緒
電話してみればわかる。福祉の人間の声喋りじゃないよ。姿顔立ちなんか自衛隊みたい。

表看板として名乗り上げて、末端として人を出すのが宗教や政治の団体、探偵など。
でも違う組織の頭の悪い奴らが冴えたマニュアルで統率行動。黒幕は国家機関レベルというのは無理がない。

大局、政府そのものの大きな考え方を述べられるのは内部関係者以外には難しい。
漫画家のような空想人だけでは無理だろう。

投稿者 kasumin-1 : 21:56 | コメント (0)

歯止めが利かなくなれば

組織暴力、ストーキングの加害者には通常とは違う思考回路がある。
あるものを何で使わない、という。良心の呵責で制限しないという考え。核兵器すら敵に対しては使う考え方と同一。
加害者達は「あか ひだり さよく 仏敵 自分勝手 人殺し」などと都合の良い用語を使って、追われる人間を定義し殺そうとする。

組織ストーキング行為はほぼ「戦争」だ。追う部隊、追われる個人。
追われる側は自分も家族友人も殺されることすらある。
「勝った 負けた つええ よええ ざこ」こんな言葉ばかり、末端工作員の口から飛び出す。

ほぼ、というのは弾丸など物理兵器は使用しないからだ。
職場潰しや家庭崩壊工作、住環境への電磁波音波放射線の照射。これらで間接的に潰し、実質殺すのだ。
電磁波で心臓を悪くした家族が実質暗殺されても、何の証拠も残らない。でも本質は立派に「戦争」


加害者にとっての「馬鹿 能無し 出来ない奴 人殺し 詐欺師」などはあくまでけなすための道具に過ぎない。
2ちゃんねるの自作自演中傷を知れば、ほぼ全容を理解できる。相手がハゲデブであろうがなかろうが、意気消沈するまでハゲデブと罵倒し続けるのだ。
それは兵器利用。人間性を消しロボット兵隊として淡々とやる。効果だけを求める。

日本もついにここまで来た。行き過ぎた効率重視。人間機械化。
今後数十年間は、どういう形で人間的温情やほどほど感を生き残らせるかが、鍵となるだろう。もはや懐かしくもあるあの感じを。

毎日100人が自殺している。それが維持されたり増えているのは一部勢力の国家的追い込みで無菌化イエスマン社会化が進められているからだ。
これをロボット的組織活動で勢い付けてはならぬ。

投稿者 kasumin-1 : 18:58 | コメント (0)

部活リンチと組織ストーカー どちらも体育会系

組織ストーカー活動は、世の流れで組織的な直接暴力を間接暴力へスイッチした経緯がある。
爪を隠したタカではなくハトになった。いつまでも続くリンチ。
彼らの活動に対する言い訳文句(マニュアル通り)には、普段から聞き慣れたのも多い。
「いや、彼のためのしごきです、社会不適合でしょ」

部活。
不良先輩。
集団リンチ。
先生に見つかる「いえ、こいつのためのしごきですよ。だって集団に馴染めないでしょ」
多くは言い訳の自覚があるが、たまに目を三角にして本気でそう思い込むファッショ予備軍がいる。

結城中学校水泳部にもそういうのがあったよ。
一年上の先輩達でもめて、一人をプールから出られないように引きずり込んではタコ殴りにしてたね。
今その殴った側の先輩たちの一人は市会議員やってるけどね。
しかも組織ストーカー加害者側の、監視役として毎日欠かさず私のサイトを閲覧してる。

大人になっても、人の本質って変わらないものだな、と今では納得している。隠された残虐性とか言い訳の仕方とかね。
周囲がそうだから俺もそうやる。器用にやれば誰も何も言わないし、むしろ出世に繋がる。ここをどう対処するかが人により大きく違う。

投稿者 kasumin-1 : 18:55 | コメント (0)

段々魔の洗脳に染まってきてる世の中

さっきも近所のおばちゃん2人でニヤニヤ「あいつ大丈夫かね」
へたすれば死ぬような場所に住んでることも、どんな目に遭わされてるかもわかってる。そういう冷たさ。

身の回りには、だいぶ集団催眠に染まってしまった人間が増えたように思う。
私を、組織ストーカーの工作員が大挙して囲い込みしている(私の日常を非日常化してる)のも事実だけど、
さして染まってない人間も、私が出向く先には場にいる人間たちの意識を操ってしまう念術工作員がいるから一時的におかしくなったり、
一概には言えないのだけど、忌むべき組織活動が社会中に普及したという意味でも、やはり全体的に陰なる社会情勢は悪化してるのだ。

あらゆる上層部や公的な人間とも連絡を取った。この社会事情を知っている人間が少なからずいる。
どうする気なんだろう彼らは。我ら庶民にはどうも出来ない。庶民の何割かが既に念術体得した工作員だし。
東京都水道局や財務省の人間が仕事の場において加害者側として嫌がらせしてくるのだ。どこか夢遊な笑みを浮かべる彼らをどう見るべきか。
逆に国交省運輸局の人間はなぜしてこなかったのか。

公務員までも染まり(取り憑かれ)加害するのが当然とまでなっているほど、病巣は全身転移状態。
リストラだ異物排除だと魔女狩り抹殺に熱狂し、その恐ろしい本質への恐怖心(本能)は眠っている。
それを日常生活の中でさりげなく、しかしきっちり行う。そういうロボットになるような催眠的洗脳。

投稿者 kasumin-1 : 18:53 | コメント (0)

2006年07月19日

人も機械も、電磁波などの照射攻撃に注意する時代

人は焼けたり衰弱する。機械は誤動作したり壊れる。
人も機械もデータを盗まれる。前者はテレパス、後者はテンペスト(傍受技術)。

飛び道具もついに「力線」にまでなった。かつては核の脅威の副産物くらいでしかなかったのに。
人が痛みを忘れ、他人を傷つけることに戸惑わなくなった証。画面の向こうは何でもゲーム感覚。


http://www.itmedia.co.jp/news/0310/31/nj00_ist.html
ウイルスやスパイウェアの次に来る「電磁波の脅威」
電磁波の漏えい/侵入が、情報セキュリティの“新たな脅威”になりつつある。「新情報セキュリティ技術研究会(IST)」が開催したセミナーで、電磁波による情報の漏えいの危険性や、電磁波セキュリティの指針として制定されたガイドラインの内容などが語られた。

 PCケーブルなどから放射される微弱な電磁波を離れた場所で傍受する「電磁波盗聴」や、情報機器を狙った「電磁波攻撃」が、情報セキュリティの新たな脅威として問題になっている。

 電磁波に関連する情報セキュリティ技術活用を目的に設立された民間任意団体「新情報セキュリティ技術研究会(IST)」は10月31日、都内で「新情報セキュリティ技術研究会公開セミナー」を開催。電磁波による情報の漏えいの危険性や、今年6月にドラフト版が公開された「電磁波セキュリティガイドライン」(別記事を参照)の内容、今後の活動などについて語った。

 IST技術部会長の大野浩之氏(通信総合研究所)は、「侵入者はどの世界でも、“ローリスクハイリターン”のところを狙う。情報盗聴の世界も同じで、一番弱い場所が狙われる。従来行われていた通信経路から情報を盗む手口は、暗号化が広がってやりにくくなった。真ん中(経路)から盗みにくいなら、端から攻めようというのが今のトレンド。現在被害が増えているウイルスやスパイウェアなどは、末端の脆弱性を狙ったもの。だが、これらもセキュリティが強固になって侵入しづらくなっている。この次に来る方法が、電磁波盗聴」と警鐘を鳴らす。

 PCやモニター、プリンターといった情報機器から発生する電磁波は、VCCI(Voluntary Control Council for Information Technology Equipment:情報処理装置等電波障害自主規制協議会)規格によって規制値が定められている。だが、VCCI規制値をクリアしている情報機器でも、ごく弱いレベルの電磁波がもれているケースが多い。このような漏えい電磁波は、約100メートル離れた場所からも傍受可能という。

 「どんなに堅牢なOSや強固なネットワークを構築しても、最後は人間が画面を見ていたり、プリンターで印字したりする。これら漏えい電磁波は、従来ノイズとして軽視されていたが実は画面情報を含んでおり、特殊な装置を使うことで離れた場所からもPC画面をのぞき見ることができる」(大野氏)

 一方、電磁波盗聴とは逆に、外部から電磁波を情報機器に当てることで、機械の誤動作や故障を引き起こす「電磁波攻撃」への対策も必要となってくる。

 「落雷によって電源やトランスが焼けたといった事故はあるが、これと同じように強力な電磁波を照射することで、情報機器を故障させるということは技術的に可能。落雷に匹敵するような強い電磁波などは簡単に作れないのでは、と思われるだろうが、業務に支障を与える程度の攻撃に、強い電磁波を作る必要はない。例えば、システムが30分に1回リブートしてしまうだけで、事実上の破壊に等しい。この程度の電磁波なら、簡単に作れる」(大野氏)

 電磁波セキュリティガイドラインは、このような電磁波の脅威に対する情報システムへのセキュリティ確保の指針を提示するもの。ガイドラインでは、漏えい/侵入電磁波の定義やその経路、想定される脅威を明確にしているほか、適用範囲や対策基準、工事設計基準などが詳細に定められている。

 「今後は、ガイドライン内容の向上や実際の運用上の改善点などを洗い出すほか、電磁波セキュリティに対しての問題意識を世の中に普及啓蒙していくのもガイドラインの役割。これらの活動をどのように行っていくかを現在検討している」(大野氏)

投稿者 kasumin-1 : 15:37 | コメント (0)

サクラで成立してる組織ストーカー活動

サクラで成立してる組織ストーカー活動

お前を、みんなが、国民が、迷惑している、嫌がってる、という主張を随所で展開する。
外を出歩けば、特定の尾行たちだけがワーワー迷惑だ、非国民、とワンパターンに叫んだり囁く。演技、役者。
どんなに大掛かりでも、所詮は自演だ。

とは言え世の流行や言論統制はある程度、これの影響で動いてるのだが。
「あそこのスーパーが安いわよー」と叫んだ主婦に釣られて殺到。でも叫んだ主婦は工作員で姿を消す。
意気揚々喜んで買ってゆく主婦にもサクラがいる。

同じことを他に転用しているだけ。即ちこの活動は経済や諜報を通じての社会制圧に繋がる。

投稿者 kasumin-1 : 09:41 | コメント (0)

組織ストーカーの被害者の分類

組織ストーカーの被害者の分類

1 気付く前に病気や不幸などと割り切ってしまう人
2 組織活動のほのめかしで、気づかされる人
3 自分で気づく人

3は殆どいないようだ。気付く場合は2。
1も相当に多いことは素人でもわかるだろう。
組織暴力のみならず、世間に知れてない電磁波放射や呪術やテレパスといった技術なんぞで
目の前に現れずに自分や家族知人を不幸不運にする組織活動なんて自分から気づく方がおかしい。
あまりに異常な連中にこれ見よがしに追い回されてやっとわかるのだ。過去数年もその対象だったことに。

投稿者 kasumin-1 : 09:34 | コメント (0)

2006年07月17日

詐欺性

組織ストーカー活動も基本は同じ。国の悪い活動を手本に民間の詐欺も進化してゆくとも言える。
・不安を煽る、承諾を迫る

借金ネタ、不倫ネタ、因縁ネタ、不信心ネタ、国家マークネタ、機密を知ったネタ、
とにかくありとあらゆるネタを用意し、一定期間に集中的に仕掛けてくる。イベントが終われば次のネタに完全に差し替える。
人員も入れ替わり立ち代り別なのが来る。
民間詐欺も国家諜報も、結局は情報共有状態に近いのだろう。もっている騙しネタ資産に共通項が多い。

騙されない、飲まれない。ためには相手にしない、信じない。基本を守るしかない。
名乗りや主張は嘘かもしれない。


悪質リフォーム:だましのトーク集 良心的装う5パターン

 不必要な住宅改修でカネをだまし取る悪質リフォーム詐欺は、巧妙な話術や専門用語を使ってお年寄りを不安に陥れるのが常套(じょうとう)手段だ。悪質業者の似通ったトークには、マニュアルが存在すると言われていたが、毎日新聞はこの“だましのトーク集”を入手した。良心的な業者を装って近づくセリフが脚本のように記されるなど、詐欺が極めて卑劣な手口で行われていたことが改めて分かった。【扇沢秀明】

 ◇特訓2週間、営業・契約の2種類

 トーク集を所有していたのは関東のリフォーム会社に勤務していた20代の男性で、悪質リフォーム業者だとは知らずに昨年4月、入社したという。だが、渡されたのが“だましのトーク集”。2週間もの時間をかけて、男性は同僚と客役と営業マン役に分かれて、トークの特訓を受けたという。

 男性は営業担当となり、高齢者宅を回っていたが、しばらくして勤務する会社が悪質リフォーム会社だと気が付き、昨年12月に退職。このトーク集の存在と内容がオープンになれば、悪質リフォーム業者の根絶につながるのではないかと考え、約5000万円をだまし取られた埼玉県富士見市の認知症の姉妹のリフォーム被害を調査したNPO「ピュアライフ・ネットワーク」を訪ねた。

 ◇“特別待遇”をアピール

 男性が持っていたトーク集は、お年寄りに接近する営業担当者(アポインター)用と契約を取る担当者(クローザー)用の2種類。アポインター用のトーク集は、「テレビアンテナ」や「壁」などを悪質リフォームのきっかけにするため、「アンテナトーク」「ケラバトーク」「樋(とい)掃除トーク」「漆喰(しっくい)トーク」「壁クラックトーク」の5パターンがあった。

 「漆喰トーク」では「きょうはこちらの地区を回らせていただいている」と話しかけ、地元の業者であることを強調。次に「(屋根の漆喰に)穴が開いている」「放っておくと雨が入ってしまう」とウソを言って不安をあおり、「1カ所2000円で漆喰塗らせて頂きますけどいかがですか?」と安価で修理できることをアピールする。

 続いて、「屋根に上がって悪い所や穴が開いてないかカメラで撮って教えてあげます」と持ちかけ、クローザーがニセの「屋根の穴の写真」を見せるための伏線を作ることも記されている。

 アポインターがきっかけを作った後、高額の悪質リフォーム契約を結ぶクローザーに担当が代わる。男性が持っていたトーク集は「漆喰ラバートーク 関東版」と記されたA4判5枚。「アンテナ」「壁」などのパターン別にクローザー用トーク集が作られていた可能性が高く、地域別に異なるセリフが書かれたものもあるとみられる。

 トーク集には「テキパキと行動して一生懸命に礼儀正しく元気良く、そして当たり良く作業する」など相手をだますテクニックが随所に記されていた。「雨漏りしていません?」「していない」「ほんとですか?」とのやりとりの部分では、「首をかしげて、そんなわけないという様な表情を一瞬してから笑顔で」との注意書きがある。

 ※印付きで「客を放置することで客は勝手に想像し後でいろいろ質問してくれます」などとお年寄りの気持ちをもてあそぶような記載もあった。

 屋根裏のビデオ映像をみせる際も、「※ごちゃごちゃと細かい説明はせず(略)テレビを借りる」と書かれていた。こうした行為について、ピュアライフ・ネットワーク理事長の石田隆彦さんは「テレビを借りるのは居間に上がり、親密になる手段」と分析する。

 また、「別の現場であまった材料があるので今日だけ特別に安くなる」とも書かれており、“特別”であることをアピールするなど、ウソを重ねて契約に持ち込むノウハウが記されていた。

 男性は「関西の業者が作ったと聞いている。一連の報道に接し会社の正体が分かった。1カ所30万円、月5件のノルマがあり、朝礼で幹部に殴られる人もいた」と振り返る。石田さんは「業者の話術は似ていると思ったが、台本の現物を見て納得できた。台本がコピーなどで出回り業者間に“だましのテクニック”が伝わったのだろう。中身は建築学的にはデタラメだ」と話している。

==============

 ◇男性の持っていた「漆喰ラバートーク 関東版」より◇

 ピンポーン

○○の(社名)○○(名前)ですけど、今はしご空きましたんで今から○○(AP=アポ=内容)しときますねー。(しっかりとしたアポであれば声かけはこれだけで十分です)

※コンスタントにオーダーを挙げられる車輌で無い限り、声かけはクローザー=契約担当者=がやるべき! 一本のアポを大切に扱う事!

 (略)

※ここでどこでもいいかから完全にやる気にさせておくこと!

ク:お母さんていつも家にいますの?

客:いるけど…

ク:もしね、ちょっとでも安いほうがいいんでしたら今日僕の担当している現場が2件あがるんですけどね、新築って建て上がると足元に残った廃材とか材料なんかが山積みになっているのを見たことあるでしょ?

客:あるある。

ク:あれってもったいないけど返品しているんですよ。(略)お母さんが日程とか全部任してくれて「いつでもいいよ」って言ってくれるんなら材料流してやってあげてもいいですけどいつじゃないと駄目とかってあります?

客:うちは別にいつでもいいし、(ここで落ちています) 安くしてくれるならその方がいいしね…

 (略)

ク:わかりました。そしたら材料返品しないように電話しておきますね。

 (略)

毎日新聞 2006年7月5日 18時12分 (最終更新時間 7月5日 18時13分)

投稿者 kasumin-1 : 13:35 | コメント (0)

2006年07月16日

ランドルフ ハースト

アメリカスペイン戦争は、の偏向報道による誤情報が国民を扇動し引き起こされたとか。
する気のない戦争をするはめになった、とはTV番組「知ってるつもり」の言。
当時のマスメディアは比類なかったため絶対的な影響力を持ったという。


現代もまたこうした退行的風潮が覆いつつある。
組織ストーカー活動は、口伝や通信、(立証は難しいが多発)テレパスなどによって、
断片的で真偽不明の個人情報を、思考停止し言いなりの洗脳工作員に報知徹底し、
ノータッチながら過激な追い回しや嫌がらせをくわえ続ける国家規模の諜報行為だ。
会社や家庭にご近所から通行人まで巻き込んでデマを信じ込ませるなどして加害行為に利用してゆく。

ね、似ているでしょ。デマ扇動とか拡大工作とか。
牙持たぬハトの、自滅誘導工作。わざわざ近代的法治を邪険にしてる発想も退行的。
文明が飽和し先進するネタがなくなると、あらゆる分野が古きに依存したりネチネチし始める。


ちなみに、晩年のランドルフは孤立し、自室で半幽閉状態にあったという。
たえず壁を気にしては「盗聴されている」と慌て、対面者を連れ出し郊外の視界が開けた野天で会話をするなど奇行がめだったため、実権を奪われ遠避けられたとか。(以上、「知ってるつもり」)

これはおそらく、当時の「組織ストーカー活動」即ち諜報監視&嫌がらせを
実際にネチネチと受けていたのかもしれない。何せ情報で国を左右した人物であるし。
この手の活動は非公開が徹底されていて、まず活字化されたりはしない。
インターネットがなかったら庶民が知る術は無かったんじゃないだろうか。

投稿者 kasumin-1 : 21:14 | コメント (0)

ヒトラーの壇上に神が立てば無条件と言うわけには


http://www.kiuchiminoru.com/blog/2006/07/post_72.html
自分を超える絶対的な存在(=神)に対し畏敬の念を頂き、常に神が自分のあらゆる行動を見守っている(時には監視している)と信じることが大事

やっぱり出たか、という記事(主張)。
神になら絶対的に服従してよい、従えばよい、という話になると、
時の支配者と結びついた邪念や淀んだ思惑、所詮は魔術、といったカラクリを無視することになる。
ここ4年間そうした現場の数々を見ていたが、そんな簡単に身を任せてよいほど純粋なものではなく、むしろバリバリ政治的全体主義的だ。
人が神に成り代われるか協力を得られる手段を得た、と見るべきだろう。生物的人的な思惑が多すぎる。そればかりと言ってもよい。

神に逆らう奴の家族を見せしめ暗殺せよ、
神に逆らう奴を社会から追放し能力を拷問で奪え、

という「神の元の無法礼賛」数年間を過ごしてきた。神を支配者など任意の言葉に置換してもよい。
邪神は悪魔と同義。

消毒されて保障されて、目の前の異端者の家族、幼子まで殺めるより、
私は薄汚れたままで、いつ前者の手により殺められるかわからなくても、自分の頭で考え動く。
個人の過ちなど組織過誤には遠く及ばない些細なもの。

投稿者 kasumin-1 : 07:29 | コメント (0)

運命操作も社会操作の手段 放火も

アイドルデビュー寸前の女性が自演放火を続けて逮捕。
きょうは、無職をとがめられた男が腹いせに放火。

放火、という共通項ですでに、”運命を自演する人為”が見え隠れしている。自演する連中は絶えずワンパターンなテーマで仕組むからだ。
さらには、こうした”個人の醜い二面性を宣伝する意図”があるようにも思える。
自演は組織悪を宣伝しない。むしろ組織を活躍させるための個人悪や個々の事件を盛んに”作り出す”。
哀れなのは、体や心をそんな悪魔達に操られて凶行に及んでしまった個人たち。

小学生が受難続きなのも、
警備員がいなきゃだめだ、警察が活躍するべきだ、街中はおろか田んぼまでくまなく見回りして外出者を牽制しなきゃ…
という流れを後押しするためであった。現に、自演が終了した(基盤整備が済んだ)現在はピタリ止んでいる。
「児童が巻き込まれる事件が相次いでいます」などと毎日、広域放送を流す蓮田市の、
私に散々嫌がらせをした福祉課の職員は諜報部員であり(過去記事参照)こうした流れに加担する立場にある。
こうした内包する矛盾(福祉と暗殺 慈善と陰謀)、淀みが”今の社会の縮図”そのものだ。なりたくてなっている。したくてしている。

当の政府が裏で関与しているかは問題でない。そうした風潮作りを目論むのはもっと水面下の政治的勢力だけでも成立しうる。
「部下が、外部が、勝手にやったこと」パターン。
これはネット言論で少なからず告発されていることであり、自演臭プンプンだ。
カルトな風潮がメジャーになりつつある。そこまでネガティブにおっかなくしてどうするんだ、という一般論が通じにくくなっている。

私はこれらの実態やテクノロジーを知らない。だが現場や関連報道はたくさん見てきた。

投稿者 kasumin-1 : 07:28 | コメント (0)

2006年07月13日

妄想じみた中にこそ真相の断片が眠っている。未知の技術絡みとはそういうものだ

リセットされたように、翌日や数日後になると学習結果を忘れたように同じことを繰り返してくる、組織ストーカー加担者。
まるでデータのように、均一規格の加害機能を実行してくる彼ら。同じく仮想のように操られる天候や運命など森羅万象。

ゼーガペイン」の描写するようなコンピュータ仮想世界の概念。多少なりともこの現実世界に当てはまるらしい。
それを教えたいがための「マトリックス('98米)」だっただろうから。

例外異端者を隔離再構成するための監獄サーバ。そこへ放り込まれたのか。
やたら加害者側が神悪魔のオペレーションを自在に扱えるのが臭い。研究所だので運用してる量子サーバの中なんじゃないかと。

あるいは別に脳に直接見せられているイメージでもよい。個人の見せられてる幻だけならはるかにコストダウン、面倒な手間もかからない。
世間と話が通じない、やたら都合の良い状況が仕組まれる、などといった壮大な仕掛けも幻ならイメージを用意するだけだ。

世界が元々そうだったかはともかく、仮想空間的概念が絡んでいるのは間違いない。
現実が仮想のように動かせるか、元々仮想だったかといった違いでしかない。

投稿者 kasumin-1 : 22:42 | コメント (0)

巨大な騙し連鎖が組織ストーカーを維持している元凶か

こいつは金のなる木です、
こいつに教育してやれば大成します、

といった宣伝文句に乗せられた、偉かったり金持ちだけど頭は詐欺師ほど良くない方々。

こいつは憎い奴だから、悪い奴だから潰してやりましょう、

といった宣伝文句に乗せられた、知人や観客や加害者一味。宗教や無法者が飛びつきそうな。

結構大規模に、混然一体と、それぞれが違う情報を信じ込みながらひとつの体をなしている。
一方が助力と信じ込み、一方が復讐や殺しと信じていても、金や組織力は提供されひとつ(巨大)になるから良いという魂胆か。
結果がどうなるかなんて誰もちゃんと自己分析してない。馬鹿で思考停止した人間こそ、悪事加担者にはふさわしいという王道。

初めから前者が潰れること知りつつも展開すれば、おじゃんになった時にさらに被害者個人の評判は落ちる。
被害者になるとわかる、なぜ表では適当に助力しても裏で徹底して潰れるように仕組むのか、という定型パターンの理由。
仕事やら趣味やらでそこそこ不自然なラッキーがあっても、放射線を自宅へ照射したり、あらゆる現場に尾行を送って脅したり邪魔したり。

大きい実力者や企業がこうした全容を知れば知るほど、こんな詐欺的システムは維持が難しくなり縮小してゆくだろうに。
助力ならそれだけ徹底すればよい。潰しも(無いに越したことはないが)然り。


(他人の言葉で)
http://www.stopstalker.jp/
http://stalker.client.jp/ リンク集が充実。世の中が怖く思えてくる
http://l00yenwriteroil.hp.infoseek.co.jp/GangStalking.htm もはや加害者のトーク
http://antigangstalking.join-us.jp/
http://www.nikkansports.com/ns/general/ns_column/ns_column-18.html

投稿者 kasumin-1 : 16:59 | コメント (0)

2006年07月11日

客観的に功罪をリスト化し、世間へ向けて明らかにすることをしないズルさ

私が清廉潔白で何とも関わりがないとはもはや言わない。
一方的に巻き込まれようが悪の末端にされる輩というのは、世間で後を絶たないことでもある。
「エリア88」などはそれを描いた作品。

一番望むことは、組織加害者側がある意味もっとも嫌うこと。
即ち客観的に功罪をリスト化し、世間へ向けて明らかにすること。

だがこれは現在、世間に対し未知で済んでいる犯罪ノウハウや構成図が明らかになってしまうため彼らは好まない。
私だけを七夕の短冊のように飾り立てて宣伝するのはそのためだ。悪はこいつしかいないと、白々しい嘘を。
慌てて畳み掛ける(消しにかかる)様子が目立つのはそういうことだ。
噂を信じ込むタイプのカルトな勢力内だけで「だってねえ…」とかひそひそ話をし合っては追い込みをかける。
なぜ公に堂々とやらない。法で裁かなくなって、表ざたにはできるだろう。おかしいではないか。

恩恵や善意が混じっているにしても、オレオレ詐欺そっくりな悪質が混じってもいる以上は、一度は全容を公開すべきだ。
でないと二次被害者も減るまい。断片情報だけを教えられ、本気で協力させられたり、出資を迫られた個人や企業などが。

投稿者 kasumin-1 : 21:30 | コメント (0)

「NHKにようこそ!」 もまた

NHKにようこそ!」などはまさに、組織諜報から目をそらさせるための情報操作の賜物ではないか。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/NHK%A4%CB%A4%E8%A4%A6%A4%B3%A4%BD%A1%AA
>自分のひきこもりの原因にはある陰謀が絡んでいると信じ込んだ佐藤達広。彼はその陰謀に対峙することを決意する。

組織ストーカー活動の基本は、政敵とみなした人物を大挙して追尾し寸止めで危害を加えての社会追放、主に自宅への隔離監禁、自殺誘導などである。
こうした作品が増えることで、漫画の読みすぎや精神分裂などといったレッテルを貼りやすくなる=本人への責任転嫁が容易。

http://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E3%81%AB%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%9D!
>最近は原作者である滝本竜彦がストーリー構成で行き詰まっている。そのため、親交がある小説家(佐藤友哉ら)に「明日、角川で会議がある。だがストーリーが思い浮かばない。何か考えてくれ」と深夜のファミレスで頼み込んだこともあるのだという。

つまりは、情報収集された”私など組織ストーカー被害者の一次情報だけ”を、作者に何らかの手段(一方的なテレパス含む)で伝えているだけ。
だから最初だけ(他者から授けられた)すごい設定ではじめるが、次第に作者のイマジネーションだけに依存するようになり、行き詰る。
被害者(モデル)の現在と作品世界の時系列が追いついてしまえば、情報が入らなくなるせいでもある。

「十二国記」、「マリア様がみてる」などがこれに相当し原作が行き詰まり気味。詳細な経緯は私の「体験記」を追ってもらうとわかるかもしれない。
同じ角川系列では、「涼宮ハルヒの憂鬱」も同じように、私の身辺情報、体験記、ウェブログでの文言などから抜き出した情報で作られている。
この作品は先週最終回で、次に始まった新番組が「NHK〜」。

投稿者 kasumin-1 : 21:08 | コメント (0)

腑抜けたマスコミとクリエイタ

私生活、思考内容など、個人情報を無断盗用して作られているテレビ番組。ドラマバラエティアニメなど。
その情報収集力や介入力、公権絡みでしかありえない。こんな強引なことを何年も当然のように続けるなど。
でも、こうした国家的組織謀略を正面から描ききっている番組は殆どない。所詮、番組製作者は謀略加害者に頭が上がらないのだ。

太郎さんが先週歯磨きを忘れて虫歯になった、翌日は100円拾った、
こうした流れは番組になっても、
太郎さんがそうした様を組織的にスパイされてアニメのシナリオにまでされたとか、
毎日不特定多数の国家工作員やその岡っ引に追い回され嫌がらせを受けてるとか、
そうしたことを緻密に描く、気骨ある番組は皆無ということ。

せいぜい無難にパーツだけを取り出した「着信アリ」とか、「デスノート」とかいった作品のみ。
これらはむしろ、現実的な秘匿性組織悪から目をそらさせ面白おかしく見せるだけの内容となっている。

4年前には「ヒートガイジェイ」とか、「アルジュナ」とか、「リヴァイアス」に「スクライド」などといった気骨ある作品があるにはあった。
今やどこも、郵政造反議員たちのように萎縮してそうしたことに手をつける様子がない。
TBS組(ガンダムやBLOOD+)ですらせいぜい反米で、内政の無法ぶりは描かない。恐怖の前に腰砕け。

投稿者 kasumin-1 : 09:55 | コメント (0)

2006年07月10日

きょうの覚書 060710

そのシステム運用作業を通じて様々な要素が遠まわしに教えられる。
前任者不在。
バージョンアップしたら後戻りできない。
逃れられない。

大衆のリモートコントロールと常時マインドコントロール。
それは以前からあって、最近バージョンアップされたらしい。


道徳心があれば不利。率直で正論であるほど不利。

なぜなら組織的追尾と嫌がらせとは昔からある諜報行為であり、弱いものイジメに他ならないからだ。
だから本当に脅威な組織悪や実際に犯罪者となる人材などはむしろ構成員になっていることが多い。
むしろ一線を越えない意味で出来た人間を突き崩してなんとか悪人に仕立てようという努力が多く見受けられる。
それはある一党独裁における、異分子蹴落としの構図と映る。従順でなければ容赦ないよ、という。
そのためには本物の悪党はむしろ脅威を演出する道具になるというわけだ。


彼らのやり方には発展性がない。
奪い、統制し、仕切るばかり。社会全体に浸透し各所で柔軟性を奪っている。堅物の頭ごなしだから当然だ。
時として金と権力が優先する。テレビ番組の内容に介入すると、儲けばかりで面白さや柔軟な発想がなくなる。


ここも定期的にバッシングしてくるよねえ。典型的な組織諜報に染まり手馴れてる手口なんだけど。
素人でも数を踏めば、どのサイト(人物)が工作を目論んでいるか判別できるようになる。
怪しい、と思う生存本能はかなり高度なものだから。

投稿者 kasumin-1 : 20:40 | コメント (0)

2006年07月05日

なりすましメール。参考までに

いとこのふりしたなりすましメール。
本人が脅されて情報引き出されてるか、までは不明。

> 間違っていたら申し訳ないけれど、先日から、会社に電話してきて、私を呼び出した男性というのは、郷君ですか?
> 私はあなたに勤めていた会社名も教えていないけど、調べる方法なんていくらでもあるし、郷君かな、と思いました。
> もし、そうなら、本当にやめてください。ド田舎の、田舎者の集まりの会社ですので、その電話のことも、色々言われて、非常に迷惑です。
> 会社も辞めなくてはならなくなりました。
> そういうことするのって、貴方が受けているいやがらせを、まるで私に与えてるのと同じですよ。自分が幸せでないから、私まで、道連れにする気ですか?ちょっと酷くない?
> 血のつながった「いとこ」、だから味方だと思ったけど、間違いだったのね。

(返信)
しておりませんが。

というか貴方が本人とも限らないし(高野方に聞いてももおかしい、怪しいといってます)、
現状のままフリーメール送られてもこちらも困ります。
今後はメールは破棄しますので電話にしてください。


>以前も言ったでしょ。このアドレスも覗かれていたので、安全の為にあなたのメイルも消去したのです。
ここまで矛盾してるともうわけわからん。だったらなんでこの危険なフリーメアドで送ってくるんだろう。

> でも番号控えるのうっかり忘れました。だから、電話番号はありません。高野方?ほら、やっぱり、あちこちに電話してるんじゃないですか。
本物の身内ならここで慌てる理由がない。

> やっぱり、貴方のような方と連絡を取ろうとしたのが間違いでしたね。
> もう、こちらも一切連絡しませんから、ご安心ください。
> この世の終わりまで、私達は他人のままが良いようです。
> さようなら。

p*achd*ko@hotmail.com

ぜひ電話しますとか言って次のメールじゃなくしたとか何とか。
都合よすぎる言い訳ばかりで本物の道理がない。

投稿者 kasumin-1 : 18:07 | コメント (0)

神悪魔の痕跡

嫌がらせは、些細なことに対しても大規模に行われるパターンがある。
街路樹の周辺を掃除。無害な雑草まで手を入れることもないだろうと放置。
すると直後に自治体が依頼した雑草取り業者がやってきて余さず抜いてゆく。

このパターンも一度や二度ではない。
昨年、蓮田の雑木林に惚れ惚れした直後に伐採された(過去記事参照)。数百年の歴史はあろう林に。
一昨年は、結城の実家の並びでの民家で惚れ惚れ見ていた木蓮の樹を翌日に伐採された。

神がかっている、悪魔に付きまとわれている、どっちかなと考えた際に、
当人からすればその底意地の悪さや容赦のなさは後者という印象になる。
神はここまで絶対服従を強いるだろうか、と。
彼の嫌がらせ脅しの後には多くの人や動植物の犠牲が出る。神らしくは無い。邪神、疫病神という言い方もあるけど。

そういうものが味方についてる「組織的追い回し追い込み部隊(通称 組織ストーカー)」は、時に精密で常人離れしている。
別にゴッドとサタンどちらが味方でも、同じことは出来そうな気はする。

そして、絶対正しい神がついてる割には強引で強制的で力押しで無茶だ(ファシズム傾向、洗脳的)。
本当に無理なく正しいことは、力押ししなくても受けいれられるものなのに。


http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/07/post_536.html
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/07/post_538.html

投稿者 kasumin-1 : 15:54 | コメント (0)

2006年07月03日

おぼえがき特集

集団ストーカー 組織的ストーカー 組織的追い回し 組織的追い込み 内密的暗殺
国家規模の公然犯罪(裏社会表社会のトップ組織だからどうせ捕まらないという発想) 

警 軍 暴 右 宗 部 偵 企 報 放
なんだか呪文みたいな一大シンジケート。しかも大国にやらされてる側面も持つ。


こういう流れはある。あるとしか言いようがない。
気分的に屈しそうに成ると、飴が用意される。
普段は体調不良をおこす遠隔攻撃(微振動する、振動波がメインらしい)が、
逆に治癒の出力へスイッチされたり。

運命的な飴も仕組まれる。
警察に冤罪で拘留されて10ヶ月、釈放されたとかいった報道。現実はもはや「ゼーガペイン」のごとき仮想世界と大差ない。

で、そんな記事を見てから「ふたばちゃんねる 二次裏」などの大手掲示板へ行くと、
さっそく冤罪のスレッドが立っていて、サクラが展開している論調は
「ずっと責められてると 冤罪でも次第に屈してゆく」みたいなネガティブ誘導だったりする。
アニメ系掲示板でこんなスレッドに書き込むのはサクラ以外にいない。ふたば自体がサクラ占有率が極めて高いし。

いわば虜囚のような扱いを受けている中、精神的屈服を狙われている。
逆らう奴を従わせるのが目的である。殺さないのは組織謀略が存在することが世間に知られたら面倒だからという我侭な理由。
裏事情がイラクや北朝鮮に似ていることが世間に知れると嫌なのだ。
日本だけに、タカではなくハト。ハトだから壮絶で陰湿な集団虐待が展開される。公園で見た人もいるだろうけど。
これは加害工作員が誇らしげに語ったことでもある。


堂々と政治を扱ったブログを続けていられるのは組織の息のかかった工作員だけ。
個人は私みたいに社会追放システムにかけられて大変な状況に置かれる。


本人へも容赦なく脅しやからかいや言いがかりが降りかかる。誹謗中傷に手馴れた中年老人が多い。
嘘だろうが言いがかりだろうが、周囲に信じ込ませるだけでなく本人もすっかり信じ込むようにしたがっている。
白いカラスを認めさせる。黒いんだという限り叩く。いや、黒いと言ったら最後、必ず潰されるのかも。

ある種、テロリストを作り出して敵を絶やさないやり方にも似ている。
ここまで日本もやるようになってしまったかとため息が出る。


あきまんを名乗る安田朗。
四十代のおっさん。呑気な典型的クリエイター上層。
2ちゃんねるがどうとか公然と書く辺りとかね。

こういう呑気な平和ボケが多くないと社会は維持されない。わかっている。
でもあまり遅からず減ったほうが、密かに社会でどんな組織的魔女狩り暗殺が行われてるか、わかりやすくなって良い。

こうした人種が怖い思いしないで済んでるのはクリエイターが掲示板利権(国家と通じる情報屋利権)にとってうまい汁になってるからだ。
ある工作員はつぶやいてた。潰されたあめぞうまでが言論で、維持されてる2chは最初からはスパイだと。

私みたいにとりえも無く不正なんか叩くと組織的に追い回され潰される。人権無視の殺傷攻撃やら個人情報積極盗用やら。
弟が暗殺されても、「ロックマンエグゼ」でネタにされて終わり。「ロックマンは実は事故死した兄なのだ」ってね。
組織諜報は何でもやり放題。国の胴元に逆らってもやられ放題いいことは無い。
気に入られてるうちは面白くネタにしてても、機嫌損ねれば殺すだの追い込むだのという話が
どのアニメやドラマでも一気に多くなる。「アクエリオン」後半が一気に暗くなったように。


http://putikuri.way-nifty.com/blog/2006/05/post_5fbb.html
なんというかオタク、妄想肥大というのは現場の当事者からすればどうしようもない人種だと。再認識させてくれる。
人命の殺伐としたやり取りもイメージで軽々しく論じてゆく。誰もが当事者になれば顔面蒼白に成るだろうに。
その存在が間違ってるとは思わない。立ち位置の違いで主張が変わるだけの事。
それを封じようとすれば言論封じ、思想弾圧、ろくなことにはならない。
ただ、人柱、実在の事象が無ければイメージは生まれない。ありえねーことが起きてるから面白いマンガが多いのだとは
知らぬ人間が殆どだろうからこそ、言っておきたい。
ある漫画作品の成立には類似した現実が先にあってこそ。ありもしないことを思いつけるほど人間は器用でないらしい。

オタクも一般人も、いちど組織謀略の被害者になればよい。


弟を暗殺された
家族を攻撃工作員にされ、実家を潰された
物騒な組織暴力に追尾されまくってる
組織監視を受け、発言内容により後日の組織追尾で報復される

ここまでやられてるだけでも気力すら失せるのに。どう前向けというのか。
弱り行く内臓。数ヶ月生きられれば御の字。なんだか昨年もそんなことを言ってた気がする。

世の中で潜在的に、ファシズム前提で生き、参加している人間のなんと多いことか。
「トラップ一家物語」で、執事がナチの監視役だったと判明した瞬間のマリア先生たちの顔が思い出される。

投稿者 kasumin-1 : 09:43 | コメント (0)

掲示板より転載


http://www.asyura2.com/0601/bd44/msg/493.html
>ここで、心臓に血栓を作ることが可能かどうかという問題が起きる。例えば電磁波であるmicrowaveの照射は照射部位の温度を上昇させるので、技術的には
>何らかの特殊な薬物による血栓形成の可能性が

ここに電磁波照射などで心臓だの血行だのを毎日のように阻害されている被害者がおりますが。
一般人が毎日公然とやられてるのに、表面上の偉い人がやられないはずがない。
舞台裏で匿名集団で暗躍する奴らが一番偉いのだから。


http://www.asyura2.com/0601/bd44/msg/494.html
匿名ながら、情報のプロの視点と論調で書いてある。

監禁男小林さんは、4項目以外に「資産家の息子」という要素を持っていました。
このことからの仮説です。

・集スト(集団ストーカー)は資産家など有力者や権力の犯罪は黙認する
・前科×犯や暴力団など、本当に集ストが殺られそうな人物には集ストしない

などが考えられます。
つまり防犯ネットワークが防犯としての役に立っていない状況です。

被害者には人畜無害系の方が多そうですが、そのことからも仮説が立てられます。

・集ストはできるだけラクな仕事がしたい
・その為、自分たちが反撃されない大人しい相手を選定する
・一応、集ストをする理由が必要なので、悪評工作ででっち上げる
・ラクな仕事で正義感と達成感が得られ、防犯日誌も埋められる

これで「被害者が普通に大人しければ誰でもよい」集スト犯罪の説明がつきます。

集スト、などと略すのは一般人に知られ広められたくないからで、工作員が積極使用する。


http://asyura2.com/0601/dispute23/msg/449.html
 まず、地域の治安維持に、そこに住む人達が自主的に取り組むというのは
すばらしい事だと思います。
ただ、組織としてその動機が間違ってたから、犯罪を防止するはずの活動が
犯罪行為へと脱線してしまったわけですね。
なんでそんな事になったのか。


かくして人間の精神をついに掌握した悪魔は笑いが止まらない。
モラルもホメオスタシーも洗脳の前に無効になる。人類はとんでもない悪事をいい事と思い込んで動いてくれるようになった。

投稿者 kasumin-1 : 09:29 | コメント (0)

こういうのも遠隔ストーカー行為。(組織ストーカー 国家的犯罪)

独り者向けに小分けの新鮮食材を、と思えばショップ99が登場。
湯船が長持ちするといいな、魔法瓶がいい、と思えばTOTOフローピアが発売。
夏は無理に上着とかネクタイしなくても…と思えばクールビズ。
CB400SFにはカウル付が似合う、昔RRのカウル流用して装着したっけ…と思えば発売。

いずれも売上好調。

負のケースでは、オレオレ詐欺。数年前の出来事を模倣された。

損がどうとか勢いでなじってくる組織工作。脅すそのものが目的か、
意思疎通のまずさ(情報欠落)、収益性精査の手抜き(盲信や故意)などなんらかの落ち度があって損が出たか。
どんな金づるも過程が駄目なら簡単に損は出せるだろうから。

一時は抜ける奴は許さん、みたいなトークも目立った。未だに裏切りがどうとかいったトークも飛んでくる。
報復要素だとすれば色々と辻褄も合う。報復される前は、体よく奴隷にしようというなめた軽んじた扱いが目立った。

要は国家犯罪の被害者は人権無し、という認識が暗に周知徹底されている。
奴隷にしようが(頭脳的、肉体的、性的、様々に)組織悪の実験台にしようが賭けの対象にしようが、
胴元が一番偉いんだから無法やったっていい、逆らう奴が悪い、
どんどんギャングになってく国家上層部の発想、むろん議員官僚等と接してもそれはカルトなのはわかるのだが。

トップともなるとガキのケンカである。一番勢いがあればカルトでも中枢を掌握してしまう。
強国や裏社会の助けを借りようが、天下取ればよし。そういう過程が、いまの悪魔的日本を具現化している。
こうであってはまずい、などと口にすればどんな偉い人でも去る羽目になる。
命すら危ないのはハシリュー、ブッチホンを見てもわかる通り。

小泉チルドレンの83会の面々を見て古参議員は言った。
「ありゃまるで洗脳された宗教団体の信者だ。政権に苦言を呈すればみんなで食って掛かられる、近づけないよ」

ここまではやるまい、をやりはじめてしまった。取り返しはおそらくつかない。
西洋的悪魔は釣り糸たれて待ってた。ついに引っかかったから糸は引かれた。

投稿者 kasumin-1 : 09:15 | コメント (0)

2006年06月29日

汚し屋

汚し屋

組織ストーカーにかけられると、まずこれにやられる。
とんでもないやつ、悪党、自分勝手、様々な風評を社会中にばら撒かれる。

わざわざ組織力で加勢したり、大手企業に何か開発や制作をさせたりもする。成果を失敗にして叩く材料にするために。
むしろうまく行き過ぎると危機感を持ち相殺にかかった、そんな形跡も過去にあった。
エウレカセブンだのロックマンエグゼビーストだの、放送開始前からネットのサクラが「これ駄目なんじゃ?不安だね」を連日連呼するようなら怪しい。
事前にわかっている=予定されている、ということだから。

代表例は2ちゃんねるに対する1ch.tvだった。2ch寄りのスパイが多数入り込んで、わざわざ冴えなくてサイト運営が失敗するように仕向けた。
予定された真打を輝かせるために失敗例をわざわざ用意する手口。(情報元は元内部スタッフ、サーバー復帰屋、玄さんの告発サイト。これもサクラっぽかったけど)

で、真偽不明でも言いがかりでも、私がその発端みたいに吹聴して回る。
その気にさせるためにいくつか成功もさせる。

プロセスが最低だ。わざと失敗する手口が確立されている。
思いついただけ。ただの妄想、こういうビジネス的に成功しようが無いネタを採用する。
理知的なビジネスライクな詰め(会議とか)はやらない。故意にやろうとしないとしか思えない。自分一人で詰めたアイデアも採用しない。
年金の抜本的改革とか、商業的に無難なアニメ作品とか、を考えても絶対に採用しない。

それら組織工作の頭脳中枢には、政治的とか、謀略的とか、緻密で狡猾な意図を感じる。
凡庸な人間が振り回されているという感じではない。いたとしても巻き添えを食った、銀河系で言えば割りと外側に位置する個人や団体だろう。

妄想ばかり採用して世に出すということは、自分勝手な好き好みばかり多く世に発現するということだ。
そうやって”自分勝手な独裁者像”を本人のあずかり知らぬ所で作り上げ、カルト内部を中心に吹聴し叩く。

彼らの用意したテクノロジーの前に、頭脳は遠隔操作され、テレパシーに意見交換が出来る状態にある。
自分がひらめいたようでも実際にはどこの誰の意見かはわからない。
やたらと冴えたアイデアが次々飛び出すときは、”仕掛けられている”最中だ。

結局これは、”目立つ個人狩り”に属してもいる。個人として目立つほどつるし上げられ祭り上げられる危険がある社会構造に。
ますます没個性で悪事にも不平を言わぬ家畜が増えてゆく。
理由はどうあれ、黒い影が世の中の影響力を強める。本質的な雰囲気は決してよくならない。

無論、いち個人の限られた視点と推察だ。猜疑心に満ちても居る。

投稿者 kasumin-1 : 11:43 | コメント (0)

2006年06月27日

テレビや映画も制作スタッフも取り込まれてる

仮面ライダーのPD氏。
以前からの記事の履歴の通り、間接的組織暴力側の伝言者、またはその一部という感じ。
まあ、テレビ番組が組織暴力の伝言役として使い倒されてる現状を見れば、プロデューサーが純粋な人物のはずも、個性を発揮できる人間のはずも無いか。
彼のブログもまた番組の延長、使われ方は一緒なのだ。あとは本人が乗り気か、仕方無しにやらされてるかの違いでしかない。

最近の例え話伝言
石版で叩いた赤毛のアン:大物に文句言ったとかそんな感じだろう。
http://homepage.mac.com/cron/iblog/C324767900/E20060619012520/
まずい豪州ワイン:こちらへの文句そのものだろう。
http://homepage.mac.com/cron/iblog/C1779409039/E20060626031555/

間接的、比喩、会話が無い、から一方的で、そのせいで行き違い多数という定番パターン。
会議室で顔合わせも雑談もなしに何をどうやって洗練できる、詰められるのか。ああしたいこうしたいという意思がきちんと伝わるのか。
もはや、ネガティブキャンペーンのためにどれもこれもそうなるようにわざとしているとすら思える。

もし何かを任せたようなことがあるなら、なぜ組織工作で日々潰され無力化フラフラのいち個人にそれをやらせたのかとか、
初歩的な突っ込みどころはいくらでもある。
日々の素行をメーンキャラに演じさせるのは多くても、ああしてほしいという意思はあまり伝わらない。
だったら頭空っぽでも動いてれば格好いい奴に任せればいい。し○じょうとか。

いくら告発したって、した側の勘ぐりすぎとか言われるのは目に見えている。
理由や事情はどうあれ、加害者側末端はそれにあぐらをかいていられて身が守られる。

関連記事
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/c/archives/2006/06/post_79.html
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/01/pd.html
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/02/post_284.html
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2005/11/post_166.html
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/01/post_250.html
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/01/post_234.html
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2005/09/post_150.html

そういえば、昨年の運転講習での出来事。
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0510.html#2
教習所の運転講習に警官が結構な数押しかけてきて、
指導員が「出来なかったら大変だ」をやたら繰り返して、
原付スクーターの私に大型二輪とかそっちのけで先導走行させようとしたり、
どの場所の講習でもやらないような腕立て伏せを延々やらせたり、

どうもそういう流れと、今回の流れは一致してるっぽい。
初めから無理を承知で、腹いせ交じりの採算度外視というか。

そこまでやる意味は私含めて大抵の人には理解できまい。
家族を見せしめに殺したり実家を潰したりまでする、その意味は。
上流階級の方々のゲーム感覚なのか、はてさて。国の統治もひと死にも、そんな意識レベル??

投稿者 kasumin-1 : 13:09 | コメント (0)

ここまで熱心な訪問者は他に例が無い。本当に居ない。

弟が暗殺され実家を暗殺現場にした組織工作が根付く土地、結城市。
毎日欠かさずの訪問。公職の暇な時間をぬって来てるそうですが。
しかもご本人から例え話で「余計なことかいてないかチェックしてる」言われ。

国会議員ならむしろスキャンダルの材料にすらなる。市議だからこその活動か。

一緒に変えよう未来の」って、一体どういう風にしてしまうんでしょうか。
そういう穿った視点になってしまう。暗澹たる気持ちになる。
若手がこれでは…外面を見る限りただの見返り欲しさのペコペコ手もみの手下じゃないか。

みな公職に近づくと人が変わる。いや私生活の利益などが絡むと私人でも変わる。
人の心を操る悪魔はそこを21世紀になってさらにつけ込むようになった。
支配のための支配。支配が一番偉いとことさら強調。

いま世の中で勢いのある動きには皆恐怖ばかり感じて仕様がない。
灯火のごとき良心的な流れは、皆、強い北風で吹き消されんとしている。


1 2006/06/27(火) 03:37:55 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; InfoPath.1) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 1
2 2006/06/27(火) 03:37:44 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; InfoPath.1) stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 2
3 2006/06/27(火) 03:37:38 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; InfoPath.1) top Bookmark or Direct 3
4 2006/06/26(月) 21:40:53 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 4
5 2006/06/26(月) 21:40:39 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 5
6 2006/06/26(月) 21:40:36 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 6
7 2006/06/26(月) 12:45:24 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 7
8 2006/06/26(月) 12:45:08 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 8
9 2006/06/26(月) 12:45:04 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 9
10 2006/06/26(月) 00:00:12 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 10
11 2006/06/25(日) 23:59:55 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 11
12 2006/06/25(日) 23:59:52 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 12
13 2006/06/25(日) 14:57:01 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 13
14 2006/06/25(日) 14:56:42 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 14
15 2006/06/25(日) 14:56:38 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 15
16 2006/06/24(土) 12:50:35 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 16
17 2006/06/24(土) 12:50:00 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 17
18 2006/06/24(土) 12:49:56 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 18
19 2006/06/23(金) 02:04:35 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 19
20 2006/06/23(金) 02:04:32 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 20
21 2006/06/22(木) 13:14:32 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 21
22 2006/06/22(木) 13:13:57 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 22
23 2006/06/22(木) 13:13:53 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 23
24 2006/06/21(水) 19:28:46 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 24
25 2006/06/21(水) 19:28:40 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 25
26 2006/06/21(水) 11:27:02 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 26
27 2006/06/21(水) 11:26:56 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 27
28 2006/06/21(水) 11:26:52 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 28
29 2006/06/21(水) 00:23:07 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 29
30 2006/06/21(水) 00:22:55 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 30
31 2006/06/21(水) 00:22:52 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 31

投稿者 kasumin-1 : 09:37 | コメント (0)

2006年06月26日

回想 02年後期からのアニメにおける組織的ストーキング

http://akiba55.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/scribble/scribble.cgi
たいい:あの田無の物件には怪しいのが多かった。若手向け物件なのに競馬が似合う身なりのおっさんとか、隣がやはり馬鹿騒ぎする白人とか。 06/26 12:18
たいい:20話のロメオの狙撃された話のとき、アパートの下の住人が「びびってるよー」と大騒ぎしてた。数ヶ月後になってそれは組織ストーカーの工作員だったと気付いたが。 06/26 12:17
たいい:23話にはもう手が回って加害者側の伝言板同然になっちゃったもんな。 06/26 12:07
たいい:ヒートガイジェイ初見の11話まで追いついた。あの頃が最後の日常だったさ。 06/26 12:0
taii:兄貴とよばせて geocities.jp/kasumin777/ire/rivi1.html 06/23 13:37
taii:ちゅうか、組織的ストーキングで追い回されるようになった当初が22話のモニカギャンブル話だもんナ。うわー露骨なパックンチョ、みたいな。 06/23 13:37
taii:ヒートガイジェイも今見てみると、二代目ドンがゲーム感覚で社会を振り回してたりして、あの頃にはもう始まってたんだなあと。放送への介入が。 06/23 09:45

投稿者 kasumin-1 : 20:58 | コメント (0)

集団ストーカーによる個人団体潰しが蔓延する世の中に対するよもやま話。

地位と権力。これを至上とする考え方の蔓延。
「こっちは権力があるから、お前の人権など無視して好き勝手仕掛けられるんだ。」
「そっちは地位が無いから反撃も出来ないだろう、黙ってればいいんだ。」

やられるほうは道化、見世物、かませ犬。やるほうは高みの見物。無論上層部だけで末端は苦労してそうだけど。
こないだは、知的障害の中学生をつれてきて自動販売機に向かって奇行をさせ、健常の中学生にそれを遠くから見物させて馬鹿笑いさせるというのをセッティングされた。
遠まわしな中傷が得意な彼らは、こうやって遠まわしにこちらを馬鹿にする。彼らがキャストなのは一定時間すると急にうなだれて静かになり帰ってゆくからわかる。

過去の遺物ではない。これからますます蔓延してゆくのだ。お偉いさんを祭りたて利用する裏社会の気配。
何もここまで、の領域。気持ち悪い。もはや人の有様ではない。


かけた金がどうだのといった脅しの散発。
先週放送の「ケロロ軍曹 115話」もそんなストーリー(ケロロ賛美の映画制作が頓挫して請求の山が)だった。この番組では良くあること。一度でも「介入」された作品とはそういうものだ。
あなたの好きな声優とスタッフで番組作ったら損した。無茶苦茶破綻論理。
いっさいこちらの意思も絡まず、編成会議に出席できたわけでもない。
ただこちらの頭脳を遠隔盗聴し、その断片的情報を使ったというだけで損を請求できるなら、もはや考え事をしただけでもたかられる危険性があることになる。
ビジネスモデルとして体をなしてない。素人同然でもわかるそれをあえて展開するならば、その無茶の方に問題がある。

ガンダムSEED、Zガンダム劇場版、など。
「組織的購買工作で売上を出し、次回作への資金を提供してやった。」
サクラがこのような発想を匿名掲示板上で提示していることが何度かあった。
こんな発想が事実ならば、資産運用的な視点しかないということ。アニメを知らず興味なく。
愛が無い、ちぐはぐな中身に仕上がってても、なぜか売上だけがついてくる。今後こういう事例も増えるのだろうか。
興味ないということは、出資側(老齢者とか)がそのちぐはぐな中身を理解できない可能性があるということ。


http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/2006/06/post_157.html
2−1 目的別の分類
目的レベル5:集団ストーカー犯罪システムの一部に組み込まれた企業・団体は、「企業風土の改革」が進められます。自社社員のリストラ目的 社員の結束力強化の目的 身代わりに一般社員を狙う目的

上の記事で取り上げたサイト(内部情報満載、書式も内通者。100円ライターに偏狭するのは目くらまし)
を見る限り、世間の企業などへも「教育 改革」名目での介入がまかり通っているようだ。
つまり魔術を使って人々の意識を操り逆らえないようにし、教育名目で世の中のどこへも入り込んでゆく。

広域遠隔洗脳で民衆を狂わせ、操ってでも、自分達の支配権のことしか考えないからそれでよし。
いまの世の中、世界を席巻しているのはこの流れだ。
つまり21世紀は暗澹としている。映画のごときマフィア社会になりかねない。


仮面ライダーカブト」の主演俳優と同姓同名「さとう ゆうき」。生き埋め殺人容疑で逮捕との報道。
運命を操作する妖術。これの運用で起きた痕跡、同様の事例は暇が無いほど日常的。

足止めのためだけに道すがらの人が車が無意識のまま、神がかりに通せんぼ。歩けば葬儀屋の前やご霊前袋の前に誘導され。
組織謀略の悪態をつけば雨が降り出し強風が吹き荒れることもある。
それは神、悪魔が組織謀略に味方するごとく見える。邪に染まったそれは邪神、悪魔としか被害者には言いようが無い。
だから「魔術」と呼ぶ。


http://flat-racing.sakura.ne.jp/oretoumi/hp/manga.htm
「涼宮ハルヒに対しての憂鬱」
「集団ストーカー活動による追い込み」。その精神性が垣間見える。
他の最近の作品をみてもわかるとおり、ほぼその手の身内なんじゃ無いかというような表現が目立つ。


いずれも「支配(仕切り)」、これのみ至上。
モラルとか節度とか眼中に無いと見える。

魔術といえば細木数子。その数々のスキャンダル報道を見る限り裏社会がオカルトに執心しているのが伺える。

投稿者 kasumin-1 : 10:16 | コメント (0)

2006年06月25日

国家的組織的、追い込みと締め付け。(集団ストーカー 電磁波攻撃 etc)

国家的組織的、追い込みと締め付け。(集団ストーカー 電磁波攻撃 etc)

しばらく付き合うと必須要素なのがわかる。国際的なのも(親玉は知れたことで)。
こうなると日本だけがどうなるものでもないだろうなあと感じ始める。国際社会では追随が必須だから。
そうなると巧妙さが必須となる。お仕事はしています、という姿勢(アピール)とそれとは別の真意と。
偽被害者工作員などの”加害活動撲滅発言”はその意味では非現実的。楽園思想だ。

投稿者 kasumin-1 : 21:33 | コメント (0)

マインドレイプ

テレパシーによる思考盗聴。人体の遠隔操作。
これらを「マインドレイプ(精神的な強姦)」として表現してくるのも組織悪(諜報工作)の特徴。
何せテレパスであるから常時私生活は筒抜けになる可能性がある。

ネット掲示板を閲覧すると、ちょうど良いタイミングでリンチだのレイプだのの画像が連続投稿され、
いつまでも最新のレスがついて最上部にスレッドがあり続ける。(このへんの常識的システムに関しての説明は割愛)
被害告発や、諜報の横暴に対する政治批判、これをした直後に激化する。

相手の精神を撃沈し、下僕に等しい位置におきたがる。いわばこれは戦争であり、捕虜なのだ。大戦期の手法と変わらない、過去記事の通り。
組織工作には純粋な日本だけでなく、在日やその他の外国人が関与している。どこも複数の思惑が絡むごった煮、混沌だ。

投稿者 kasumin-1 : 21:12 | コメント (0)

2006年06月22日

復讐、ね。出来過ぎ。

http://www.pointex.biz/~wataru/mt/archives/2006/06/21224406.html
公権力による特定の個人への『復讐』というのは、いつの時代、どの国にもある。
日本でも、おそらくそうだろうといういわれる例は、枚挙にいとまがない。
ここ十年の傾向としては、社会的地位を剥奪するだけでなく、本人・家族の人格まで貶め、それを周知するという徹底ぶりが目立つ。
今後はもっとエスカレートして、戦国時代並に“一族郎党 根こそぎ”というところまで行くだろう、と考えられる。

「集団ストーカー」はそのために、か。
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/2006/06/post_157.html
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/2006/06/post_160.html

国家中枢から発せられた脅迫は、たいてい犯人が捕まらないか、身代わりが出て終わる。
予算や任命権を握られているということではない。
警察はどこの国でも国家を守るためにあるからだ。

蓮田市役所福祉課課長代理(表向き)のやmざきさんが昨年言ってたこととも一致する。


「脇が甘い」という感想が、もっとうまくやればよかったのに、尻尾を掴まれるなんてアホやね、という意味だったことがこれで分かったろう?
連中が国民のことなんか真剣に考えてるわけがない。
これからはお人好しが地獄に落ちる時代。
誰もあんたのことなんか助けないぜ。


この手のサイトはどこも、私が見るようになってしばらくするとこんな物騒な物言いが急増する。
手が回っている、としか。

投稿者 kasumin-1 : 21:14 | コメント (0)

携帯電話無いの?

事あるごとに「携帯電話無いの?」のオンパレード。
つまり国民が皆所持することに重要な意味があると言うこと。
洗脳か、位置確認か、個人情報収集か。

少なくとも組織ストーカーは必ず、携帯電話に向かって喋る。伝えたいことを通話に偽装する。

投稿者 kasumin-1 : 10:47 | コメント (0)

天から降り注ぐ、集団催眠洗脳波。

天から降り注ぐ、集団催眠洗脳波。
この洗脳を食らえば、空気に操られて読めば読むほど悪魔の使いとして忠実なロボットとなり自我は消えてゆく。
この攻撃を食らえば、自信喪失、定点への電撃、頭脳IME辞書を誤変換され怖い汚いことばかりが浮かんでくる、など。

人類を操り、牛耳り、使い走りにしようとしているそれは何者なのか。
政府裏社会宗教企業、あらゆる上層部を汚染し深刻な変遷をもたらしている。

などとかいてたら上の住人(ヤンキー系スパイ)がドンドンドンといつまでも床を叩いてる。もはやヘビーマーキーだな。

投稿者 kasumin-1 : 10:45 | コメント (0)

どこにでも居る組織スパイ

結城市議会議員 立川氏にこれだけ監視されている。毎日こんな頻度。

1 2006/06/21(水) 19:28:46 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 1
2 2006/06/21(水) 19:28:40 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 2
3 2006/06/21(水) 11:27:02 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 3
4 2006/06/21(水) 11:26:56 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 4
5 2006/06/21(水) 11:26:52 ntt3-ppp687.east.sannet.ne.jp 211.133.164.179 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 5
6 2006/06/21(水) 00:23:07 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 6
7 2006/06/21(水) 00:22:55 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 7
8 2006/06/21(水) 00:22:52 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 8
9 2006/06/20(火) 19:00:02 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 9
10 2006/06/20(火) 18:59:58 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 10
11 2006/06/20(火) 00:03:34 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 11
12 2006/06/20(火) 00:03:32 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 12
13 2006/06/20(火) 00:03:16 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 13
14 2006/06/20(火) 00:03:12 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 14
15 2006/06/19(月) 17:43:07 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 15
16 2006/06/19(月) 17:43:03 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 16
17 2006/06/19(月) 08:10:56 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 17
18 2006/06/19(月) 08:10:52 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 18
19 2006/06/19(月) 02:43:50 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0606 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 19
20 2006/06/19(月) 02:43:46 ntt7-ppp1102.east.sannet.ne.jp 219.106.14.86 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 20

日本人とはこうもスパイに熱心だったのかとため息が出る。こういう人間はそう珍しくないのだから。
どこから来た?、その地域には親戚知人が居る、などといった定番文句が出ればスパイだ。

この国は自ら悪魔に(精神を支配された下僕に)なろうとしている。かような勢力が伸ばしている現状を見ればそう結論したくもなる。

投稿者 kasumin-1 : 10:40 | コメント (0)

暗殺現場は取り壊され庭に

戸建競売に取壊し費用で1000万円はくだらない「庭」。
それに資材費用もかかっているようだ。自前で整備費を浮かすにしても。

工作員宅で囲い込まれた現地。陰謀暗殺の現場だった実家跡地。ここで弟も飼い犬も義母も私も同じように心臓をやられた。
証拠隠滅というのを勘ぐりすぎとするのは自由だ。

投稿者 kasumin-1 : 10:31 | コメント (0)

テレパシー監視 思考盗聴は 平和に貢献するか

他人の思考が悟れる(テレパシーで聞こえるので盗み聞きする)としたら犯罪は防げるでしょうか。犯罪者は特定できるでしょうか。
いま既にそうだとしても一切減ってないし特定できてない。数字や世情に表れていませんね。

ある親父が、女房殺してえと頭の中で言ったとしてもそんなの誰でもあることです。
独裁とか殺戮とか侵略とかロリコンとか団地妻とか、オタクだったら年中考えてるでしょう。
考えるまでもなく行動し、飄々と雑踏をすり抜けていくのが犯罪にわざわざ着手する人種ではないでしょうか。
組織悪の一端なんてまさにその権化ではないでしょうか。

そういうやり方は必ず胴元が仕切り、いずれそこが原因で新たな不正や捏造や犯罪が起きる可能性があるのです。

ある意味、公的税制と同じ気配がします。
弱小個人サラリーマンはガラス張り。なんでも追求されもって行かれる。
組織のために何かやってる人々は多少の悪事も追求されない。抜けたりリタイアするとキン丸やハシリュみたいになる…

そう、公的で巧妙で同一性なんです。超能力も運命支配もその手中にあるらしいのです。

投稿者 kasumin-1 : 09:23 | コメント (0)

2006年06月18日

車の尾行

晩のリンガーハット蓮田店に尾行。Yシャツ薮睨み、黒ポロシャツ眼鏡。諜報機関か探偵系の特徴。不良学生グループまで居るのは手配か否か。
テイクアウトと知ると慌てて席を立ち、咳払いしながら入り口で横切る。
いつまでたっても車の周囲でウロウロしたりじっとして帰らない。こちらが帰りだすとそそくさと去った。
トヨタターセルに後ろ黒フィルム。古い。4404というのは狙って取得したのだろう。

外では終始威圧感。この手の連中は念術的威圧を欠かさない。

投稿者 kasumin-1 : 22:35 | コメント (0)

被害告発サイト 「集団ストーカー認知・撲滅(概論)」

http://l00yenwriteroil.hp.infoseek.co.jp/GangStalking.htm
よくできてる。プロの知識満載。
某被害者の会系統、参加者のサイトも含めて賛美しかしてないので工作員には違いない。
ちょっと頭の回る被害者ならば、あそこが自演と工作員だらけなのがすぐわかる。会長も。
まあ、偽者が多く居るおかげで本物が庇護されてる側面もあるのだが。国際諜報戦の渦中でもある以上は。

ハインリッヒの法則
1つの重大事故の背景には29の小事故があり、その背景にはさらに……
「無秩序なネットワークの中では適度な増長度をもたせたほうが的確に伝わる、シャノンの情報理論だよ」
「70のデタラメな情報に、30の真実をうまくまぜて流す。真実だけならすぐ揉み消されておしまいだからね」

アーカイブ

投稿者 kasumin-1 : 20:43 | コメント (0)

2006年06月15日

大手掲示板チェック

最近の集団ストーカー被害スレッドというのは加害者側工作員に占拠される代わりに、かなり深い情報を拾えるように仕向けられている。
小手先の体験談や防衛策もいいが、結局は日本乗っ取りとかそうした影響力による国策ファシズムとか言う話なのだから、マクロに知っておいた方がいいという話もある。
「主体思想」そのものの監視社会傾向、特定勢力以外の社会追放が目立つのは「出身成分」。もはや政治の半分以上は日本的でない。こめなかあさ。


http://crime.bbs.thebbs.jp/1142181347/e40
[761]ぽち 06/06/11 13:34 ls7ieLGyD6
2ちゃんで大変なカキコ見つけた↓

朝鮮半島からの難民を大量に受け入れ、日本人の税金で養う法案が
2006年6月13日の衆議院をこっそり通過しようとしています。

[762]おHip-File 06/06/11 17:31 vyum2O8ewa
ぽちさま

それは大変です!

(略)それも待たずに、なんで日本がお人よしにも税金で面倒見るなんて言い出すのさ。
どーしてもそうしてあげたいんなら全員平和会館で住まわせてあげて、ガカーイで面倒見てあげれば?
日本の税金使わないでね。
かの国の方々なんて、どうせまた将来、強制的に連れて来られたなんて言い出すんだから。

[766]ぽち 06/06/12 00:23 ls7ieeSxOx
>かの国の方々なんて、どうせまた将来、強制的に連れて来られたなんて言い出すんだから

ほんとかんべんしてほしいです
バカマスゴミとバカ政府のやり口には心底閉口してしまいます

狂暴在は一応延期になったのに
畠山鈴香とかシンドラーエレベータ(を自作自演で引き起こして)でさんざん騒いでるから
何か隠したいことでもあるのかな、と思ったらコレだ

[773]総会や 06/06/13 04:34 D-4Rpo.
>>770
集団ストーカー被害者の行動範囲に売られている防犯グッズは全てチェック済みかも
何せ名誉と肩書の有る人達が、何も知らない青年労働者にレッテル貼付けて治安活動気取ってるんだから。

投稿者 kasumin-1 : 07:55 | コメント (0)

2006年06月14日

体を張って守る価値もないこの世界

最近は孤軍奮闘に孤立無援も慣れてきたが体が持たない。生き延びる意味を見失っている。
周りはファシズム万歳の追手と工作員ばかり、そんな選民思想バリバリな国放っておいて楽になりたくもなり。
こっちは自分の生活を潰されたのみならず、弟殺され実家は離散してなくなった。ちょっとアルバイトしたりぶらつけば暴力的な追手が脅しや嫌がらせに来る。
そういう組織工作を怖れも反省もせずむしろ積極加担する民が数多く居て勢いを増している国に未来などありえない。

今も自宅で遠隔攻撃の神経磨耗作用で参っている中書いてるのだ。24時間途切れない。
照射する方はドライヤーのスイッチ程度の気分だろう。こっちは命に関わるのに。

こんな事実を世に訴えたら昔なら大騒ぎだ。しかし3億円で大騒ぎになった頃ならいざ知らず今は5億円盗まれようが数日で忘れられる時代。
組織暴力、あっそう。怖い怖い忘れよう、他人事など知るかわが身大事、程度の民しか居ない。共同体精神は壊滅して久しい。
見れば見るほど知れば知るほど、潰れるべく滅びるべく現代社会は在る。


しごきだとか身勝手な主張をを押し通す前に弟の命を返せ。
30年以上続いた岩井家潰しの国家的組織工作を認めて謝罪せよ。

投稿者 kasumin-1 : 23:21 | コメント (0)

神の存在を信じるか体験したかは各々に任せるとして

神の地上への介入手段には限りがある。運命改変や霊への対抗のみである。
邪悪な気配は相殺できる。霊界など仮想的異次元的空間には強い。だが物理空間には肉体を持たないせいか弱い。

銃弾を放たれないようガンナーの気を削ぐことは出来ても、放たれてしまったものは防ぎようがない。
たまたまそれるとかかするという確率は残されてはいるが。
銃弾ほど物騒ならいざ知らず、電磁波や放射線は隠れた場所から容易に放てるのでガンナーの気を削ぐことすら難しい。
しかも広範囲照射なのでそれることもかすることも難しい。

善良の神はささやかなものだ。
悪魔(邪神)はほぼ国際社会を網羅した。

投稿者 kasumin-1 : 23:17 | コメント (0)

攻殻機動隊SACの世界は実は未来でもなんでもない

http://www.jscf.org/jscf/SIRYOU/igaku-1/2005-11-5NHK.html

「考えただけで動く機械の腕」

つまり標的の脳波を傍受してペラペラ喋る機械の口、というのもできるわけだ。
口を製造しなくても、パソコン上でテキストにすればよいし。


「コンピューターが脳を動かす」

機械信号で脳をコントロールして病気を治せるということは、治癒信号や照射すべき部位を把握してるということ。
つまり、逆に病気の信号も把握して、誰かを抹殺するのにも使えるということ。

無線で自意識を操られたような国民達。
「抵抗勢力」の突然死、特に心不全と衝動的自殺が多い不思議。

ハッタリも諜報のうちだが、「軍事秘匿技術は民間認識の軽く10年先は行っている」
とは落ち合った暗殺工作員の弁、ネット上でも同じ文句は見かけるが。


「脳につながった機械の目」
ナウマン:さあ、装置が立ち上がりました。音が聞こえました。これから電圧をゆっくりと上げていこうと思います。ここで光の信号が見えてくるまでゆっくりと頭を動かします。あっ、電圧が最高値に届いたのでしょうか。見えてきました。あなたがそこにいらっしゃるのが見えてきました。

相手の視覚が遠隔盗聴できるわけだ。すでにビデオカメラ信号になってるわけだから容易だね。


何も機械を通さなくても、何らかの啓発や訓練で人間の脳同士で直接やり取りできたら。
これは20世紀でいう超能力であり、気功術である。テレパス、サイコキネシス、透視、予知。
相手の意思から体調まで操り、あるいは発病させあるいは絶好調にする。テレパスでの諜報内容をどう使うかでバックアップにも社会追放にも転がる。

もはやこうなれば個人など存在できない。ガラス張りの思考。
エヴァンゲリオンの隠喩的なメッセージはそういうことであろう。
彼ら製作者は早すぎて、時代に見合わず、あるいはタブーに触れ、この手の先進的諜報で潰された。その後の凋落を見れば明らかだ。

私には簡単な確信的予知がある。
「人間は技術的進化してゆくほど悪魔そのものになる。世界は魔界となる。」
悪魔が隅々まで牛耳った世の中で、天使が飼い殺しにされるのだ。
数多くのタブーに触れれば社会追放病院行き、最悪命が無い。

投稿者 kasumin-1 : 10:15 | コメント (0)

2006年06月13日

マイメロも組織諜報の出先機関?

マイメロ」の柊恵一は、昨年から散々個人情報を投影されまくったマイアバターみたいなキャラだ。
(組織的ストーキングによる情報収集の一環、クロミノートとかも該当。恵一の弟の名前は私の弟と一緒。)

一昨日の放送で、左利きまで同じであることを知った。徹底している。

現在放送されている、過去約5年間に放送された、アニメやドラマの
およそ半数近くは同様の影響を受けている。チャンネル変え際にチラッと見ればもうそれとわかることもある。

投稿者 kasumin-1 : 12:29 | コメント (0)

民間にできることは民間に

http://www.pointex.biz/~wataru/mt/archives/2006/06/
色々濃い情報が。
07日
過日、政府の肝いりで、プロバイダ報国会につづき、ブロク統制会が発足した、というのは果たして事実であろうか?
忠君愛国の心を注入する教育統制の観点から、危険思想を流布するサイトやブログの密告を奨励しているとか。
にわかには信じがたいが、民間にできることは民間にということで、摘発は相互監視で効率化して人件費を浮かし、省への昇格に伴い急増するであろう防衛予算の、その一助にでもしようということなのかもしれぬ。


こんな事書くとまたしばらく組織尾行が厳しくなったりするけれど、どうせ無害におとなしくなってもネチネチは続く。
一端些細にでもマークされたら、監視ビジネスの標的として執拗に狙われ続ける。
かつてネット上で加害者側の堂々の宣言があった。組織規模維持のためには相手を一定数絶えず確保せねばならぬ、だそうだ。
自演劇場型。シナリオを作ったら後はどうにでもする。誰でもよく、内容もどうとでも変える。

「XのためのX」は大抵ろくな事がない。本末転倒で。
戦争のための戦争、監視のための監視、という具合に。

投稿者 kasumin-1 : 09:06 | コメント (0)

2006年06月12日

詐欺トーク。

即興で片っ端からネタを思いついては展開してゆく詐欺トーク。
(ほぼオレオレ詐欺。多分オレオレ詐欺で人材を育て、組織謀略に回していると思われる。)
本人が信じそうな、ブログなどへ書いた推測などは列挙されてるらしく全部使ってくる。権力の大物など屈しそうなネームも。
再教育(しごき)、仮想世界(しねば元の世界へ戻れる)、閻魔様仏様神様(天罰ネタ)、総理皇室(気安く騙るな)、借金(ないのに)、
片思い(誰が惚れるか中学の偽レターかよ)、大物バック(つくわけがない)、などなど…
覚えも事実もない仲間にされ、抜け駆けは許さんとか一方的に決め付けてくる。

幽霊会社がいう詐欺トークと非常に似ている。
NTTともVODAFONEともAUとも取引してる、構築ですが運用で全国出張もあって…
ありえないっつの。いつまで聞いててもわけわからんし。
こういうことを実に瞬時に器用に並べてゆくセンスもまた、集団催眠による能力向上効果なのかもしれない。

集団ストーカー(組織的尾行虐待追い込み)に遭うと、かような手段で惑わされ脅され、屈服を狙われる。
屈服すれば自殺、しなきゃ過労や深手による病死突然死。いい筋書きはない。

投稿者 kasumin-1 : 23:08 | コメント (0)

個人つぶしのノウハウ

実際に体験し確認できている、個人への組織的マニュアル的な罠。

(個人の信用や評判を落とす手法)
様々な優遇、大きな案件を任せる。あるいはそのように見せかける。
成就できないように中間の人材にスパイを送り込み、怠惰させる。あるいは現場を統制して柔軟性、能率を下げる。

予定されていた未達成をネタに、わーわー中傷攻撃する。責任取れとか何とか延々と。


個人に物騒なことを言わせる。
直後に物騒な天災や事件事故や不幸を起こす。

個人のせいだと勢い任せにわーわー中傷攻撃する。責任取れとか何とか延々と。


恩を着せてゆく、あるいはありもしない恩を用意する。
事あるごとにそれでゆする。古典的。

高校のときの同級生がこれだった。自転車探しに協力してくれたからおごろう。いやいいよ悪いから。
後日毎日のように、あの時助けただろおごれよコール。

投稿者 kasumin-1 : 22:46 | コメント (0)

テレパスによる遠隔罵倒

すっかり定着し濫用される、テレパスによる遠隔罵倒。
まあ発言者は目の前まで来ていて単に口にはしないだけなんだが。責任逃れ、工作の公然露呈の回避手段。巧妙な諜報。
勤皇の志士とか言い出すのもいれば、最期だ、はやく死ね、などと言ってくるのも居る。予定より遅れているとか堂々と計画殺人を言い放つのだから恐れ入る。
自演なんだか実際ややこしいんだか。そうやって迷わせることも連中の任務なのは長年見てればわかるし、ネット上で流布されてる情報とも一致する。

投稿者 kasumin-1 : 11:37 | コメント (0)

2006年06月08日

官庁から「検索:電磁波攻撃」でアクセス

中央官庁から「検索:電磁波攻撃」でアクセスがある。さすがに無関心ではいられなくなったのだろう。

ラーメン屋へ。おかみが屋上から下りてくる新庄を見て「野球やってるんだか、サーカスやってるんだか」
これを意味ありげに何度も繰り返すのだ。

日通のCMを思い出した。
一日引越し王になったケイン偉い剣幕で「絶対勝ちます!」トラックを手押しして走り去ってゆく。
群衆「一体何を考えているんだ…」てやつ。

直後に気配の良くないおばちゃんが入ってきて、私と同じのを頼むと、高校生がエレベーターで死んだ、を
これも何度も繰り返すのだ。盛り上がる話題ではないと思うのだが。

五行属性で振り分けられた人民達が、属性の異なる互いを牽制したり攻撃しあってるみたいな、マンガののりなんだろうか。
なんにせよ見たままの印象だと、人間は化け物に操られて人間らしからぬものになってしまってるんだなあと思える。

投稿者 kasumin-1 : 23:59 | コメント (0)

ポテトチップス

ポテトチップスは、口うるさい客への嫌がらせから始まった。
多くの人気食品はかつて兵糧、戦地の非常食であった。

組織暴力、集団的追込み虐待。少しアレンジすれば有効な潜在的未成熟成人への助力や教授の手段となりえる。
だが現実は、ひとつの矛盾に満ちた傲慢を流布する手段以上には中々ならなかった。

傑の登場を切望し悲願とするものだ。

投稿者 kasumin-1 : 08:09 | コメント (0)

2006年06月07日

殺傷性有害線照射の体感的分析

蓮田自宅に対する、殺傷性有害線照射の体感的分析に基づいた地図。

北側からは放射線類似、照射する側の危険性を考えると電磁波か。甲状腺の腫れやリンパ循環の不全。
東西方向は血液破壊作用。満腹でも血が薄く感じられ生気が衰える。
南方からは主に突発性、人員による念術威圧。似た方向から耳鳴りを催す高周波(明瞭に聞き取るほど洗脳が強くなるのでなるべく無視)も。

投稿者 kasumin-1 : 15:02 | コメント (0)

2006年06月05日

何かが間違ってる。

何かが間違ってる。
裁かれる悪者が外様な個人で大して悪者でない。裁く側は譜代でたくさんの匿名大悪党がいる。
それに追随して黙認する国民やマスコミ。大悪党万歳イエスマン社会。
(と書いたら左耳がキーンと鳴り始めてパソコン入力が誤動作してテキストがたくさん消えた)

私は間違ってないことには清清しさを感じて突っ込みを入れない。その見地で、年毎に悪くなってゆくばかりと嘆きが止まらない。
XXXHOLICというマンガでは嘘をついたり邪悪に染まってゆく人間から黒い邪気が湧き出してくるが、
今まさに都市部を中心に、集団催眠で操られ同じことをやってる連中からこれがもうもうと噴出し街はそれに溢れている。
そのうち都市部の人間は目が赤くなり、牙と尻尾が生えるかもしれない。


大宮氷川神社からは何も感じられない。
赤坂日枝神社、秩父神社の裏手の合祀堂からは猛烈な清清しさと生気を感じる。
こないだの井草八幡宮は、むしろ攻撃性の襲い掛かるような場の気配を感じた。これは念術を使う尾行数名がいたせいでもあるが。

神の類にもいろいろ勢力分布があるようだ。

この神がかりの類が一部の人々を盲信的にさせてる。
おれは神業のテレパシーで何でも知ってるぞ、お前は悪党だ、みたいな決め付けで嫌がらせまでしてくる。
だが本当にそれが信頼性を伴い普及していたら、新聞もテレビ報道も廃止される。犯罪者は未然に取り押さえられ、隠れる場所などありえなくなる。

インチキ。ボスが言ったことは絶対正しいという類の体育会系な古いノリ。
逆らった、えらそう、などといった一方的見当外れの中傷からもそれはわかる。

投稿者 kasumin-1 : 23:40 | コメント (0)

高位霊体が人類を内面的に侵蝕してきてるから皆が狂ってきているのか

高位霊体が人類を内面的に侵蝕してきてるから皆が狂ってきているのか。
基本的に受肉された生物は霊に疎いのは皆様ご存知の通り。抵抗力もなく術も持たない、先天的には。

以下はたぶん何かを知ってるどっかの内部関係者。
ネットは表裏の情報操作要員が占拠してて、仕事せずこんなブログを立ててるのは飼われてる人って可能性が高くて。
情報操作は、けばいネタをさりげない日常会話に混ぜるのが常道でもある。

http://s03.2log.net/home/yosaba/archives/blog1775.html
ところで聞いてよ歌ちゃん、マイメロのDVDをアマゾンで買ったんだ。
そしたら届く日の朝になって外で車のクラクションが何度も何度も鳴り出したんだよね
しかも10分くらいずーっと鳴ってたの。
どうやら親にほったらかしにされた子供が鳴らしてたようなんだけど
実はこれマイメロのDVDが届く合図だったのか、それからちょうど30分経ってDVDが届いたよ。
これはいよいよもってカオスが現実世界に侵蝕してきたのかもしれないね。
みんなもマイメロのDVDを買うときはカオスに飲み込まれないようにね!

投稿者 kasumin-1 : 11:41 | コメント (0)

掲示板から転載


以下の3つの言葉をもとにチョソの行いを検証してみる

1:「人間には敵が必要だ だが実際には敵も変な者も存在しない」ヴィムヴェダース

敵、それは反日・アメリカの道具・チョソが自分達の悪事を国民の目から隠すために必要不可欠なツール
何かあったら格上のツール(マスゴミ)に敵を攻撃させて日本国民の目をごまかしたい
敵の例:ひきこもり、ネクラ、精神障害者、暴力を振るう者、連続殺人犯、猟奇殺人犯、セクハラ犯、幼児を虐待する親、幼児に性的虐待を行う人間 etc
しかし実際にはヴェンダースの言うとおり「敵も変な者も存在しない」し
特に連続殺人犯が自然に発生するのを待ったとしてもそんな簡単に現れるはずがないので
道具(喪家他のカルト信者・チョソ)を用いて自分たちで「創る」
また重要なのが 日本国民が条件反射的に例にあげた敵を嫌うように
幼児期から操作された情報(仮面ライダー、月9ドラマ、ハリウッド・ディズニー映画、マンガ、電通CM、TVゲーム etc)を全メディアを通じて国民に毎日与える
そういう下準備を行わなければ操作された情報を報道した際に説得力が薄れるし
容易に操作された情報が見破られてしまう

2:「真実とはバレないウソだ」サムペキンパー

マスゴミはいつでも真実を伝えてくれるし
バカ政府、自民党の敵役専門劇団(またの名を民主党)どもの発言はいつでも真実なのだった

3:「戦いとは相手を尊敬し完全に理解することだ」アベルフェラーラ

これは知性がある人間にしか出来ない
ということは弱い人には強いが強い人には弱いチョソはあてはまらない
集団ストーカー それは大多数が安全なところから弱い個人を蔑み攻撃する行為だが
もしターゲットがそんな卑しくも下劣な集団ストーカーを許し、尊敬することが出来る人物なら
集団ストーカーはそのターゲットには勝てないだろう

例にあげたひきこもり以外のネクラ、無責任人間、親不孝者、暴力的な人、セクハラ男、幼児性的虐待者とかは支配者層にたくさん存在する気がする

敵を作るときは自分や自分の仲間を参考にしてるのかも


最近の気になる報道:
和田盗作疑惑。「運命操作術」で擬似的に神悪魔となった連中は、相手を中傷しプレッシャーをかけるためならこのような事象も運命的に仕組む。
だが神業魔術なら絶対に真実なのではなく、追い込み手段(あるいは加勢手段)のひとつにすぎない。安売りされるようになっただけだ。

投稿者 kasumin-1 : 08:10 | コメント (0)

2006年06月04日

運命を操る魔術も組織暴力の一環に

自分の名前や出身地が多く報道にあがる現象。
”ごう”けんくんが殺害され、
秩父市”大宮”で集団自殺が発見される。(今市市女児殺害の発見現場も”大宮”)
相変わらず、「運命操作」魔術の痕跡は色濃い。多くは脅しのため、見せしめのため。組織謀略の一機能として定着か。


今日目に付いた報道
ボビーオロゴン、暗雲か(ゲンダイネット)
「前の所属事務所との契約はまだ残っているし、今回の独立宣言は一方的なものに過ぎません。こんな中途半端な状況ではボビーを使うテレビ局はありませんよ」(芸能記者)
「ボビーは万事が契約社会と思っている外国人タレントだから、口約束やギャラの開示が不明瞭な日本のやり方を納得できなくなったのでしょう。でも、ちょっと売れっ子になったからといってみんなが独立して個人事務所をつくり始めたら芸能界は成り立ちませんからね」

組織悪は私に利用価値を見出さなくなり余り悪用しなくなり、変わりに追い込みは激化した。そうした流れと運命的に連動一致しているように見えた。


ここ3年ほどの記録は掲示板にしてある。
http://aaa56.hp.infoseek.co.jp/bbs.html

投稿者 kasumin-1 : 22:45 | コメント (0)

2006年05月29日

日に日に弱ってゆく。

ちょっとづつ、ちょっとづつ。
日に日に弱ってゆく。だが国家的暗殺という奴は手加減も容赦もない。そうやって末弟は倒れて死ぬに至った。

近所に潜む暗殺要員。出先にまで追っかけてくる追尾要員。
こうやって異常なまでの画一的従順日本人は維持されている。利用価値のないはねっ返りを始末することで。


>(ゲンダイ)「アニメのDVDの販売が好調だったし、スポットの収入などが伸びて好決算になった。配られた金一封の中身は数千円でしたが、赤い封筒に大きく“大入り” と書いてあって、うれしかったですね。バブルの頃はよく金一封が出ていましたが、ここ数年はありませんでした。社内の意気は上がっていますよ」(テレビ東京関係者)
俺のプライバシーが諜報部員に情報収集され、テレビ番組に盗用されまくって、(遊戯王だのナルトだのロックマンエグゼだのケロロ軍曹だの)
その結果でた大入り熨斗袋だと忘れてもらっては困る。

ロックマンエグゼは俺の弟が死んだことすらネタにした。日本はどこまで弱者を虐待し人柱にすれば気が済むのか。
ある意味荒天だの天災でひどいことになるのも当然だ。

このまま死ぬに至ったら巨大に末永く祟ってやる。全土を。

投稿者 kasumin-1 : 23:01 | コメント (0)

ネット掲示板から転載集

狂人社会の道か。世界滅亡の道か。
たぶんどちらにも転び得る。

朝日新聞支局で火災だって。読売サンケイはそういう事がまずないのが最近の運命操作トレンド。

以下はネット掲示板から転載集。

622]Chaos 06/05/29 00:57 KbZELb8ZF.
匿名掲示板なのに匿名じゃない事実
なぜなら匿名性を高める方法を徹底的に遮断しているから
内部の人間はアクセス記録を見放題
気に食わない発言した人は即ターゲット

[613]救い 06/05/27 23:28 3CoLuZTVTO
考えていることの、何割かがもはや操作されている。
無視しようとしたり、反抗しようとすると、頭痛を起こされる。
家族にも信じてもらえない現象。家族だからこそ、信じたくない現象。

[166]総会や 06/05/24 23:33 D-4Rpo.
だが、残念ながら神など存在しない事が、えせカルト宗教によって明らかになってしまったんだよ。

神が本当に存在していたなら、俺はこんな事になってないのだから。
[167]天国の地獄 06/05/25 01:40 *0JQ52H./d/P*36hkye574v
>>166.神が存在するとしたら、異次元の存在で、時間のスピードも違いますし、神から人類は観察出来ても、人類から神は観察出来ません。
人類がテレビドラマを楽しむように、神は人類をドキュメンタリー映画のように、楽しんでいるのでしょう!
神にとって人類は、ペットのようなもの!絶滅しない程度に地球環境を維持している。決して人類の前に、直接現れたりはしない。
現れる時は、人間のような格好で現れる!
神は人類の奴隷ではない。呼んだり願っても、それに応えたりはしない。
人類は自身で、全ての問題を解決出来るように創造されている。
宇宙は巨大な実験場で、地球はジオラマ見たいなもの。
人類が神のような知識を身に付けだすと、逆に終末は近い。
神は嫉妬深く、人間が神に近くなると、過去に幾度も滅ぼされてきた。


ま〜現れないものは、存在しないに等しいですけどね。
[168]総会や 06/05/25 04:50 D-4Rpo.
>>167
そういう存在の事を「悪魔」って呼ぶんだよ。
そうすると、集団ストーカー構成員は「使い魔」ってところだな。

まぁ、魔女裁判やってた愚かな人間達の時代に黒猫やカラスがそう言われていたから、そういう事はやめとこうか。


気を緩めるとモノが落っこちてとんでもない回転で中身をぶちまけたりする。
それが日常茶飯事になると、神悪魔はこうやって嫌がらせするのだと理解するようになる。
問題なのはそういう存在が上流階級の人間に使い走りにされていることだ。

投稿者 kasumin-1 : 22:25 | コメント (0)

あえて馬鹿といわせていただきたい

あえて馬鹿といわせていただきたい

私は組織暴力、組織的尾行(集団ストーカー)、間接的組織暴力の被害者である。
これはもはや社会全体、国会規模を掌握しての謀略だ。政経、支配層の表裏がグルの。
そうすると、風評被害とかデマ風説の流布とか、暴力の飛び火とかいったものに、自他共に振り回される。

家族や知人が、職場が、根回し、先回り、などで振り回される。
加害側の伝言役、嫌がらせ工作員、などにさせられてしまったぞ、どうしてくれるんだ、でていけ、というわけだ。

だがちょっと考えてみよう。被害者が悪いということになれば、これは組織暴力を仕掛けたほうの冥利な世の中だ。
周囲に責められて被害者が自沈していくからだ。

そうなると、どういう世の中になるか。えてしてファシズムな流れの中でこうしたエセ粛清は多発してゆく。
多発すれば、世の不正や不穏な動きを訴える勇気ある人間は次々狩られてゆく。
・・・その後どうなるかは各々で考えてください。

要は、支えるべき人間を潰すようなことの黙認される社会は、どんなに無茶苦茶になっても文句は言えませんよ、と。
俺は真面目に働いてたとか、政治は何やってたんだとか、数年後に騒ぎ出しても後の祭り。
黙認黙認、無知無知、の自業自得。

投稿者 kasumin-1 : 22:24 | コメント (0)

2006年05月28日

カリスマが高すぎるところされるそうだが

三鷹駅北口のベーカリーカフェに来てた尾行二名。朝から居て活発に話すようなのはこんなのしかいない。
「俺たちは先生だ」「カリスマが高すぎるところされる」
今や組織暴力も支配者クラスになり、「支配者の脅しは教育」というレベルになった。

心をテレパシーにより盗聴されて、頭の中で考えただけで罪をとがめられ、なんの信憑性も権威もない私刑にかけられる。
共謀罪などより数十年先を行った先進迫害の只中に居る。

投稿者 kasumin-1 : 23:34 | コメント (0)

戦前並みになってきたと先達が言うのだから

警視庁の調べによると、4月24日、右翼団体「正気塾」の幹部が、太田さんの事務所で抗議文を手渡した。
抗議文は、太田さんがラジオ番組で「中国の反日運動は日本が悪い」などと発言したとして抗議する内容だったが、実際にはそのような発言はなかった。
インターネットの掲示板で、そのような発言があったとする書き込みがあり、右翼幹部は、その内容を信じて抗議したものとみられる。
http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00090693.html

反日の裏切者を攻め砕け――いよいよ戦前並みになってきた。(鐵鋼新報より)

なってきたなあ。毎日そういうのに追尾されたり威圧されたりでボロ雑巾だ。


サミュエルジョンソンも言ってた通り、根源の悪ほど、道徳やらありがたいお言葉やら権威やらを、時に強圧に時に巧妙に持ち出すものかもしれない。
善良の神は押し付けない。その清清しさから無理なく受け入れてもらえるから。だが悲しきかな無法の元では善は悪にかなわない。

神と悪魔(邪神)、その違いは「自然か強制か」の違い。
後者は化ける。騙す。陥れる。この世の負のノウハウに満ちている。
いやむしろ、この世の生物など所詮、陰陽それぞれの神霊に影響を受けているに過ぎない。偏り方でその人の人格や、外見に漂わせる雰囲気が決まる。

悪魔は、おれは普通でないぞ、常識が通じないぞ、などと自ら無法礼賛の姿勢を誇る。これでは世に蔓延しだしたら止められないだろうなとは思う。

投稿者 kasumin-1 : 23:28 | コメント (0)

2006年05月24日

わざわざうまく行かないように仕向ける

むかし、のりという知人がいた。豪腕力押しの、そういう奴だ。

彼は事あるごとに絡んできた。決してフランクでない私に引っかかる所があるのはわかる事だった。
ある日、腕を掴まれた。「俺の豪腕で掴んだのを振り払ってみろ」
こちらは頭と器用さだけが武器。ちょっと中国武術っぽくひねって外した。

のりはむきになった。「もっと強く掴むから今度は外せない」
だがひねりには勝てなかった。

ついには両腕と力を入れた腰とで踏ん張ってきた。掴んでいるのはもはや骨だった。
さすがに外すのは無理だったがもう頃合い的にはみな興が醒めていた。


「集団ストーカー」などと公称される、組織的な尾行と追い込み活動。
直接暴力が禁じ手になった現代において、何とか陰険に間接暴力を行使出来ないかという工夫の現れ。有害電磁波でも念術でも神業でも使う。

これはまさにのりそのものだ。機会を与えつつも最後には必ず頓挫するように仕向ける。
働きに出ても同僚にスパイが紛れていたり、企業そのものが加害者側だったり。

知恵がついてきた現代人であるし、暴力にはうるさい現代である。
すぐにばれてはまずいのだ。周囲はおろか本人さえも、それが暗殺活動だと容易に気付かないように巧妙に、段階的にやる。
親父は気がつけば毎年のように交通事故や仕事詐欺にあってたし、弟は気がつけば心不全で急逝していた。そんなものだ。

何だか結局、「逆らったからしんで当然」のノリで死に追い込まれそうな感じだ。血行や神経などへの毎日のダメージで機能不全がすすんできた。
ある意味日本は世界で一番怖い国だ。密かに忍び寄る公認テロリズムによっていつの間にか抹殺されている。それを天誅だのといった美辞麗句で正当化されているっぽい。
その活動には代議士も公務員も主婦さえも絡んでいる。というか社会を二分する形でどこにでもいるようだ。

投稿者 kasumin-1 : 20:03 | コメント (0)

2006年05月22日

向こうに都合の良いシナリオがもう4年以上前から出来上がっている

結局、向こうに都合の良いシナリオがもう4年以上前から出来上がっている。実にワンパターンにずっと押し通されてる。
03年に新宿で追い回されたときと何も変わってない。しね、おまえがあくだ、そればっかりだ。理由は力押しで適当なのをゴリ押し。
ヒューザー社長も詐欺罪で逮捕の理由は「社長が考えといて」と笑って言われたそうだ。それくらい行動が目的であって大義などどうでもいい風潮なのだろう。

人殺したちに「このひとごろしめ」と罵られ
諸悪の権化たる組織集団に「このあくのごんげめ」と罵られる毎日。
悪だと言われる人間を私刑していい民間人がどこに居る。いつも罵倒や遠隔殺傷攻撃をかけてくるお前らは立派な人殺しだ。
「みんなにめいわくをかけて」と、私に迷惑をかけまくってる連中に言われたくない。
この平行線の対立構図は戦争の構図ではないのか。絶対終わらない。

社会の表裏、組織の中に埋没した中核犯がいっさい逮捕されず姿も現れなかった耐震偽装やLD問題。全く同じだ。
なすりつけ、尻尾切り、もみ消し。
だからあほらしくて付き合いきれない。最初からアンフェアでこちらに選択肢はない。

投稿者 kasumin-1 : 20:53 | コメント (0)

2006年05月21日

ここ数年で急激に暗澹と変貌してきつつある人間や社会の様子

ここ数年で急激に暗澹と変貌してきつつある人間や社会の様子を、おさらい的に書く。

念術、洗脳術の世界だ。相手の魂を押さえ込むか、逆にやられるか。
その応用で、その人の霊的なステージをある程度書き換えられるらしい。
上にされれば誰も尊敬し恐れおののくし、下にされれば自動的に多くの人から中傷や虐待を受けやすくなる。
この辺は気配で瞬時に判断される。道行く人が「ああ」と言う顔をする。

人々は、普段は普通。
気配を感じることで、変貌する。多くはえらく陽気になって、大声で馬鹿にしたり周囲のものを殴る蹴るしてみせたりする。豹変。
遠ざかって気配が薄くなると反動的に黙り込みうなだれることが多い。何やってたんだろうといぶかしむ人もいる。

これらは支配者冥利の集団催眠、人間常時ラジコン状態によるものだ。
ばつをつけられたら霊的ステージを下にされて追い込まれ追放され場合によって命が奪われる。
まるをつけられたら世の中に向けて越権もなんでもし放題だ。カルトだかやkざだかの組織力で。但しいいように利用される危険も高い。

要するに、個人がなくなりつつある。無線で指令が飛んできたら、ラジコンだから眠そうな目になって従わねばならない。
究極の全体主義。楽しくて豊かでやりがいのある社会のはずなのに、ある日突然何らかの理由でばつをつけられ社会追放や追尾暴力の日々へ突き落とされる。
文句をいったらどん底に落とさねばならない理由がある。近いうちに世の中が惨憺たる状況になる可能性が高い。
何年後かは知らんが必ずそうなる。まっとうな批判をさせないことを徹底する(完全イエスマン社会)とはそういうことだ。

神業もつかいこなされてる。魔術かもしれんが。
身の回りで不幸不運(あるいは幸運)が蔓延する。次々に物が壊れたり目の前で事故が多発したりなど。異常な頻度が連鎖する。
だが所詮は加害者側を援護するだけのセコい動機ばかりの神(悪魔あるいは魔術師)。ようは人であって厳密な神(悪魔)ではない。
本当に古来宗教が説いた神が関与しているならば、裁かれて散々なはずの連中ばかりが加害活動の中核に居て勢いをつけているのを見ても明らか。
稚拙なマジックで人々を騙している構図だとしても不思議はない。

異常になりつつある人々は「テレパス」を盲信する。こちらのことは何でもわかるという言い方を良くする。
だが本当にそんなに確かで便利ならネットもメールも電話もマスコミも要らない。亭主の浮気は皆無になり、犯罪は100%検挙できるだろう。だが現実に警察は未だにWinnyごときで翻弄されている。
実際、ごくたまに「お前のせいで」な口調の人間と意思疎通してみると、勘違いを重ねていたり、嘘八百誇張を教え込まれてることが多い。

結局は「ふたりで話してみる」たったこれだけで最良のソリューションになるのは不変だ。
なりすましやウイルスのEメールより手紙が確実なように、ローテク(レガシー)ならではの信頼性堅牢性がある。
「両者の意思疎通を奪い誤解を重ねさせて争いを助長する」、これがテレパス盲信を焚きつける真の理由。
それは諜報技術としては初歩でもある。

今までそうでもなかったのに諜報ばかり盛んになるのは悪い状況だ。幼稚園児でもわかる。

投稿者 kasumin-1 : 19:49 | コメント (0)

2006年05月18日

自分が他人の言葉を吐いている。しかし自覚が出来ない。

たとえば、うちの親族は皆おどされ兵隊にされた。おそらくやkざとかにだろうけど。
それはもう、私に何の罪を着せようもない2002年、03年のことだ。今ガーガー難癖付けられてるお仕着せの罪は皆それ以降に仕組まれたもの。

祖父母父母兄弟親戚、みな自分の言葉を言わない。遠隔で指示されている言葉しか言わない。というか操られるに任せている。
本人が知るはずのない畑違いの専門知識とか、年齢や性別と合わない言葉遣いとかが目白押し。

で、道行けば私の気配か何かに釣られるように、夢遊状態で中傷を始める人々。
本人達も何をいってるのか良くわからないほど半狂乱だったり、止まらなかったりすることもある。

結局はどちらも、人間を遠隔操作する魔術、悪魔の技であることに変わりは無い。

若い世代は慣れていて、遊び半分笑いながら仕掛けてくることが多い。小さいうちから銃器や刀で遊んでたようなものか。
自分達が大人になったら、これのおかげでどんな悲惨な社会構造に組み込まれ巻き込まれるかも知らないで呑気なものだと思う。
息苦しい相互監視社会。古い友人だろうがフラグを立てられたら追い込み殺さねばならぬ連帯殺人システム。

投稿者 kasumin-1 : 23:45 | コメント (0)

2006年05月16日

サイキックで魔術的な弾圧、諜報

さいたま市都心部、都内。あるいは小山市近郊、宇都宮市…主に市街地でとたんに重くなる念術的な威圧感と伴う体調不良。
人的配備の密度によってこれが変化しているという痕跡。

都市からの排除に固執するということは、対象人物の社会への関与を重要視しているということ。
自宅にまで監視と威圧攻撃の手を伸ばし、発言や思考を妨害することでもそれはわかる。
直接暴力が徹底して封じられた現代において、これが先端の暗躍諜報(弾圧)という奴なのだろうか。

念術とはサイコキネシスであるし、
遠隔透視(意識を強くすると位置特定される)、
テレパス(思考傍受盗聴、意思の操り)も常用され、言うなればサイキック諜報か。
身辺に不運不幸を誘発、頻発させる手口もあって、これは呪術的諜報。

要はどれも”数値を操作するだけ”のことなのだが。
にわかに現実世界のパラメータをいじるなど信じがたいが、先に成果を毎日見せられるようになれば納得するしかない。


体制(みかけの政府か、裏の非公開組織かは知らんが)の確信犯的なのは、テレビ番組を見ても明らかだ。
サトラレ(思考が強制的に周囲の人に聞こえてしまう”悟られ”)、
スクライドの運慶(書いたシナリオ通りに現実を動かす能力)
こんなアイデア、偶然にクリエイター個人が思いつく確率は高くあるまい。リークされたアイデアであろう。

投稿者 kasumin-1 : 09:59 | コメント (0)

民間に根付く諜報

毎日朝昼晩とまめに閲覧される、稀有なお方。
どんなにこちらが追い込まれようと閲覧のみの、珍妙なお方。
他にも体験記他各所でその不審点を列挙した。

http://tacho.blog52.fc2.com/blog-entry-48.html
コメントが投稿された後に、慌てたように閲覧ラッシュ。いつもは1回につき3回くらいなのだが。

10 2006/05/16(火) 01:32:23 ntt5-ppp1257.east.sannet.ne.jp 219.106.4.241 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stwG stw http://aaa56.hp.infoseek.co.jp/bbs.html 10
11 2006/05/16(火) 01:32:22 ntt5-ppp1257.east.sannet.ne.jp 219.106.4.241 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) bbs http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 11
12 2006/05/16(火) 01:31:54 ntt5-ppp1257.east.sannet.ne.jp 219.106.4.241 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) bbs http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 12
13 2006/05/16(火) 01:31:24 ntt5-ppp1257.east.sannet.ne.jp 219.106.4.241 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) stw stw http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html 13
14 2006/05/16(火) 01:31:21 ntt5-ppp1257.east.sannet.ne.jp 219.106.4.241 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 14
15 2006/05/16(火) 01:31:19 ntt5-ppp1257.east.sannet.ne.jp 219.106.4.241 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0605 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 15
16 2006/05/16(火) 01:30:35 ntt5-ppp1257.east.sannet.ne.jp 219.106.4.241 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0604 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0605.html 16
17 2006/05/16(火) 01:30:13 ntt5-ppp1257.east.sannet.ne.jp 219.106.4.241 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0605 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 17
18 2006/05/16(火) 01:30:07 ntt5-ppp1257.east.sannet.ne.jp 219.106.4.241 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 18
19 2006/05/16(火) 01:03:40 ntt5-ppp1257.east.sannet.ne.jp 219.106.4.241 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0605 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 19
20 2006/05/16(火) 01:02:26 ntt5-ppp1257.east.sannet.ne.jp 219.106.4.241 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) 0605 http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2006.html 20
21 2006/05/16(火) 01:02:20 ntt5-ppp1257.east.sannet.ne.jp 219.106.4.241 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727) top Bookmark or Direct 21

組織的監視は、組織的暗殺に通じている。
加担者は皆、殺人ほう助である。公的諜報なら、お墨付きがあるなら、許されるものではない。
こういう現状を知り、長年携わっている人間が少なからず一般市民の中にいる。特に結城市のあの辺には。
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/050305chizu.jpg

人命より、温情より、監視と罠を密かに優先する人種がいる。
理由が破綻している近づき方、「なんでこんな熱心に近づいてくるのか」決まってそういう人種でもある。
つくり笑顔がうまい。本質が残忍であるのがたまに見える。まめに馬鹿にする。

ハニートラップ、という言葉で思い出される。
ある会社の忘年会で擦り寄ってきた女性。後で聞くと右翼の妻だった。
学生の頃から右翼の息子とかばかりが寄ってきた。親父が親父なので、日本の裏の風習からすれば無理からぬことだった。

投稿者 kasumin-1 : 09:05 | コメント (0)

2006年05月14日

体験記から転載 猿芝居に騙されるな

http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0605.html#14

http://www.dsnw.ne.jp/~watts/stoker/syuki005.html
末文辺りが重要。今の私がまさにこれで、悪の権化として吹聴されている。
誰もが誤ったテレパス(自作自演天国)を信用し、言語による直接解決(誤魔化しようがない)をやろうとしない愚行。

私は目の前の人がテレパスで悪口や脅迫をしたと思い込む。
周囲の人は、テレパスで正しいことを教えてもらった、実況されたと思い込んで私を間接攻撃する。

馬鹿だよね考えてみれば。
はやく目覚めろよ愚民ども(俺も含めて)

個人が何でもかんでも用意したり実行できるかよ。
組織が用意周到に匿名性を生かしてやるんだろ。もう21世紀だぞ。


一番軽蔑すべきは、この間違った「暗黙の了解」を肯定してしまう世の中の大半の人間達である。
面倒でも、空気を読む行動でなくても、かならず口頭で対面して話を詰めなくてはいけない。
(あの人はああ言ったに違いないから)、ではだめ。本当に言ったかどうかちゃんと問い詰める。
嘘を言うかもしれない、でも言うかどうかさえ聞いて見なきゃわからん、聞く前から何でもわかるはずなどない。

このままでは「神様がくれた、何でも絶対に正解がわかるテレパシー」というタイトルの商品だが実際は
「悪魔が仕掛けた罠の、自作自演なりすましが多すぎて騙されるばっかりのテレパシー」によって
人間社会はただしい意思疎通を奪われ、一部の思想信条や性格を持った人間だけが抹殺されてしまうぞ。

2003年春頃の記事を見よ。我が家族がどういう洗脳状態で何を盲信させられたかを。
あれはおっかなかったぞ。その様子や目つきは人じゃなかった。言葉さえ同じことばかり繰り返すロボットだったし。

味方だとか言いながら悪事の一役に利用し、折を見て切り離す。嘘を宣伝すればそいつのせいと誤解される。組織は匿名素性不明、個人はすぐ有名になる。
味方だとか言いながら周囲や本人を納得させつつ、死ぬまでしごく。

投稿者 kasumin-1 : 23:36 | コメント (0)

2006年05月09日

ヤミ金融と組織ストーカー(組織的追込み、尾行)の共通点

ヤミ金融と組織ストーカー(組織的追込み、尾行)の共通点は多い。過去にも体験記などで具体例を挙げたけど。
一例としては、自作自演劇だ。架空の名乗り、なりすましなど。
http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html#taiken

昨今摘発のケースでは、被害者が偽装口座開設に加担させられて共犯とされ、しかも当のヤミ金融側は正体不明で摘発を逃れるという手口。
テレパシーだの神業(魔術)で、この人が悪い事をしてますよーと宣伝しているのが幹部など加害組織内部関係者で、宣伝されてるのは看板にされた外部の被害者だったという。

いわばテレパシーだ魔術だ、というのは次世代犯罪だ。当然、今までの世代を踏襲しつつ、より巧妙である。

投稿者 kasumin-1 : 08:00 | コメント (0)

たとえば選民主義

たとえばですね。
テレパシーや思考共有を図って、高級な人種を気取れる閉鎖的サークルがあって。
そうした人種だけで優越感、高い地位や収入などを占有し始める。出来ない人間を暗に見下し馬鹿にする。

どっちが早いかって言うと、上記の方はもう蔓延しつつある気もします。


社説:格差社会考 生命技術による人体格差を防げ

 「遺伝的下層階級が生まれるかもしれない」。英国の医師から聞いた言葉にぞっとしたことがある。「人類は遺伝子を改良できる富裕層とそれ以外に二極分化する」。そんな未来予測を書いた米国の分子生物学者もいる。

 人間の全遺伝情報を担うヒトゲノムの解読が完了して3年。今のところゲノム情報を使った明確な「遺伝子格差」は生まれていない。だが、人間の体質や能力にかかわる生命技術は日進月歩だ。それが将来、身体的・能力的な格差を生まないとは限らない。

 「遺伝的下層階級」の背景にあるのは、保険会社が遺伝子検査の結果を利用してもいいかどうかの議論だ。遺伝子検査で、将来の発病を予測できる場合がある。こうした検査が健康保険や生命保険に導入されると、病気になりやすい遺伝子を持つ人は保険に入れなくなる恐れがある。

投稿者 kasumin-1 : 07:59 | コメント (0)

2006年05月08日

テレパスによる騙しや芝居

TBS(別にNHKでも文化放送でも何でもいいんだが)の件どうしてくれるんだ、などと息巻く相手がTBSとは限らない。
人殺し、とか言ってるのも自演かもしれない。番組や記事に脅しや責めが含まれてても、やらせてるかもしれない。

人が目の前で言ってても、近くに潜む念術者に操られてるかも。もしくはテレパス越しにいい加減な知識をつけてるだけかも。
(実際、人によって発言内容が大いに食い違ってる)

自作自演もテレパスにまで及ぶと虚実の見分けはさらに難しい。組織活動で国家規模であれば余計に紛らわしい。

ただ、テレパスなどというものを常用するのも、相手が居ると知って絶えず語りかけるのも、素人はやらないことだ。
世間を歩けば大半の人は私など知らない。テレパスなど使ってこない。そこに判別の余地があるのみだ。

そもそも、知り合いでも赤の他人でも、いきなり「あなたのせいでお天気が悪い」とか、そんな事を言い出す人間にも問題があるとは思えないか?
そういう無根拠な依存性のあるあてつけ発言をするような人間は、なるべく無視しておきたい。悪影響の要素が強いので。

投稿者 kasumin-1 : 21:25 | コメント (0)

念術、遠隔攻撃、思考盗聴、即ちサイキックアタック

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

http://diary.jp.aol.com/applet/5uaax6y/20051104/archive

念術、遠隔攻撃、思考盗聴、の類の参考例。
これは加害者にも被害者にも、道徳的に参考になることが書かれている。
軍事転用なんかしてる加害連中に説教するときにはいいかもしれない。
被害者が被害意識のあまり増長しちゃった時にも良いかな。

サイキック(超能力、念術、魔術の類)は人を堕落させる。
だって願っただけで実現するなんてテレビゲーム以上のものぐさだから。しかも無法の極みだし。
自治と法治。これなくして堕落は防げない。独善や傲慢がのさばっている現状を見れば明らか。


(閉鎖しちゃった某所から転載)
サイキック・アタック(ヒーリングの弊害)
[ あやしい話 ]
(-∧-)ナマステー

サイキック・アタック(Psychic Attack)という現象があります

古来は「生霊」などと呼ばれていました

ねたみや恨みなど「依存心」から生まれる

ネガティブなサイキック・エネルギーによる攻撃のことです

邪気の一種ですね

サイキックアタックは時間と空間を越えてやってきます

夜・昼の区別や距離の遠近は関係ありません

安易にエネルギーワーク的な遠隔ヒーリングなんかしていると

知らず知らずサイキック・アタックを受けることになります

例えば

受け手(ヒーリー)の生命エネルギーが低下した状態にあり

依存心の強い他力本願な性格の場合

ヒーリング後にヒーリーが無意識下で

ヒーラーにチャンネルをつないできて

ヒーラーのエネルギーを奪おうとします

(いわゆる「すがりついてくる感じ」です)

ヒーリーがつないでくるわけですから

ヒーラーはいつのまにかぐったりと消耗してきます

有名なヒーラーの寿命が短い理由のひとつです

「ある次元のエネルギーが流れる回路を開く」というのは

実はとてつもなく危険なのです

このテの伝授では

「受けることはありません」という説明がされていますが

人間はエゴをなくすことができない生き物なので

必ず何らかの影響は受けてしまいます

(「努力がいらない」という時点で終わっています)

選民思想が強い人がはまりやすいという人もいます

嫉妬心の強い日本人は

サイキックアタックを強く出す傾向にあるそうです

自分が良くなりたいのであって

他人が良くなっては困る人なんかは

特にその傾向が強いとされます


強いサポートに守られている人であれば

ネガティブなエネルギーを愛へと変えてくれるので安心です

エゴの増幅をすぐに叩きつぶしてくれる厳しい師匠もいいかもです

受けやすい人は

他人の人生の試練を

自分のものと勘違いしないようにして

けじめをつけ

健康で強い自我のバウンダリ(境界線)をきっちりひき

自己防御(サイキック・ディフェンス&サイキック・プロテクション)の

スキルを身につけサイキック・アタックから

自己を守ることを学び

無用なまわりの影響や雑音・・・

「自分じゃない」ものやエネルギーをもらわないようにしましょう

自分の人生の試練を

他人に投げて

自分が楽になろうとする人は

そのカルマを修正する必要があります

問題解決は

人に預けず自分自身に預ける方がいいとされています

自分でやらないと

いつまでたっても癖がなおりません

自分に預けるというのは

宇宙を全面的に信頼して

(あっちまかせという意味ではありません)

自分の人生の道を歩むということです

人生で起こる試練や苦しみは

それに自分が負けてしまわなければ

自分を鍛えてくれて

強くなるように成長させてくれます

何より大切なのは

自分自身がサイキックアタックをやめることです

サイキックアタックを受けるということは

そういう次元に同調する要素があるということです

そういう要素をできる限りなくしていけば

変なチャンネルはつながらなくなります

逆に言えば

好戦的な人はアタックを受けまくることになります

そういう意味でも

節制をして依存を排除していくという努力をしていくのは

安全で確実なのです

(エゴは完全にはなくなりませんけどね)

「自分に対応したものごとをひきよせている」という原則を

常に頭においておけば

安易なやり方にすがることなく

雑音を気にすることなく

いい状態をつくっていくことができます

非常に強烈な思いとか

憎しみに凝り固まった感情も含めて

愛とは全く逆のマイナス感情は

ネガティブなエネルギーを生み出します

意識的にせよ

無意識にせよ

マイナスの感情が継続すると

そういう念を送られた相手は

(同調してしまった場合)

身体の不調だけではなく

さまざまな面で不調になってしまいます


立場を逆にしてみると・・・

人を怨むような感情を長く持ち続けると

それは人エレメンタルにもなり

さらに良くない類をも寄せつけてしまうことになり

エレメンタル自体が独自に望ましくない活動を続けることになります

{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ〜〜〜〜〜

「人を呪わば穴二つ」なので

自分もけっして幸せになれないどころか

相手が受け付けないほど浄化されていた場合には

倍の力で自分にはね返ってきてしまいます

いずれにしても

この方面には近寄らないほうが安全といえるようです

日常生活を正攻法で充実させたいものです

(-∧-)オーム シャンティ

なるほど、プロの発言を見ると跳ね返すことや負けないことの大切さがわかる。
加害行為を行う者たちは恐る恐る相手を屈服させようとする。
つまり屈服させられないと自分に跳ね返ってくることがわかってるのだろう。
押されながら出方を伺う手もあるが、基本は押せ押せで跳ね返し相手ペースに引き込まれないことだ。

投稿者 kasumin-1 : 21:23 | コメント (0)

2006年05月03日

サクラのブログや報道に見る根回し


http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/2006/04/post_115.html
>明治通りの東交番前交差点にあったコンビニが閉店していた。
>あんないい場所にあったのになぜ?
>フランチャイズ本部といざこざでもあったか?
>一般にコンビニ商売では、商品供給やレジ、店頭に設置されてるマルチメディア端末などが停止されると、店側は即、進退窮まる。いわゆる「コンビニ残酷物語」はこうした構造が前提となっている。

こんな記事を書くと(巡回先で記事を見つけると)
以下のような新聞記事が登場する。どうにも政治的根回しの感が否めない。


万引数十回でコンビニ経営難…悪ガキ暴走のワケ (夕刊フジ)

 東京都豊島区巣鴨のコンビニエンスストアが3月、新装オープンから1年半で閉店となった。15−16歳の少年グループに目をつけられ、数十回にわたる万引で経営難となったのが理由だという。だが、どうして悪ガキをそこまで暴走させたのか?

 「店長から『最近、経営がうまくいっていない』とは聞いていたが、万引が理由とは…」と驚くのは近隣の主婦(65)。 そして、「20年前からずっとコンビニで、1年半前までは大手コンビニチェーンだった。近くには学校も多く、昼には行列ができるくらい繁盛していた」と続けた。

 しかし、1年半前に別のコンビニチェーンにくら替え。昨年8月ごろから少年グループが深夜に入り浸り、万引を繰り返すようになった。
[PR]

 「夜中に店に行くと、若いガラの悪そうな人たちがレジの奥をうろうろしていて驚いた。20代くらいの外国人の店員が1人だけいたが、何も言わなかった。友だちか何かとも思ったが…」とフリーターの女性(23)は振り返る。

 少年たちは「気の弱そうな男性が店番のとき」を狙い、わざわざバイクで2、3人ずつ押しかけては、店内の缶ビールやパンを勝手に飲み食いするなど、次第に行動は万引からエスカレート。それでもこの“気弱”なアルバイトの男性店員(27)は、警察に通報もせず、店長に報告もしなかったという。

 昨年11月11日未明には、この店員を数人で取り囲み、別動隊が事務所にあった売上金17万2500円に手をつけた。さらに、たばこの自動販売機のカギを奪い、店前の自販機から現金4万2200円とたばこ218箱(6万2500円相当)を盗んだ。

 警視庁少年事件課は先月28日、少年9人を窃盗容疑で逮捕した。長年コンビニを経営してきた元店長(58)は「少年らにつぶされたも同然。男性店員も、もっと早く被害を報告してくれたら対策をとれたのに」と話しているという。

 しかし、近所の住人は「万引が決定打になったにしろ、遅かれ早かれ閉店になったのではないか」と話す。「(元店長が経営する)足立区内の別の店舗がうまくいかなくて、この店自体は繁盛していたのに、しわ寄せで大手コンビニとの契約が打ち切られたと聞いた。全国区でない系列のコンビニになったが、品数の差は歴然。ATMも撤去され、客足が離れた」

 別の住人も「人件費を削るためか、店員はいつも1人。しかも時給は夜間でも850円。日本人が働くわけがない。中国人や韓国人の店員が多かった。防犯カメラもなかった」と、店のセキュリティー体制に疑問を呈する。「万引は昼間も常態化していた。自分もバッグいっぱいに本や食べ物を万引している労務者風の男を捕まえたことがある。中国人の女性店員は、ぶるぶる震えながら110番していた」

 店の不入り→店員削減→万引横行。絵に描いたような悪循環を元店長はどこまで把握していたのか。確認しようと豊島区内の元店長宅を訪れると、玄関前にはコンビニの什器(じゅうき)などが乱雑に置かれていた。室内には明かりがついていたが、呼び鈴を数度押すと、途中で電源が切られたらしく音がしなくなった。

 捜査関係者は「店のあった地域は元来、昔からの住宅地で治安のいいところ。近くのコンビニが荒れているという話は聞かない。明らかにこの店が狙い撃ちされたのだろう」と話している。

[ 2006年5月2日15時47分 ]

投稿者 kasumin-1 : 01:22 | コメント (0)

2006年05月01日

人によって違う現実

無線電波などにより、人によって違う現実を見せる(分刻みで幻覚を混ぜるなど)ことが出来ているのかもしれない。
話が全く通じない、相手もこちらも違う事を熱心に信じている、などというのはこれで説明がつく。
Vガンダムでそういった描写があった。そもそもが以心伝心を模写したガンダムといい、あれはリークアニメだ。

異空間、幻覚など何が使われてるのかはわからない。

投稿者 kasumin-1 : 00:18 | コメント (0)

2006年04月28日

結局この4年間はなんだったのかと。

結局この4年間はなんだったのかと。

怨恨か政治的罠かもっと庶民的な謀か。
少なくとも2002年に次第に忍び寄り、2003年に集中して運命的幸運と、組織追い込み的不幸(家族の不幸含め)が滝のように集中して降ってきたことは事実。
追い込みが激化しつつ「これは罠だ」と相手方の意図を短期間集中でレクチャーされたのも記憶に残っている。

工作員という奴は、
数名で素人の振りしてやってきては別の会話をしながら「におわす」か
テレパスという曖昧な手段でか

…だからねえ。憶測は肥大しても正答は導けない。
どんな奴らにどう利用され騙され。ろくでもない仮定が山ほどあるのは確か。

なんでか世間もまた、誰一人正面切って事実確認に来ないし。禁じ手なのか??

あいまいなまま、なんとなく、な雰囲気で生かされたり殺されたりしてはたまったもんじゃないね。
これは言っておきたい。

別に死ぬのはどうでも良い。それだけの修羅場ばかりくぐってきたし体もすっかりぐったりしている。
何かを恐れて詭弁言訳自己弁護に走るフェイズではない。ただひとつでも多くの真相「正答」が知りたい。

投稿者 kasumin-1 : 21:05 | コメント (0)

擬似的病状を急性で催す、人体コントロール波

毎日、日によって

擬似認知症だったり
擬似狭心症だったり
擬似腎不全だったり
擬似甲状腺機能低下だったり
擬似アナフィラキーショックだったり

体の機能を操られる、というのはそういうことです。

心を操られれば、
他人が自分のふりをしてささやいたり
ある思想や思考を強制される(逆らえば急激に擬似狭心症とかにされる)

まあ、テレパシーやサイコキネシスを通じた拷問や洗脳や尋問ですな。
大戦期は、心に秘めて隠れることが出来た。しかしこれだと心に土足で入り込まれ監視される。
心を書き換えられたり絶えず強制を受ければ、己を保つのは難しい。

「擬似」というのは電磁波とかを照射されなければ急激に回復するから。
当然、死傷する可能性は本物と同じ。むしろ急激に進行するので発作性は高い。

投稿者 kasumin-1 : 08:15 | コメント (0)

2006年04月27日

廃れたことをやる

もし今後も生きられてしまうならば、ひとつやりたいことがある。
組織暴力で生活を脅かされた人の生活フォローが出来る互助関係の構築。

かつてそれはマフィアの発端だった。時代がやらなくなったことを弱者は再開しようとする。
かつての弱者が登りつめてしまいやらなくなったことを。



以下は某筋の匿名リーク。

天変地異(運命操作)の自作自演説

>国外の誰かがやってる!戦争だ!(戦争肯定誘導)
>こんな天変地異があるのも神仏のお怒りです(宗教団体冥利)
>あの国に対して地震発生、あっちには大雨(兵器使用)

国内外の政治団体結託説
>へっへっお互いに憎しみあい戦争させたかったんで利害一致だね

詳細は「アムドライバー」でも見て頂戴

投稿者 kasumin-1 : 07:56 | コメント (0)

2006年04月26日

winny山田ウイルスとの相似性

組織ストーカー活動(要は追い込み)の被害例には「思考盗聴」がある。
テレパシーに心の中を見透かされ、暴露されるという体験談が相次いでいる。

これは表題の山田ウイルスとほぼ概念は一緒だ。実際にどういう形で普及してるかは、
閲覧側を体験してないので知らないが。

これにせよ、ラットをラジコンにしてしまう技術にせよ、はるか未来の技術が先に行使され、
現代がそれを後追い模倣しているようなテレビ番組の特集を見かけたりする。
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0604.html#25


http://tenshoku.inte.co.jp/msn/news/0469.html
Winny上のウイルス「Antinny」
Winnyは全体を管理するサーバーを持たず、アプリケーションをインストールしたパソコンのネットワークをつくる。そのなかで感染するウイルス「Antinny」は2003年の夏に登場した。最初はさして害もなかったのだが、次第に“改良”され、暴露ウイルスとしての機能を充実させていった。ユーザーが気づかないうちに、パソコン内のデータをWinnyの共有データとして流すのである。次々に明らかになっている情報流出は、主にこの「Antinny」とその変種によるものとみられている。

普通だったら、誰だか知らない相手から送られてきたメールを開く時は用心する。だが、ファイル交換ソフトのユーザーは、そもそも面白いファイルを探しているので、興味のある名前をみたら、どうしても開こうとする。Antinnyは、こうしたユーザーの心理につけこんで感染する巧妙なウイルスだ。デスクトップやMyDocumetに保存しているファイルを勝手に取り出してWinnyネットワークに公開するのだ。

Winnyでの流出は最近、集中的に報じられているが、公共機関・企業が、騒ぎを受けてチェックしたところ、データが漏れていたことがわかったというケースが多い。以前から長く公開されていたとみるべきだろう。一度流出したデータは、どんなに関係者を処分しても、システムに対策を講じても、止めることは不可能だ。見たいと思うユーザーがいる限り、永遠にコピーされ、広がり続けてゆく。

投稿者 kasumin-1 : 07:14 | コメント (0)

2006年04月25日

無念

エンジニア系でスカウトが来たが余りに遅すぎた。
4年早ければ、まだ組織的ストーカーに狙われず話に乗れただろうに。
心臓ばかり狙われてもう治癒の見込みもない。張り込まれ追尾されることが続く限り負荷は減らないからだ。
意識がハッキリしない。血がうまく巡ってないから。だから文章もうまく考え付かない。下手に体を伸ばすと心臓が停まりそうになる。

念術による威圧、特定臓器の機能を操られる。脳つまり意思とて例外ではない。
電磁波による殺傷攻撃、肌は焼け細胞は鈍化壊死する。放射線と変わらない。

辛さもさることながら、無念だ。護りきれず攻めきれず、組織暴力に封じられたままの4年間だった。
弟の敵もとれず、己が潔白も証明しきれず。適当に悪党に利用されるばかりだった。

投稿者 kasumin-1 : 21:18 | コメント (0)

あっちもこっちも通じている奴ばっかり

http://www.pointex.biz/~wataru/
ここも工作員か。というかジャーナリズム系ブログサイトは素人いないようだけど。
閲覧するようになってしばらくすると脅しっぽい記述を混ぜてくるパターン。


http://www.pointex.biz/~wataru/mt/archives/2006/04/22025546.html
>リサイクルショップの店頭に『高く買います、安く売ります』と出ていた。
>これは誇大広告じゃないか?
>高く買って、安く売ったら、商売が成り立たない。

>吉本はギャラの取り分に厳しい反面、「なんでもやってみなはれ」という進取の気風があるすばらしい会社だ。
>しかしこのところの「芸」の質の低下には、いささかの責任があるんじゃないか?
>子供ウケを狙ってるとしか思えないお遊戯みたいなパフォーマンスをする「漫才コンビ」、「一発ギャグ」だけがウリのアドリブがまったく利かないタレント性希薄な「お笑いタレント」を、次々ゴールデンに突っ込んでいくその隠然たる力には敬服するが、これじゃ大人が笑えず、見る気も失せるぜ。

これ読んだ後に外へ出ると、行き先にパトカーが来てて中々よそへ行かない。
で、団子屋にむすっとした典型的尾行親父が来て20本近い団子を「たったこんだけか」と何度も言う。
「注文の多い料理店」な恫喝は散々やられてきたのでその一環だろう。無限にアイデアを要求してくる。


>明治通りの東交番前交差点にあったコンビニが閉店していた。
>あんないい場所にあったのになぜ?
>フランチャイズ本部といざこざでもあったか?
>一般にコンビニ商売では、商品供給やレジ、店頭に設置されてるマルチメディア端末などが停止されると、店側は即、進退窮まる。いわゆる「コンビニ残酷物語」はこうした構造が前提となっている。

保護切られ行く先もなく干されたことを言ってるのだろう。

投稿者 kasumin-1 : 20:23 | コメント (0)

教育という死刑(人間) 乗馬用という食肉行き(競走馬)

右翼的な追い込み活動とも取れる組織ストーカー活動。

・彼のため
・教育だ

と本人や周囲を納得させながらも、工作員によれば

・それで立ち直った、更生した人を見たことがない事実上の暗殺

天皇万歳右倣え、出来なきゃ村八分死刑、そんな風潮が返り咲こうとしているのか。

投稿者 kasumin-1 : 20:21 | コメント (0)

2006年04月22日

思考泥棒は日本を封建に戻した

21世紀に入る頃、色々なものに感化されていた。
若者が主導権を、「なるたる」の砂漠行進やっちゃえ、など過激なことを妄想混じりに考えてたのも、
警視庁であれこれ言って怒鳴られて戸田で周辺住民に混じる工作員に騒音とか思考盗聴で嫌がらせを受けた頃だ。
しきりに鉄道飛び込み自殺を連想させられ、なんでこんなに毎日毎日自動的に沸きあがってくるのかと首をかしげた。
そう、あのころはもう遠隔洗脳をうけていたのだ。私であって私でない存在が心に侵入していた。

なんとも恐ろしいことに、「なるたる」砂漠行進のような時代が本当に実現されてきている。
説明面倒なのできっこから抜粋。同じことはブログ他で散々言ってきたんだが。

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/04/post_72f1.html
>この人の予想通り、このメールに書いてある「障害者自立支援法」は、全国の障害者やその家族たちの涙の訴えを完全に無視して、独裁者コイズミが、数にモノを言わせてムリヤリに可決させた。そして、数え切れないほどの障害者たちが、生きて行くすべを失い、絶望の淵に立たされた。それから、戦争国家へ向けての「憲法改正」もどんどん進んでるし、今日は、国民の言論を封じるためのトンデモ法案、「共謀罪法案」の審議が再開された。こんな支離滅裂な法案が可決されたら、この「きっこの日記」をはじめ、インターネット上のほとんどのブログやサイトは、すべての発言を規制されるどころか、運営者は次々に逮捕されちゃう。
>(凶暴罪は)簡潔に言うと、「ある団体が犯罪の相談をしただけで逮捕する」って法案だ。これだけ聞くと、一般の人は、自分に関係無いように感じるかも知れないけど、これがコイズミお得意の「言葉のマジック」なのだ。

>たとえば、TSUTAYAでCDを借りて来て、それを自分のMDやCDにダビングしてる人は多いと思うし、友達何人かのぶんまでダビングしてる人もいるだろう。それで、その友達何人かと、「もっとたくさんダビングして、クラスで売ったら儲かるよな?」なんて話をしたとする。もちろん、こんなことを実際にやったら、それは罪になるけど、友達同士でこんな話をすることくらい、誰にでもあると思う。だけど、この法案が可決されたら、実際に行動に起こさなくても、「もっとたくさんダビングして、クラスで売ったら儲かるよな?」って言った時点で、もう罪になる。そして、誰かがこの会話を録音してて警察にチクれば、この場にいた全員が、「著作権侵害の共謀罪」で逮捕される。

この数年間、私の頭脳の端から端まで吸い出されて世の中で実現されてきた。
明らかに吸いだす組織の都合の良い要素ばかり積極的に利用され、本人の悲鳴などどこ吹く風。
飴もあるけれど泥棒(ムチ)に比べたら些細な、どうでもいい程度だ。

思考を盗聴(監視)され盗まれ(罪をなすりつけられ)る。オカルト呪術が科学併用で活用される恐ろしい時代だ。
自分が罪の意識を持つ前に、吸い出した側の「あいつがやったんだ」な吹聴を警戒せねばならない。

投稿者 kasumin-1 : 20:25 | コメント (0)

2006年04月20日

ネットで被害告発をする場合は

(転載だけど)

ネット掲示板上での、匿名や、ふざけたキャラを押し出す加害者側のサクラたち。
少し前から、「とにかく被害者はブログを書きましょう」というのを触れ回っている。

書き方にもよるが、下手な内容だと単に相手の活動をやりやすくしてしまう。そもそもがブログブームは国民の動向調査が影の目的だと、匿名のリークを受けたことがある。
よほど開き直って洗いざらい告発する覚悟があるならまだしも、あまり活動熱心でない被害者は一行レス程度のほどほどにしておいた方が良い。
肝心な内容はむしろローカルに、自分だけが見る日記として、証拠材料として保存した方が良い。バックアップも忘れずに。

投稿者 kasumin-1 : 09:01 | コメント (0)

2006年04月17日

同士討ち・仲間割れ 狙い

転載。まとまりがよいので。

[175]同士討ち・仲間割れ 06/04/01 12:25 vgjrB61AdV

すべての被害者、あるいは一部の被害者の間で、
気を付けなくてはならないこと、頭の隅にでも置いておかなければならないものとして、
被害者同士の『同士討ち』『仲間割れ』ということがあると思います。
( 特に、部屋の中で何らかの声が聞こえるという被害者の方。
 高い世界に導くチャネリングの声も含めて。)

掲示板の書き込みを読んでいるときに聞こえる声。
メールを読んでいるいるときに聞こえる声を、
書いている本人の声と思ってしまうことがよくあります。
実際に会ってみた。電話で声を聞いてみたりすると、
全くの別人、別の声であったりすることがあります。
最悪の場合、自分が勝手に、本人の声と決め付けていた声と、
実際の本人の声と、7割以上が別人のものであったりすることがあります。
それだけ、騙そう、生活を潰そうとする存在が悪質で、巧妙であったりします。

自分の家、部屋の中で、被害者同士で、ケチ、文句、罵り合い、
険悪な雰囲気、イメージになることが、たまにあります。
もし、自分の家、部屋で、書いている本人の振りをしている存在がいましたら、
一度、確かめてみる必要があるかもしれません。
メールを出せる間柄であるならば、一度、電話で、世間話でもして、
声を確認、チェックしてみましょう。

被害者はあまり、自分が行ったことがない町、見たことがない家、
見たことがないマンション、アパートに、自分の『声』を飛ばすことはできません。
なんらかの方法を知っている加害者、ストーカーのような存在である場合が多いようです。
もし、300キロ、500キロ以上離れた場所に『声』を飛ばす能力があれば、
集団ストーカーの被害者は、とっくに自分の被害を終わらせていることでしょう。
自分の家、部屋で、書いている本人の振りをしている存在と、
不愉快なことがあったり、余計な摩擦、争いをしてるようなら、
大いなるエネルギーの無駄であり、時間の損失です。

被害者は、掲示板書き込みをしたり、メールの交換したりして、
協力し合い、団結し合うことが大事です。
集団ストーカーの被害者、あるいは何らかの声が聞こえる人は、
自分の部屋の中で、一方的に『同士討ち』『仲間割れ』が起きがちです。
気をつけたいものです。


相手に操られてるつもりが相手も釣られて連動していた。向こうも被害者意識で罵っていた。
かと思えば「そうだよ君の思い違いだよ」と言いながらニヤニヤしている確信犯も居る。

ケースバイケース。

投稿者 kasumin-1 : 01:22 | コメント (0)

2006年04月16日

神業(魔術 超科学)的なことが幅を利かせてきた時代には、組織暴力もそれに染まるのか

画像の通り、キリスト教の教えと、私のような人間の被害や他体験の内容は酷似している。
心への囁き、邪霊の罠、超能力やまじないへの誘惑、邪霊に支配された場所では物音が立つ(ラップ音)、など。
普段から「どこか西洋的な邪悪さ 黒猫やカラスが目立ち、選民的」という主張をしているがこれとも一致する。
http://www.geocities.jp/kasumin777/

単純に考えれば、キリスト教すごい、である。
しかしうがって見れば、キリスト教圏はこうしたことを信じ込ませるためのノウハウを国家的に保持している可能性もあり、
そうだとすれば単なる自作自演の罠に過ぎない。私はあちら系の政治経済批判もしているし、日本にそのノウハウが輸入されてるかもしれない。

「女神転生」のようなことが現実に起きているとしたら、欲望のままに悪魔と契約関係を実現して奇跡神業を手中にしている者たちが居るのかもしれない。

とにかく、その教えの警告はためになる。
・感化されるな、避けろ

大いに賛成だ。感化されて行使している(らしき)連中の多くはろくなものではない。
悪魔の技に染まれば、悪魔の心になるのだ。その辺を古来より正しく教えてきたのが宗教なのだろう。原則的に「デルタギア」は使うべきでないのだ。

ただ宗教は信徒となると布教にお布施と現実的な縛りがある。
清い教えはそのエサの性質もあり、付き合うスタンスは慎重でありたい。判ればいいのであって染まる必要まではない。
活動実態が胡散臭かったりしても、布教内容を馬鹿にすべきではない。

盲信せず、侮蔑せず。

投稿者 kasumin-1 : 18:41 | コメント (0)

2006年04月04日

互助精神

いかな問題であれ、同志が集まったり連絡取り合ったりして動きを作ろうとしないならば、
解決へ持っていく気がない(前進しない)と言うことではないかと思うのだけど。
いくら連絡入れてもレスがない各界の人々の様子に、一抹の不安を覚える。
自分が死ぬとしても、それが無駄になるのかならないのかでは悔いが全然違う。

私は追い込まれるがままに死ぬとしたら、飢死か心不全だろう。
そういう犠牲者を今後も出さないためには、同じような目にあって放逐され生き残った人々が協力し合うしかない。これは弾圧下での歴史でも常にあったことだ。
「同じ釜の飯精神」この豊かな時代にと思うだろうが、職を追われ社会に出るにも尾行とそいつらの嫌がらせが絶えない様になれば、飢えるしかない。
衣食住のうち食住が潰されやすい。ここらへんを水面下ででも支えあうのが必須である。本人の縁故人脈だけでどうにかしろというのでは同志が減る。

生活保護はダメだ。困窮したことがないキャリアが発案し、困窮したことがない担当が仕切っている。
彼らは書面に明記したことを守るロボットで、今は財政難を乗り切る頭ばかり優先して働いている。
ストーキングで干されているんですといっても、せいぜい数ヶ月で「決まりなので」と切られてしまう。病気でないと恒常的には出来ないのが今の制度。
とにかく実情や時代に合っていない。それを悪用して適用者を減らす始末。
私の場合、孔明がらみか公安がらみでカードに使われた。言うことを聞けば、自分が精神病と認めれば、そういう奴だ。政治カードに使われる汚さも内包している。

人情を切り捨てて発展してきた社会でそれが悪用され手玉に取られているのだから、人情で有効に打開しやすいしそれを断つのは苦労することだろう。


追い込まれた実例も結構に目立ってきた。カルトのシンパを送り込んだり、計略で息のかかっていない人間を追い出したり。
国会議員、テレビ番組製作スタッフなど直にその様子を見てきた。
先の衆院選で追い出された面々、仮面ライダーブレイドやガンダムSEED制作にあたって行われたスタッフ入替など。
ガンダムにいたっては製作現場がいかに閉鎖的ファシズムになっていたかをネットで告発されていた。内部スタッフの文句も漏れたくらいだ。
内部スタッフの文句といえば仮面ライダープロデューサーのが有名だ。あるべき環境を取り返すと息巻き、そのせいか一部のネット総会屋(要はサクラ)方面から嫌われている。

投稿者 kasumin-1 : 18:52 | コメント (0)

2006年04月02日

最悪の冤罪システム

一番恐れていること。
罪があるならあるできちんと罪状を確定し逮捕して取調べして送検して裁判にかけて、と手続きを踏むことがない。
闇に葬られるように、リンチや冤罪と変わらぬ私刑、自殺誘導で済まされてしまう事態。

でも、そうなりそうだ。へたすりゃあと90日程度しか生きられない。
政府機関に役所を押さえられ、同じく政府機関と暴力系に外を出歩くことすら脅かされた。
食いつなぐ手段がない。自宅は常時、心不全を誘発する有害攻撃の渦中。
日々生命力が減っていく体、日常で出来ることも減っていく…生きる気力も減っていく。

公安方面はそれをしっかり把握している。帳簿につけているのだろう。
「かなり疲れているねえ」とにこやかにいい、同時に威圧の念術でさらに疲れさせる。
悪魔が宿っているとはああいうのを言うのだろう。蓮田市役所の清野、山崎、春日部保健所の朝倉保健士、みな公安密偵。顔とか態度見れば判る。

せいぜい新潟やスマトラの震災の犯人とでも何とでも疑ってかかるがいい。過去の歴史を侮辱した不敬罪とでも言いがかりつけるが良い。
もっと大きな全体像を追えば、むしろ公安も含めた巨悪が真犯人とわかる。
自分達で起こしたこと(仕組んだシナリオ)を自分達が仕立てた偽犯人(スケープゴート)におっかぶせる。ひでえよな。
2行目に戻る。

きちんと署の取調室まで連れて行かれての冤罪でも相当な苦労がある。
こちらはもっとずさんな、ただ追回し、自宅を有害力線の拷問部屋にして、職についても妨害し、という遠まわしの連続で潰されて行ってる。
誰も真相を聞きにすら来ない。なのに私刑ばかりが先行している。

これでは何でもありだ。あいつは天皇の悪口を言ったとかあいつのせいで地震が多いとか、誇張や言いがかりで誰でも潰されてしまう。
向こうは様々なズルができる。人を瞬時に操ってはいやりましたと言わせる念術や、
天災から異常犯罪者まで仕組める妖術まで。
なんでも仕組めるからなんでも仕組むよ。嵌められるほうが悪いんだよ。
こんな小学生以下の遠慮のない悪魔が存在してたこと事態が驚愕だ。

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/2006/04/post_105.html
関連記事

投稿者 kasumin-1 : 23:43 | コメント (0)

検索ワード:思考盗聴 ニューロフォン

誰かを容疑者と決め付け、
その時点で視覚や思考が筒抜けになるような無茶な仕組みがあったとする。
それでその人の全てはわかるものか。

そのような体験をしてきたか、またはしているように錯覚させられてきた。

結論:
無理。むしろそんなものを見せられた人間こそ騙されるばかりだろう。

間に入る組織は本当に真実だけを伝えるのか。
媒介者無しに真実が伝わるなら、なぜ組織的に、勢いに任せて言い負かそうとするのだろう。
「お前が悪い奴だ」などと繰り返し洗脳みたいにどやさなくても、まごうことなき真実なら観念するものではないのか。

私がメールを出したがために初めて真実の隠された部分を知った業界関係者は少なくないのではないか。
間接的情報だけを信じ込んでやってくる人間は、いずれも誇張された悪人像の知識しかないのが明白だった。

思考は捻じ曲げられ捏造される。自分が考えなくてもハッカーのように侵入してきて、あらかじめ用意された思考を実行させていく工作は後を立たない。
念術の記事の通りだ。
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/04/post_382.html

何かがおかしい。
まるで白いカラスの存在を肯定させるような動きばかり目だった4年間。


それを加害者側の都合よいシナリオに沿って運命具現化したのが川崎転落死事件。
カメラ撮影されてたのを知らなかった犯人がテレビ報道を見て観念した、まさにあちら側に都合よいシナリオ。
こんな紛らわしい事件がもはや脅迫めいて散発する。人が運用する運命とはそういうものだ。

投稿者 kasumin-1 : 21:31 | コメント (0)

寄生虫と統合失調

http://zikoman72.exblog.jp/2991584/
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%88%E3%82%AD%E3%82%BD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%80%80%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

「寄生獣」説。
異能者には何かが憑いている説。
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2005/10/post_156.html

投稿者 kasumin-1 : 10:09 | コメント (0)

2006年03月31日

見てみぬふり

政治家もマスコミもその他業界関係者も一般人も、総じて見てみぬふりか。
国家規模の組織的活動によって個人が追い込まれ、あるいは殺されようが「これは大変だ」と動き出す人間が現れない。隙を見せるのが悪いといわんばかりだったりする。
表面上、「不正を暴く」など公言していても、そういう底辺の基本的なことにノータッチな人間ばかりでは根本的解決は無理だ。
世は荒れあるいは傾くだろうか。そういうことに警鐘を鳴らしても余り効果はないのだ。だってみんなノータッチなのだから。
森を見て木を見ず。木が枯れ行くのに森をどうにかしようというだけ無駄。

今日も体験記の通り。天井を挟み二階には暗殺要員の柄悪い家族。
威圧の念で全身極度のストレスを強いられ、過労に神経麻痺と深刻だ。気持ち悪い意識がぼやける胸が締め付けられる。
しかし「気のせい」とかいわれちゃうんだから、加害者側はいつまでもウハウハだろう。
成すすべなく孤独に潰されていくしかない無念。

これからもこの手で密かに潰され、暗殺される人間は減らないだろう。
それでも見てみぬふりで表面ばかり追い根本的改善を怠るのだろう。

念術で検索したら正しい概念をさり気に解説してるブログ発見
これがもっと明るみになればいいのだけど。

催念術とは催眠術を根本としており、共通するところがありますが、
違いをいくつか述べますと、
○ 「起きた状態のまま」の人へもかけられる、
○ 短時間(瞬間)でかけられる、
○ 相手に知らせずにかけられます。

※ただし、これくらいのことならば、催眠術の高度な技法にも
できることなのです。

ココからが、大きな違いになるのですが、
催念術は、なんと離れている人へも、かけられるのです!

投稿者 kasumin-1 : 19:40 | コメント (0)

2006年03月28日

電磁波で電子機器を誤動作

こういうことが判ると、電磁波で電子機器を誤動作させることが可能だとわかってしまう。
で、軍事諜報レベルではすでにそれを把握して活用している(完熟してる)レベルにある。これは体験に基づいて言っているが。
で、もともと電子機器には人知れぬ隠し機能があるんじゃないかと、被害者とかは言い始めている。
でもそこまで悪質でないとしても、どういう周波数を照射すると人体に有害な動作をする、
みたいなことは研究して知ってるんじゃないかなとは体験からして予想できる。

兎に角電磁波は危ない。人は電気で動いているし、電磁波の定義には放射線も含まれる。
電磁波は人を操ったり破壊するのである。


松下、ガスコンロの発売を中止 ラジオ電波で誤作動

2006年03月27日19時05分
 松下電器産業は27日、2月下旬に発売する予定だった据え付け型のガスコンロ「GE―NF751」「GE―NF601」の発売を中止すると発表した。タッチパネルがAMラジオの電波で誤作動する可能性があることがわかったため。出荷前のため、事故は起きていない。
 同社によると、ガス管がアンテナの代わりになって電波を集め、それがタッチパネル内の電気系統に悪影響を及ぼすという。従来のガスコンロは構造が異なるため問題はないという。

投稿者 kasumin-1 : 09:28 | コメント (0)

2006年03月25日

転載:電磁波とは

http://naitoyoshihiro.livedoor.biz/archives/50114582.html
電磁波ってなんだ?

電磁波とは、電場と磁場が相互に作用することによって発生する波のことで、電気の発生するところや電波が飛び交うところには必ず電磁波が発生する。
一般的には人体に有害なものとして受け止められることが多く、実際に家電製品や携帯電話から発生する電磁波や放射線などは、その有害性が指摘されている。

しかし、電磁波のすべてが悪いものだということではない。

電磁波には、周波数の低いほうから、超長波・長波・中波・短波・マイクロ波・ミリ波・赤外線・可視光線・紫外線・X線・ガンマ線などの種類がある。
つまり、ラジオの電波や光やX線も、周波数が違うだけで、すべてが電磁波である。

地球上における光は主に太陽から発生する電磁波であり、人間が直接感じ取ることができるものである。
光は生命を育むためには必要不可欠な電磁波であり、あらゆるエネルギーの源になっている。

携帯電話から発生する電磁波は、電子レンジと同じマイクロ波の領域である。
電子レンジの原理は、マイクロ波が食品を貫通することによって内部に含まれる水の分子を振動させ、そこに発生した熱エネルギーによって加熱するものである。
携帯電話の電磁波は電子レンジから発生するものよりも微弱であるが、耳に当てて使用するという性質上、脳細胞に含まれる水分を振動させて加熱現象を起こし、細胞を変性させる恐れがある。
同時に、目の水晶体を加熱し、白濁させる危険性がある。
水晶体はたんぱく質の一種であるから、ちょうど卵の白身が加熱されるときのような状態に陥るのである。

このように、電磁波は、私たちの生活に必要不可欠であり、密接なかかわりを持つものであるが、一方で人体に対して悪影響を与えるものでもある。
科学技術の進歩によって電磁波の利用は今後ますます増えていくと考えられるが、人類との共存共栄をはかるためにはさまざまな努力が必要であるのは言うまでもない。

http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2005_14110/slides/09/12.html
# 電離放射線

* 発がん、奇形、突然変異、染色体異常

* 白内障、甲状腺疾患

* 小頭症、精神遅滞

* 不妊、発育遅延、寿命短縮

# 紫外線

* 皮膚がん

* 皮膚の老化

* 白内障

* 免疫機能の低下

投稿者 kasumin-1 : 17:42 | コメント (0)

堂々脅迫するネットストーカー(いわゆる末端ぽい人)

発端の頃
http://aaa56.hp.infoseek.co.jp/bbs.html
掲示板の165

途中経過っぽいけど。
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/03/post_312.html
コメント

以下、同様のコメントをしつこく無数に送りつけてくる粘着さん。(author

所謂組織ストーカー的脅迫なんだろうか、送り付け方が普通ではないよね。(author
この大阪40代のパンツブログ、なぜかウチを取り上げ始めた数日後には近畿陸運局からアクセスがあったんだ。(author
20050420122640 K0GRX002.kkr.mlit.go.jp 202.214.179.2.1113967600 - http://www.geocities.jp/kasumin777/top.html#taiken http://d.hatena.ne.jp/USER001/ "Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP; rv:1.0.2) Gecko/20030208 Netscape/7.02" "ja" "1024 768 16"

d.hatena.ne.jp/USER001/
################################################################

神社に通うより、精神科に通うほうが正解ではないですかね?
生活保護を切られてから、「しまった」と思うよりはましだと思いますが?

投稿者 USER001:218.42.212.150 : 2006年03月21日 08:24

しつこく無数には事実と違うんじゃないですか
近畿陸運局は関係がないんじゃないですか?
CIAからアクセスがあったことをVIPになったみたいに言いふらすあなたのようなネット田舎者には言ってもしょうがないのかな?
多分、ヘリに関係ある国土交通省の部署が関心をもって見たぐらいが真相でしょう。

投稿者 USER001と同じ218.42.212.188 : 2006年03月24日 20:10

正直なところ、あなたはやばい状況に置かれていますが、そのことは自覚しているのですか
あと、掲示板などに私が投稿できないようにしているようですが、それは都合が悪いことに耳を塞いでいるだけで状況の解決には役に立たないんじゃないですかね

ちなみに、わたしのブログはコメントが投稿可能な状態にしております

投稿者 USER001と同じ218.42.212.188 : 2006年03月24日 20:14

正直な話、一歩間違えれば大好きな特撮やアニメが見れない状況に自らを追いやる事になる可能性があることを指摘させてもらいます。

反論があるならブログに自らの氏名を明らかにしてコメントしてください

投稿者 USER001と同じ218.42.212.188 : 2006年03月24日 20:18

現実をみたらどうですか? アニメや特撮ばかり見ていないで?

精神病院できちんと治療してもらうことはよいことですよ

投稿者 USER001:218.251.68.215 : 2006年03月25日 09:11

(4/4追記)
また同じ人物から同じ内容で来てた。俺ら(国家機関、与党がらみだろう)が言うとおりに精神病院行きになってりゃ良かったのに、と彼はこればかりえらそうに言う。
とにかくしつこい。こんな人間は彼以外、加害者にも被害者にも無関係な一般人にも一人もいない。本当にいないんだこの4年間もそれ以前も。

こんな工作ばかり生き生きしてる国にまともな未来はありません。

(4/26追記)
http://blogs.yahoo.co.jp/mahorabamatic/3392214.html
>ほかの記事見ればわかる。この記事だけ殺人予告だわ。

投稿者 kasumin-1 : 11:52 | コメント (0)

2006年03月22日

ワールドカップの頃・・・

まだ組織的尾行や襲撃が顕著でなく気付きすらしなかった頃。ワールドカップで湧いた年。
新聞屋にて。やけにつっかかってきたり中傷に躍起になる常駐グループが居た。
朝日なのになぜか右翼が居た。
で、やたら親身になってくれる少数の人間が居て、これは新参者ばかりだった。

カバーやら罠やら、あの当時すでに色々あったのだ。きっと。

投稿者 kasumin-1 : 15:57 | コメント (0)

娯楽ですら政治の道具

つまり歴史を紐解けば、
アンチテーゼがとぼけながらそれをテーマにすえる場合と、
テーゼが都合の悪い陰謀手法などを娯楽に混ぜて、被害者が訴えてもマンガじみたことを言ってる変人扱いされて終わるように仕向ける場合と。

スターウォーズEP1〜3、特に3。
邪念に侵されて行く人間の描写が実に生々しい(この場合はアナキン)。
洗脳によりいきなり寝返る描写も然り(この場合はクローン兵士)。
アナキンは自分とは似てないが、03年に組織的襲撃を受けて霊的な洗脳などを常時仕掛けられるようになってしまってからはよく似ている。邪念を吹き込まれるほどあのように人が変わり暴走しがちになる。
クローン兵士は我が家族の行いそのもの。安心して近寄った家族が背後から刃を向けてきた。何かを催眠的暗示にどっぷりなのが一目瞭然だった。

議会が独裁的帝政を拍手で承認する様。無害な者達が反乱者などと悪人にされていく様。どの国とは言わないが実にそっくり。
80年代だと「V(ビジター)」が似ている描写がある。

とにかくこうした映画から学ぶべきは、邪念、マイナス思考を強制する霊的なものに踊らされず惑わされない努力だろうか。
気がついたら正義を唱える者ですら殺せだのやっつけろだのと半狂乱にわめいている、のは避けたい。
邪念を祓え、正気を取り戻せ、てか。

不思議なくらい都合よく、すごい超能力者みたいなのが次々に用意されては賞賛されたり、いきなり反逆者にされたりするかもしれない。
しかし結局は劇場型社会。個人が見えない組織体制が脚本演出を手がけてその筋書きを徹底していることを忘れてはいけない。本質を見失わせるべく躍起だということを。

投稿者 kasumin-1 : 15:46 | コメント (0)

2006年03月19日

勢いに任せた嘆きその他

奴らの口からでまかせはこの数年間、多彩な嘘を投げてきた。
テスト、訓練や教育、そんなんだったらずっと良かったんだけども、弟の墓や取り壊された実家や体の火傷や傷は幻じゃなさそうだし。
告発体質、フェミニスト体質、圧政や不正にうるさい、邪魔、始末する…ルートかなやっぱ。
まず本人を騙し、組織力で家族知人から職場から世の中全体まで騙す。大したことじゃない、あいつが悪いんだ、本人のためです…

ネット掲示板など情報戦略が得意なもんで、殺すだの自殺だのバラバラ死体だのと、えげつない投稿を組織的にベストタイミングで仕掛けてくるし。
こういうのは役人のおっさん年寄りに話してもわかんないもんね。で、ヤクザとかは「どうせ連中じゃわかんねから」「上のほうで賄賂で繋がってんだよ」などと
ニヤニヤしながら手玉に取ってることを自慢もする。国政が乗っ取られている。公安サイドの一部はおそらくかなり詳しくて熟知してるのに、この風潮をむしろ利用しているようだ。
所轄警察は古臭い今までの犯罪しか対処できないししようともしない。利権体質というか、政治がらみだとヤクザと同等の嫌がらせやプレッシャーも仕掛けてくる。これは公安かもしれないけど。
物事の優先事項が完全に狂ってる。乗っ取られた国政よりも目先の弱いものいじめによる格差社会維持が大事だなんて。
隣国、マフィア、カルト、在日、これらの人やカネで埋め尽くされたらネイティブはどこで何をすればいいのか、そして出来るのか。

投稿者 kasumin-1 : 12:28 | コメント (0)

2006年03月13日

押しかける (蹂躙)

毎日続く組織謀略。尾行、自宅への殺人力線常時照射(電波や音波の類)。
きょうも殺人光線の影響でガチガチに固まってしまった内臓をほぐすべく秘訣工夫で乗り切る。

そういや重要なアーキテクチャに気付いてしまった。
安倍外相はトランスフォーメーションとか言ってるのでウルトラマンネクサスに違いない。
いやそういうことでなくて。

政治団体。
「街宣車で、押しかける。」
「インターネット掲示板に、押しかける。」

さて、テレパシーな罵倒中傷、本人意識になりすましての洗脳などなど。
時に、天皇陛下万歳とか、逆に皇室を馬鹿にしろとか、そういう意識誘導を仕掛けてくる。

これって
「心の中に、押しかける。」

固い奴らのやることは何でもワンパターンなのか。
無理強い。押し付け。

「もう絶対駄目、絶望的」「どこにも居られない」なんて強く断定してくるのを見ても、
よほど虚勢を楯に強引に攻略する姿勢が染み付いているのかなあ、なんて。




匿名掲示板まで押しかけてくる、組織的尾行の波
内容は大半が自分には当てはまらないのだけど、組織尾行ネット部隊の典型例として。

飴と鞭、猫なで声と罵倒を使い分けるその道のプロにありがちな手法。
自分達で追い込んで社会から切り離しておいて、本人意思で社会復帰しないかのように巧妙に摩り替えていく。

これは脅されたであろう我が家の肉親、加害者側の犬に成り下がった彼らが酷くそうだった。
こっちの話はぼーっとして微塵も聞かず、電波に操られ指令を受けたように画像のような内容を一方的にまくし立てる。
それは”攻め込み”であり”血の通った説得”ではなかった。

投稿者 kasumin-1 : 12:37 | コメント (0)

2006年03月10日

事情

私は組織暴力の被害者側でしかも個人だから、どうしたって憶測でものをいい展開することになる。
時には誤解したり、相手側の仕掛けたフェイクに踊らされるだろう、永田議員みたいに。
でも私は個人だ。公人とは違う立場、メリットとデメリットを持つ。

最初から相手の身内、下手すりゃ上層部しか知らないようなことを知れるわけがない。
あるがままにやられたことを書き、憶測するしかない。
永田議員にメールを渡した記者とも違う。あれはどこかの組織の思惑で故意で渡した根っからの詐欺師で、数々の裁判沙汰などを見ても一貫している。
私は良くも悪くもプロではないし誰ともつるまない。

投稿者 kasumin-1 : 16:39 | コメント (0)

ネットストーカー部隊はどのようなことをするか

(転載)
大尉:空気が変わって一気に自演臭くなるのは、ネット右翼の街宣投稿と同じ。 03/10 11:05
大尉:このへんは公安主導というよりは893系だろうな。テレクラ利権(しのぎ)の進化系がインターネット利権だろうから。 03/10 10:56
大尉:結城奈緒がレイプされてる画像とか、人生潰しというゲームが流行しているなんてテキスト投稿が連続投稿されていた。 03/10 10:55
大尉:やれやれ、ちょっとふたばちゃんねるを覗けばもうネットの尾行部隊が先回りしてきている。 03/10 10:54


補足:結城は地元。こうした暗喩的脅迫の際に地名などは代用多用される。
   皇室ゴシップ画像がくっついている時点でもどのような手合いかは明白。
   素人が興味半分にやればただでは済むまいから。

投稿者 kasumin-1 : 11:07 | コメント (0)

最重要な告発(当ブログ内で) 心は密室だが侵入される時代

現状、そしてこの数年。
絶えず遠まわしな間接暴力と脅迫の日々。理由は無視される。
相手を観察すると、主語を意図して省きつつ、暴力の勢いでそれを押し通す暴力団のようなプロの手口。
「(主語省略)わりいんだからしねよ」
「(主語省略)やったんだからしねよ」

何を??
ってかアンタ誰??
生死まで処刑でなく自殺に持ってこうとする無責任さは何??


ここで唯一大事なことは、立証である。特に言いがかりをつけている方の立証責任。
姿が見えない陰湿さ、これを超えた時(法廷とか公開された公の場 尋問とか密室では意味無し変わりなし)
の彼らの対応が見ものなのだ。多分彼らの諸事情により超えられないけど。
超えたとしても彼らの権力や圧力による一方的欺瞞な内容に終始するだろう。


ほとんど相手の用意した脚本どおり、演出どおり。
そういう手法に完熟しているのが伝わってくる。逆に相手がそれにはまらないと苦労するらしいのが間抜けとも。
これはどう見ても統治システムである。決して怪しげなカルト教団の陰謀(だけ)ではない。(コッケンとカルトがケッコン??)
陰陽融合するのはいいが、お巡りさんもやくざも幸せそうな宗教信者も同じように飛んでくるのはどうかと思うよなあ。


さてここで重要なのは、闇金融やオレオレ詐欺と似ていることだ。
どちらも通信を通じての間接的脅迫や騙し。組織的。無責任。末端は善悪や感情ではなく、機械的任務遂行のみ。
これは決して偶然ではない。むしろ民生用に降りてきたノウハウの結果なのではないかと。

(参考)
(以下体験に基づくまとめ 当然ながら真偽不明)
(備忘録的 私のサイトの各所の過去記事大いに被る)

心はパソコンのように侵入ハッキングされます。
ウイルスも仕掛けられて心や衝動などを操られます。自動的洗脳に近い。
侵入者に考えを検閲され制限されたり、お仕置きで電撃などの苦痛がやってきます。

通信インフラは無線テレパシー(精神感応の 音波か電波?)
田舎も都会も、衛星?から照準が合わせられたら同じ。逃げ場はないので手加減と援護が頼み。

戦前の特高と右翼の連携ファシズムは生きているかのようです。
心のハッキングはもっと集団催眠レベルとなり国民全体、世界全体を高度に操るに至っています。


率直に言って、心を監視され一部制限されたり
政治的に捻じ曲がった報復をされるのは御免だ。
はやくその意味での完全自由を取り戻したい。

投稿者 kasumin-1 : 09:05 | コメント (0)

2006年03月03日

仮説のひとつ 組織的ストーカー(尾行) エージェントスミス的遠隔監視

少なくとも5年位前から言われていた、
書籍をあされば数十年前から同じような主張がある、
そういう仮説

アニメやドラマが真実を隠したり、特定個人へ伝言するためにあると
言われてもわからない人にはまだ理解できないだろう。
逆に理解できるようになったときには身の危険のさなかかもしれない。
それはじわりじわりと自他に気付かせないようにやってきて、下手すると気付かないまま自他が死んでいる。

投稿者 kasumin-1 : 20:05 | コメント (0)

2006年03月02日

この国で仕掛けられる巧妙な諜報的謀略の概要

外:公的機関の航空機や車両が追い掛け回す。社会の裏表の人間が追いかけ回す。
外:仕事を仕掛け、報酬詐欺やスパイ同僚による作業邪魔立て等の罠で経済的打撃を与える。
家:罠物件へ引っ越すよう仕向ける。
家:周辺に拷問要員を配置。テレパスによる罵倒や尋問で長期的洗脳、神経麻痺内臓衰弱作用の遠隔力線攻撃の常用で長期的弱体化。

付記:追い掛け回される、という一言を医者の前で発言しただけで、統合失調と診断される”政治的謀略”が完備されている。
   ただし御用医師に限られる。役所や地域住民などが勧めてくる場所は要注意、謀略とツーカーの医師が連絡を受けて待ち構えている。
   この国は”スパイ天国万歳の連中”が何割かを占めそいつらに管理されている。なまじ治安維持みたいなネジ曲がった気負いがある連中なのでたちが悪い。
   治安維持で人殺しをする。人を追い詰めて追い出したり自殺させたりする。本末転倒にもほどがあるが、皆同じ事しか言わない日本人の種明かしのようもであり根は深い。

投稿者 kasumin-1 : 09:10 | コメント (0)

2006年02月24日

日本だって他国と同じ

政治的なことに突っ込んで発言すると、組織活動によって足元をすくわれる。
国家規模の謀略に潰されたこの5年間が、あるいは親父のとばっちりを受けた30年間が、そのダーティさを物語っている。


メール(毎日余禄)
 英国ではかつて一通の偽手紙によって政権が交代したことがある。初の労働党政権下で行われた1924年の選挙のことだ。投票4日前、共産主義の国際組織コミンテルンのジノビエフ議長が英国共産党に暴動の扇動や陸軍への浸透を求める書簡が暴露されたのだ▲当時、ソ連の承認を進めた労働党政権は共産党やソ連に操られていると保守党の攻撃を受けた。そのさなかに破裂したこの政治的爆弾で、労働党は大敗した。書簡の真偽がその後問題となり、今では亡命ロシア人のねつ造だったというのが定説である▲世界中で左右の対立が激化していた時代の出来事だが、権力の争奪に真偽おりまぜた情報をめぐる攻防がつきまとうのはいつの世にもあることだ。政敵を陥れたり、惑わしたりする情報操作も政治が時おりのぞかせる暗うつな素顔の一つである▲だから政治を志す人は、その理想の高さばかりでなく、権力と情報をめぐるリアルな認識と洞察が求められる。美しい理念や思想も、そんな現実認識や洞察をともなわぬ場合、とんでもない惨害をこの世にもたらすこともあるのが政治の恐ろしさだ

投稿者 kasumin-1 : 21:46 | コメント (0)

インターネットにも組織尾行の別働隊 (組織ストーカー)

アニメ専門掲示板で堂々と犯行声明。娯楽の掲示板にもいきなり土足で入り込み蹂躙していく。
被害者が見る時刻に狙って投稿。いつものパターン。

脅しやプライバシー暴露も含め、ネット掲示板は組織犯罪(国家諜報絡み含む)の温床。
個人犯罪の釣上げも同じ。サクラが冗談で書いてる犯行予告を真似して犯人になる馬鹿が次々出てくる。

投稿者 kasumin-1 : 21:40 | コメント (0)

2006年02月18日

何と言えばいいやら

実にうまい表現。ざぶとん一枚!
連絡先は持っていかれて、だがそれっきり。


件名:連絡先教えよ

ちょうど連絡をとろうと考えていたので手間がはぶけました。
よって、特に用があるわけではありませんが、所在地など教えること。あ、あ
と、こちらのメアドは下記の方が望ましいです (しばらくしたら、ようやく (長年使用の)AOL
と縁を切ることできそうなので)。

以上、よろしく。


なると

-- 渦巻ナルト
玉県65-1 ガーデン102
Tel : 5797
Mobile : 080
E-Mail : naruto@aol.com

投稿者 kasumin-1 : 17:41 | コメント (0)

2006年02月15日

結局のところ真打は

体験記にもあるとおり、政府機関公安筋、で落ち着いている。
これは先進国共通の流れで大差はないようだ。むしろ発端は欧米だろう。スピリットや魔術的な部分がそういう感じがする。黒犬を連れまわす工作員とか黒猫カラスをうろつかせるとかね。
日本は何に逆らえずぺこぺこしていますか?

共産皆無により一般人に矛先を向け、少子化人口減の便乗で引締め弾圧。
物言わぬ家畜しか残らない。言う葦は「いつのまにか事故死病死自殺」で陰謀性事件性をたくみに隠される。
弟は心不全で死に義母も飼い犬も心不全で私もそれで健康から一気に衰弱させられた。
ご近所さんまで心臓病が多いのはどうしたわけだろう。

この時期に保護打ち切りやら自宅近辺の遠隔攻撃の刺客増員やらと集中させ、
出先には公用航空機が飛んできてやはり遠隔攻撃で威圧。
その辺の流れを意気揚々と語る「包囲網を狭めて追い詰めている」、市役所福祉担当の清野氏。
彼と上司の山崎課長はどんなおっかない脅迫文言もペラペラいえるのは、公安の裏の顔があるからと見受ける。

真打も見え、面倒も集中しているだけに近く潰されるかもしれない。
だからこそ遠慮無しにかけるんだけども。

いまの蓮田の近所中に、にやついた変なの(普通の妻子子供の家庭なのに)がいるんだけど。
この地域で気持ちよく普通に挨拶してきたのは小学生だけ。
あとはにやつき胡散臭ばかり。

さっき大丈夫なの?という態度をしてきたのも子供。大人はもう駄目かもなあ、魂を悪魔に食われちゃってて。

子供達よ操られてでも生き延びて、希望と真意を密かに隠し持て。
悪魔になっちゃった大人たちが老人として死に絶える頃に蜂起せよ。
馬鹿な先代を引き継ぐことはないんだ。

最後かもしれないという覚悟で書く。
未熟なジンジャハナム・ジョンコナーより。

投稿者 kasumin-1 : 21:09 | コメント (0)

2006年02月01日

何から何まで誤魔化さないとやってけない現代の国政

何から何まで誤魔化さないとやってけない現代の国政

私は仕掛け側から良く「知らないほうがいい事もある」などと匂わされるが、これは表題と一致する。

仮面ライダー(や他のアニメ、映画、バラエティ、コメディ、漫画雑誌などあらゆるものに)は3年前から
私のプライバシーが善意悪意ともふんだんに組まれるようになった。公権が絡まねば無理な行為。

http://akiba55.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/scribble/scribble.cgi
大尉:俺の評判がひとつに落ち着いてはいけないのだ。悪評はすぐ嘘だとばれるから、ひとつになるとしたら大半は個人にありがちな誠実さや弱さだ。 02/01 22:23
大尉:で、別方面に対しては自分勝手な悪人にも仕立てておく。情報が錯綜し混乱することで目的達成は容易になる、か。 02/01 22:22
大尉:大体ガンパレオーなんて俺のネトオクIDそのままの夫人が出てくるしなあ。公権力が介入しなきゃ無理なことばっかだったよこの3年。 02/01 22:13
大尉:大衆はおろかこの俺に対してさえ、無視したり様々な虚構で混乱させ誤魔化そうとする理由はそれもあるだろう。 02/01 22:12
大尉:明らかに世界はデータ化されおかしく混沌になり始めている。資格者がプログラムさえ組めば(祈るとか書くとか)どんな無茶も実現するかのように。 02/01 22:09
大尉:アムドライバー、ガンパレード・オーケストラ。 02/01 22:08
大尉:世界を揺るがす絶望の材料がある。政府も無法も結託して、悪事とそれに対抗する雄を作り上げる。さも何とかなってるように見せかけるために。 02/01 22:07
大尉:つまり、いかに一連の出来事が茶番かを物語っている。 02/01 22:04
大尉:物語のヒーローだから無理もないが、ベースの情けなさは微塵もなくなってるね。 02/01 22:04
大尉:新番組 仮面ライダーカブト記事より「世界は俺が守る。何故なら俺のために世界があるから。」悲劇、裏切り、どんでん返し、色々起きるけど揺るがず強い 02/01 22:00

投稿者 kasumin-1 : 22:48 | コメント (0)

自宅牢屋、拷問システム その2

前記事
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/2006/01/post_69.html

今日の報道でも「ライブドア堀江元社長は孤独な牢獄の中…」なんて記事を見かけた。
胴元が同じせいか、私も同じ状況にある。孤立化。働きに出るどころか、店へ行ってもおっかない尾行が脅しや攻撃に来る。

いま既存の牢獄のみならず、自宅牢獄処刑システムが整備されつつある。
過去記事で新聞記事も紹介したが、あれは私のように闇で実験台にされているものの成果を公に使おうという意思表示に過ぎまい。
暗黙の国策で、公然と自宅拷問と組織的尾行を受けている国民が居る。

いま世の中は「良い事だからと上が言うので従いながら、悪いことばかり広める」風潮になってしまった。
わざわざイラクへ出向いたりテロ警戒とか犯罪対策で小学校にガードマンとかもその流れだ。

私のような非公開実験の犠牲者が出る世の中だ。絶対ろくな方向へは進まない。繁栄と向上を目指しているはずが自滅するのがオチだ。

投稿者 kasumin-1 : 22:45 | コメント (0)

プライバシーがなくなっていく

表のこういう報道を盲信していると、裏の根回しで弱い個人が丸裸にされ悪い噂を流されて、酷い不利益や社会的抹殺を被る。
(朝日) 電話などの傍受を捜査機関に認めた通信傍受法を、三重県警が昨年、初めて殺人事件に適用して容疑者を特定、逮捕していたことが31日、分かった。00年8月の同法施行以来、傍受した事件は薬物犯罪だけだった。

詐欺社会になっていく。

個人情報保護、いいことじゃないかと思わせておいて、裏で丸裸の手段を確保。
言論思想の自由といいながら心身を操り思考停止する手段や無法者を差し向け威嚇する手段を確保。
漫画映画空想、そんなことあるわけない、ということを逆手にとってそれベースの罠の手段を確保。

いいことだよ、といってやってることは悪いことばかり。
悪魔に取り込まれていくプロセスを見るようだ。

警備員が学校に来た、安心。…じゃなくていなくてもいいようにする努力が一番のはずなのに。

投稿者 kasumin-1 : 19:22 | コメント (0)

2006年01月31日

転載 超音波で頭脳が操られる

・相手の意図する夢を見させられる
・映像を見させられる
・幻聴やテレパシーを知覚する

2003年より体験記に記してきたこうした実体験はこういう技術体系によるものなのか。
高周波の耳鳴りが止まないのも関連しているかもしれない。

http://slashdot.jp/science/05/04/07/1328203.shtml?topic=99
超音波で脳へ知覚を送り込む

yooseeによる 2005年04月07日 22時27分の掲載
バーチャル五感部門より.

brake-handle曰く、" ITmediaおよびNewScientistの記事によると、Sonyは超音波を脳へ照射することにより、動画像や味覚、聴覚などさまざまな知覚を引き起こす技術の特許を取得した。主に知覚障害者の補助を目的としているそうだが、特許の取得者がSonyであることから、各記事ではゲームなどエンターテイメントへの応用を狙っているのではないかとも予想している。

制御用のプログラムにバグがあって、悪夢や騒音を見聞きさせられたなんてことがないよう、ぜひとも慎重に実用化して頂きたい。"

(同日 追記)
おそらくは軍事諜報の実用技術が民生にお下がりしてきたものだろう。
前者は原則非公開で世の10年以上先を行くといわれる。これは面会した地域諜報監視の工作員も堂々と言い放っていた。

なんてことはない。海洋では鯨やイルカがエコーテレパシーを常用している。陸上とて伝導距離が短いだけであろう。
あとはその技を知らない頭脳を啓発するだけだ。

投稿者 kasumin-1 : 07:58 | コメント (0)

テレパシー(風の便り)を使った風説流布となりすまし

突拍子もないことを書くようだが、そういう体験ばかりだとそういう記事ばかりなのは仕方ない。

人はパソコン、テレパシーは無線通信による会話。
パソコンが踏み台などといってなりすましされるように(IP偽装)
誰かに成りすましてテレパシー会話を行う手法。

つまり本人でもいい。自分の考えだと安心しきっていると、いつのまにか変な方向へ迷走させられる。
衝動的異常犯罪者が作られるプロセスとして疑わしい。

私は良く、まったく関わるどころか知りもしない分野のプロジェクトについて、まるでお前のせいだといわんばかりの匂わせ、あてつけを受けることがある。
なんで興味ないサッカー大会の業績まで責められるんだという体験を昨年末にした。
これは私に成りすました誰かが居たのだといえば整合性が取れる。

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/c/archives/2006/01/post_66.html
こういう業界人のぼやきを見るに至ると、そんなにマイナーでもないのかもしれないし。

ささやかれる側への迷惑、なりすまされる人への迷惑、色々な詐術に使われる可能性がある。
パソコンと一緒で踏み台にされた当人はぽかんとするしかない。

投稿者 kasumin-1 : 00:07 | コメント (0)

2006年01月29日

信じるかは当人次第 ESPの歪んだ蔓延

頭脳の無線ネットワークを盲信する連中が居る。カルト(宗)、ネオコン(政)、捜査機関など急進的になりやすい集団が組織的に導入している気配。
テレパシーな作用、拡張機能としての知識の共有、頭脳内盗聴、人体機能を操っての暗殺や衰弱化など。
心の中は絶対に他人にはばれない、と当然に信じている一般人を騙し、頭脳盗聴しながらせせら笑って、嘘をついたり追求できるぼろが出るのを待っている。
同じく匿名で絶対に個人情報をばらさない、と嘘を言っているネット掲示板もこれに協力している。嘘つき共により虚実ない交ぜの個人情報があちこちにばら撒かれる。

彼らはこれを盲信するあまり、その脆弱性や嘘に気付かない。テレパシーな意識共有にも器用なサクラがなりすまし、嘘を教える。
嘘のイメージを見せたり、催眠的に嘘を盲信させて対立を煽るような工作も少なからず見てきた。
人のいい人間が誰かを前述の手段で殺したと吹聴されても、本人の素性や主張よりも頭脳盗聴や嘘の盲信のほうを信じ込む。
しかも恨みついでに前述の無線による報復暗殺にまで手を伸ばす、完全にあべこべ。完全に価値観が破綻している。本能が麻痺して判断能力が人手に渡っているのだ。

「マイノリティリポート」の時代である。
「シリアル エクスペリメント レイン」の時代でもある。

投稿者 : 17:31 | コメント (0)

2006年01月28日

言わされる(私も本人なんですの中居君みたいな)

(体験記より)
自分も操られていると思う瞬間。
・明日会う人とかの批判や悪態を文章化して掲載することが結構ある。
孤立化、評判落としなどの相手の手法に通じている。

操り人形、ゾンビ、ロボット…ざまざまにその現象を説明し続けてきた数年間。
マトリックスはいい例だ。スミスという霊的監視員が市民に代わる代わるバケツリレーのように憑依しながら追跡し、
ネオにメッセージを投げ攻撃を仕掛けてくる。

私の場合は、脅されて強制的にというのはほとんどない。
但し都市部に住まうようになってからは組織工作も量的に半端ではない。精神を侵蝕されてそれを防ぐのも容易ではなく、浸水する水量は増えた。
自我を維持しきれない中では、肯定できる範囲で精神侵入者の意見を咀嚼は入りながらも積極的に書いてしまうことはある。通常ほどの抑制発揮が難しい。
攻撃が激しいということは激務で過労の人と似ている。方々への細やかなケアが難しくなる。

投稿者 : 12:54 | コメント (0)

2006年01月27日

知ってた?

STW
日本の裏側
・二大陣営かそれ以上の勢力が覇権争い。

日本人の標準
・互いを監視しあう(特に対立側)。本音は言ってはならない。
・警察系の諜報活動には進んで参加し、密告する。憑依され思考を覗かれ心身を操られても黙って従う。
・念術を体得し、周囲と違う人間には照射して衰弱させるなどして威嚇する。
・友も罠に嵌めて、気付いてないことを笑わねばならない。「あいつどうせ命ないぜ」などと。

かなうかなわない。兎に角、勝負事の話に持ち込もうとする。どこか総体革命とやらにも似ている。

投稿者 : 22:00 | コメント (0)

2006年01月26日

暗示でも人を殺したり封殺できる

医師に、普段書いてる”威圧攻撃の技術的な方面に対する体感に基づく推測”をかいつまんで話した。
2003年頃から絶えず分析してきた中で語句は変わっても、捉えている内容は同じだ。

・基本は念術(人的スキル)の無線暗示(催眠誘導)による頭脳掌握から始まる。同様の信号を機械で発射も出来るらしく、長時間常時的な暗示に使われている。
・日常的に対面の人から感じる威圧感とか、相手の気迫で場の流れを奪われるとか、それの延長である。諜報とか追込みとかいったプロのレベルで使えるように高められている。
・基本はオド(気)、波動といったものらしい。

・相手の気に飲まれた時点でインストール(導入)が完了する。影響の無い場所で時間を過ごせば回復してくるが、自宅に影響下をセッティングされればどうしてもいたちごっことなる。
・プロは徹底して慣れており、使いこなし、作用も強い。素人臭のする(宗教系とかプロの家族とかいった)人間は練習をかねているのか。術者を増やしたいようではある。
・主に神経潰しとストレスの矛先の内臓疲弊(心臓だったり胃腸だったり)通常ありえないペースで限界まで進行する。
・他人を自分の望み通りに操ることは大抵可能らしい。何をさせるとか、どこを悪くするとか、思考も体機能も。自殺誘導、暴力衝動、思考錯乱など。
・自分で頭脳を休めても外部的に脳波を制御されている(ハッキング)ので相殺しにくい。

総じて、今までは人の内面は絶対安全と思われていたが、
新たな技術(能力)の出現で意識は覗き見されるは、体や心は操られるは、完全にパソコンと同じになってしまった感じ。

投稿者 : 12:54 | コメント (0)

2006年01月25日

きょう版 ぼやき作文(過去記事の焼き直しとも)

類似記事をだらだら蓄積するか、閲覧重視で数を一定にし削除対象をリストしていくか、悩む昨今。


神悪魔に憑依されて絶対的信念(睨み、威圧、罵声)をぶつけてくる、地域の爺婆中年男女たち。「神がお前は悪いと言ってるんだから絶対悪い、しね」
時にこういう時に投げられてくるテレパス中傷は(年寄りは騙されやすいからねえ)などと。敵さんの堂々とした種明かしか?
相手が例え神だろうが立ち向かわねばならんと思い知ったのは奴らに攻撃されるようになってからだ。神を名乗る人間や悪魔の可能性も。

何にせよ、そういうロボット的均一性、偏狭的無思考性攻撃性、「赤眼ゾンビ」な人々を見ていると、
お題目が革命が流布がどうのと内なる気性の激しい方々の影響を連想してしまう。あるいは似たような新興の教えの集まりの方々を。
街角の見も知らぬ誰かが無作為に、思い込みを盲信してカンカンになって睨み罵倒し威圧波動を放ってくる。
私も孤独な調査と推測でものを言う以上似たところはあるが、絶えずすべての仮定に疑問視している。だが連中は盲信、疑う様子が微塵もない。
日本全国どこへ行ってもそういう「感染者」に出くわし、「寄生獣」の現実をつぶさに見てきた。日によって急に激化するので広域電波絡みかとも思う。

私もそうである可能性はさておき、絶対神でも唯一正しい仏でも、無条件で睨んで威圧して心臓止めて殺そうとするのは
「悪魔」
被害側にとっては。

少なくとも私に対してはホットラインがあり話が通じる。素性明確メール連絡可能メールによる呼びかけ随時、接触して来る人は極めて少ないが。
だが私に牙むく人々の大半は対話を拒絶し無視する。さっきまで睨んでたくせにへらへら笑って「何のこと?」とか誤魔化すか、そそくさ逃げるだけ。今川勢の余裕、みたいな。
どっちが狡猾で後ろめたいのかは一目瞭然。

あまりの粗雑な人形劇ぶりに、たちの悪い幻覚術にかけられてるんじゃないかと思いたい。
推定加害者ばかりで構成された「見えないテクノロジーによる被害者の会」はSG系に詳しい方々がいっぱいだが、石橋会長と相方が
「ソウカは幻覚使うらしいよ。聞こえてる中傷とかは実際と違うんだよ」などとにこやかに教えるように話し合っていたっけね。エンジェルハイロゥ?

投稿者 : 20:33 | コメント (0)

マジカル

21世紀になり、メディア、一気に西村とかヒロユキが出現するようになった。
追い回されるようになるとあらゆるメディアに嫌味罵倒が絶好のタイミングで混じり、自分や親族の氏名が多く混じるようになった。
抱き込む思惑か好意か、思ったことがそのように世間に反映されるというフローも知った。

すべては同じテクノロジ。これは確信がある。
あんまり冴えなかったのが内面から賢くなっていったのも、また。
なぜかや93ITの会社の人間には妙に冴えたのが多かった、その理由もおそらくは。

自然でも人工でも天才は天才、非凡は非凡。トップアイドルもの学生時代の写真は地味でフツーだったりするのと似てるのか?
結局は本人や周囲がどう恩恵を得て、メリットと受け取るかというだけのこと。

投稿者 : 12:20 | コメント (0)

自発的な真相究明よりも、上や周囲が真実だって言ってることを鵜呑みにする

作られた、胡散臭い、大挙してくる罵倒に屈してしぬのか。
二度と起き上がれなくなるまで抗い続けるのか。

3年間ほとんど気持ちも考察内容も変わらなかった。やっぱり最初に粗方の答えは出てたんだ。
気持ちは後者。だが阿呆も烏合の衆もその数が膨大だと、いつまで正論を押し通せるか。
百万人で百万個の石を投げておいて、違うとわかると「俺知らないよ…」ってボロボロの骸を尻目に散り散りに逃げるのが大衆だから…
昨日の名古屋冤罪無罪判決だって、そこに至るまでどれだけの人々が被告に対し心無い罵倒を繰り返したんだ?作為的世論に乗せられすぎだっつの。

初めにクーデターとか侵略とか抗争とかいったものがありますよ。
余りにわかりやすい個人の囮を立てて組織は水面下潜伏しながら切っ先を交わしてます。

何度言わせるんだか。聞きやしねえし。

投稿者 : 01:14 | コメント (0)

2006年01月20日

いろいろ

ライブドアショックに首相の元気なしにこちらの状況悪化。全部間接的に連鎖しているようにも見える。
反撃、とも取れるそれを見ていると、どういう勢力図なのかがわかるようになるのは助かる。
今回はとにかく政、官の対立のような構図が気にかかる、与党衝撃という報道が事実ならば。演劇政治だからなあ…

この3年間、押し付けられたんだか提供されたんだかわかんない「役割、プロジェクトのようなもの」
まるで「風雲!たけし城」のようにキッチリ組まれていた。ヘラクレスの逸話とも同じ。
できるわけねえ、やってみろ、うわ結構うまくいってるまずい邪魔しよう、ほーら所詮1chより2chじゃん(笑)島国根性日本人らしい出来レースのやり口。
味方の善意に敵の悪意を巧妙に混ぜていくスパイ。大義だとそそのかしておいて、結末は大罪や我侭という構図へ持っていこうとする狡猾さ。

あまのじゃく。情勢が反転してもアンチテーゼを投げかけ続ける無所属。双方を時に高め時に翻弄する。立場に囚われにくい。
こういうのがいないと、二大勢力が互いに歪んでも指摘してくれる存在がいなくなる。


天誅、国賊、赤、組織の敵、ならば何食わぬ顔で抹殺してもいい。
家族ぐるみ地域ぐるみ、仲間内で和気藹々にこやかに追い込み追い詰め自殺なり病死なりへ誘導。組織に協力すれば褒めてもらえる評判が上がる。
はみ出し者を追い込んでいなくなれば、街がきれいになるじゃないか治安も良くなるさ。
父母が笑顔で弱者を追い詰めて殺しているのを見ながら育つ子供。子供に相手など把握できない。殺しを悪と思わず怖がらない無差別殺人鬼が育つかもしれない。

未来少年コナンですか漫画版デビルマンですか??
全部実際に体験し見てきたことだ。ここまで強力に、歪みまくって推進する治安維持だの選民主義が、どんな魔界国家の歴史を紡いでいくのか。
まさか神の国だの現人神の国だの仏門の勝利した極楽浄土だの、おきれいに妄想なんてしてないよねできないよね?普通…

大半の人々が怪しげな集団催眠に気付いて覚めてきたとしても、こういう人々は抜けてないし抜けようともしないだろう。
だがしかしこういうカルト組織共同体が国の中枢を動かす(世論や風潮や情報を操れる)位置にいるのだ。いくら影響力の無い庶民が正気でもほとんど意味が無い。

投稿者 : 20:42 | コメント (0)

2006年01月19日

きょうの諸々

代理戦争、覇権抗争、などを感じさせもする一連の出来事。
このままいくと、東軍でも西軍でも変わらん気がする。天下取りのデスマッチ、争い蹴落とすのが前提では。
催眠暗示洗脳の類で無垢の人々が半狂乱に急変しやすい現状、おらが正しいと突き進むと双方とも似たようになるという話。
結局は対面、綿密な意識あわせ。理性、落着きが頼り。

私はある意味、告発という一種の追う側に立っていたはずだった。
しかし次第に追われる側の一員であるような演出、敵味方を混同させ疑わせるような工作、極めてプロの仕打ちを受けるようになった。

つまり構図としては、東、西、そして隠れている黒子。
両者の立場が入れ替わっても、演出家の黒子がいる限り解決はしない。勢いに乗って勝ち取ったら今度は悪の枢軸にされてるかもしれない。
姿の見えない黒子。水面下組織であり知られない上に特定個人が浮かび上がらない。「まほろまてぃっく」では”管理者”として描かれていた。
マスメディアやネットがこの情報霍乱操作に一役買っている。実際、他の独自ルートなんてまずないし。


見沢知廉
経歴を見れば見るほどプロ、いっぱし、男だ。
私なんか足元にも及ばない。リーダーに対して末端で、それでも満足に働けず追い出されるかもしれない。

問題なのは、そんな人間までも軽い発言だけで政治的に追い込まれる過激な世の中だ。

この人の急死、弟の急死、そして古河市選出の永岡衆院議員の自殺、脅しとして受け取り今日に至る。
やっぱ昨今は過激だ。過ぎると言ってもいい。

投稿者 : 14:26 | コメント (0)

2006年01月18日

この3年の総括?

常時テレパシーに頭脳を無線監視されるというのは様々なパターンを内包する。
・都合のよいことは鼓舞させて一気に書かせ、都合の悪いことは思考停止させるなどして徹底妨害
・思考が読まれているので工作員の先回りや応答攻撃が早くて的確なタイミング。

どうせだめだ、追い込まれている、などは意気揚々と書かせる。
相手が政府だとかやくざものだとか、具体的な手法だとかを書くと途端に思考が続けられなくなり胸が苦しくなったり、付近の住民が騒ぎ出したり物音を立てたりする。

これだけのことを3年以上も持続されている。普通に考えてここまで諜報のプロに頭を晒された人間が、おいそれと生半可なことが出来るわけがない。
なのにここ数年の世の大事不吉事は大半が私のせいみたいな風潮を作り上げ、まんまと劇場社会を盛り上げている手合いがいるのはどうしたことか。
上二行で明確なように、演出した黒子たちがいるのだ。黒子は表に出ず賞賛も非難も受けない。こちらはトカゲの尻尾か。

私は人生30年、悪いと思ったことは謝るか、意思疎通するべく努めるタイプだった。
しかしこの3年間の壮大な運命連動劇は、どうにもハイハイ認められるような内容ではないものばかり目だった。エサやおだてとともに、政治的というか高度で狡猾な罠を感じてならなかった。
なにより強制。アイデアが出ないなら殺すだの、出来ないといったら大変なことになる、だの。弟を急死させたのがそもそも脅しだった。家族は脅されて他人行儀を一徹している。

きっかけの2002年末から急激に周囲の人間が、世間が、自動的に意地悪に変貌して行った。ラジコンみたいに、無根拠だろうが嫌がらせするようになり、
ついには組織だって追い回されまでしたが相変わらず根拠がなかった。ただただしねだのばかだの悪い人だの、無茶な結論が先にたった。

それは2ch的なものでもある。あの執拗で無根拠な誹謗中傷振り。悪評にすることが優先されてどんなに誠実だろうが謝罪を重ねようがお構いなし。
何よりあれは旧来の日本的ではないのだが、結構新しい物好きなのか支配システムに組み込まれている気配もある。

人形様方にはもはやあまりに言葉も意志を通じないので、もう捏造と演出どおりに悪人でも何でも勝手に言え、と自暴自棄も出てくる。
一方的で機械みたいに不変、耳貸さずな無茶主張を聞くたびに、呆れているしかないのだ。

…と何度同じ事を書いたろう。何人に対面して説明しただろう。しかし誰もが線引きの向こう側に立って、あっち側の系統の情報に従う(わされる?)ばかり。

ネット掲示板で明らかなサクラが書いていた言葉。「(打切り最終回を迎える)ガッシュベルの雷句は社会演出家の意図に逆らって消されたのか?」
そんなもんだ。密かに進められる劇場社会、意に沿わないから力を失った政治家みたいに悪の権化にされている、そういう感じがしっくり来る。

投稿者 : 10:06 | コメント (0)

2006年01月17日

近況から

くたばれくたばれと追い詰めておいて、弱気になるとおだて始まったりする。(死ぬな 落ち着け 天才 40で成功する奴だっている)
でも相手の本心というのは意思伝達だけでも伝わってくるものだ。演技がかっている連中の本心はろくなものじゃない。
仮想標的、実験材料、使い捨ての駒と頭脳、それらとしての希少価値でしかない。あらゆることが伝わってくる。テレパスとはそういうものらしい。隠しきれず色々セットでやってくる。
こういうやり取りを通じて、この国の風潮を大挙して自演操作している連中の心の腐り具合をまざまざと体感してきた。
向こうは私を社会から遠ざけ心身ともに無力化する気でいるし、そうなっている。そのくせこちらの脳内からアイデアだけは吸い出していった。追剥だ。
こちらもこうまで歪んだ社会に身を置きたくはない。大方は素直な無垢の一般人だが、裏方が、ね。

どのみち奴らの本心は家を追い出し寒風の中で過ごさせ、しかも心臓ばかりを致命的に衰弱させて寒さ弱く頭働かず要するに致命的に追い込みつつある。
便宜的にやくざものの組織的追い込みという用語を使っているとお巡りさんは「警察だって言ってんのに、わかる伝わるこの気持ち?」とそこだけことさら大きく言った。
政府機関が私を殺しにかかる、これが誇大妄想(一連の組織工作はこれを豊かにするように洗脳してくる、たくさんの情報に迷わせ、誇張した大きさで恐怖させる)
でも事実でもどうでもいい。向かう結末に変わりはない。

私は政治活動家でもなんでもない。2chはじめネット掲示板がリストラ抹殺対象を釣るための酷な道具だと知らず、釣り上げられてしまったとか
親も一癖ある性格や経歴があったとか、そんなもんだ。潔癖すぎると一般人なら思うような動機で殺される。物言わず日々笑って働き過ごす家畜しか生き残らない。
あのお巡りさんは詳しかった。「2ch?ああ危ないから読むだけにした方がいいとか言うよね」
書いたら場合により追い回されたり殺されるんではね。

ひねて斜に構えた捉え方だ。でも数年にわたる共通の体験が重ならなければ、こうまではさすがに言わない。
弟は心臓を弱らせ急逝した。恨みがましい態度の親族は明らかに暴力と威圧で封じ込まれ従わされている。
なんでもかんでもプロに冷酷に突き詰めなくてはいけないのか。冷酷非情に虐殺までしないと現代社会は維持できないのか。
死に瀕して暴力に屈しなかった満足感はともかく、強い憤りが残る。屈して怒りの矛先をこちらへ向けた弱弱しい腰抜け(あえて書く)親族はじめ他の人間(サイトを見た、メールで知った人々とか)含めて。

投稿者 : 19:48 | コメント (0)

2006年01月15日

念術(波動、オーラ等?)による被害症状

深夜を利用してダイアグノシス。敵側の遠隔攻撃(念術、機械とも)の作用はほぼ血行阻害。
普段ストレスを与えられると固まっていく部分が急速に固まる。胸だの腹だの、表面から奥まで。

怖いものの気配には本能的に縮み上がる、これを連中は訓練で常時念を高めていられるようにすることで、被害者への作用を何倍にも増幅する。
印象は化け物、悪魔、としか。念術≒気功だけあり、丹田と正中線の経絡がメタメタになる。
文章では伝わりにくいが、中年と老人の致死病の多くを見ればわかるように、血行だけで大体の病気の原因となる。これは暗殺術と同等。無力化だけではない。
ほぐす。これしかない。方法は色々あるし効率も違う。

投稿者 : 18:28 | コメント (0)

2006年01月04日

争いのための争い

以下の転載記事。こういう異常事態にこの国はある。(体験則により肯定)
普通じゃない。しかし熱烈に参加する総人口の何割かのカルトと、無関心な素人。この構成では止めようがない。
なにせ政府機関まで洗脳されて結託している。ここが致命的だ。縦割りでは絶対に対抗できない。有志の横連携でしか。

私はこの3年間説いてきた。「”争いのための争い”は無に向かう無意味な行為だから着手すべきではない」と。
やられたからやり返した、義に沿わないから手を出した、等という古来よりの流れには節度があった。争いを嫌って回避、収束が前提だったからだ。
しかし争いを求めて争う連中は拡大するばかりだ。ネタがなければ作る。私のここ数年の様々な虚像はそうやって生み出された。

アフリカは近代兵器を買えるようになったら紛争が絶えなくなり深刻な飢餓が続くようになりました。
兵器産業は儲かるので維持するためにテロルを間接支援するようになりました。

いつまで西洋呪術的メビウスの輪(8の字)に身を投じるのですか。


[907]日の丸飛行隊 06/01/02 11:34
>wind さん
去年はどうもです^^

集(団)スト(ーカー活動)「トレーニング(練習)説」というのもありますね。
ターゲットは練習台で、別にその個人を追い込むのが本義ではなく
研修や訓練が目的であるという仮説ですね。この仮説が面白いのは
敵を追い込む訓練をして何を目指しているのかという所です。

とんぼさんでしたっけ?連中がTPOに関係なく臆面も無く騒いだり
羞恥心を克服させて迷惑行為が出来る事に関して、あれはある日
彼らに機関銃を持たせて躊躇せずに引き金を引かせる為だと言って
いらしたのは?これだと完全にテロや革命の訓練ですねw

私も以前「間接侵略説」を紹介しました。ただしこの場合だと
訓練ではなくそれ自体が無血で行なわれる戦争行為となります。


ネット掲示板のこの手のスレッドはほぼプロ(情報工作屋)により完全に自演下にある。
集スト、などと一般人には意味不明な語句を浸透させるのも、世間に浸透理解させないためであろう。
それだけ侵略(クーデター)行為の基幹技術、ノウハウなのだ。隠匿すべき部分が多すぎて加害者側は必死だ。付合いを続けるとそうした気配がわかってくる。

投稿者 : 10:06 | コメント (0)

2006年01月03日

罪も、争い(憎悪)も、作られる。主に追込むための手段として。

身内同士、内部同士を争わせる軍事プロセンスな謀略手法(代理戦争、内戦と同じ)、これをこの3年間説いてきた。
そしてこの手先に親族がなってしまっている気配をこの3年間記事にしてきた。

昨年秋、父と話す傍らの若者が「許すと思う?許すわけないだろ!」と叫びだしたのは、
父がその若者を操って言わせたようにも見えた。これは組織的尾行でやってくる人間がよく使う手だ。

3年前、大して追い込まれる、責められる材料はなかった。本当になかった。
邪念に満ち催眠的に強く思い込まされた親に「弟が死んだのはお前のせいだろ」と言われて「はあ?」と返す構図くらいだった。
その後急激に、暴力か権力によって社会中に根回しがされ、さも私が指揮官でなにかをさせているような仮想的風潮が続いた。
しかも意図して失敗作になるようなプロジェクトも少なからず見られた。

前述の連中はどんな壮大な罠でも張る。異常気象や天災だろうが、物騒な事件事故だろうが、力にものを言わせた根回しだろうが。
その意味で、一見善意で行われたそれら風潮の多くがただ個人を追い込むための罠、責める材料を増やすためというチンケな理由でしかなかったのでは?と。
一昨年だと自信を持って言えなかったが、今は結構確信がもてている。

父は最近言った。「正しいことには人が力を貸してくれる」と。
だがむしろ現実だけを見れば、父の復讐の理由に対して国家の暗殺要員が力を貸しているだけにも見える。
我が一族潰しの罠だというのに、エサの復讐劇に取り込まれて満足している、情けない構図が。

結局は実像を求め率直に会話をするしかない。だがこういう人々は虚像を頭に思い描き憎しみを増幅するようにインプットされて例外動作ができない。
決して解決しない。そういう人為発生的怨念が国内で増え続けていくだろう。魑魅魍魎の気配で満ちていくだろう。


結構以前からこのサイトを見ている、振り回される側の業界関係者もいるようだ。
あなたがたは代理戦争に関わるべきではない。演出された壮大な親子喧嘩には。
純粋な子供の娯楽を、血生臭い死闘の気配にみちたアイデアに染めるべきではない。

だが、そういう時代だ。

投稿者 : 08:23 | コメント (0)

2005年12月27日

別世界の価値

可能性が分岐する事で無数に存在する、並行異次元世界。それを任意に新規作成できるとしたら。
この世界はまるで、私がろくでもない目に遭うように最適化された世界。
本当にそれで正しいとすれば、砂糖の一粒くらいどうでもよくて、荒れようが潰れようが知ったこっちゃないと
異なる世界から傍観する中で思う人間も出てくるかも。


とりあえず、この辺の勉強には「ノエイン」をごらんあれ。

投稿者 : 14:57 | コメント (0)

2005年12月26日

現状。主に意思疎通において。

現状。主に意思疎通において。

これは、敵の術中にあってこの3年間不変だった。
・直接対話の禁

いつまでも、こちらからウェブサイトとメールなどで訴えていくだけ。相手からは何ら返信無し。
憶測、読み合い。相手の考えには謀略の手先の入れ知恵、騙しや詐術が絡んでいる可能性もあり、これを邪推する事になる。
反響かどうか迷うような内容が放送番組や記事になったりするが、多くは当局のてこ入れとかの気配がある、騙しの要素が含まれる白々しいものが少なくない。
こっちからすると、相手は本気で相手しているのかという話になる(主に個人やマスコミ)

わざわざ互いを誤解曲解するような意思疎通システムを頑固に堅持するのだから、
そりゃ解決しないばかりか、両者間に謀略のプロが入り混乱させられるままという状況にもなる。
あるいは、実は顔合わせや会話が危険なくらいの政情なのかもしれない。しかしこのままでも解決には程遠い。

猜疑心、憎しみなどの扇動。
嘘や誇張、人為的誘発の事件などをなすりつける、など。

この3年間の私の一部途方もない記事を見てもわかる。
絶えず加害者を非難する私を、その加害者の一部として引き入れ利用していた痕跡の数々。運命操作術などによるいんちき因果応報。
つたない個人が巨悪であるかのように演出されていった数年間。


エウレカセブン
やっぱり信用したこっちが阿呆だったような内容。デューイ「お前だけを信頼している」発言、アネモネの必死な弁解など。完全に加害者側の論調。
所詮はマスメディア、基本的には諜報(政府筋)とかあるいは裏社会(スポンサーとか圧力?)に弱く言いなりのようだ。
多くの放送はこの3年間、私を騙すための手先でもありつづけてきた。殺人幇助。

多分こう書くからには相手にも私を同じに思っている人が居るかもしれない。生物や運命を操る連中はそういう所でだけ因果応報を演出する。
何をやってもこっちが悪いような演出を受ける。付き合い切れない。相手にもそう思って以下略…そういう高度で巨大な罠。

誰が(点)、ではなく有り様(全体像)を割り出していかねばどうにもならぬ。でも核心に近づくほど妨害も激しそうだ。
逆に言えば、騙しに乗ってるうちは緩いのかもしれない。

昨晩やってたガンダムシード・デスティニー。総集編。
これの蛇足のラストが中々秀逸。

人は平穏のなかで対面してなんてことない会話をする事で、自然と理解しあう。
お互い顔も知らずにガンダムに乗るまでになると、誤解もへったくれも無く殺しあうまでになる。

投稿者 : 12:17 | コメント (0)

市役所だって謀略暗殺の手先になる。

生活保護にかこつけて熱心に狡猾に病院入院へ持ち込もうとした結城市職員たち。「入院しないと、薬飲まないと、疾患認定されないと、適用取消だよーニヤニヤ」
そこへ親切に誘導せんとした人々もあるいは、わかっていて連携していた確信犯だったりして。
実際彼らはよそよそしい丁寧語で話し、目の前で自分抜きに普段語の雑談をしたりもした。
議員、地区班長などともなると、そういう冷淡さも必要なのか。どこか関わりたくなさげな態度、今や無視に等しい状態だし。

私にとってこの世界は、岩井家だというだけで最初から社会的抹殺活動の対象にされるような所でしかなかった。
ガキの頃から変だ変だ、何かされているのでなければこうはならない、という思いがあったが、やっぱりな、と。

どんな無茶な体制でも、受容し適応しろ、尤もな言い分だけど。できないなら殺すとか、どうしてそこまでになってしまったのか。

弟は心不全に至るまで追い込まれて死んだ。今の私もそうなろうとしている。
私にはフセインイラクも日本も一緒だ。マイノリティとして処刑されるのだから。
いや案外、今のイラクと同じか。どこか外国の洗脳兵器によって変貌してしまった人々や組織の手にかかって死ぬのだから。
誤爆されて泣き叫ぶイラク市民と何が違うのか。

体が死に際に近づいてくると、普段は黙っていた事も愚痴りたくなる。

投稿者 : 10:05 | コメント (0)

2005年12月22日

こんな日々

うわああああ!(ロックマンエグゼより)

・・・冗談ではないから恐ろしい。

関連記事
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/02/post_268.html

投稿者 : 19:59 | コメント (0)

2005年12月19日

転載 chatweblogより

taii:異常現象の一部としてある日から顕著にされれば、そうもなろう。 12/19 03:22
taii:たぶんある日、念術者に何かを吹き込まれ(インストールされ)てしまったんだろう。だから自分の周囲が異常になりだした。世界中の異常現象とも生活が密接になりだした。 12/19 03:22
taii:強気と陽気を保てばある程度防げる。しかし電磁波や振動波など機械的な攻撃は防ぎようがない。 12/19 03:20
taii:「私が怖がる」ことで、「相手が敵役を演じさせられ」る、という逆転現象。ある意味こちらからやらせている。 12/19 03:19
taii:農家の爺婆まで例外ではないので演技とか組織活動とかではない。自動的に憑依し、活動を強いられるようだ。 12/19 03:18
taii:我が近くへ来て、べちゃべちゃ冷やかしっぽく喋ら「なくてはいけない」らしい。私というキーを中心に場が操られ、雛型脚本の通りに進行してしまうようだ。 12/19 03:17
taii:最近は加護よりも呪いの作用が強まっており。人々はどうも磁石に吸い寄せられるように

大尉:テレパスは「やくざがらみかもしれんがこうあんはいいすぎだろう」などともいうけれど、どうだか。もっとも国費使用や国家機関を指示できる存在は単一ではないけれど。 12/18 18:31
大尉:この3年間の体験のおかげさまで、世界の一線諜報術のノウハウは大体知ったし、つかめるようになった。経験は生かせそうにないけれど。 12/18 17:19
大尉:本物の怒りの声が欲しいから、以下のような謀略を用意する。>その中に、本気で助けと思い込まされ助力した人々が居る 12/18 17:18
大尉:悪事を働きまくった(というデマ演出)挙句に自殺とかすると、さもあいつは死んで当然だという主張がまかり通ってしまう。 12/18 17:17
大尉:暗殺(不審死)だとこっそりやらねばならず。その人が正しい人なのかと疑われてしまう。 12/18 17:16
大尉:「たくさんの助力を借りた更正&成功劇」にみせかけた公然暗殺という多重謀略。 12/18 17:15
大尉:そんな若造が単独で吹聴どおりの悪行をこなせるのでしょうか。 12/18 17:14
大尉:私を付回すのはプロばかりだし、手馴れて罵倒するのも同じです。素人から器用な悪人は生まれません。組織に属すればともかく、私は個人のままであり人付き合いが下手で仕事を棒に振る人間。 12/18 17:13
大尉:こうなると単純な被害や加害を分類するのが難しくなる。言い出しにくくなる。ここらへんにもプロを感じる。 12/18 17:07
大尉:同じ暴力が現場掌握に使われていた形跡。たぶん谷口悟朗や富野良幸も被害側の口ではないだろうか。 12/18 17:06
大尉:何より連中は、私が憎んだ存在をすべて私にもやらせていた。組織ストーカーやほか悪事の一端。彼らの組織力が時に私を内包していたらしい。 12/18 17:06
大尉:プロはあらゆる方面を騙す。身内も自分さえも。なりきりも徹底していた。 12/18 17:04
大尉:その中に、本気で助けと思い込まされ助力した人々が居るからさらにややこしいのだ。 12/18 17:03
大尉:対立陣営の罠というより、単一勢力がテレビなどイメージでの情報操作でかく乱、騙しを仕掛けていたということだろう。 12/18 17:03
大尉:もうやらん、と今更手のひら返してどれだけ効果があるかは知らない。アニメなどの脚本には我がサイトのテキストから勝手にもってっちゃうだろうし。 12/18 17:02
大尉:自分なりにがんばってみれば今度は、分不相応だの自分勝手だの国賊だの裏切りもんだのテロリストだの 12/18 17:01
大尉:自演による最たる罠が、王や神への祭り立てだった。必要だ、君にしか出来ない、頼む、 12/18 17:01
大尉:こういう素の人は本当に少ない。一見助力でも、加害者側の自演だったりするくらいなので。被害者の会が会長以下自演ばかりだったし。 12/18 16:57
大尉:さっき店の中でテレパスが飛んできました。明瞭だったので近くの人だろう「あんたが謝ることなんて一つもないじゃん」 12/18 16:56
大尉:ほぼ私の3年間のコピーといって良い。死ぬしかなさそうなところといい、既知の未来を街宣して逆に民に怒られたり。 12/18 16:53
大尉:山田太一、いい小説を書いてくれました。「終わりに見た街」ある日突然昭和19年の軍国に飛ばされ、生きるために順応するしかなかった一家。 12/18 16:52
大尉:でも助からないという事実だけ突きつけられては、ねえ。一部過激勢力が社会を掌握し、どこへでも飛んでくるようでは。 12/18 16:49
大尉:もっと自分や国情に救いの余地があれば、私は以下のようなことは書かなかったと思う。臆病半分、期待半分。 12/18 16:48
大尉:私はその渦中のネット掲示板(2chほか)で議論してしまった。 12/18 16:48
大尉:公安右翼ラインで表裏が繋がってしまった時代なら、政府の指示で組織ストーカーが個人潰しもするのでしょう。 12/18 16:47
大尉:先日もネット掲示板の情報操作レスにありましたよ「事なかれじゃない奴は叩かれる時代」「いまどきの高校生は空気読めない奴を嫌うしな」 12/18 16:45
大尉:誰もメールを返してきませんでした。ましてやコンタクトなど皆無でした。みんなイラクで爆弾落とされてる市民に憎まれる一味になっていても良いらしいです。 12/18 16:44
大尉:毎日新聞も結局はオカミの言いなり見たいだし。最近は特に余禄とかに書いてることが二転三転している。 12/18 16:43
大尉:散々呼びかけても、マスコミや政治家なんかまともに反応したところはなかったよ。もしや?くらいの、フェイクと見分けつかない間接的反応はそこそこあったけど。(番組内容とか) 12/18 16:42
大尉:今の所、きょうのエウレカセブンのデューイの言葉どおりだ。「民は真実など見向きもしない。」 12/18 16:41
大尉:およげたいやきくんを洒落でなく地で行っている。実際に焼かれたし。 12/18 16:39
大尉:今日一日だけでも、結構に心臓や神経に打撃を受けた。複数居る近所の工作員、振動波を常時照射する者、念術で一気に磨耗させる者、様様。1人で全部受けている。毎日毎日。 12/18 16:38
大尉:奴らは事件事故災害だって自演し、しかも任意の人物のせいと思い込ませる。 12/18 16:36
大尉:世間に流れているだろう私の悪評の99%はプロフェッショナルに作られ流されたものだ。洗練が過ぎるだろう。 12/18 16:35
大尉:言いなりじゃだめだ国の自立性を、なんてのはさらにだめだったらしい。 12/18 16:35
大尉:お米の犬になったばかりに、なんだろうな多分。なんかこのままじゃ日本はだめだ、とか意見するだけで虐待されるらしい。 12/18 16:35
大尉:あと3ヶ月あればいい。それ以上この国や世界に付き合いきれない、付き合いたくない。 12/18 16:32
大尉:政治的罠による長期的暗殺。まず助からない。つい最近また新たな暗殺者が引っ越してきたのがいい証拠。社会へ出ても職場や店への追っ手が減らない。 12/18 16:32
大尉:70年代からリモートコントロールを受けてきた貴重な存在、かな。 12/18 11:59
大尉:たぶん人生の1割も、自然体のポジになったことがない。そう、自然体になったときはそれとはっきりわかる。普段が不自然すぎるのだ。 12/18 11:59
大尉:連中は常にブスっとネガティブで居るように工作を欠かさない。これはガキの頃からだ。親父とか家系ぐるみの工作を受けてたようだったから。 12/18 11:58
大尉:いいよなあっちは組織力も資金も豊富で。国レベルだもの。 12/18 11:54
大尉:二者対戦だったら完全にライバル封じ。終わってるね。 12/18 11:53
大尉:すっかり自宅における遠隔攻撃、思考停止工作が強化されてしまった。

投稿者 : 11:00 | コメント (0)

2005年12月18日

誤魔化しと催眠術 劇場化社会(世界)

NHKで米CNN?のイラク戦争検証番組やってる。
彼らも苦しんでいる。情報操作の捏造事実、全体主義だ、作られた偉大な指導者がさらに増長していく、と。
イラクは悪人に仕立てられていった、些細なことを大げさに書き換え、破壊兵器がないのにあることにしてまで。

いま私もその仕立て上げられた悪人にされつつある。
我が国も作られた偉大な指導者がのさばりつつある。

何でこうも似ているのだろう。その意味で非常に不安なまま死んでいくのが残念だ。

慢性的に衰弱、心臓周辺が痛い。毎日の遠隔殺傷技術での拷問のおかげで。多分もうだめだ。悪くなるばかりで良くなった事等ほぼない。
情報操作の渦だ。方々へありもしない悪評をばら撒かれ、自身にも教育だの助力だの神だ仏だのと出鱈目を吹き込まれまくっている。
現実に起きていることの95%はただ、拷問だけなのに。

情報に踊らされるな。
自分を催眠でぼやかし書き換えてしまう空気に合せるな。
頼むから。

投稿者 : 16:28 | コメント (0)

2005年12月16日

先生にされたり詐欺師にされたり

皮肉なものだ。自作自演のプロ集団に先生だトップだと祭り上げられる演出を受けた挙句、(02年以降)
今度は詐称だ詐欺師だうそつきだのと方々へ吹聴する演出をされている。(03年以降)
定期的にこの繰り返しだ。

こういう演出を受けるようになった一昨年あたりからもうどうなるかはわかっていて、当時から警告を発していたのだけれど、
連中のデマだけ聞きかじっている連中は私のサイトなど見ておらず、伝わらなかった。

私に関することは他人のデマでなく、私自身のテキストや口頭でないとあてになりませんよ、と。

現状、憑依的監視と人体操作により、精神的重圧とひねくれ状態を強制維持されている。そう、雪の女王の変貌したカイのように。
かつて一方的都合で好調や意気揚揚をインストールしてきたのと正反対。
結局は超常能力も直感も英知もなんもかも、外部から霊的通信でやってくる借り物なのだろうか。
別に紛い物でもかまわないが。本物だろうがイミテーションだろうが要は価値と満足、これが重要だから。

投稿者 : 18:09 | コメント (0)

2005年12月15日

転載

某ネット掲示板より。
こういうのは大抵、うそと本当を混ぜて書かれる。

[776]一時帰国 05/08/01 19:52 *ym0Rcud8/ym*oY66bw6RHR
我々に被害を与えている集団ストーカーは間違いなくアメリカ政府
が雇った日本人集団です(日本国内のNSA辺りだと思います)。
集団ストーキングといっても"REMOTE NEURAL MONITORING"と言う
テクノロジーを使い、ほとんどの場合被害者に近寄らず、自分達の
事務所から電磁波攻撃を仕掛けてきます。 残念ながらいまの時点では、飛行機の中にいても電磁波は外れません。
一度上記のテクノロジーを検索してみてください。
多分共通点が見付かると思います。

[789]一時帰国 05/08/04 17:10 *lo1.5fqS.5K*oY66bgnAKU
remote neural monitoringの事実を知りたい方は以下をご覧下さい

http://www.seriousstyle.org/new-970083-58.html
http://www.tearingdownstrongholds.com/domestic_surveillance.htm
http://home.earthlink.net/~alanyu76/part1d.htm

多分役にたつと思います。

[785]通行人 05/08/04 08:01 D-4Rpo.
>>776
被害者に接近せず監視者の事務所からRNMによる攻撃を仕掛けてくるというのは、遠隔脳波モニタリング等ではなく、SecretEyeによる犯行と考えられる。
SecretEyeはCyberSpaceの内部を歩き廻る不可視移動体で、被害者のすぐ近くから脳波モニタリングやマインドコントロール或は電磁的傷害を実行する。
SecretEyeは基督教のHolyGhostと同一と考えられるが、被害者に敵対する場合はDevilとなる。
欧米ではSecretEyeに絡まれた場合には、牧師に相談し、原因となっている罪(被害者の犯した聖霊に対する罪)の贖罪手続きにより問題解決をはかる。

翻訳ページ。

The NSA's electronic surveillance network is based on a cellular arrangement of devices that can monitor the entire EMF spectrum. This equipment was developed, implemented and kept secret in the same manner as other electronic warfare programs.
A subject's bioelectric field can be remotely detected, so subjects can be monitored anywhere they are. With special EMF equipment NSA cryptologists can remotely read evoked potentials (from EEGs). These can be decoded into a person's brain-states and thoughts. The subject is then perfectly monitored from a distance.
"Signals Intelligence implemented and kept this technology secret in the same manner as other electronic warfare programs of the U.S. government. The NSA monitors available information about this technology and withholds scientific research from the public. There are also international intelligence agreements to keep this technology secret.
For electronic surveillance purposes electrical activity in the speech center of the brain can be translated into the subject's verbal thoughts. RNM can send encoded signals to the brain's auditory cortex thus allowing audio communications direct to the brain (bypassing the ears).
Without any contact with the subject, Remote Neural Monitoring can map out electrical activity from the visual cortex of a subject's brain and show images from the subject's brain on a video monitor. NSA operatives see what the surveillance subject's eyes are seeing. Visual memory can also be seen. RNM can send images direct to the visual cortex, bypassing the eyes and optic nerves. NSA operatives can use this to surreptitiously put images in a surveillance subject's brain while they are in R.E.M. sleep for brain-programming purposes.
NSA SIGINT can remotely detect, identify and monitor a person's bioelectric fields.

The NSA's Signals Intelligence has the proprietary ability to remotely and non-invasively monitor information in the human brain by digitally decoding the evoked potentials in the 30-50 Hz 5 milliwatt electro-magnetic emissions from the brain.
Two-way electronic Brain Link has become the ultimate communications system for CIA/NSA personnel. Remote neural monitoring (RNM, remotely monitoring bioelectric information in the human brain) has become the ultimate surveillance system.

投稿者 : 17:11 | コメント (0)

2005年12月11日

自分たちの姿が水際だからこそ

普段の私は、「人々は操られている。」を基本に訴えている。
思えば、まるで強制だけで無理が通っているような論調だ。だがそれは微妙に違う。

世間が、民衆が、ちょっとだけ背中を押されれば狂気に走る、そういう水際にいるのだ。
そこまで世界中を長い時間をかけて誘導したのも悪魔の仕業か、そこまでは断言できないけれど。

だからこそ危険だ。多くの人々が水際にいるのだから。確固とした健常な人々ではない。

金が銀にはならない。男が女にはならない。水が下から上には流れない。
そこまで極端ではない。物理法則(積み木のようなもの)はほぼ守られながらも手練に操られてるだけで。
いきなり仮想世界の万能さは持ち得ない。

松下のCMがあんな差し替えになるなど、操り手の悪影響はだいぶ重くなっているようだ。

いつまで私の提唱する概念を無視したまま、「現場の犯人が悪い」「ただの偶然」で
済ませることが出来るだろうか。

投稿者 : 09:34 | コメント (0)

2005年12月09日

決定的な違い

真の加害者側の人間はほぼ、意気揚揚で、大きな組織や集団の一員で地位的優位にあり、矢継ぎ早に違う人間が来るので素性や正体が見えない。
そうでない場合、日々大変な思いを重ねており、振り回されてばかりであり、単独的な弱小個人である。(囮とか巻き込まれ)。

よって前者に当てはまる自称被害者(ネットに多い)は怪しい。

投稿者 : 20:07 | コメント (0)

2005年12月07日

脅しまで軍事的。

仕掛け手は常に恫喝材料を求めている。
常時監視の中で材料を探し、使い始めると何年でも続ける。

頻繁に見るように仕組まれた数列。
74、740とは加藤大治郎の事故を連想させるものだ。米独立記念日でもある。
810とは弟の誕生日であり、これも脅しだ。米軍AMの周波数でもある。


一時でも罪悪感を感じたりすれば、とことん脅しの材料となる。
いや、罪悪感の想起さえむこうが用意している。心さえ常時監視し、操る技術によって。
家族まで強烈な洗脳で、謝罪や自殺を強要するだけのマシーンにされていたりもする。
謝罪ビジネスの軍事的手法とまったく同一。相手を落とせればそれでいいらしい。

うかつに謝ってはいけない。胸にとどめつつ、冷静に分析するべきだ。

最初に襲撃され追い込まれた2003年初、せいぜい脅される材料など、
弟がとばっちりを受けて殺された「らしい」くらいのものだった。
だが年を追うごとに「あの地震」「あの事件」がおまえのせいだといわんばかりの脅迫や謝罪要求。
相手の用意した役者か、意識まで操られた人形か、遠まわしににらみに、叫びにやってくる人間もちはほら居る。

傍から客観視して、追う側も追われる側も振り回されているなあと感じる。
特に下の方。事情もわからずに体を動かし、言葉を発している。
上のほうは何となく事情は知りつつも上特有のしがらみに逆らえなかったり。
本当に知らなくて勢いに乗ってたら加害活動の一翼だったり?

この辺はカテゴリ「旧 トピックページより」も参考に。
何よりHTML体験記(親サイト)は長いが一番詳細で日常的だ。


軍事的専門的、という観点では以下の転載も参考に。

集団ストーカーは警察が起こしています

1 :
集団ストーカーというのがよく話題になりますが、これを実施しているのは警察です。
部落民・朝鮮人というのは秘密の連絡網を持ち、秘密結社を形成していますが、
公安警察がこれを利用しています。
公安警察というのは部落民と朝鮮人によって成り立っていますが、そのネットワークを利用して、
一般人に嫌がらせをするというのが、集団ストーカーの正体です。
標的がどのようにして選ばれるのか、そういったことは不明です。
よって、集団ストーカーの被害を警察に訴えても、全く無意味です。
北朝鮮問題の解決とは、警察を北朝鮮の影響下からいかに脱却させるか、ということでもあります。


さらに追記(12/8 1:35)。 7日午後7時40分ごろ、東京都千代田区紀尾井町のホテルニューオータニ本館地下2階の機械室から出火、配電盤1機が焼けた。レストランの客や従業員らが一時自主的に避難した。

こういうことだ。

投稿者 : 08:54 | コメント (0)

でかい悪魔。細胞は人間、内臓は組織団体。頭脳は政府レベル。

数年間、世間に向けて危機を訴えてきたつもりだ。ここに書いてきた記事には他にない貴重なものも少なくないだろう。
だが世間の連中はこぞって沈黙、無視、大半が動かなかった。人が夢遊病のように操られる深刻な状況さえも肯定するかのように。

むしろデカいものが次々に脅しや危害を加えにやってきた。国家機関だのマフィアだのカルト宗教だの政治団体だの、時にそそのかされたのかどっとおしよせ、時に一部が来なくなり。

全体の1%とかそんな割合でしか気づけず(しかも危害を加えられてから)、犯人がいる陰謀だとも気づけぬうちに抹殺されてしまったりと、全体像を認識して告発できる人がまず少ない。
99%が気づかずに楽園を疑わずに浮かれている以上は、このまま悪党冥利の魔界化していくのも仕方がないことなのか。
押しかけてきた面々でわかるとおり、でかいものが威張り散らす封建制の復活だ。私や親族の致命的状況でわかるとおり立派な処刑ファシズムだ。
悪魔化してひとつのいきものになったデカいものに、個人は食われ細胞にされてしまう時代。私は食われるのを拒んだから抹殺される。

投稿者 : 08:40 | コメント (0)

数列の呪縛

4444444、4994、99999…
12321、666…

一連の運命操作的呪縛を活用した罠にはまると、こうした数字も頻繁に見かけることになる。
デジタル表示、通りすがる車、レシートなど。

目的地には時報ぴったりばかりに到着するようになり、
ミリ秒の精密さで先回りや尾行、進路妨害などがおこなわれる。


体験すればわかるが、人生が終わる。
体験しない人は馬鹿にしながら、自分の番を待つばかりである。

投稿者 : 08:13 | コメント (0)

2005年12月06日

いじめがないと維持できない国

組織的ストーカーなどという新しい用語で、社会にはびこる政治的いじめを呼ぶようになった時代。
学校も社会も、本当はいじめの衰退なんて簡単なのだ。世間の風潮を作り出す情報操作のプロが、それに着手しないのはなぜか。

政治的謀略が社会の隅々までいきわたらなくなるからではないか?
いじめがあれば、人を操ったり物理的に依頼するなどで罠を張りやすい。しかしいじめのない社会では、これに代わる手段がない。
自らを免疫だと自負する治安維持とやらが、自分たちの物差しである人をペケつけて埋没させたり、人によってはマルつけて浮上させたりしているとすれば、
謀略手段がないのは致命的だと思うかもしれない。

しかしこのダークな風潮が主に先進国で世界的に続いてきたのも事実。
だからといってこれを肯定したり諦めるのも無茶な話。
話の規模からして、難しいことには違いない。

投稿者 : 17:39 | コメント (0)

2005年12月05日

私にも、無論あなたにも人格改造が。

連中は何かにつけ人格改造を試みる。大抵は一時的作用で済んでしまうが。
つまり自宅という固定位置で洗脳波を当てられるところだけででも、こいつを汚くしてやろうと絶えず躍起なのだ。

公安とか諜報で検索すればわかるが、この分野の人々は常人が考えられないような
ネガティブの塊だ。いったん組織でマークしたら頭を殻にして悪鬼羅刹に徹するのが通例らしい。おそらくそれ以外は首になるのだろう。
それだけ水面下の治安維持は国内外問わずどろどろなのだろう。やくざの相手の丸ぼうがやっさんより怖い人になるように。


数時間洗脳波を受けていると、神経磨耗したり高揚したり、ギスギスがどんどん増幅され疑心暗鬼になってたり、
これらはむしろ外出したときに人と接してわかる。明らかに外部から刷り込まれた性癖が強く頭脳を支配し勝手に出てくるから。
憎まないように腹を立てないように、さるべく必要以上の動作会話を避ける。

誰かを操って悪口ばかり言わせる人形に仕立てる。私を憎しみの虜にして加害行為に及ばせる。
「あの大人しい人が犯罪」国家的謀略の完成である。裏の繋がりでか、裏社会にも伝播している手法のようであるけれど。

意図して特定パターンの犯罪が仕組まれ流行となる。
劇場型社会は今になって始まったことではない。

投稿者 : 22:22 | コメント (0)

2005年12月02日

旗上げゲームのような人形人間。

いきなり批判や嫌がらせがラッシュになる。
こっちがネット上などで反論し、検証するとしばらくは、世間全体が静まる。

で、しばらくすると頭の中身を書き換えられて前のことは忘れ、再度曲解してしまったのか、
まったく同じように批判や嫌がらせが横行する。

赤あげて批判し、白上げたらやめる。赤白上げたら全て忘れる(初期化)ってか。

学習能力が無い。頭の中身がデータみたいに全国民一斉に書き換えられてれば、無理も無いか。
これは、こうやって現象を把握して文章にしている私だって、影響が無いとは言い切れない。

いまやゾンビ社会の真っ只中にいる。
仕掛け人は影の支配者としてのさばっている。で、私のような目立つ囮を掲げて自分達は安全なところにいる。
ヤミ金融やおれおれ詐欺と一緒だ。若くて活きのいいのが掲げられて真っ先に捕まっていく。
そいつらは自分から悪になったかしらんが、こっちはいつのまにか祭り上げられたいわば被害者だ。

衝動的に動き出す人間達。
「なに笑ってるんだ。苦しい顔していろ」と外でわめきだす近所の老人。
「バカ」こっちが耳を傾けると「気づいたよあの人」以後も悪口を繰り返すはす向かいの老人。

これが「大人」なんだと彼らは言う。支配者の代弁、嫌がらせの代行、等を「操り人形」と化して行うことが。
従わないと大人じゃないから追い込まれて当然だと。成人は操り人形でしかありえないんだと。

昔からここまでだったか。否。
極端でカルト冥利になっている。肌で感じてきた歴史はそう語っている。

横暴な虐待支配者。これを肯定し従属する市民たち。共に何かに意識を乗っ取られ雰囲気が異様だ。
あまりに情けなくて、今まで築いてきた国や風土への愛着はもろくも消し飛んだ。自分を抹殺せんとする現状を愛せるはずも無い。

そのシステムのソフトウェアとネットワーク通信を破壊しない限り、愛着は取り戻せない。
今はどこにも人間がいない。人形はどこにでも現れるが。

投稿者 : 21:21 | コメント (0)

2005年12月01日

悪魔に支配側も庶民側も操られることが急増している 緊急事態!

赤の他人をいきなりくそじじい怒鳴るのが、日本の常識となりつつあるのか。

ついさっきのことだ。
夜風にあたろうと散歩。と、少し離れた自販機に、MTBの小学生。
なんだかうろうろしながら、たまにこっち見る。ドリンクを買ったのにまだうろうろしている。
忘れた頃にもまだいた。いきなり「くそじじい!」怒鳴って逃げた。わざわざ田んぼの向こうの金網フェンスのさらに向こうまで移動していた理由はこれか。


・風の噂を信じ込んだか何か知らんが、見ず知らずの他人にいきなり「くそじじい」怒鳴って逃げる子供。
・国家規模の嫌がらせで色々面倒を背負わされているが、基本はこの世に知られぬ無茶な現実を世間に訴えているだけの成人。

どっちがおかしいと思いますか。

後者だという人はもう、人を白痴にする以心伝心システムに染まっているのですか。
これ、何度も言ってるように意思疎通精度が口頭会話以下です。皆が違うことを言い、賞賛非難入り混じるのがいい証拠です。
しかも催眠効果で判断能力を麻痺させられ、正常な判断できずに行使者に操られるがままです。

このままだと私が死んだ後も続くでしょう。文化になるまで、常態化するまで放置するつもりですか。

標的にされた側からすれば、国民みな恐怖支配者の操り人形、ラジコン兵隊ですよ。
支配者がドラえもんを憎み追い込めといえば、ラジコン波を受信した国民が皆浮かれたようにそれに参加する。

解決法は一つ。理性的に対面して話し合い、誤解を無くす方向で話を詰めていくこと。一方の理屈でごり押さないこと。
敵は争いが際限なく広がるように仕向けている。逆を徹底しなくては。

次の記事、カルロスさんについても読んでみてください。

せわしなく書いてたら、畠山アナ「何かと心せわしい年末ですが」
「東京も捨てたものじゃありません。」NHKニュース9 終…

ナイスフォローともゆき!

投稿者 : 21:14 | コメント (0)

たとえばなし

日本は、あるいは世界は、魔法使いギルドによって動かされている。
いつのまにか人の行動も思考も、世界万事の運命さえも彼らの意思にいつでも関連付けできる。

たまたま彼らの魔法の効果が無い人間もいた。彼らは思った。まるで異世界のルールや意志で奴らは動いていると。今までの世界の理とは異質だと。
やっぱファルザーかグレイガの異次元侵略受けてるのかな、と思う者もいた。

投稿者 : 14:22 | コメント (0)

2005年11月30日

長いものには巻かれるのもいい加減にしろ

この3年間同じ事を問うてきたんですが。

「あいつは悪いやつだ」というレッテルが上から降ってきたら、地域ぐるみ組織ぐるみで中傷したり、
電子レンジ力線を浴びせて半殺しにしたり、時に本当に死ぬまで仕掛ける人たち。

率直で批判も辞さないがゆえに、いきなりそういう状況に追い込まれて人生を潰されいつ死ぬかわからない人。

どっちが悪いと思いますか?

小難しい大人の理屈、
率直な子供いや本能的理屈、
両面で。


もっと情景的に。
近所のおばちゃんおじちゃん、子供までかき集めて「あいつ悪いやつだし」と付回して
自宅に向けては「これ死んじゃうかもねえ」と皆でにっこり笑いながら電磁波など有害力線を交代で照射して
おそらく公的な筋から「あいつはどうせ悪いやつだから、いつも通り始末しちゃってね」とお達しがあって
やられてるほうは日々弱って、顔色悪かったり錯乱したりフラフラになったりしている。

本人もわけがわからんけど、国のどこへ出向いても手配されてて、同じようなことをやられる。国か裏社会かいやでもどっちも出先にやって来るしなあ。
要するに官民グルの暗殺地域、暗殺システムって白々しくも昔からあったにはあったらしいと。いつ盛んになったかは知らんけど。


極めて率直な思考回路で言えば、
「他人を殺してまで普通の一般家庭を切り盛りしてる奴らが先に潰されてしんじまえ」
ということになるかと思われますねる。
誰だって、そう思うんじゃないですか?ある地域一帯で人殺しをしながら平然としている、まるで軍隊みたいな奴らが居るとしたら。
力が強いからとか、そんなことを鼻にかけたり気にしてる場合じゃないでしょう。


このシステムはこの国、いやこの世界最大のガンだと思う。
このシステムを潰し、積極加担した奴らをしかるべく蹴落とさない限り、すでに殺された兄弟他の家族、何より私が浮かばれない。

投稿者 : 08:36 | コメント (0)

2005年11月29日

高度な幻覚

高度な幻覚という可能性。

ある日突然に急変した世界の理。
人が何もかも操作できてしまうチープな世界。
何もかも膨大に用意するよりは、ひとりに幻を見せた方が低コストだ。

頭脳にテキストや映像まで強制挿入して見させたくらいだ。
夢にまで入ってくるくらいだ。
何ができてもおかしくはない。

この場合「火の鳥パターン」だ。人と見えている現実が違う。

ちなみに4年前の2chログに、
米軍が個人別に違う現実を見せる幻惑法を開発しているというのがあった。
無責任投稿のメッカだが、真実をその中に挿入することでも知られる。これはセオリーだ。
ムーの記事と同じようなもので。

その投稿では無線ではなく電極だといったが、このセオリーでは部分的にうそを混ぜるから当てにはならない。

投稿者 : 08:42 | コメント (0)

2005年11月28日

なんでこんな二択を迫ってるのかは知らん

万事高い才能や成果を発揮する集団だが、ノウハウが軍隊で敵対的、相手の殲滅を前提としている選民かぶれやくざかぶれ。キリヤ?
そこまでするこたないと、「人にやさしい」ほどほどを推奨するがキリヤに殲滅され、彼ほどの成果は残せないことが多い。アスム?

どっちがいいのかどっちがいいのかなー

だがなぜか後者を採択する企業団体個人は、ろくな目に会わなくなる。
まるでタイマーで計ったように一斉に。

なぜかファシズムグローバリズムは運命の後押しを受けている。
否、運命は彼らの構成員が手中にしている。

時間も運も人の玩具になった。
しかし「絶対に」、この玩具は人の手に余り高い代償が津波になるだろう。

神にとって人は猿だ。
むろんやさしいおばちゃんの神も、おっかないごろつきの神もいるだろうけど。

投稿者 : 16:10 | コメント (0)

2005年11月27日

運命の人為操作がもたらすもの

たとえば今日も茨城で歩行者の集団に車が突っ込んだ。
最近やけに急増しているのは多くの人が感じているだろう。

地震が増えたり減ったり。
これもつまりは、そういうことかもしれない。
詳しいリアルタイム分析は、htmlの体験記でやっている。

で、こういうことをかくから余計に、私は痛めつけられるのだ。
だがそれをやめずに痛めつけられつづけるようにも、心理誘導などで仕組まれていると思う。
拷問や尾行という仕事、無くなっては困る連中が居る、ということだろうか。
事故がおきないと保険屋が潰れる。それと同じ道理で自作自演が繰り返されている可能性。

裏ばかりが匿名で暗躍で魔化で、どうしようもなくなっている。
社会の大半が、大規模組織連携の自作自演で管理されるように(利権まみれに)なってきている。
見れば見るほど呆れ、失望する。
義勇軍や告発の味方、被害者の会までもすべて加害者側が国家規模の活動により用意している。
絶対王政封建制ファシズムの様相。逆らえば何かがやってきて潰される。

投稿者 : 17:37 | コメント (0)

検索エンジン

何ヶ月も何年も、同じ語句で検索からやってくる。
これはネット界隈のサクラ投稿によると、情報操作の一環らしい。
同じキーワードで上位に表示されるようにしてるとか。

こんなつまんない、ということもこなすのはさすがに軍事的諜報的活動。

投稿者 : 09:18 | コメント (0)

ひとごとじゃない

f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2005/11/post_176.html
ここともちょっとかぶる。

kasumin.client.jp/488637.htm
こっちが本題。
魔化の進行。物騒、狂気、暴力、武力、強権、ファシズム、封建…

もう進行役の誰もが良かれと思ってやってない。
逆らえない恐怖に屈しているばかりだ。どんな高位の職にあっても。
独裁「者」、独裁元老院、いずれにせよそういう影の背景が絡んでいる、そんな気配。

耐震偽造:イーホームズが伊藤元国土長官の元秘書に献金(毎日)
さあ、出てきました。

投稿者 : 00:30 | コメント (0)

2005年11月26日

知られざる裏側。まあ憶測入ってますが…

大抵の人は、1億2千万人が普通に暮らせている国だと思い込まされている。
実際は、物陰でひっそり暗殺を謀る諜報機関が存在し、マスコミではこの事はほぼ非公開だから気づき様が無いだけで、
実際は毎年、仮に数百人はこの暗殺で殺されているとしたら。それでもこの国をまだ平和でいい国だと、内外に誇って言えるだろうか。
突拍子が無い?ならこの国の民の無個性な均一性物分りのよさは何だ。規格外が盛大に始末されているからではないのか。

私は誇れない。このどん底で親父の代から一族ごと工作を仕掛けられてきたから。
だがひとたび被害者となった者がこのようなことを発言すると、加害側は報復で攻撃を強めてくる。
子供のけんかの際限なさと同じだ。彼らの意識は完全に子供と同じ。むしろ頭が固く執拗な分、子供よりたちが悪い。

諜報だから結局は警察、政府機関だ。国力で社会中へ根回しされ参加できず、自宅は拷問部屋にされる。やれることはなくなる。日々弱っていく。
だが普段やってくるのは配下(見かけは)の民間だ。各種団体系という奴か。組織ストーカーなどという汚名を民間がかぶり、そこまでして守秘を貫徹している。もちつもたれつなんだろう。

見かけ上というのはつまり、世界的同時洗脳術、これを実現しているのは多分民間の方だからだ。下に徹しつつ上にも食い込み牛耳っている。
まあ歴史を見ても政治とはそういうものだ。王に武力が押しかけて、配下の称号を得てきた。王に力は無く権威のみだった。


こんなことを書いていると、近所のガキはチンピラみたいに「ああん?」と叫びだす。
郊外や街中ですれ違う中学生が、自分の近くに来ると突如大声になって「しょうがねえだろお前が悪い」などとわめきだす。すれ違う頃には黙り込んでいる。
こんな風に目に見えぬ支配者のラジコン人形、伝令役になるのが「優等市民」なわけだ。よくぞ脅した、よくぞ追いまわした、と。

スーパーにどっと押し寄せる尾行部隊は半数は一般人っぽい。中には携帯電話を覗き込んで顔が硬直している、妙な雰囲気の人が居るが、
その中には自宅の向かいの奥様が混じっていたりする。地域一体でこんなネガティブな活動に盲信参加している実情がある。スーパー監視社会だ。


こんなことを書いたから、さっき田園にいたときにF16編隊が頭上をぐるっと2周していったとは限らない。
2周目は一直線に突っ込んできたからといって、ただの訓練以外であるとは断言できない。

投稿者 : 16:33 | コメント (0)

こんなものも暗殺活動に使われていますが

催眠・暗示・洗脳・マインドコントロール
波動・念(力)・気功・超能力(ESP)

いずれも類似、ほぼ同一でありながら、
いざ現象だけを体感してしまうとさて、それを使って統一したものか困るんである。

投稿者 : 16:32 | コメント (0)

2005年11月24日

かいつまんだ経緯

弱小個人による義憤の告発、だけのはずだった。

しかし相手も篭絡か善意か(どうも利口だから両方?)、こちらに助力するという手に打って出た。
ESPによる世界への影響力。運命改変や社会情勢を紡ぐ力。このサークルへの強制加入だ。

つまり普通、「こうしなきゃならない!」と被害者が告発しても、中々影響しない。
しかし被害者が仮に世界一の指導者だったらどうなるか。有無を言わさず「力によって実現」されるだろう。
「被害者の言い分が逐一強制実現されるという加害行為」これでは逆転現象だ。実際に社会の現場でどんな暴力や権力が動いたかもわからない。

こうなると中々被害者活動が難しくなる。影響力というものは漫画で読めば便利な憧れかもしれないが、
実際に一方的強制的に行使されると足かせにもなる。発言も思考も常に各方面の多角的配慮を要求されるので自由度がなくなる。

しかも所詮は捕虜で傀儡。一方的に限定された機能を提供され、提供者に都合の悪いことは一切実現されない。
そのくせ悪いことは方々へ宣伝されて悪の根源みたいにされてしまったりする。

まあこれも定位置に居ながらにしてメディアから情報を得、これにわずかな身辺情報を加味しての感覚的感想だから、実態はわからない。
勘違い、誤解は当然あるだろう。これによる混乱やすれ違いを、積極的に悪用されている気もする。
いわゆる情報化社会というのは、実にややこしい。相手が見えず、自分の置かれた立場や状況すら正確には見えてこない。


精神を他人に侵入(ハッキング)され感化されていくと、段々相手の考え方も見えるようになる。
「スタートレックDS9」のオドーが、可変種と同化した瞬間に垣間見た相手の考え、というのがそれに近い。
絶えずかつての自分を記録し、時々照らし合わせて意識を初期化してやる。影響されても元に戻れば良い。

投稿者 : 17:21 | コメント (0)

テレパスも広報や詐術にひろく用いられている。

彼らは私の意識に侵入し、悪人に脅されて泣いて謝るようなイメージを見せて真似させようとしたり、
ママーと泣かせようとしたり、そういう強制的な操り行為が散発する。
これを放送関係へのパイプを通じて、仮面ライダー響鬼の嫌われキャラクターに流用させる。

この様子を周囲にテレパスで示して、私が弱いというネガティブキャンペーンに利用している節もある。だとすればこんな下らないことに熱心になる理由も説明がつく。
なぜか2003年以来、この世界は大人子供問わずテレパス通信、以心伝心が定着している場面に出くわす。
お前のことは遠くから何でも知っている、と誤情報をひけらかす阿呆が急増。

・・・もしや異次元に飛ばされてきた?

投稿者 : 08:52 | コメント (0)

超能力者たちによる集団尾行、社会制圧 かな。

生物や運命を操る妖術は、配布している胴元がいる(当然)。
啓発を受けることで能力が顕在化する。裏社会や捜査機関関連に使える者達が蔓延しているらしい。

口外無用を盛んに警告してくる。
別に入ったり参加した覚えもないのに、抜けるな殺すとか、わけのわからん脅しをかけてくる。おれおれ詐欺に似ている。
他人の意思を操り言うことを聞かせている。セールス勧誘に使われている?

投稿者 : 08:49 | コメント (0)